花の足音

2021 / 04
03≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫05

モフっとかわいい子たち♡

2021/04/19(Mon) 01:32





DSC_1625 (533x800)


先日 友人宅で箱入りのお嬢さまと面会

可愛い なるちゃん
艶ピカ~な まんまる顔









Riccardo Cocchi - Yulia Zagoruychenko (USA) - Disney 2018 - Pro Latin | SF Jive
元気なふたりwww! ZZ Topで明日も頑張る♪









DSC_1626 (533x800)


子どもは表情豊かで
好奇心いっぱいです






DSC_1634 (697x800)


真っ直ぐ すくすく育ってね






DSC_1639 (800x533)


なるちゃんの願い事は な~んだ?






DSC_1647 (800x533)


あっ 考えてるぅwww♡






DSC_1642 (800x533)


約束を忘れない子だね~♡
いい子いい子♪


まんまる~♡


今度はふわふわ鰹節持ってくるよ







DSC_3653 (800x533)



大丈夫 うららだって可愛いよ~~♡









まり
透過 コメント:- トラックバック:-

春の雨の日には・・・

2021/04/18(Sun) 01:05






DSC_2847 (800x533)


この処 花冷えで不安定なお天気なので
写真があまりありません
それなので これは十日ほど前の晴れた日に
喰い初め寺に寄った時の写真です
八潮躑躅が きれいでした








ムラサキサギゴケ koichi hozan








DSC_2843 (800x533)


雨が降り出すと 外仕事の手を休め
録画番組などを観ています
子どもの頃は NHKなどあまり観なかったと思いますが
今はBSプレミアムが とても好きです





DSC_2856 (800x533)


先日は 「もてなし巡礼 心のごちそう召し上がれ」
を 観ていました


懺悔 懺悔 六根清浄~
山伏たちの歌が 耳について離れません





DSC_2860 (800x533)


わりぃ~こは いねがぁ~

なまはげに泣き叫ぶ子らと一緒に涙ぐんでしまったり
親の言う事ちゃんと聴くよね!そうだよね!うんうんって
庇ってあげたかったり





DSC_2862 (800x533)


石川の風習の アエノコトを見て
田の神さまへ 礼を尽くす農民の
丁寧なもてなしに 感心したり


普段は観ないテレビを見る
ほんの少しの時間に ホッと気持ちが緩んだりしています
たまには 雨もいいものです






DSC_3336 (800x533)


おしどり桜が 今日始めて綻びました
八重の豆桜です

とても可愛い花びらでした






DSC_3343 (800x533)


ぎんなんの芽を出させた 耳かきほどの銀杏を
直径20cm位の平鉢に6本植えて
銀杏の林を作ってみよう とチャレンジしています
素敵な景色が出来たら うれしいなぁ・・・


そんな春の雨の日のこと・・・










まり
透過 コメント:- トラックバック:-

暮れの春 猿の群れ引くものも無し

2021/04/17(Sat) 04:54






DSC_3284 (800x533)


お山には まだ少し桜が残っていて
鯉のぼりを見て もう直ぐ立夏だと思う気持ちと
暮れの春を探したい気持ちの狭間で
心の中に 季節のバトンの譲り合いがあったりする









壮大で美しいケルト音楽 / アイルランド音楽【Relaxing Celtic / Ireland Music】









DSC_3289 (800x533)


紅葉の芽吹きの可愛らしさや





DSC_3287 (800x533)


残りの辛夷の愛おしさ







DSC_3306 (800x533)


おやおや お久し振り ^^

川には三匹のサルくんたちが遊んでいました






DSC_3312 (800x534)


冬はどうしてたの?
今年は いつもより暖かかったでしょ?






DSC_3308 (800x534)


それなりさ!
雪はぐんと減ったけど 雪が無いことでの苦労もあるのさ

ふぅん 少なければ少ないことで困ることもあるんだね






DSC_3300 (800x534)


今日は 母が大学病院から呼ばれてね
ドキドキして行ってみたら・・・
以前 抗癌治療で放射線を受けたんだけど
その機械の設定が 単純な打ち込みミスで
照射が少なかったことをお詫びしたいって
謝られて その後説明を受けたという書類に
サインを求められたんだけど・・・







DSC_3301 (800x534)


あら じゃぁまた受けなくちゃいけないの?

うぅん ほんの少しの事だからもう必要は無いんだけど
こんなご時世だからね
訴えられる前に 謝らなくちゃいけないんだってさ






DSC_3296 (800x577)


AIって言うけどさ それを使うのは人間だもの
人を育てる方が先だよね
単純な入力ミスに気が付かないで
それを使い続けてしまった事が怖いよね







DSC_3297 (800x534)


あら そうね
人が人を育てなくなったら 自分で自分を育てなくちゃね

自分で育てるのも限界があるよ
周りに無関心になったらお終いだよ

あたしたちなんか 自然に無関心になったら
群れなんて 直ぐに絶えちゃうわ

そうだねぇ・・・







DSC_3304 (800x533)


川の夕暮れは 飴色になっていました
サルくんたちは 珍しく密にならずにバラバラに行動していました
そして 群れの数がとても少なかったのはたまたまなのかしら?


もしかして 自然界にもコロナがwww?









まり
透過 コメント:- トラックバック:-

早 初夏の風

2021/04/16(Fri) 05:30






DSC_3275 (800x533)


板室の 川を泳ぎし鯉のぼり





DSC_3278 (800x533)


早初夏と 眺めし風待ち鯉の群れ








ヤン・ティルセン-ラ・ヴァルス・ダメリ(バンデューラとカリンバのカバー)










DSC_3184 (800x533)


春の雨に お花たちは次々に芽を綻ばせ
時計の針を猛スピードで進める
追いつけないほど早く 先を走ってゆく






DSC_3236 (800x533)


駆け足で過ぎようとしている春を引き留めて
ゆっくりと芽吹きを楽しんでいたいけど
板室の川に鯉のぼりが泳いでいた
もう時は戻れないほど 春は深まっていたのだ






DSC_3222 (800x533)


今年はいったいなんてことwww!
と思って見ても アルバムを繰れば
毎年の事に 大した時差はなかったりする





DSC_3077 (800x533)



そんな事想いながら 薔薇の初蕾発遣!









まり
透過 コメント:- トラックバック:-

雨音が沁みてゆく

2021/04/15(Thu) 03:46





DSC_3200 (800x533)


水に小さな音が落ち
波紋はやがて数が増え
水面は水底隠します




DSC_3251 (800x533)


やわらかな針のような雨が降り
軽やかなヴェールのように纏いつき
芯まで濡れてゆくのです








宮田 大 Dai Miyata/ポンセ:エストレリータ Ponce-Estrellita









DSC_3248 (533x800)


春雨を 両腕広げ受けました




DSC_3199 (800x533)


花たちも それぞれその身で受けました






DSC_3209 (800x533)


騒いだ心は静まって





DSC_3223 (800x533)


くすんだ心は艶を持ち





DSC_3230 (800x533)


虫の翅に 軒を貸し





DSC_3234 (800x533)


鳥の小腹を満たしつつ



DSC_3226 (800x533)


雨を楽しみ 受けました





DSC_3242 (800x533)


土を隠す 苔花は
てんてん手毬をつきました









まり
透過 コメント:- トラックバック:-

心の森

2021/04/14(Wed) 15:30





DSC_1375 (533x800)


何年か前に 私が抱き締めた桂の樹です
何処にいても もう繋がっています

心の中に在る森の 主木となりました

人の心の中には 森があると言います
私もその森を育てています
荒れないように 適度に手入れし
春にはうつくしい萌黄色 夏には露草 小鴨色
秋には茜や栗皮色 冬には消炭 銀鼠

初めは小さな森でした 段々枝葉が茂りだし
小川に蛍が飛び始め 生き物たちが営んで
森が 少しずつ豊かになってきています









Kurohime ni Sasageru Uta C.W.ニコル









DSC_3054 (800x533)


夜明け前 鳥たちが鳴き始める時間です





DSC_3079 (800x533)イングリッシュ・デージー



人たちがぐっすり寝ているこの時間にも
お花たちは グングン成長しています






DSC_3093 (800x533)銅葉リュウキンカ



春は 気が付くと彼方此方から芽が出て来て
再会を喜ぶものの はて?君は誰だい?
なんていうこともしばしば






DSC_3091 (800x533)八重リュウキンカ


冬の間に 少し鈍っている五感を
私も懸命に起こしてゆきます






DSC_3096 (800x533)八重ムスカリ


私の森には 小さく開けた場所があって
いつも陽が射し込んでいます





DSC_2715 (800x533)プリムラ


そこには花たちが 絶え間なく咲き
虫たちが飛び交い 命を繋いでいるのです





DSC_3154 (800x533)ホスタ ホワイトウィング


私が育てるのをやめてしまったら
この森は 直ぐに荒れ果ててしまうでしょう




DSC_2733 (800x533)赤花 一人静


だから ひとりコツコツと手入れを続けています
そうして やがてこの森の一部になって
私もこの土に還るのです






先日 C.W.ニコル氏のアファンの森をBSで観ていました
胸が熱くなり 自分の森も眺めていました
人それぞれの小さな森が育ち合い
この地球の自然と重なってゆくのだと思いました











DSC_3100 (800x533)



前回から 滲み絵にチャレンジしているのですが
何度描き直しても 上手くいきません
溜息混じりに 宿題を終えました
春山の尾根の一部を ぼんやりと描きたかったのですが
難しすぎて 涙目です










まり
透過 コメント:- トラックバック:-

春に泣く

2021/04/11(Sun) 02:01





DSC_2943 (800x558)


それはまるで ひと粒の涙が零れ落ちたようでした

桜が泣いている そんな気がして・・・








平城宮跡、桜散る koichi hozan









DSC_2927 (800x533)


大好きな山桜に逢いに行くと
いつもと様子が違っていたのです





DSC_2930 (800x533)


磯上の どうしたんだい
そんなにたくさん枝を落されて・・・





DSC_2948 (800x533)


樹齢5百年以上の古い桜は
だいぶ弱っているようでした

かなり枝を落されて 
半分になってしまっていました






DSC_2942 (800x533)


以前 花吹雪を撮った桜です
長生きして欲しい 大好きな山桜です







DSC_2937 (800x533)


今年はゆっくり休んでね
と 声を掛け帰りました

また来年 逢いに来ます






DSC_2969 (800x533)


今 山里は芽吹き時
まるで 滲み絵のように
彩が広がっています





DSC_2970 (800x533)


何処を走っていても
樹々のエネルギーが溢れています





DSC_2972 (800x533)


時々 負けそうになったり
くらくらしたり





DSC_2976 (800x533)


この力強さを 見習いたいものだと思いながら
人間は こんなに強くはなれないものだと思ったり・・・





DSC_2979 (800x533)


だって 樹々たちは
大地のエネルギーを 太いストローで吸い上げて
がぶがぶ飲んでいるのだもの






DSC_2983 (800x533)


この淡い彩りは 長い冬を越した自然の
ホッとした 溜息のようなものなのかも知れません

私も一緒に 溜息をつきます
冬は辛かったけれど やっと終わったね
まだ寒い日もあるけれど
それでも 次には夏が来るね



青麦がツンツンと針のような頭をして
お陽さまに煌めいていた 温かな日でした











まり
透過 コメント:- トラックバック:-

光りの海へ

2021/04/10(Sat) 00:23





DSC_2800 (533x800)


ボクの影を 鳥や虫が踏んでゆく
さっき冬眠から目覚めた 寝坊助の蛙や
枯草の根元で冬を越した テントウムシや
椋鳥や鵯や 雉や雀たちだって
誰の影かなんて 知りはしない







George Winston / Spring Creek








DSC_2801 (800x533)


風が 草の波を立てて
目に見える音が うねりながら
轟々と ボクを呑み込んでゆく
まるで呑めない酒に 酔っ払ったみたいに
ふらふらと 心許ない足取りで
草の波をかいて 前に進もうと姥貝ている





DSC_2798 (800x533)


蛹から出て間もない 紋白蝶が
今 風に飛ばされて
止まりたかった草も 掴めずに
明後日の向こうまで 転がって行ったよ





DSC_2796 (800x533)


どんなに昼間 暴れても
夕暮だけは 大人しく
時が止まってしまったように 
お陽さま静かに観たいんだ




DSC_2799 (800x533)


一日 吹かれた花たちが
ホッと溜息 休めるように




DSC_2810 (800x533)


塒に帰る 鳥たちが 
怪我をしなくていいように






DSC_2809 (800x533)


ボクの海が 平らかに凪いで
お陽さま きれいに映るよう
風よ お前も眠ろうよ






DSC_2817 (800x533)


心を飛ばす用意をしたら
夕暮の夢を見よう





DSC_2819 (800x533)



さぁ きらきら輝く光の海へ










まり
透過 コメント:- トラックバック:-

桜の舞を観る会

2021/04/07(Wed) 22:19




DSC_2571 (800x533)


密になった億千万の花々が 
散りじりに風に散らされて
心細げにばぁらばら

いのちは触れて膨らみ増える
触れなば蕾も出来まいに






風の音 森の音【自然音 環境音】wind sound






DSC_2603 (800x533)


散り敷かれた花びらが

大風に舞い踊る





DSC_2601 (800x182)


咲けたことを 喜んで




DSC_2605 (800x180)


散りゆくことを 哀しんで




DSC_2607 (800x170)


誰かの心に 咲けたって




DSC_2602 (800x163)


風を恨む わけじゃなし





DSC_2606 (800x533)


最後の舞を 舞いましょう





DSC_2604 (800x549)


今年も誰かの喜びに

今年も誰かの慰めに





DSC_2633 (800x606)


いのちの限りに 咲けたから

眺めてくれて ありがとう





DSC_2634 (800x533)


今こそ 別れめ

いざ さらば






DSC_2648 (800x533)









まり
透過 コメント:- トラックバック:-

嵐の後の長い長い夕暮れ

2021/04/06(Tue) 02:49






DSC_2697 (800x528)


夕べから 花の嵐となりました
外にある あらゆるものが踏ん張っていて
薔薇の新芽も ボキボキ折れて飛んで行きます








☕️リラックス時間のお供に/Healing Jazz Piano
Akiko Akiyama Piano Relaxing








DSC_2550 (800x533)


公園の綻び始めた桜が ぜんぶ散ってしまうかも・・・
そう思うような 風でした
だって窓から見える山桜が 咲いたと思ったら
朝見ると お花が少しも観えなくなっていたので・・・




DSC_2559 (800x533)


取り敢えずって カメラを持って
お仕事の前にくるりと一周
ぶれぶれを増産してしまいましたが
染井吉野以外は まだ大丈夫そうだったので
ちょっとホッとして お仕事に戻りました





DSC_2563 (800x533)


日中も凄い風だったので 少しお部屋に避難したりして
ふとLineを見ていると・・・


あれ?水彩教室の先生との個人Lineが不通になっている
えぇっ?グループLineからも先生が消えている
携帯に掛けても繋がらない
メールをしても ユーザーが見当たらない


何だか不安になって もう一人の生徒さんに連絡してみると
Facebookも消えているそうで
ふたりで急に不安になったのですが 私はお仕事があるので 
取り敢えず明日の午後に彼女が見に行ってくれることになりました






DSC_2567 (800x533)


でも つい先日 お友だちのお店で偶然お会いした時に
先生の元気がなく 理由をお聴きしたら
もう死にたい って言うんです
生きていくのが辛いって・・・


どうしたんですか そんなこと言わないで下さいよって励ました事があって・・・
先生も 喘息持ちでアレルギーも酷くて
お仕事も止めて 工房も畳むことにしたと言っていたし
家族とも別居しているし・・・高齢だし・・・


何だか だんだん心配が大きくなって来て
やっぱり と お仕事を終えてから先生の家を訪ねましたが車も無く
出歩いているなら大丈夫かと思い 家に帰りました





DSC_2688 (800x533)


明日 彼女に見て来て貰おうと連絡をすると
彼女は 私よりも心配性だったようで
明日まで待っていたら 今夜は心配で眠れないかも知れない
子どもが小さくて身動き取れないので ご主人に相談すると
ご主人は彼女よりも心配性だったようで
何かあった時に それを彼女に見せるわけにはいかないから
自分が会社の帰りに先生のようすを見て来るという事になり
何だかいつの間にか 先生の遺体発見なんてところへ
皆の思考が進んでしまいました






DSC_2687 (800x533)


連絡待ちをしている処に 彼女からの電話


まりさん! 先生生きてました!
良かったです 電話もご主人に変わって貰い話をしました!


先生 まりさんに死にたいなんて言うから
皆ですごい心配しちゃったんですよ!
今度のお教室の時に まりさんに叱って貰いますからね!
って 怒って言ったようです
彼女 半べそでした


先生は 私そんなこと言ったかしらって 
申し訳ないって頭を掻いて謝っていたそうです


携帯を変えたら Lineの引継ぎが上手に出来なかったようで
電波状況も悪いらしく 電話が不通になってしまうとか





DSC_2572 (800x533)


夜 先生からお詫びの電話を頂き
ごめんなさいを連呼されましたが
ひとり暮らしの安否確認は ちゃんと出来るようにして下さい
周りが不安になります とお願いしました

次のお教室で あまり苛めないで下さいねとお願いされましたが
私と彼女と彼女のご主人にとっては長い長い夕暮れでした

最後は笑い話になって 本当に良かったです



でもでもでも・・・・・疲れたぁwww








まり
透過 コメント:- トラックバック:-
 Home  Prev

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク