花の足音

2018 / 11
10≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫12

草の陰

2017/11/28(Tue) 17:12





DSC_4344 (800x533)






ふっくら併せる掌に 膨らみ広がる小宇宙

声明の響き 平らかに流れれば

今ひとつ 悔いの実落ちる草の陰








川上ミネ "Nostalghia~Kiyomizu~" (道~コルドバの午後~アンジェラ Official Audio Previews)








DSC_5298 (800x533)





お蔭さまで 無事に法事を終える事が出来

胸の痞えが取れたように 少し気持が楽になりました

温かなお心遣い ありがとうございました




昨年の今頃も 小雪が降り

六文銭に落ちる雪を どうしようもない哀しみの中で

ぼうっと見つめていた事を 想い出しました



だから この冬が特別早くやって来た分けでは無かったんです・・・



こんな風に 季節を重ねてゆく度に

薄紙を剥ぐように 少しずつ

哀しみや悔恨の念なども 薄まってゆくのでしょうね・・・







DSC_5395 (800x533)





久し振りに会った親戚に 林檎捥ぎに行こうと誘われ

昨日は 暖かい日中に少しだけお出掛けしました



那須のお林檎 美濃の柿 天草のお蜜柑

果物も まるで親戚が集まったようです






DSC_5401 (800x533)





サクッと割ったお林檎には 蜜が溢れ

何度も何度も 強い霜に耐えた証のように

透き通って きれいです





名古屋や岐阜の親戚に 初めて送った時は

腐ってる!と あちこちからお叱りの連絡が来て驚きましたが

今は 蜜入りのお林檎を楽しみにしてくれています







DSC_5407 (800x533)





果物の エネルギーを頂いたら

きっと 身体も喜びますね



それでは 初冬の恵みに感謝をして・・・





DSC_5415 (800x533)





ご一緒に如何ですか?

おひとつ どうぞ









お休みの間も ご訪問ありがとうございました

少し考える事などあって 深い眠りから中々目が覚めず・・・

夜 後ほどゆっくり回らせて頂きます












まり
スポンサーサイト
発心 コメント:- トラックバック:-

冬のコーナーを回る

2017/11/24(Fri) 19:56





DSC_5020 (800x533)





凍てついた嵐の中でも 

落ちなかった たったひと粒の実を私は愛す

言の葉より先に生まれた この実を・・・




言の葉の 補捨流調を整える

足りないものを補い ため込んだものを捨て

滞ったものを流し 崩れたバランスを取り戻す

情報や言葉の溢れる 今のこの世界で

自分が本当に必要とする言葉は ほんの少しなのかも知れない・・・




心で感じると溢れるように聴こえて来る声が    在る









Miley Cyrus - The Backyard Sessions - "Jolene"










DSC_4803 (800x533)






人生の トラックを走る

長いトラックの 冬のコーナーに差し掛かる

走り続けている心は 疲弊し始め

凍てついた朝は つま先が重い







DSC_5142 (800x533)





凍りついては溶け 段々と霜枯れてゆく

半透明になりながら姥貝ている 私と言う感情が

小さく呼吸する度 蒸気機関車のようにましろな霧に包まれる







DSC_5301 (800x529)





トラックの周りで 秋が手を振っている

冬のコーナーは急カーブ 

転ばないよう 少しスピードを落としてみる




あぁ・・・胸が苦しい・・・







DSC_5214 (800x533)





光りは何処だ





深く理解し 咀嚼された真理は

赤ん坊の言葉の中にも  花びらの散り方にも

猫の表情の中にも 犬の尻尾の向きにも

何処にだって散りばめられている







DSC_5233 (800x534)





ガイアは きみだ

丸ごとの きみだ

あぁ・・・ぼくが求める 光の珠







DSC_5082 (533x800)





何度でも 光に向かって背を伸ばせば

春のコーナーは 遠からじ






DSC_5061 (800x533)





ぼくは ガイアに伝え続ける

言葉の無い いにしえより

感じる心で 伝え続ける











義母の一周忌法要があるので 明日・明後日とお休みします

ここの処 急激な温度変化などでかなり体調が不安定です

冬の寒さは 年々怖くなりますね

どうぞ お身体ご自愛ください









まり
発心 コメント:- トラックバック:-

もうすぐ春?

2017/11/22(Wed) 16:43






DSC_4800 (800x533)





夏の歩に 再び重ねる足音は

羅漢の森に 静かに響く






おやおや・・・何やら話し声が聞こえて来ますね・・・









久石讓- 銀河鐵道之夜.wmv









DSC_4802 (800x533)





えっ 何だって? 聴こえないよ

芽がどうしたって言うんだい?






DSC_4801 (800x533)





いやね だからさ

あのぼうずの頭に 芽が出て来たって話さ

一体全体 何の芽だろうってね







DSC_4877 (800x533)





どうれ じゃぁここはひとつ

わしが その芽を引っこ抜いてやろうかのぅ






DSC_4880 (800x533)





いやいや・・・抜くんじゃなくて

一体 何の芽だろうって話ですよ

あのぼうずの頭に 何の種が蒔かれたんでしょうねぇ







DSC_4885 (533x800)





まぁまぁ 皆さん

何の種だって 宜しいじゃありませんか

それに 考えるっていい事でしょう?





何れ 春になれば分りますでしょう?

どうせ もう冬なんですから

春にどんなお花が咲くか 楽しみに待ちましょうよ







DSC_4798 (800x515)





そうだなぁ・・・ 

あぁそうだそうだ 今朝は―5℃だった・・・




もう冬なんだなぁ・・・

花も咲けないだろうなぁ・・・




でも 冬の間に枯れちまったりしないかね・・・



あの芽 本当に花を付けるのかい?



どうだろうな・・・春にならなきゃわからんなぁ・・・



まぁ 何はともあれ待とうじゃないか

あぁ・・・何だか春が待遠しいねぇ・・・








DSC_4865 (800x533)






これ 何の芽だろう? 気になるなぁ・・・

でも・・・冬の間に枯らさないようにしなくちゃ・・・






お花なんて ほんとに咲くのかなぁ?

ボクも ちょっと楽しみになって来たよ

冬が来たから 春はもうすぐだね












まり
発心 コメント:- トラックバック:-

生まれたての朝

2017/11/21(Tue) 07:49





DSC_4960 (800x533)





割れたお空の殻から とろんと落ちたお陽さまが

森の中に光る頃

小鳥たちが 遠慮がちに歌い始め

朝が 生まれる








Carla Bruni - Quelqu'un m'a dit









DSC_4969 (800x533)




ようこそ 今日と言う日

ご機嫌は如何ですか?






DSC_4968 (533x800)




森が パチパチと音を立てて燃える





DSC_4977 (800x533)




ガス暖炉も ごうごうと音を立てて燃える





DSC_1847 (800x533)





お目覚めですか?

おはようございます






DSC_4979 (800x533)





起きて下さい 朝ですよ

ねぇねぇ・・・一緒に眺めましょうよ






DSC_4980 (800x533)





生まれたての 朝ですよ






DSC_5013 (800x533)





胡桃のパンに 林檎のシナモンソテーを挟みました

プルーンも お腹にいいですからね






DSC_1857 (800x533)





二日酔いですか?

あんまり呑み過ぎないでね

もう若くないんだから・・・






DSC_4985 (800x533)





お陽さまの光も 白い息を吐いてるみたいね



寒い・・・






DSC_4986 (800x533)





眩しい・・・



命が動き出すみたい・・・

朝って 素敵ね






DSC_4995 (800x533)





あっ・・・雪・・・



粉雪




掌に 零れ落ちて溶けてゆく

ましろな あなたの欠片のよう・・・

うれしくて 両手を広げて受けました

また来る 白夜を想い出し

はしゃいで 心を染めました










まり
発心 コメント:- トラックバック:-

黄金色の飛沫を上げて・・・

2017/11/16(Thu) 09:43






DSC_4554 (800x533)





名残りの黄葉に 急き立てられるよう

産毛で覆われている意志に

硬い羽根が 生えて来る



生まれ生まれて後  白髪三千丈になるその日まで

毎日の人の営みは 是即ちすべてが終活であり

取り立てて 何も特別な日などありはしない



唯 淡々と生きて生きて生きてゆく



その中で どれだけ人を愛せるものかと想う・・・

鶏が先か卵が先かは 知らねども

他を愛する心が芽生える時 それと同時に

自分をも 大切に出来るように成るものだと

体験によって 感じるようになった



そこには ある種の勇気と言うものが必要で

それは また 慈しみの心中に得られるものだと・・・



人は 愛し愛されるために生まれて来る

そこには必ず生きる勇気が     在る









Schumann - Romances for oboe & piano : II. Einfach, innig









DSC_4540 (800x533)





幸せについて いっぱい考えたね・・・





DSC_4544 (800x534)





きみはいつも 難しい事ばかり言って・・・





DSC_4547 (800x533)





ぼくは どうやら頭が悪くて

身体で覚える方が いいらしいや





DSC_4543 (800x533)





まず 母なる大地を信頼して

思いっ切り 蹴るんだ!






DSC_4542 (800x534)





あぁ・・・ねぇ ほら 飛べたよ!

ほらほら 観てる?

飛んでるでしょ?

あぁ・・・どこまで飛べるかな?

気持ちいいよ 風が顔に当たるんだ






DSC_4553 (800x534)





黄金の水飛沫を上げて 着水するよ

辿り着く場所は知ってる

だから もう何も怖くないよ




大切にするべきものを 知ってる

それこそが 人生の宝物さ










夕べ  真夜中に咳き込んで起きてしまい

窓のカーテンを全部開けてみました

物凄くたくさんの星が 窓いっぱいに映し出され

オリオン座が 殊更輝いて見えました

まるで プラネタリュームにいるようで

眠るのが勿体なくなってしまいました

お空が 昼となく夜となく澄み渡るようになって来ましたね

冬からの贈り物でしょうか

冬もまた いい季節です

お空と共に 心も澄んで行くようです



体調を崩されている方も多くなりましたが

暖かくして 寒さを乗り越えてゆければとお祈りしています

今日は 青空が眩しい朝でした

どうぞ 穏やかな一日をお過ごし下さい

私は少し 所用でお出かけです

後ほど伺わせて頂きます









まり
発心 コメント:- トラックバック:-

大地に降りた心は・・・

2017/11/15(Wed) 08:43






DSC_4598 (533x800)






水に映る葦は 冬の声を聴いても相変わらず考えている

また来ぬ昨日に 忘れ物をしないよう

ひとつづつ 宿題を解かなければ・・・



嘗て 足元の茂みで誰ぞが歌った歌は何だったろう

あの頃 道を説いていた人の足は天空を高々と舞っていた









春の雪 OST - 天上の雪









DSC_4606 (800x533)





初春の別れを想い出し 裂けた胸の傷がヒリヒリと痛む

冬の訪れとともに ひとつの窓の景色が浮かんだ







DSC_4637 (800x533)





道を説いていた人が ひと時足を着けた大地に 

その景色を観た窓に

私は両の手を添えて 口づけをする




その窓からしか観えない 大きな翼と

その窓からしか聴こえない 大きな声に

もう一度 触れたい・・・







DSC_4638 (800x533)






あぁ・・・やっと・・・

今年も・・・あなたにお逢い出来ました・・・







DSC_4573 (800x533)





何処より 水音聴こゆその窓に

重ねた冬の 想い巡りて







DSC_4518 (800x533)





説かれた道には 今も猶

こうして ふたり浮かんでいる











まり
発心 コメント:- トラックバック:-

2017/11/11(Sat) 23:57






DSC_1993 (800x533)





チェロの音は 人の声によく似ている

語り掛けるような 響きが好き・・・




声楽家の女性が 建物の一室で発声練習をしていた時

駐車場を歩いていると 窓ガラスが鳴り地震かと思った事があります

人の声は 一番身近な楽器のようです




あなたの声の代わりに チェロを聴こう・・・

うんうん・・・て 笑って欲しくて・・・




本当は 声が聴きたいけど・・・








Yo-Yo Ma Dvorak Songs My Mother Taught Me








DSC_4366 (800x533)





この間 身体の痛みで朝まで眠れなかった時

そのお蔭で とてもきれいな朝焼けが観れてうれしかったと

治療院の先生にお話したら グリコのおまけみたいだねって笑われて




今日もね 頑張ったら取り敢えず秋のお仕事出来たので

また 来年も出来るような気がするって言ったら

きみは 本当に幸せな人だねぇって言われました




辛い時は 一緒に考えて下さって

うれしい時は 一緒に喜んで下さって

赤ひげのような 先生なんですよ







DSC_4370 (800x533)





何かひとつ出来ると ひとつ希望が生まれる気がします

諦めるのはいつでも出来るから 簡単な事は後回しにして

夢を紡ぎ続けられたら・・・と想います







DSC_0335 (563x800)





スマホしかなかったので 上手に撮れなかったのですが

二羽の白鳥が お空で寄り添っていました






DSC_0336 (606x800)





治療院の帰り 山裾に虹の帯が掛かっていました

こんな時 何か良い事ありそうな気がします







DSC_0337 (800x440)






今日は 風の強い一日でした

早く 白鳥にも逢いに行きたいです



冬を楽しめるように 体力づくりをして

また写真を撮って一緒にお散歩出来るよう 頑張ります






風邪 ひいていませんか? 

お身体 大切にして下さいね









まり
発心 コメント:- トラックバック:-

ホッと溜息・・・

2017/11/10(Fri) 23:48





DSC_4195 (800x533)





あなたと私の 糸が見えるから

小指を掛けて 綾取りをしましょう

どんな形になるかしら

上手に掬って あなたの番よ・・・









Quinta.5 - Blackbird (The Beatles Cover)

教えて頂いた曲 とても素敵です ^^








DSC_4346 (800x533)





ホッと 溜息をつく夕暮・・・




昨日今日と 二日続きで

少しハードなお仕事を 無事に終えられ気が緩みました






DSC_4347 (800x533)





いつまで出来るでしょう・・・





身体を壊してからは 秋の責任を終えるまで

精神的に かなり追い詰められてしまったりします






DSC_4336 (800x533)





でも 遣り甲斐生き甲斐は 失いたくないし・・・

もの作りのお仕事は 夢をくれるから・・・






DSC_4340 (800x533)





秋のお仕事は 春を描く事

想像を膨らませて まだ観えない色を差してゆく

今度の春 お山のガーデンはどんな色に染まるでしょう






DSC_4330 (800x533)





でも 取り敢えず明日は治療院です

背中が割れそうです 孵化しちゃうかも~

頑張って 復活しなければ・・・






DSC_4406 (800x533)





今日の帰り道 夕暮れの山並みがとてもきれいでした
















DSC_6993 (800x533)




「オブツーサ」 「ハルオチア」について
顔色が悪くなったと悩んでいる方がいらっしゃったので・・・


この種類は 室内の明るい窓辺での管理が良いようです
直射日光が強いと 焼けて黒ずんでしまいます
少しの光りでも内包する植物なので レース越しの光でも十分きれいに成長します








まり
発心 コメント:- トラックバック:-

かみさまとのやくそく

2017/11/07(Tue) 19:40






DSC_3477 (800x533)





コーギーのバジルが亡くなる時

無意識のうちに 身体を摩りながら話しかけていました




お前は 小さな頃から腸の疾患を抱えアレルギーも重く

脾臓の癌に下半身麻痺 とても辛い一生だったけれど

人の気持ちも良く分かり 人と話し愛され良く尽くし良く生きたから

きっと今度は 人に生まれて来るでしょう・・・って




人に生まれる方が幸せだと 私は思っていたのだろうか・・・








Debussy - Rêverie









DSC_3474 (800x533)





つい先日 「 かみさまとのやくそく 」 と言う映画の存在を知りました

母親の胎内にいたときやそれ以前のことを 

2歳から4歳の子どもが覚えている 胎内記憶と子育てをテーマに

専門家や子どもたちに取材したドキュメンタリー映画です







DSC_3466 (800x533)





科学的な立証がなされている訳ではなく

賛否は色々とあるようですが・・・



子どもたちに共通している記憶は

初め 宇宙にいて大仏のような姿のかみさまがいて

スクリーンに映される女性の中から 選んだ人の所に生まれる

何の為に? と訊かれると

皆 共通して 人の役に立つためと言っていました

まずは お母さんを幸せにするためだと・・・




私は 単純に子供たちの言葉が胸の奥に響きました

とても観たいのですが 此方では上映が無いので残念です








DSC_3490 (800x533)






誰かの役に立つために ボクも生まれて来たのかな?

ボクは 誰かを幸せに出来たかな?

ボクがした かみさまとのやくそくは何だっただろう?







DSC_3446 (800x533)






ボクは どんな人生を描いて生まれて来たんだっけ?

あんまり上手に生きれなくて 色んな事があったから

やくそく 忘れちゃったみたい・・・







DSC_3495 (800x533)






でも お母さんを助けるために来たのは忘れていないよ

そっか・・・

これが かみさまとのやくそくだったのかな・・・







DSC_3755 (800x533)






じゃぁ お母さんが子供になって行ったら

ボクが 少しは大人にならなくちゃね・・・








DSC_3850 (800x533)






でもさ たまにはボクだって

甘ったれたいって思うんだよ・・・











まり
発心 コメント:- トラックバック:-

夜明け前

2017/11/06(Mon) 10:03







DSC_4296 (800x579)






まだ覚めやらぬ 夜明け前

道 月あかりに照らされ

ようよう白くなりゆく空に

星は 瞬く







DSC_4323 (800x534)





標のように 輝く星は

白雲に 見え隠れして

消えゆく 夕べに

惜別の情 募らせる






DSC_4314 (800x528)





勝敗の 存在しない

日々の 戦いに

脆くも 膝を付き

憤る暗き森は 夜明け前









HD 1080i ペールギュント 朝 / グリーグ ・ 富士山 1









DSC_4122 (800x533)





鞴の風に 火が起きる

ごうごうと 風吹いて

パチパチと 音立てて





DSC_4127 (800x533)





暗き森に 火が灯る

朝と言う 始まりが

道を 照らし始める  






DSC_4134 (800x533)






まどろみの 窓に

白き 光射し

夕べの終わりを 知る






DSC_4150 (800x533)





暁の空は 祝宴のように

燃え盛る 夢の続き







DSC_4173 (800x533)





夜が尽きるまで 赤々と色を差し

我が心を 叩く






DSC_4176 (800x552)





火の海と なりし夜明けは

明日立つ冬の 祝いなるや






DSC_4179 (800x533)





ましろな息を 掌に乗せ

擦り合わせて 我は言祝ぐ






DSC_4181 (800x533)





観よや 澄んだ冬空を

山々が深い眠りにつく前の しんとしたこの季節を





DSC_4187 (800x533)





観よや 燃え尽きてゆく空を

想い残す事無く 精一杯生きた秋を・・・






DSC_4194 (800x533)





あぁ・・・我が道の 夜が明ける





暗澹たる想いの中でも

決して 真っ暗ではなかった・・・

いつも 小さな火が灯っていた

その火は 私を孤独にはさせなかった






DSC_4192 (800x511)





人を 愛すると言う事

誰かを 真っ直ぐに見つめると言う事

そこにはいつも 陽が昇り夜が明けて朝が来る

夜も月あかりに照らされて 道を失う事は無い





私は 多分 ずっと幸せだったのだと思う・・・



これからもずっと・・・









早いもので 明日はもう立冬を迎えようとしています

お空がきれいになるほど 寒くなりました

どうぞお身体ご自愛ください









まり
発心 コメント:- トラックバック:-
 Home  Prev

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク