花の足音

2019 / 08
07≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫09

夕暮のお庭より

2019/08/20(Tue) 23:46





DSC_1003 (800x533)


夕暮に ぼんやりとお庭を眺める


暑さに疲れていたお花たちは 
ここの処の涼しさに元気を取り戻し
ちらほらと蕾を綻ばせている








Taeko Onuki & Ryuichi Sakamoto - 7. Flower







DSC_1002 (800x533)


A Flower Is Not A Flower  いい言葉である





DSC_0993 (800x533)


お花たちを見ていると いつもそう思う




DSC_0994 (800x533)


今を知り 今を生きている





DSC_0989 (800x533)


自然な呼吸の中で 
綻ぶタイミングが絶妙だと感じる




DSC_1000 (800x533)


お花の意志が伝わって来る





DSC_0985 (505x800)


種に帰ってゆくための時間










まり
スポンサーサイト
透過 コメント:- トラックバック:-

お休み明け

2019/08/20(Tue) 00:17





DSC_0949 (800x533)


病み上がりの夕暮れは 黄朽葉色だった

初めて観た




何処かへ タイムスリップしてしまうんじゃないかと

過去がいいかな・・・未来がいいかな・・・

うん やっぱり今がいいな・・・






DSC_0951 (800x533)


哀しみって言うのは 過去からやって来るんだ

未来には無いもの・・・嫌 分らないな・・・でも多分・・・

だから分かってる今がいい





DSC_0959 (800x533)


会津のお空も 黄朽葉色みたいだ

何だか酔っ払いそうだった

雨粒も落ちて来た

分からないこととか 倉庫の荷物が上手く引っ越せなかったとか

ちょっと熱が出ちゃったとか そうだ頭を休めなくちゃとか

だったら身体も休んじゃえとか・・・


ぐるぐる~









吹奏楽のための組曲第1番よりマーチ ホルスト









DSC_0968 (800x533)


マッサージ器のカバーが経年劣化して痛いと言われたので
もう古いから買い替えようかと電気屋さんに努める友だちに相談すると
同じようなのは 今80万くらいだよと言われタイムスリップしたくなった
5倍くらいに値上がりしてるww! もう庶民には手が届かない 。゚(゚´Д`゚)゚。


そうしたらクマくんのキルトが出て来た (´∀`σ)σ





DSC_0973 (615x800)


解決♪

これから毎日 クマくんにマッサージしてもらうのだ♪

やさしく揉んでね♪





DSC_0981 (800x533)


ついでに 和風・洋風ランチョンマットも縫って
待針もチャコペンも使わない なんちゃってソーイング終了♪






DSC_0888 (800x533)


今年初めて作った チェリートマトがお菓子みたいに甘くて





DSC_0964 (800x533)


疲れがたまる頃に採れ始める
フルーツホオズキが咳を鎮めてくれて





DSC_0935 (800x533)


西瓜パン食べたら ちょっと元気が出た


ちょっとサボってしまいました ごめんなさい









まり
透過 コメント:- トラックバック:-

送り火

2019/08/17(Sat) 00:25




DSC_0798 (800x533)

夕暮れまでには雨も止むでしょう・・・

ここ数年 送り火には夕立がつきものだったので
今日はゆっくりと送る事が出来そう
父にあれもこれも食べさせたいと
母は朝からそわそわして落ち着かない様子







仁者俠醫主題曲-JIN-仁- 二胡版 by 永安 JIN Main Title (Erhu Cover)






DSC_0731 (800x533)

父の好きなお豆腐は 沖縄のじーまーみー豆腐を
ピーナッツのお豆腐でとても濃厚な味



DSC_0894 (800x533)

米茄子のソテーに 八丁味噌のたれをかけて



DSC_0897 (800x516)

ひと足遅れたのか 魚屋さんですべての貝が売り切れ
ショックなのは父じゃなく 私ww



DSC_0856 (800x533)

巻き寿司は穴子を入れたら美味しく出来た♪



DSC_0907 (800x533)

お盆の時期の幸水は甘くて美味しい



DSC_0799 (800x533)

張り切っていた母も 送る時間が近付くと
途端に寂しそうな顔をする
ひとり置いてゆかれてもう何十年も経つと言うのに
父は来て良し帰って良しにはならないらしい
仲が良すぎたのでしょうね



DSC_0797 (800x533)

雨も丁度あがったね
あまりゆっくりしていると お空の渋滞に巻き込まれるよ

お庭の蜻蛉がそう言った




DSC_0675 (800x533)

何だか生きていても亡くなっていても あまり変わりはない
両親の逢瀬のお手伝いをしているような時間
迎える時はうれしくて見送る時には寂しくて・・・

雨上がりの道は涼しくて 母の背中が小さく見えました

お盆が終わると ちょっとホッとします
葬式仏教と言われる日本ですが
それでも こういう行事は大切にしたいと思っています
それにかこつけて出来る親子の会話もあったりして・・・

行事毎に季節も進み 一年が早く感じられますが
残された人の 心のリハビリにも良いような気がします



さぁお片付けも終わったし 今夜はゆっくり寝るぞぉ




まり
透過 コメント:- トラックバック:-

盆の月

2019/08/15(Thu) 23:28





DSC_0871 (800x533)


盆の月 諦めてみたら顔を出し
まんまるに 願いを込めて盆の月
彼の人の 祈り静かに盆の月


夜更かししたら一瞬だけ観られました







雨碎江南 二胡版 Rain in Jiang Nan_Erhu Cover







DSC_0882 (800x533)


雨降って 思うに任せぬ盆休み

台風の被害がありませんように・・・




DSC_0861 (800x533)


盆休み 休むことなく供え物

今年は串打ちをして自分で焼きました




DSC_0839 (800x533)


似て非なる 盆菓子に母笑溢れ




DSC_0884 (800x533)


ビンゴ!

当たったこと無いけど 




DSC_0350 (800x520)


耳に届かない音があるよね
目に見えない風があるよね
伝えられ無い光りがあるよね


来てくれてありがとう・・・






今日は念の為に お庭の台風対策をしました
数年前直撃して 薔薇以外何も残っていなかった年もありました
自然は時に猛威を振るい とても厳しいものですね
大きな被害が出ないことを祈るばかりです





まり
透過 コメント:- トラックバック:-

明日からお盆

2019/08/13(Tue) 00:03





DSC_0766 (800x533)斑入りアメリカ小判草


白い小判が風に揺れる頃 お庭に使者が訪れる
夜ともなれば ここぞとばかりに秋虫が鳴いて
昼間の熱が 少しずつ引いてゆく
秋の侘しさは風に揺れるものに 沈みゆく影に
秋の喜びはうつくしい音色に 色付き実るものに
秋の切なさは高くなる空に 掴めない雲に・・・







Fathers And Daughters - Close to You scene







DSC_0734 (533x800)
八重レンゲショウマ


秋の扉を開いたと言うのに まだまだ日中は暑いですね
日焼け止めを塗っても塗っても まっくろくろすけです
でも 夜になって星空が観えないかしらと思い
お庭に出れば 秋虫たちのうれしい大合唱♪
夜温はお蔭さまで だいぶ低くなって来ました






DSC_0760 (800x533)斑入りホトトギス


秋のお花たちも 少しずつ綻び始め
お庭の彩も 変わりつつあります

明日はお盆ですね
此方では 夕暮れに仏さまを迎えにお墓までゆきます
お迎え提灯に火を入れて 家まで連れて帰ります






DSC_0763 (800x533)ダリア・ラララ


楽しい秋を迎えられるようにと植えた
ラララ と言う名のダリアが咲きました
とてもきれいで 思わずラララ♪






DSC_0772 (800x533)ピンクキャット


今年はお盆前に来客が続き 少々バタバタとしていましたが
明日からは ゆっうり過ごせたらいいなぁと思っています






DSC_0779 (533x800)


稲穂もお花が咲き始めました
今年も 美味しいお米が実るといいですね







DSC_0341 (800x533)ミニゴジラ現るww! ガオww!



我が家にも 仕事の家族がいるので
大型連休と言う気はしませんが
連休中もお仕事の方は頑張って下さいね
夜温もまだ下がらない暑い地方の方は
くれぐれも熱中症に気を付けて下さいね









まり
透過 コメント:- トラックバック:-

静かな連休

2019/08/11(Sun) 00:47





DSC_0711 (800x533)


薄っすらと染まり始めた毬栗に 秋の気配

栗笑う頃を想像すると 涼しい風が吹いたような気がしました









Everything - Michael Bublé (slow version)









DSC_0663 (800x533)

蝉の声がやけに大きくて 
声の元を探すとテラスの鉢の中に!





DSC_0677 (800x531)


暑い中 蜜を探して一生懸命です





DSC_0685 (800x588)

ルーの葉に卵を産む予定 





DSC_9872 (800x533)

ロシアンセージの明るいブルーのお花が
涼やかできれいです







DSC_0691 (800x533)


あれ?チャーリー ジャンプ失敗?

頑張れ~♪





DSC_0692 (800x533)


あれれれれ?
手を貸そうか? 大丈夫?





DSC_0694 (533x800)


笑ってないで 早く手を貸してよ!


チャーリーって 足長かったのね ^^





DSC_0695 (533x800)


ふぅ~ 落っこちるとこだったぁ
暑さで 勘が鈍ったのかなぁww






DSC_0344 (800x533)


あっ! 亀吉くんが青空にいたよ






観光地はだいぶ混雑して来ました
裏道 抜け道にも他県ナンバーの車が増えたので
お庭でゆっくりお仕事しています
お出掛けの方は事故など気を付けて
楽しい連休をお過ごし下さいね







まり
透過 コメント:- トラックバック:-

探したけれど・・・

2019/08/09(Fri) 00:59




DSC_0634 - コピー (800x498)


秋が何処に立っているのか 
いくら探しても見つからなかったけれど
其処此処に 祈りの声が響いていた
日本の焼けた八月は 渇きに 痛みに 想い出に
夏の終わりを告げて労わり 癒そうと心傾ける祈りの月なのだ








Ludovico Einaudi - Nuvole Bianche







DSC_0665 (800x533)


針の上を歩くように 焼けた大地の上を
生き物たちが歩いていた





DSC_0666 (800x533)



ほんの少し動くだけで 射すような陽射しの中







DSC_0668 (800x533)


そっと夏の扉を閉めて 秋の扉を開ける






DSC_0669 (800x533)


早稲の稲穂は まだまだ青いけれど
風に揺らぎ 泳いでいた
秋を探さなくちゃね・・・







DSC_0587 (800x545)


今日は大学病院で 母の検査でした
八年前に乳癌を切除したのとは反対側の胸に
白い影が見つかってしまった
これから検査が続きそう・・・





DSC_0589 (800x533)


私にとっても八月は 祈りの月になるでしょう
せめて暑がりの母が 心地よく過ごせたらと思う
駆け足で秋がやって来ないかなぁと 空を眺めた夕暮れでした









まり
透過 コメント:- トラックバック:-

夢の続き

2019/08/07(Wed) 08:13








DSC_0413 (533x800)

秋が立つと言うには 陽射しが熱すぎて
蓮の影の煌めきが 夢の続きに誘うのです










How Deep Is Your Love - Arranged For Guitar by David Buckingham















DSC_0391 (800x533)  



大きな傘の裏に 浮き出る静脈が波打って
夏の時を刻んできたのです
時に早く 時にスローモーションで
ドクドクと流れ続けながら









DSC_9981 (800x533) 



ふんわりと綻んだ花の中に そっと座っていたのです
やわらかな壁に囲まれて 安らぎを覚えていたのです









DSC_0423 (800x552) 


失われてゆくものは 暗きに溜まり
得たものは 光に散じていったのです
軽妙洒脱な物言いに 懐かしさを感じながら









DSC_9978 (800x533) 


もう少し 夏の夢の中を飛びましょう
真っ赤に染め上げられた 秋津に出逢うまで












まり

透過 コメント:- トラックバック:-

蝉の声

2019/08/05(Mon) 23:01




DSC_0621 (800x533)


簾の向こうは暑そうね…

しょうがないよ ボクたちは夏の子だもの

ねぇ 今度は秋に生まれて来ましょうか…

そうだね 紅く染まった葉の裏で過ごそうか

じゃぁ 秋に似合う鳴き声で鳴かないと笑われちゃうわね…

何て鳴こうか 涼し気に鳴けばいい?

秋だもの 抒情的に情熱的に…
ううん ただ素直に鳴けたらいいのよ








Hor Jevreja iz opere NABUKO Đuzepe Verdija, na srpskom








2019-08-04 (800x497)

昨日は那須野が原ハーモニーホールで
東京大学音楽部管弦楽団百周年記念のサマーコンサートがありました

ヴェルディ 歌劇「ナブッコ」序曲
ストラヴィンスキー バレエ組曲「火の鳥」
チャイコフスキー 交響曲第5番ホ短調 作品64

東大オケの最後は ドイツ民謡の「歌声ひびく野に山に」を
会場のみんなと輪唱して幕を閉じます




DSC_0614 (800x533)

楽しかったなぁ と家に帰ると
先日の台風のせいだったのでしょうか
二階まで編み上げていた大和連翹の支えが折れて
あらららら……




DSC_0615 (800x533)

冷や汗が出ました
取り敢えず 暗くなるまでちょんちょん頭を小さくして
大汗かいて家に入ったら あの地震でした
長く揺れて恐かったなぁ




DSC_0629 (533x800)


今日は 半日掛かりで何とか修復できました

何年も掛けて編み上げた枝は 思った以上に強くしなやかで
ポッキリ折れないでくれて うれしかったです




DSC_0565 (800x533)

お庭は今 ソリダコが満開です





DSC_0535 (800x459)

今年のポーチュラカは可愛い~♡




DSC_0531 (800x533)

これもポーチュラカ




DSC_0556 (800x533)

夏薔薇は あんまり蕾が多いので
この夏は咲かせないことにして 剪定しています





DSC_0630 (800x533)

クレマチスのブルーライトが咲きました










まり
透過 コメント:- トラックバック:-

八月のじりじりと暑い日に・・・

2019/08/03(Sat) 11:34





DSC_0500 (800x533) 


夏のお山には スコールが降るもので
夕暮れには きらきらきらきら
昼間の厚さに溶けてしまった心の其処此処を
まるで 修復してくれるかのように
飛び散った雨粒が 罅割れに沁み渡ってゆく







DSC_0527 (800x533) 


突然 年の離れた従兄のお兄ちゃんが遊びに来た
急に何でだろう? と内心心配していたが
到着早々 マシンガンのようにお喋りしている

七月いっぱいで 会社をリタイヤしたそうな
なるほど それで会津にひとり旅の道行きに
母の顔を見に寄った訳か・・・
でもなんか そわそわしている?









母と暮せばタイトル_w.pf/坂本龍一 ピアノソロ










DSC_0575 (800x533) 


「まだ 誰にも話してないんだけど・・・」



自分の隣に映っている きれいな女性の写真を見せて来た
そして 小さな声で耳元で囁いた

「○○ちゃんの若い時にそっくりでしょう?」

えっ?そう?
○○ちゃん・・・母のあだ名である

「そうだよ! そっくりなんだよ!」

で?

「出来たんだよ 彼女が」


浅草のお兄ちゃんは 三人の娘を持つバツイチである
自分も四歳で母親と死に別れ 叔母である母を慕っていた
母に 図らずも訪れた遅い春の報告
これがどうやら 我が家に訪れた目的だったらしい







2019-08-01 まーくん1 (800x450) - コピー 


その左手は何ですか でれっとして・・・ 
やっぱりお兄ちゃんて 永遠のマザコンだったのね
四捨五入すれば もう七十のくせに・・・







2019-08-01 まーくん2 (800x428) - コピー 


と言う訳で うららと邪魔をしてやりましたとさ



母はすっかり元気を頂いたようで
あの子に逢えてよかった
もうこれで思い残すことは無いなんて
眠るまで 何度も何度も繰り返していました



こりゃぁ まずいな
思い残すこと もっと拵えなくちゃ・・・






DSC_0506 (800x533)  


人生百年時代に突入
確かに老後は長くなっている気がする

遅い春でもいいよね








DSC_0499 (800x533) 


つい先日も 十代の時に一緒にバンドをやってたお兄ちゃんが
突然遊びに来て 朝まで遅い春の恋花を聞かされたばかり
両親の介護をひとりで頑張って 還暦を過ぎてしまったお兄ちゃんだった







DSC_0498 (800x534) 


春が何時来るかなんて 分からないものである
突然手にしたギフトを懐に入れ
にこにこうれしそうなふたりの顔を想い出すと
人生が確実に豊かになっている気がした








DSC_0501 (800x533)  



黄昏のドキドキほっこり きらきらなようなもの
これは生きてゆく上で 必要不可欠なエッセンスでは・・・
心の豊かさって 大切だよね







DSC_0505 (800x533)  



そんなこと思う 夏の夕暮れ
蝉と蛙の合唱団を前に 暑さに溶けた私の頭は
頑張れ~と 風のタクトを振ったのでした















 まり
透過 コメント:- トラックバック:-
 Home  Prev

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク