花の足音

2018 / 12
11≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫01

秋の恵みに感謝を・・・

2016/10/21(Fri) 08:46





RACHMANINOFF-RHAPSODY








DSC_3733 (800x512)




琥珀色の糸が伝う

陽に輝き きらきらと







DSC_3497 (800x533)




春から秋に 咲いた咲いたお花が咲いた

溢れた蜜を頂いて




DSC_3735 (800x533)





雨風の中も飛び続け

胸に抱えて飛び続け







DSC_3504 (800x533)





野に遊び 香り愉しみ色付いて

四季の彩り刺しながら

大和刺繡が出来上がる






DSC_3741 (800x524)




甘い香りが部屋に満ち

あなたの日々の苦労を想う












DSC_8266 (800x533) (800x533)




今年初めて撮影させて頂いた 日本蜜蜂の養蜂

先日 収穫された蜂蜜のお裾分けを頂きました





今年の悪天候続きの中

蜜蜂たちの 日々の努力の小さな欠片の積み重ねは

今 琥珀色に輝いて甘い蜂蜜になりました






DSC_3744 (800x533)




一滴も無駄にせず

大切に頂きたいと思います

蜜蜂さん ご馳走さまです




秋の恵みに 感謝を込めて・・・









まり
スポンサーサイト
道程 コメント:- トラックバック:-

水の中

2016/08/21(Sun) 10:40







オリジナルグレンミラー楽団 茶色の小瓶









DSC_9456 (800x533)





想い出ひとつ

泡になって プク






DSC_9459 (800x533)





それを見つけて 

ボクが パク






DSC_9465 (800x533)





あちらで プク






DSC_9468 (800x533)





こちらで パク







DSC_9516 (800x533)





水温が上がって 水草が傷みメンテナンス

水の中の暮らしも夏は大変そう・・・













まり
道程 コメント:- トラックバック:-

心の遺産

2016/08/19(Fri) 19:54






Thierry Lang - You Take My Breath Away








DSC_9526 (533x800)





どうしても撮っておきたかった写真です

国の登録有形文化財に指定されている建物です





文化財にはあまり興味が無く

展示物などは 普段撮る事も無いのですが

此処は 今も猶大切に使われているのが嬉しくて

思わず撮りたくなったのです






DSC_9527 (800x533)





近代化が目を見張る世の中ですが

古いものを ただ過去の展示物のように

必要であるような無いような

切り捨てられた古材のように扱われているものを

写真に撮りたいとは思えなくて・・・






DSC_9525 (533x800)





ちゃんと呼吸が出来るように 手を入れて使われているのを見ると

大切にすると言う 本当の意味が分かるような気がしてきます




打ち壊してしまってから これで良かったなんて無理やり納得をして

気が付いたら 足の下には過去の残骸の山なんて

そんな前しか観ない世の中は あまり好きにはなれません







DSC_9528 (800x533)





今もこの扉を人が出入りしている・・・




立ち止まる事の無い時の中で 大切にしていく

新しい風を入れ乍ら・・・

それは 口先だけでは決してできない事です

とても難しい事なのだと思います





これからも是非 時を越えて使われ続けて欲しいものです















まり
道程 コメント:- トラックバック:-

彩り

2016/08/19(Fri) 08:48






Nostalgia








DSC_9587 (800x533)
リッチフィールド・エンジェル





求めている彩りが変化して来たのか

この処 微妙に変わって来ました






DSC_9596 (800x533)
スーザン・ダニエル




少しぼんやりとして

お花が 考え事でもしているようです






DSC_9602 (800x533)
コレオプシス




雨や曇りが続いているせいでしょうか?





DSC_9594 (800x533)
アルバ・ラグジュリアン





どうやらそうではないようなのです・・・






DSC_9627 (800x533)
アストリット・グレーフィン・フォン・ハルデンベルク





遠くにあって 近くに咲いているような

近くにあって 遠くに咲いているいるような

そんなお花が撮りたいと思っているのかも知れません・・・





難しいですね・・・









まり
道程 コメント:- トラックバック:-

私を噛んで

2016/08/18(Thu) 22:23







Thierry Lang - Love of my life








DSC_9629 (800x533)
ギボウシ





私を噛んで咀嚼して

ゆっくりゆっくり飲み下せば

お腹も下し熱も出す






DSC_9621 (800x533)
グレイス





シラップなどを掛けようと

苦いものは苦いまま







DSC_9623 (800x533)
ブルー・ベル




酢水に長く浸そうと

灰汁が剥がれるわけじゃなし






DSC_9632 (800x533)
ダッチェス・オブ・アルバニ―





冷や汗かきかきゆっくりと

私は私を飲み下す







DSC_9616 (800x533)





石弾く雨が降りだせば

稲の花が綻んで

秋はきぬと歌を詠む






DSC_9585 (800x533)
秋の七草 萩




 
あぁ・・・ほんに  パラドクサルな人生よ

秋草が如何に揺れようと 心の中の夏は照り





DSC_9638 (800x578)





私は私に問い続け

コオロギのように鳴き続く

火のような灼熱の道の上











まり
道程 コメント:- トラックバック:-

送り火

2016/08/16(Tue) 22:44






『花』すべての人の心に花を ✿ 夏川りみ ✿ (guitar)吉川忠英








DSC_9556 (800x533)





色も香も 喉に流るる味わいも

また逢えるまでの玉手箱

深い縁に 感謝を込めて

あれもこれもと 手土産に・・・






DSC_9550 (800x533)





少し時間が空いたので やはり一口だけでも と

黒羽の簗までひと走り






DSC_9543 (800x533)





今年も来ることが出来て良かった・・・





DSC_9559 (800x533)





此処は 川幅も広く

とても穏やかな流れです






DSC_9558 (533x800)
秋の七草 葛




川辺にて 秋草揺らす風を聴き

盆の送りの 灯も揺れ

足早に 心急く帰り道







DSC_9567 (800x533)




最後のお供えに 鮎が間に合わせられ

ホッと一安心しました






DSC_8594 (800x533)





栗鹿の子と 父の好きだった葛饅頭








お空を見上げれば いつでも逢えると分かってはいるものの

やっぱりお盆は 特別な面会日のようで・・・

何日か一緒に過ごすうち お別れが辛くなります

今日は夕方から台風が来ると言うことだったので

少し早めに送って行きました








明日から 寂しくなるなぁ・・・















まり
道程 コメント:- トラックバック:-

焼きもち・・・じゃないもん

2016/08/15(Mon) 09:57






Ryuichi Sakamoto - Aka Tombo









DSC_9501 (800x533)
宿根リナリア




朝 19℃ 少し寒い・・・





DSC_9502 (800x533)
エンテル




昨日は夕ご飯が少し遅くなり

母は急いでご飯をパクり

『 あっ! まだパパにお供えしていないのにw 』

つい 言ってしまった・・・





DSC_9500 (800x533)
バフ・ビューティー




そうしたら その後お仏壇の前で

『 パパ・・・ごめんね ごめんね・・・ついうっかりね・・・許してね・・・ 』 って

御経一巻読んでたぁw




ふむふむ・・・まだ愛は健在であったか ^^






DSC_8975 (800x533)
秋の七草 撫子





変わらぬ愛が ひとりで生きて行く力になるのでしょうか・・・

この世にたったひとり取り残されたような そんな寂しさを

心の中に見えている 触れられない愛が

すっぽりと包み込むように母を抱きしめ続けています・・・






DSC_8984 (800x533)
アキアカネ





私もそんな風に あなたをそっと抱きしめていたい

そんな風に ずっと抱きしめられていたい・・・





ちょっと羨ましかった 心の絆





焼きもち・・・じゃないもん









まり
道程 コメント:- トラックバック:-

お迎え

2016/08/13(Sat) 23:11






母と暮せばタイトル_w.pf/坂本龍一 ピアノソロ








DSC_8981 (800x533)
秋の七草 桔梗





今日は迎え火

こちらでは お墓に仏様を迎えに行く日です

薄暗くなる頃 提灯に火を入れて連れて帰ります






DSC_9426 (800x533)





我が家はお寺を三軒まわって

父や兄 息子に義父 それから震災前後に亡くなってしまった

ウェルシュ・コーギーのバジルと ビション・フリーゼのブルース






DSC_9425 (800x533)





車はいっぱい まるで乗り合いバス状態・・・






DSC_9474 (800x533)





何はともあれ 今年も無事にお迎えに行くことが出来ました




今夜は たっぷり父に心配を掛けようかと思います

だって 普段は言えないから・・・






DSC_9410 (800x580)





お帰りなさい あのね・・・あのね・・・

話したい事がいっぱいあるの

今年は特にね いっぱいいっぱいあるの・・・





DSC_9414 (800x533)




やれやれ・・・ また今年もか・・・









まり
道程 コメント:- トラックバック:-

お花と共に・・・

2016/08/10(Wed) 23:10






Bach, J.S. - 'Schafe können sicher weiden', BWV 208 [Leon Fleisher]








DSC_4443 (800x533)






薔薇が一本枯れてしまいました

もう十年ぐらい育てていた薔薇

モーヴァン・ヒルズと言うイングリッシュ・ローズです




4m以上になる四季咲きのつる薔薇で

とても性格の良い薔薇でした

木の根元は私の腕よりも太く

今まで何度もカミキリムシにやられたけれど

治療しながら 頑張って生きていました

今年の春も 株一面に花を咲かせてくれたのに・・・






DSC_6523 (800x519)





枯れた株を片付けるのに 陽が暮れるまで掛かりました

枝先から切って 最後に根元を揺らすと

力を入れなくても ボロッと取れました

見ると 皮一枚で何とかくっついているような状態でした






DSC_9209 (800x533)





何だか 泣けてしまって・・・




本当に植物は 無償のボランティアだと思います

最後の最後の最後まで ただ咲いて ただ散って

人の心を慰めてくれます

何の見返りも求めず 咲けた事に喜びを感じているようです





頑張ったねぇ・・・ありがとう・・・そう声を掛け撫ぜてあげました






DSC_9192 (800x533)





今年の夏 お庭に蝉の抜け殻が四匹ありました

自己満足ですが 農薬を殆ど使わず

虫や小鳥と仲良く楽しむお庭を ずっと頑張って作って来ました

諦めずに頑張っている自分を褒めてくれるように

小鳥や蝶が遊んでいます






DSC_5950 (800x593)





お庭は育って行きます 世代交代をしながら

お庭は主を育ててくれます そして命の輝きを絶え間なく見せてくれます

生き物たちの 一番いい表情を撮り続けて行きたい

出来れば これからもずっと・・・





頑張らなくちゃ











まり
道程 コメント:- トラックバック:-

一番星

2016/08/10(Wed) 08:09






BEGIN/涙そうそう(ウチナーグチ)








DSC_9093 (800x533)





広島と長崎の間に漏らすわが父の苦しみ

一番星に祈りを捧げ安らかを願う






DSC_9108 (800x557)








DSC_9153 (800x533)







DSC_9132 (800x533)







DSC_9154 (800x533)







DSC_9130 (800x533)







DSC_9169 (800x507)





私は 母が七人の男の子を流産した後やっと授かった二人姉妹の下なので

母は もうかなりの高齢で昭和八年生まれ

昨日 小さな水筒を母に買いました

マイボトルだと喜んで 何時でも冷たいお水が飲めるように

眠る時も傍に置いて 子供のように喜んでいます

この夏を元気に乗り越えて欲しいと思います




お使いから帰って来てまた一仕事

お仕事終わりに一番星を見つけ

とても嬉しくて 沢山の事を祈りました











( Sさん 中身が間違いのようです )



まり
道程 コメント:- トラックバック:-
 Home  Prev

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク