花の足音

2020 / 01
12≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫02

うすくらがり

2020/01/26(Sun) 01:22






DSC_8755 (800x529)

ものには 総てに陰がある
陰があって 厚みが出来
陰があって 命である


今日は 初めての水彩画教室でした
偶々ご縁のあったデザイナーの方に
ひと月に二回ほど 学ばせて頂くことになりました
初めての一枚は 下手糞だけどこんな感じ
ボタニカルアートが好きなのですが これは少し違う手法で
1回目は陰について教えて頂きました







Maksim - Somewhere in Time







DSC_8330 (800x533)

数日前 丁度欲しかった「陰翳礼賛」が届き
頁を捲り始めたところ




DSC_8643 (800x533)

文 谷崎潤一郎
写真 大川裕弘

とても素敵な本です





DSC_8646 (800x533)

「自分を含め なぜ日本人はうすくらがりが好きなのか」
を縷々述べた一文に耳を傾けながら日本の美学に心傾け
「空気を撮る名匠」と言われる大川さんの
陰影の空間の深さを感じる写真を眺める

ゆっくり読みながら 眺めて行こうと思います





DSC_8649 (800x533)

中々出来ない あれもしたいこれもしたい
忙しない日々の中で 少しじっくり考えたい
ものの観方とかエトセトラ…

隙間時間に楽しみを! などと思う時に必ず点滅する
換気扇のお手入れランプ

これが心の陰かぁww





DSC_8652 (800x533)

換気扇のお掃除をしていて
また遅いUPとなりました

などと こんな写真を載せながら…







まり
スポンサーサイト



透過 コメント:- トラックバック:-

春を待ちながら

2020/01/22(Wed) 04:53





DSC_8389 (800x533)

ねぇ―!そんなところで何やってるの?




DSC_8411 (800x544)

おしくらまんじゅうかなぁ?
それとも 内緒話?
気になるなぁ…









Can't Help Falling In Love - Elvis Cover by 6-Year-Old Claire Crosby









DSC_8622 (800x533)


飛んでいる子を見ていると
不思議に心が落ち着く





DSC_8395 (800x565)


だって ボクには翼が無いもの
飛べなくて当然だ





DSC_8397 (800x539)

でも 時々 みんなに雑じって
スムーズに飛んでる夢を見たりする




DSC_8398 (800x518)

そんな時は ラッシュアワーだって
へっちゃらなのさ




DSC_8633 (800x533)

普段はね こうしてちゃんと歩いてるよ
一歩一歩 しっかりとね






DSC_8636 (800x506)

雀の学校は 楽しいよ
三学期は ちょっと教科書が増えたんだ











まり
透過 コメント:- トラックバック:-

春隣

2020/01/20(Mon) 23:15






DSC_8433 (800x533)

白檀の 匂い袋や春隣

窓辺から 鶯の子の声響き


二年くらい前に 江戸時代の小布で
母が縫ってくれた匂い袋を 棚に出しておいたら
先日 母が慌ててやって来て
「ねぇねぇ あの可愛らしいものはどうしたの?」
と うれしそうに訊くのです
「あれはお母さんが縫ったんじゃないの」と 答えると
「え~ そんなの知らない!私が作ったの?
どうやって 縫ったのかしら?」って さらにうれしそうでした ^^

鶯なので 早く隣に梅のひと枝でも活けてあげたいです
お香も 伽羅から沈香や白檀に変えると
春が来たような気がします





DSC_8153 (800x533)

病院通いを頑張っている母に
大切な お茶の時間 ^^
可愛い干支最中があったので







Ray Charles - Georgia On My Mind (The Orginal Song From The Albom)







DSC_8539 (800x533)

大寒の 夕暮れ光る命の芽




DSC_8543 (800x533)

今日は 私もちょっと神の手に観て頂きました
ぎやぁww! と悲鳴の上がったひと押しで
不思議なことに椅子に座れるようになりました ^^
昨日までの自分が嘘のようです
筋を傷めたのは どうやら梯子作業のせいみたいですが
これで またお仕事の続きも出来ます





DSC_8544 (800x533)

普段 自分が気付かない当たり前と思ってることに
物凄く感謝した一日でした
親の介護も 自分が動けて出来ることなので
動けることに感謝です





DSC_8548 (800x533)

椅子に座れるようになったので
また少しずつ チクチクしたくなりました
カメの歩みですが(*´艸`*)










まり
透過 コメント:- トラックバック:-

言の花

2020/01/19(Sun) 23:59






DSC_7533 (800x533)


感情を箱に仕舞い始めると
途端に落下してしまう 言の花

お手本のない風景を絵に起こすのは
とても楽しい蜜月だった

ざんぎり頭は柔らかく パーマをあてると硬くなる
側蕾は膨らまず 木は身を守り始めるか

綻びかけた花も散り むべなるか 
枯れて行く 歳をとると言う事・・・






Oblivion by Nadja Kossinskaja






DSC_7535 (800x533)

相変わらず 呻いています(笑)




DSC_8518 (800x533)

身体が不調だと 心も固まってしまう・・・




DSC_8495 (524x800)

只今 青息吐息ですが
原動力は 「愛」 なのでww
這ってでも 描いてます




DSC_8489 (800x533)

―夢の世にかつまどろみてゆめを又かたるも夢もそれがまにまに―

良寛さん 好きです




DSC_8526 (800x533)

でも この侘助は一休と言う名前なので
一休さんと出逢った時に森女が歌っていた歌を

―憂きもひととき、嬉しさも、思ひませば夢候よ―




DSC_8493 (800x533)

窓辺に咲く 花落ちる時
願わくばと 祈りながら・・・




DSC_8457 (800x549)

夜になると雲が広がり ずっとこんな感じです
月も星も見えない夜 静かにおやすみなさい







まり
透過 コメント:- トラックバック:-

帰り道

2020/01/19(Sun) 02:50





DSC_7390 (800x533)

冬日向 山また山に囲まれて

昨日の写真は 黒羽の御亭山からのものでした
富士山迄 206㎞だそうです







Over 1 Million Views! Scott Joplin's "Maple Leaf Rag" performed by Martin Spitznagel






DSC_8365 (800x533)

黒羽からの帰路 いつも通る橋です
一度 車から降りて撮ってみたかった
とても好きな橋です





DSC_8373 (800x533)

冬うらら 鮎欄干に泳ぎたる





DSC_8367 (800x533)

冬雲の浮いて流れる橋の上






DSC_8368 (800x533)

竹林の 影映したる冬の川








まり
透過 コメント:- トラックバック:-

いつか見られるだろうか

2020/01/18(Sat) 00:18





DSC_8347 (800x533)

冬鴎 遠き富士山眺めやる







The Long And Winding Road (Remastered 2009)








DSC_8348 (800x533)

昨年の暮に 隣人から
肉眼でも富士山が見えたから いってらっしゃい
と言われ 何度か来てみている場所ですが
雲や霞など 中々条件が合わなくて…




DSC_8354 (800x533)

この波の向こうに いつか見えるかな…





DSC_8353 (800x533)

いつか 写せるといいな♪







まり
透過 コメント:- トラックバック:-

春ひとつ

2020/01/17(Fri) 00:18





DSC_8401 (800x554)

見つけたよ 春をひとつ見つけた
冬が口を尖らせて ぷぅ とラッパを吹けば
クシャクシャだった春は ピンと真っ直ぐ伸びをして
赤みがかった山吹色の 甘い香りを立てるんだ







Appalachia Waltz - Mark and Maggie O'Connor (official video)







DSC_7309 (800x533)

えっ? 春?



DSC_7310 (800x533)

春だって? どこどこ?




DSC_8422 (800x533)

マンサクが綻び始めていました




DSC_8424 (800x533)

うれしくて




DSC_8421 (800x533)

あなたに 春ひとつお届けします







まり
透過 コメント:- トラックバック:-

寒九の水を掌に掬う

2020/01/15(Wed) 22:47






DSC_8074 (800x533)

清らかな 寒九の水に魚眠る

一年で一番冷たくて清らかだと言われ
この日に汲んだお水は腐りにくいと聴いた事があります







La Valse d'Amélie for two guitars







DSC_8097 (800x533)

でも 今年はどうした事でしょう
いつもの大好きな川のお水が・・・
こんなに少ないのを見たことがありません
やはり 雪が降らないからなのでしょうか





DSC_8094 (800x533)

よちよち歩きで 何とか水辺まで降りたのに
何だか残念な気持ちになりました




DSC_8085 (800x533)

転がり落ちても 川底が浅くて安心ですが
やっぱり 雪が欲しいところです




DSC_8108 (800x533)

青く何処までも澄んで涸れることのない
私の心と命の洗濯場です
お水の色も いつもより白んでいるように映りました




DSC_8335 (800x533)

今朝は寒九の雨となり
この雨は 豊年の前兆だそうなので
今年一年 良い年になるといいですね
でも 寒の雨と言うより芽出しの雨のように温かくて
球根の芽が お庭中に出始めていたので驚きました

春が来そうな匂いがします




DSC_8337 (800x533)


お山も まるで雪解けの始まった春のようで
霞に包まれて淡く柔らかに見えました




ひと足ひと足歩いて行こう
目を瞑れば 煙たなびくお山が観える
春霞のお山まで 後少しもう少し
シューズの紐を締め直し
ゆっくりじっくり進むんだ 




まり
透過 コメント:- トラックバック:-

春の香り

2020/01/14(Tue) 23:15





DSC_8157 (800x533)

どんどの火 心の澱も焼き尽くす

今年は参加できませんでした 残念ww



DSC_8054 (800x533)

鏡割り パックのお餅に罅もなし

今年はこれも出来ませんでしたww
来年はちゃんとしよう…






Glass harp-Dance of the sugar plum fairy-Tchaikovsky






DSC_8165 (800x533)

―冬にお花はいりません 夏に雪がいらないように―

そんなことないよ ターシャ
年々 それじゃ寂しくなる
冬でもお花を見ていたいんだ




DSC_8176 (800x533)

窓辺に 少しだけ春の欠片を育てる
もう直ぐだよって 言って欲しいから




DSC_8167 (800x533)

春の香りがすると 元気が出て来るんだもの…






まり
透過 コメント:- トラックバック:-

焦らない

2020/01/13(Mon) 23:14






DSC_8316 (800x533)

日向ぼこ 毎日手渡すありがとう






道 (猫のしっぽ カエルの手~京都大原ベニシアの手づくり暮らし~挿入曲)






DSC_4819 (800x533)

今年は暖冬のせいか
多肉くんたちが お外で元気に育っています




DSC_4783 (800x533)

薔薇の剪定も今年はまだなので
そろそろ頑張らねばいけないのですが・・・




DSC_4784 (800x533)

気ばかり焦ってしまうと良くないので
今月はしょうがない!と自分に言い聞かせて
焦らない焦らない 一休み一休みの一休さんです




DSC_8199 (800x569)

初めてお庭に来てくれたお友だち

君の名は?




DSC_8200 (800x539)

暫くの間 いてくれました ^^

今夜は簡単更新です♪






まり
透過 コメント:- トラックバック:-
 Home  Prev

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク