おろおろと・・・







DSC_4214 (800x524)



地図に無い道と思えど この端を百年歩き続けたら 

人の道にも 情けの道にも 永遠への道にもなる・・・







生きる (Ikiru) 黒澤明 テーマ曲 -ゴンドラの唄-








DSC_4022 (800x516)



空が 消えてゆきそうで

ただ おろおろとしていたのです




DSC_4023 (800x533)



手紙の宛名も知らぬまま

空を繋ぎ止めようと





DSC_4026 (800x506)



縫い留めるように わたくしは

しあわせの欠片を 探していたのです





DSC_4021 (573x800)



夢もうつつも 何方かが欠けても 

消えてしまうような 頼りない心のままに





DSC_4029 (533x800)



手で触れる事の出来る 水に浮かぶ空を

どうしても 失いたくなくて

姥貝て 足掻いていたのです





DSC_4289 (800x533)



― 春の水 君に馴れたる心とも わが思ひとも 見ゆる夕ぐれ ― 与謝野晶子




DSC_4291 (800x533)



愛と言うものに 身を任せたゆふぐれに

時が止まったように 世界はカンバスの中に仕舞われて

もう 闇は来ぬかと思っていましたが・・・





DSCN0736 (800x601)



その後に 紅い月がぽかりと浮かんでいたのです




DSC_4305 (800x521)



朔太郎のように 月に吠えて見たくなり

気狂いのようにわたくしは 闇の中に身を埋め

草の露に塗れていたのです





DSC_4309 (800x514)




長い間 水底に沈んでいたのは

わたくしの ましろな骨だったのでしょうか

今 こうして水面を漂っているのは

たったひとつの心だけだと あなたに教えられているようで・・・












まり
スポンサーサイト
Compact Menu Box

陽射しの中で







DSC_3889 (800x533)



あれ? ねぇねぇ どこ行くの?


ハックルベリーの爺さんの処さ


お魚分けてもらうの?


あぁ 大漁ならいいけどなぁ







Sempre Sisters play their original tune "Huckleberry Reel"








DSC_2590 (800x533)



今頃の名も無い川には 雪解け水が豊富になって

小魚たちが遊び出すから もしかしたら釣れてるかもね





DSC_2591 (800x533)



ハックルベリーの爺さんは 白くて長い髪を後ろで束ねて

赤いチェックのシャツを着て 

麦わら帽子じゃなくてさ テンガロンハットを被ってる

この辺りじゃ ちょっと変わった爺さんさ

暑い日には 裏庭で釣り糸を垂らし

釣った魚を庭で焼いて食べてる





DSC_3901 (640x424)



何だよ オトメ ついて来たのか

スキップなんかして 木の根っこに躓くなよ





DSC_3898 (800x533)



フンフンフ~ン♪ ランランラ~ン♪

お魚いっぱいだといいなぁ~♪





DSC_2592 (533x800)



今日は暑いから 気持ちいいなぁ~

昨日は 暑さにやられてたから

生き返るなぁ~





DSC_3929 (427x640)



お魚 釣れてるといいね


あぁ 爺さんがご機嫌んならもっといい


貰えたらね 届けたい処があるの


ふ~ん 何処へ持って行くんだい?





DSC_3895 (800x533)



離れた処にいる寂しん坊の友だちに 届けたいの

退屈すると ご機嫌斜めになんるんだもの




DSC_3920 (800x533)



お耳は ダンボちゃんみたいに大きくてね

いつも 歌を聴いてるのよ

今日も暑いから どうしてるかなぁ~・・・






DSC_3958 (800x533)



昨日は 強い陽射しに焼かれダウンでした

まだ 本調子に戻れていないので

気温の変動に揺さぶられてしまいます



急な暑さで 体調を崩されたりしていませんか

お水をしっかり飲んで お身体に気を付けて下さいね









まり
Compact Menu Box

伴走







DSC_3842 (533x800)



持病の癪に臥せれば 人の目は暗い

憧れや希望が 眼前を照らすのとは逆さまに

痛みや不安や哀しみが 灯に蓋をする








Chariots of Fire Theme • Vangelis








DSC_4065 (800x533)



春は 春だけで花咲くのだろうか

いや そうではあるまい





DSC_4066 (800x533)


冬に伴走されながら 蕾を持つのだろう




DSC_4067 (800x533)



春は 気付かぬうちに伴走されながら

感謝を 学ぶのかも知れない・・・




DSC_3848 (800x533)



春は 夏に伴走する事が出来るのだろうか

伴走する事で 他を理解することを学ぶのかも知れない・・・





DSC_3951 (800x533)



付かず離れず 或は手を繋ぎ

或は 紅い糸で結ばれながら 





DSC_3855 (800x533)



息を併せて ゆっくりと走っている

誰もが 誰かの伴走者なのだ





DSC_4017 (800x533)



夕暮に 夢とうつつの真中に立ち

彼方に光る 伴走者を見つめる 




DSC_4019 (800x525)



今日も一日 何とかお蔭さまで・・・

あなたも お大事になさってね




DSC_4228 (800x532)



そんな風に 夜を迎えられる事の幸せ・・・



春は 秋の御方の所まで伴走してみたい

命輝く 夏を連れて・・・








まり
Compact Menu Box

 | HOME |  »

MENU

NEW↓

04240422042004180417

COM↓

TB↓

ALL Adm