花の足音

2018 / 12
11≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫01

Sさんへ (個人的な連絡です)

2016/08/10(Wed) 21:10



諸事情で ブログを閉じられているSさん

朝の一言でちゃんと事情をお伝え出来なかったこと お詫び申し上げます

頂いた鍵が合わず ブログに入る事が出来ません

何度もお手紙を頂き 申し訳ありませんが

お返事が出来ず 困っています

私は全く傷付いておりませんし コメントに何の間違いもありません

ただ ブログに入れないだけなので

正しい鍵を頂ければ お返事できるのですが・・・

もう一度確かめて 送って下さいね ^^





まり
スポンサーサイト
ブログ コメント:- トラックバック:-

性善説は打ち砕かれた

2015/09/17(Thu) 09:01





倉庫まで来た野良猫が

ニャーゴ   ニャーゴと煩くて

我慢の限界を超える



通報するしかないかな?





まり
ブログ コメント:- トラックバック:-

消えたお手紙

2015/03/22(Sun) 12:59






Booker T & the M G 's - Green Onions (Original / HQ audio)









DSC_7232.jpg









ねぇ スナフキン  不適切ってなんなの?






急にどうしたんだい ムーミン?






うん 友達からお手紙が届いたんだけど


不適切な表現があるため表示出来ませんて書いてあるんだよ






へ~ まるで戦時中みたいだね


お手紙を墨で塗られちゃうんだ






うん 初めてだったからビックリしちゃったよ


きっと 一生懸命書いてくれたと思うんだけど・・・












DSC_7236.jpg








この街で長生きするって言う事は


抹消されないようにするって言う事なのかな?









どうしよう 


お前の存在が不適切なんだって言われたら・・・












アメバでは よくあることらしいですが

fc2でも やっぱりあるんでしょうか?






まり
ブログ コメント:- トラックバック:-

批判すると言う事

2015/02/26(Thu) 08:25








images.jpg








このお花の名前を持つ方へ





アメーバのサブブログをお持ちの方なのか

連絡用のブログをお持ちの 他所の会社の方なのか分かりませんが

何の記事も書かれず 情報も書かず

人への批判を一言だけ載せ ボタンを押し

お返しに来たところを叩き 次の日にはその1ページを書き換える

そう言う 愉快犯のような暇な事をして 楽しいですか?




私は とても胸が痛くなりました

私事で 酷く沈んでいる時に

そう言う 卑怯な批判を受けると

益々 閉じこもりたくなるばかりです







しかしながら これまであなたのような癖の方は何人かいらっしゃいました

でももっと 堂々としていらっしゃいましたよ




私は 自分が歩く事で精一杯で

人を批判するような 余分は持ち合わせておりません

他人に汚れた心を投げ 何が楽しいのか理解出来ませんが



ただ あなたのお蔭で いいね!をした人 を隠す方法が見つかりました

ボタンは 読む人と描く人の 共感と信頼のものだと信じているので

他の人の目に晒すのは可笑しいと ずっと思っていましたし

嫌なものを 消す事も出来ないのは おかしいと思っていましたから

感謝しなければいけないのかも知れませんね



もう二度と 私のボタンは押さないで下さいね

また 同じ事をしたら あなたのURLを 張り出しますから








体調が戻ったら また描けると思いますが・・・




この処 本当にアメーバは調子が悪くて

写真ばかり 日に1600もアクセスがある日が何回もあり

訳の分からないサイトからのアクセスが1000近かったり・・・



自分の言葉が 消えて行きそうです

本来 ブログは 個人の自由な場所だと思うのですが・・・






それでは また












まり
ブログ コメント:- トラックバック:-

庵にて・・・

2015/02/04(Wed) 11:00
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
ブログ コメント:- トラックバック:-

物語の後書きに寄せて・・・

2015/01/20(Tue) 04:16






Eric Clapton - While my guitar gently weeps (HQ)














物語の後書きに寄せて・・・





大人の遊びの時間の中に そうとも知らず紛れ込んでしまった子供が一人


たくさんの読後感想文を読んで 感じた事は・・・


誰しも 他人の痛みには鈍感なものである





勤王の志士は 安物の刃毀れした刀で相方の首を落とそうとした


僅かでも もののふの魂が残っていたなら


何処かでお金の工面をしても 良い刀を手に入れるか


心を込めて刀を研いでおくべきであったのだ


無駄に 相手を苦しめ 錆びた鋸を引くように


生殺しのように毀れた刃を首に打ち続けたのである





止めを刺した後の気分は どんなものであったのだろう


次に また他の犠牲者が出ない事を 祈るばかりである



そんな 後味の悪い 物語の結末であった






身勝手な 読後感想文の山を読み


今更ながらに こう言う処に近づいてはいけません と


言われた意味が とても良く分かりました


私のように 馬鹿正直なものには毒にしかならなかった






でも 覚えておいて欲しいです


あなたの暇つぶしで ひとりの人間の心を踏みつぶしたのだと言う事


立ち直れないほど 踏みつぶしたと言う事


それだけが 私に残った事実です






でももう戻らないから お好きに自己弁護なさればいいと思います


あなたが立つ様に あなたがこの先も笑って過ごせるように


そうして また退屈を紛らわすように日々を過ごして行って下さい





此処を知っている数人の方は


私が本当に心から信頼していた善良な方々なので


他言する事はないでしょう






それでは お元気で・・・



















ブログ コメント:0 トラックバック:0

惜別の情はあれども・・・

2015/01/19(Mon) 23:15





Eric Clapton - Layla (acoustic)















もう・・・充分だろう・・・



あぁ・・・ここまでやれば・・・



礼は尽くしただろう・・・



あぁ・・・水道管はピカピカさ・・・







災難は・・・出来るだけ取り除いた方がいい・・・



あぁ・・・残るのは後悔だけだ・・・



そうだよ・・・残り時間は誰しも知らない・・・



あぁ・・・もっと大切な事に使わなきゃ・・・







勤王の志士は いなかったんだ・・・



あぁ・・・それだけさ・・・



・・・なしの人生はない・・・



あぁ・・・ただ それだけのことさ・・・

















つい先程 突然 知人が病院から無言の帰宅をしました



人の残り時間は 誰にも分からないものです



もし私が今夜 幕を閉じれば 最悪の気持ちのまま終わる事でしょう



そんな可能性のある日は 今後 出来れば欲しくありません








少しでも 後悔のない日々を送った方がいいでしょう?



高齢になればなるほど そうなのではないですか?



ぼやぼやしていたら 何時逝ってしまうか分からないもの



話したい人と 思う存分話した方がいいと思います



もし気になるなら お二人をチェックリストから消去しますから



どうぞ 気兼ねなくご自分に後悔しないように楽しんで下さい









私も 後悔しながら去って行くのは嫌です



お陰様で やっと 愛想も尽きました



尽きるものとは 思ってもみませんでしたが



縄がするすると 解けたようです






あなたもどうぞ ひとりの人を大切に



良い時間を過ごして下さいね



時間は貴重ですよ

 


イミテーションに費やしてはいけません








もし 私が戻らなくても 気になさらないでね



それは あなたのせいではないんですから




愛の歌がね 浮かばなくなってしまったの  それだけのこと




それではね  さようなら















ブログ コメント:0 トラックバック:0

お早うございます(T_T)

2014/11/26(Wed) 08:17



パソのご機嫌  直ったかと思ってたのに

今朝  突然死んじゃいました  (  TДT)

買いに行って参ります

゜・(つД`)・゜・



まり
ブログ コメント:0 トラックバック:0

人生にやり直しはない

2014/09/29(Mon) 02:25







SILVANA DI LORENZO - EL ÚLTIMO CAFÉ ( H - Stamponi - C-Castillo ) / Tango famoso argentino















色を失った季節は 温度さえ感じない


質感も伝わりにくくなり 味もしない


香りはあったのだろうか


どんな花びらが散っていたのだろう





涙が枯れるまで泣いてみたら


色を想い出す事が出来るのだろうか


然しながら 想い出した色には確かさもなく


一度きりの季節は やり直しもきかない














作り笑いなんかしない もうしない


本当じゃないものは いつか失うから


得た時の何倍も 哀しい事を知ったから


やはり本当の色は「 今 」にしかないものなのだ





「 今 」の色を失うと言う事は 


「 絶望 」と言う色を手に入れたのかも知れない


でも色がないと言う事は もしかしたら


限りなく透明に近づいているのかも知れない





痛みも苦しみも感じず 喜びも悲しみもない


そこには きっと深い眠りが待っていて


ただ安かれと空が祝福してくれているのかも  知れない





ブログ コメント:0 トラックバック:0

お山のガーデン

2014/06/12(Thu) 08:41







O come, O come, Emmanuel - (Piano/Cello) - ThePianoGuys
















お山のガーデンを訪ねる

去年の秋 最後の仕事を終え

つい先日 答えを お花たちに頂いた















オーナーに 大変喜んで頂いて ホッと一安心


でも 今季のお仕事を 待って頂いてる


後もう少しだけ お前たち 頑張ってくれないか


そう お花たちに頼んでみる







 







任せとけって声がした 頼もしい声がした


私は その声に頼って


今しばらく 筋トレ














春から 何回となく 掛けられる声


待っているから と 言う声は


私の背を押し 腕を引く


それでも しゃがみ込んでしまう時


お花の声に 励まされる








まり
ブログ コメント:0 トラックバック:0
 Home  Prev

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク