花の足音

2018 / 10
09≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫11

夢を見ていた

2018/08/11(Sat) 14:24






DSC_0464 (800x533)



感情を映す 雨は涙となりにけり

苦しさは 僅かな既知から幻想を呼び

哀しみは喜びへ 喜びは悦びへ

雨は露に変わり 夢の扉を潜り抜け

既知を捨て 目を瞑る


あぁ ヰタ・セクスアリス


免罪符を求める 既知の空は鈍色

流れゆく雲も すり替わる都合も

俊敏に泳いでゆく 昨日


心の荷物を背負って 待ち合わせをする 

二本の足が六本になる不思議

山の手線が ウミネコと走る不思議



あぁ ヰタ・セクスアリス



ボクは 既知の間に妄想を埋め込み

錆びついた現実を夢に変える

唯それだけの事



良心は 愛し合いボクを産んでくれた両親の心ように

自分だけの為にあるものだ 他人には見えない



真実なんて 知りたいと思ううちが花なのだろう

何時しか枯れた薄を前に あぁ…冬だなぁと思う

唯 それだけの事









[Scene] The Mask - Coco Bongo









DSC_0456 (800x468)




ボクの漆黒の闇をすり流し 青空にぶちまける

天上迄が 見る見るうちに鈍色に染まるんだ





DSC_0455 (800x533)



この空はよく知ってる

何年も前 空はずっとこんな色だった

太陽がなかったからだ








DSC_0551 (800x533)





太陽に求愛した日々

それは 真実幸せな揺り籠だった・・・・・





愛と信頼と友情の旗を 真実の大地に突き刺す

強い地震にも 台風にも 津波にも浚われない






そんな瞬間を夢見ていた・・・・・・







DSC_0556 (800x533)



濃い霧の中 深い穴を掘った

その穴の中に 紙に描いた月を破って入れ

思いつくだけの罵詈雑言を叫んで土を掛けた

其処に葦が生えないように 防草シートを掛けた

でも 薄は図太いから生えてくるかも知れない・・・・・・






DSC_0460 (800x533)



やぁ チャーリー いい朝だね

雨も上がったようだ








DSC_0566 (800x533)




ボクも 声が出るようになったよ











まり
スポンサーサイト
織る コメント:- トラックバック:-

冬の華

2017/12/29(Fri) 11:12





DSC_7259 (800x505)




冬の器に 盛り付けられた甘い甘いアイスクリーム

口の中で溶けて広がる ミルクの香り

暖炉の前を陣取って 真っ赤なほっぺで頬張れば

雪たちのお話が 聴こえて来ます







Laura & Anton - "La Vie En Rose"







DSC_7248 (800x533)



まぁ・・・今日はいいお天気ね・・・

あぁ・・・ましろな大地に反射して お陽さまが眩しいよ





DSC_7249 (800x533)




雪の中で咲こうとしていた 薔薇の蕾を見つけたよ

まぁ・・・まだ頑張っている子がいたのね





DSC_7252 (800x533)




あぁ そうさ 冬も楽しみを見つけなくちゃいけないよ

ささやかな喜びを 見つけたいって言っていたじゃないか





DSC_7254 (800x553)




そうだったわ・・・ダメね私ったら・・・

急に寒くなったから 挫けそうになっちゃって・・・





DSC_7253 (800x533)




はい この薔薇を君に・・・

ありがとう  お水を換えてちゃんと咲かせてあげなくちゃね





DSC_7223 (800x533)




冬の華ひとひら 君の元に届く時

掌にそっと包んで 溶かして欲しい





DSC_7222 (800x561)




僕からの便りだと 音もない便りだと

心の中で 読んで欲しい









まり
織る コメント:- トラックバック:-

ましろな朝

2017/12/28(Thu) 16:09




DSC_7212 (800x533)




朝 お庭に出ると 目の前に広がる森にお陽さまを探す

おはようお陽さま 今日のご機嫌は如何?








Krystian Zimerman - Chopin - Ballade No. 1 in G minor, Op. 23






DSC_7214 (800x533)




雪を纏った ましろな梢がきれいね

こんな朝は素敵

音も無く近づいて 驚かせてみたいけれど・・・





DSC_7217 (800x533)




充電・・・・・・





DSC_7218 (800x533)





あのね ちょっと電池が切れてるの・・・





DSC_7219 (800x533)




暮に雪が降ると 出来なくなる事がひとつふたつ・・・

木偶の坊がころんと転がって 雪上のダルマになる





DSC_7210 (800x517)




雪は大好きですが アイスバーンの運転が苦手です

でも昨日はちょっと彼方此方へ





DSC_7257 (800x533)




家の前が いつも根雪になってしまうので

昨日は市役所で 融雪剤を頂き蒔きました

これがかなりの重量で・・・





DSC_7264 (800x533)




今日は 雲の上にいます





DSC_7240 (800x533)




明日も 雲の上にいるかも・・・








まり
織る コメント:- トラックバック:-

2017/12/27(Wed) 18:28



DSC_8301 (800x533)




再びの 枯野を渡る平調子

風雪に耐えて久しい 樹々の枝

青々芽吹く 春はすぐそこ







Sarah Brightman - Scarborough Fair LOTR Lord of the Ring Ode to Arwen Aragorn







DSC_7209 (800x533)



いつの間にやら 音が消え

辺りは ましろになりました

時折 鳥が羽ばたいて

バサリと雪が 落ちるけど

その音さえも 包み込み

夜の静寂に 消えてゆく






DSC_7060 (800x533)
セージ



ましろな粉は 夢の妙薬

胸の薬と 心で煎じ・・・





DSC_7057 (800x533)
ローズマリー




でもちょっと寒すぎるかも・・・

あっ! パセリが無い・・・





DSC_7058 (800x533)
タイム




明日は お陽さまが出るといいなぁ・・・





DSC_7195 (800x533)



風吹きすさぶ 山間に

咲き乱れたる 六の花










まり
織る コメント:- トラックバック:-

風花

2017/12/26(Tue) 13:55




DSC_7002 (800x533)




ぐぅっと冬が背を伸ばし ましろな息を吐く朝に

バリバリと音立てて 歩きたくなる子供のように・・・







Tommy Emmanuel, Jim Nichols, Richard Smith 「 I'll see you in my dream」







DSC_6983 (800x533)




昨日は仕事納めの最中 一瞬猛吹雪になりました

きれいだったので 思わずカメラを・・・





DSC_6985 (800x533)




うれしくて そっと広げる掌に

君の便りと 風花が舞う







DSC_6989 (800x533)




お庭に お花が少なくなって来ると

段々寂しくなってきます





DSC_6996 (800x533)




今は ガラスのフレームの中で

八重咲のアネモネが 少しだけ咲いてくれています





DSC_6997 (800x533)




ここの処 本棚の本を開く度PCが固まってしまい

思うように読めません(泣)

それなので たまに入る広告や新刊など

中々 目を通す事が出来ずごめんなさい

こんな暮に PCが壊れないよう祈るばかりです  





DSC_7018 (800x533)




窓辺で ましろな侘助が一輪解けました



美味しそうなバターケーキも ふわふわとした雪も 凛と咲くお花も

白い色は良いですね 大好きです🎵





今日はこれから 病院納めで母とお出掛けです

夕方から雪らしいので 早めに帰れるといいな・・・



それではまた 夢でお逢いしましょう






まり
織る コメント:- トラックバック:-

陽は昇る

2017/12/25(Mon) 09:38



DSC_6233 (523x800)




Knock knock Who's there?

カチャ・・・最後の窓が開く



聖なる朝 子どもらは眠い目を擦りながら

枕元を 或はツリーの下を探し

喜びの歓声を漏らす

目に見えないものを信じた 初めの日







チャイコフスキー くるみ割り人形 小澤征爾







DSC_6809 (800x533)



夕べは夜中に BSでくるみ割り人形が放映されていました

それをひとり観ながら 懐かしい想いでを心の引き出しから引っ張り出し

あれやこれやと 楽しんでいました

小さい頃 初めて母がかってくれたLPレコードは

姉にはくるみ割り人形 私には白鳥の湖でした

どちらも好きで よくレコードを掛け乍ら物語を想像して楽しんだものです





DSC_6957 (800x533)




自分が親になった時も 幼い子供の夢を守りたくて

クリスマスには 毎年大奮闘していたように思います

いつも 近所の子たちが欲しがるものとは違うものを願う事が多かったので

冷や汗をかく事の多い十二月でした





DSC_6919 (800x516)




ある年は 「 サンタさんが作った粘土板とたくさんの粘土 」

また ある年は 「 お願いは心の中でしたからお手紙は書かない 」

さぁ 大変です!

粘土板の年には 子どもが眠ってから板に鑢を掛け絵を描きニスを塗り・・・

ある時は 従弟のお兄さんにサンタになって電話をして貰い願いを訊き出し・・・

町中を探しても 子どもの望むレゴセットが売っていなくて

もう少し豪華な物しかなかったので 仕方なくそれにしたら

サンタさんはボクのお願いを訊いてくれなかったと 一日泣かれた年もありました






DSC_6949 (800x533)




その頃の私は 夢を見られるのはほんのひと時なのだと思っていましたから・・・

でも 近所の子らがひとりふたりとサンタクロースの真実を知り始めても

一向に疑いを持たない息子に 少々不安を感じ

ねぇ・・・お友だちとサンタさんのお話ししないの? と訊くと

そんな事はお話ししないと言われ 息子は十歳になるまで夢の住人で居続けました

後で聞いたところによると 近所の子たちはそれぞれの親から

息子が信じているので余計な事を吹き込まないように・・・と釘を刺されていたようでした

懐かしい想い出です






DSC_6973 (800x533)




今年のEveに あの動画を選んだのは

似たような感情を それぞれの立場から持った事があったからです



湾岸戦争の時 対岸の火事と言う言葉を何度となく聴きましたが

そうして人は 何時その対岸の立場に立つか分からないものです

予期せぬ 震災・事故・病気・事件 自分で選ぶことのできない災難など・・・



だからこそ あなたは私で私はあなたなんだと

いつも 感じていたいと思っています






DSC_6977 (800x533)




クリスマスの朝に・・・ 

世界中の子供たちの 笑顔が消えない事を祈りながら・・・

どんな朝も 同じように陽が昇ります





寒波が またやって来るようですね

此方は 明日から雪マークです

温かくして お過ごし下さいね







まり
織る コメント:- トラックバック:0

Eve

2017/12/24(Sun) 18:41




DSC_6165 (800x533)



Knock knock Who's there?

カチャ・・・22番目の窓が開く



暖炉の横に 靴下が吊り下げられれば

ポツリポツリと 灯が揺れる

イヴの夜に 訪れる夢を待ちながら・・・






GENTRI - "O Holy Night" (Official Music Video)





DSC_6423 (800x533)




さぁて・・・今年も雪がないから歩いて行かなくてはのぅ・・・
あの少年 今年は何を願っているのじゃろう


それが実は 手紙にはサンタになりたいと書かれていたんですよ


何だって? えぇい 身の程を知らぬやつじゃ・・・やれやれ・・・
そりゃぁ困ったもんじゃのう・・・






DSC_6428 (800x533)



『 負けない心 』 『 母の掌への地図 』 『 夢見る事を忘れない心 』
この三年 今まで届けたものでは足りぬのう・・・どうしたものか・・・


そうだ あそこへ行かせたらどうでしょう


おぉっ・・・あそこで考えさせてみるか・・・
あの少年が 自分に足りないものに気付く事が出来ればよいのじゃが・・・






DSC_6119 (533x800)



あれっ? 此処は何処だろう?
ずいぶんと きれいなところだなぁ・・・





DSC_6048 (800x533)



あっ! 眺める位置で光が変わるよ
不思議だね どうしてだろう?





DSC_6057 (800x533)



こっちに立ったら 絵が明るく観えるみたい・・・




DSC_6109 (524x800)



高い所を眺めるには 下からの光も大切なんだね・・・


それにしても 此処で何を考えればいいのかな?
考えておいでって言われても・・・


ボクには サンタになれないって言う事なのかしら・・・
愛があればなれるものではないのかしら?





DSC_6105 (800x533)



うわぁ・・・この暗い部屋では 光が浮き立って見えるね
こうしてみると 光は角度や周りの明るさで色々と変化するんだなぁ


光源はお陽さまひとつなのに 窓の明かりはこんなに様々なんだもの・・・





DSC_6201 (800x533)



暗闇を照らす小さな灯りは ホッとするよね
こんな小さな灯りでも どれだけ人を安心させてくれるかボクは知ってる





DSC_6221 (800x531)



あぁ・・・そうだ・・・ボクは今まで何度も挫けて誓いを破った・・・
光りの変化が 怖かったんだ・・・


少しでも弱まると怯え 強まれば安堵し
変化を恐れて言葉を呑み込み 受け入れることを拒絶したんだ





DSC_6215 (800x533)



大切にして守っている心に 新しい変化を紡ぎ足す事をしてこなかった
真正面からの光しか 頑なに信じようとしなかったんだ・・・


クマくんの心だってボクの心だって 同じように多面体だって言うのに・・・
まぁるくなるには 変化に怯えてばかりじゃいけなかったんだ



クマくんは 苦しかっただろうな・・・



もっと 愛を知らなくちゃダメなんだ・・・お月さまも傷つけちゃった・・・
あぁ・・・ボクは やっぱりまだサンタにはなれそうもないや



あれれれ・・・身体が光の中に落ちてゆくよ・・・・・・





DSC_6093 (533x800)



さぁて・・・あの少年は 『 変化を恐れぬ強さ 』を 少しは理解出来たかのう・・・


本物の絆を紡ぐには 心の強さがいるんじゃ
大切に守り続けているものに 時を超え変化してゆくものも重ねてゆく
その時 心に生まれる曇りを磨けるのは自分自身だけなんじゃから・・・


これであの少年も 明日からもう少し強くなれるじゃろう





DSC_6062 (800x533)




誓いを立てる
人は 人生で何度でも誓いを立てる
今日こそは明日こそは 来年こそは今度こそは・・・と

後ろを振り返り 叶う事の無かった願いを
まだ見ぬ未来に重ね そして祈る
あなたの為に 君の為に 名も無き人の為に・・・

幸せが 世界を満たすひと時に
ボクにも小さな幸せが訪れんことを そっと祈る

君よ 育まれることを喜べ
君よ 愛を抱きしめよ
汚物の中に 自ら心を沈めるな

求めれば 光りはいつも君の傍に在り君の中に在る
共に生かされている事に 感謝を忘れず 
今一度 永遠の誓いを交わそう







DSC_6146 (800x533)




たくさんの 穏やかな窓に感謝を・・・
たくさんの 素晴らしい本に感謝を・・・
たくさんの 温かい灯りに感謝を・・・
たくさんの 傍にいてくれる心に感謝を・・・

いつも 心を助けて頂いてありがとうございます

私からのプレゼントは 何もありませんが
どうか すべての人たちの上に
今宵 温かな時が流れますように・・・


Merry Christmas




まり
織る コメント:- トラックバック:-

お呼ばれ

2017/12/23(Sat) 13:20




DSC_6707 (800x533)



Knock knock Who's there?

カチャ・・・21番目の窓が開く




壊れそうな ガラスのオーナメントをそっと

大好きな樹の上に飾ろう

ほら・・・私だけの素敵なツリー

後は 星たちを飾り付けたら出来上がりよ








少女がお金を恵んだらオーケストラの大演奏のサプライズ







DSC_6810 (800x533)




昨日は 治療院やピアノのお稽古の後

美味しい手作りお菓子に釣られ(笑)

お山のひとり暮らしの先輩の家で クリスマス撮影会でした





DSC_6853 (800x533)




七十代のご夫婦と一緒に 七十年前のあれやこれや

観たことも聞いた事も無い 知らない事など教えて頂きながら 

驚いたり笑ったり 夕暮のひと時楽しい時間を過ごさせて頂きました





DSC_6866 (800x533)




我が家は クリスマスの飾りつけを止めて数年が経ちます

義父母の様子に変調があってから 決まって十二月は事件が多く

ふたりが亡くなったのも十二月で・・・

それ以来 毎年ツリーは先輩のお家で楽しませて頂いています





DSC_6859 (800x533)





七十年以上も前に ご両親にプレゼントされたガラスのオーナメントを

今年も元気で無事に飾れたと 感謝しながら飾っているそうです

早くに亡くなられたご主人が 少しずつ買い足してくれた想い出や

亡くなったわんちゃんとの想い出や・・・




我が家の亡くなったビションのブルースも このツリーと記念撮影をした事があるので

私にとっても いつの間にか想い出のツリーになりました





DSC_6908 (800x527)




今年 背骨と足の骨折をした先輩は見事に復活し

写真を撮りたいとおねだりしたら

元気に椅子に昇って 火を点けてくれました(笑)





DSC_6913 (800x525)




ひとりだと ケーキは無いから

その代りよ・・・って ちょっと寂しそうでした

一緒に きれいねって観てくれる人がいると

毎年頑張って 飾ろうと思うのよって・・・





DSC_6878 (800x533)




まるで 先輩の人生の歴史のようなツリーを眺め

たくさんカメラに収めておいてねって言うから

山のように撮りました






DSC_6926 (800x533)




この子は ふにゃふにゃしてて可愛かったお猿さん ^^




DSC_6807 (800x533)




これは近くで拾った松ぼっくりです





嘗て 私の前で堂々とタクトを振ってくれていたマエストロは

未だタクトを折る事は無く 振り続けてくれています

人と共に 喜びを味わう事の大切さを教えてくれました

街燈によじ登っていた子供は 少しずつ自分の足で歩けるようになり

年の暮れに この曲を聴かない事はありません






DSC_6718 (533x800)




明日は イヴですね

さぁ どんな夢を見ようかな・・・








ここの処 PCがチカチカとまずい状態で

いつ壊れるかと ドキドキしながら描いています

何度もクリックしたりしてしまう事があるかも知れませんが

不審に思わないで下さいね 



それでは今日も 穏やかな一日をお過ごし下さい








まり
織る コメント:- トラックバック:-

柚子湯と小豆かぼちゃ

2017/12/22(Fri) 09:16





DSC_6758 (800x533)



Knock knock Who's there?

カチャ・・・20番目の窓が開く




冬に至れば 湯に金の玉浮かべ

ゆるりと 温まろうではないか

夕餉には 小豆かぼちゃでも食し

大和の国の季節行事に 先人の知恵などに

感謝のひとつも しようではないか








A Christmas Version of Leonard Cohen's Hallelujah






DSC_6755 (800x533)




昨日は 心に音楽も流れて来ないような慌ただしさで・・・

元々のんびり屋なので 少々ぐったりでありました

お蔭さまで 最後の薔薇仕事もやっと終える事が出来ました





DSC_6745 (800x533)




今朝は 冬至らしい朝を迎え

-4度の キーンとした空気





DSC_6744 (800x533)




お花たちも 凍り付いています






DSC_6748 (800x533)




睡蓮のミニ池も 厚氷に覆われてカチンコチンです





DSC_6749 (800x533)




昨日は 母の終活のお手伝いで一日仕事

思いのほか疲れてしまったようで 今朝はふたりとも寝坊してしまいました

やっぱり 親子です(笑)

今日は 心身ともに自分のメンテナンスをしなければ・・・





DSC_6752 (800x533)




凍てつく朝に耐えているビオラのお花を見て

ちょっと元気を頂きました





DSC_6757 (800x533)




間違って お花を付けてしまった箱根米躑躅が

ガラスのフレームの中で 咲こうと頑張っています




私は 心の中でエールを送る

頑張れー!








まり
織る コメント:- トラックバック:-

写し鏡

2017/12/21(Thu) 23:18





DSC_6677 (800x519)



Knock knock Who's there?

カチャ・・・19番目の窓が開く




師走の風に煽られて 私も心の煤払い

言葉に出来ない あれやこれ

言葉にしたい あれやこれ





DSC_6412 (800x533)




世の中は 写し鏡のようであり

自分のいけない処を

絶えず誰かを通して 見せられているよう・・・






DSC_6405 (800x533)




目を瞑っても 心が観ている

耳を塞いでも 心が聴いている

口に出さなくても 心が叫んでる

掌を開いても 心が握り締めている






DSC_6414 (800x533)



わたくしといふ現象は 歪な器に注がれた誰かの迷いの深い碧

とても良く似た魂の 零れて乾いた染みの形









まり
織る コメント:- トラックバック:-
 Home  Prev

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク