花の足音

2020 / 10
09≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫11

人の素顔と心の健康と

2020/06/04(Thu) 23:37





DSC_6337 (800x533)クレマチス・夜明け前


希望の青 夜明け前が咲き始めました

深い暗闇から 空が白む前の僅かな時間
その時間を 人は希望と呼ぶのでしょうか







蓮の花咲く泉 Mine Kawakami







DSC_6346 (800x534)斑入りバイカウツギ


今日は 久し振りに友人のお店に出掛け
近況報告などしながら 暫しのお喋り
勿論 マスクに消毒は欠かさない


逢いたかったよww






DSC_6368 (800x533)姫ウツギ・マギシェン

実は 自粛前にピアノのお教室を暫くお休みする旨を伝えに
先生にお逢いした時 ちょっと心の重くなったことがありました
お教室は 先生のお母さまのお家でだったのですが
いつも70過ぎのパキパキしたお母さまが 笑顔で迎えて下さっていました




DSC_6385 (800x533)絞り カワラナデシコ

ところが その日はリビングにお邪魔すると
お母さまは マスクをして下を向いたまま無言で
ソッポを向いていらっしゃいました

私の咳が気になるのかな マスクはちゃんとしているのに・・・
何だかその様子に 心がチリリンと音を立てたようでした




DSC_6376 (800x533)山紫陽花・瀬戸の月

お教室の再会は?と訊く友人にその話をすると
先生のご一家を 良く知っている友人が
あなたにだから そんな態度をした訳じゃないと思う・・・と
少し 心配そうに話してくれたことは・・・





DSC_6370 (800x534)山紫陽花・綾

自粛から お母さまは近所に住む実の娘である先生も
そのご主人も孫も 家に入れなくなったそうで
普段はひとり暮らしと言っても いつも孫に囲まれていたのに・・・
先生もご家族も その頑なな様子に困っていると言うことでした




DSC_6109 (800x533)山紫陽花・伊予白

それって 極度の緊張や不安による
痴呆の始まりじゃないだろうか と私は想いました

自分の経験からも 幾らスープの冷めない距離に居ても
別居をしていると 小さなサインを見逃してしまうことが多々あります
家族は特に 親の痴呆を否定しがちなので
気付くのが遅れがちになってしまいます





DSC_6384 (533x800)

今回の コロナ自粛の余波は
ひとり暮らしのお年寄りの 精神的な健康被害も齎す事があるのでは
そんなことを感じました

親と離れて住んでいる子供たちは 普段よりまめに声掛けをして
様子をいつも気にしてあげることが大切かなと思いました




DSC_6365 (800x533)アンナ・プルナ

長く続く緊張や不安は 大人も子供も同じように辛いことですね
一日も早く この状態に夜明けが来ますように・・・
家族の精神的な繋がりまでもが 途切れてしまわないよう祈るばかりです





DSC_6356 (800x533)赤花・三つ葉シモツケ

ピアノは暫く 自主練が続くことになりそうですが
水彩のお教室は 来週から再開されることになりました
三密にならないように 気を付けなければ・・・

最近は マスクをしてこないお客さまが来たり
暑い炎天下で 離れていますからどうぞと言っても
大汗をかきながら マスクを外さないお客さまが倒れそうになったり
極端に 緩んでしまった人ときっちりしている人が分かれて
薄皮を剥ぐように 人が丸裸にされて行くような気がします

私の心の足りない部分も そうやって丸裸になって行くのかしらん

嫌だなぁ・・・








まり
滔々と・・・ コメント:- トラックバック:-

月と陽の宴

2019/02/07(Thu) 12:30



DSC_2833 (533x800)



風に運ばれ早春の 感謝の宴に狂い咲き

咲ける時に咲きましょなんて 思い残すこと無いように・・・







桃山晴衣/れんぼながし  Harue Momoyama / Renbo nagashi







DSC_7711 (800x533)



いいんですよ たまには・・・


我儘が言えるって それだけあたしが大人になったって
そう思ってくれているのでしょう
いやぁね悠さんたら 私に番号なんか付けて
随分とビリッケツな番号なのね


正さんは 本当にお忙しそう・・・
でもね 毎日おふたりのお声を聴けるから
今 こんなに幸せなの


毎日 お辛くはないですか?
たまには もぅ辞めちゃおうか!なんて 想わない?






DSC_1879 (800x529)


はい 季節外れですけどね・・・


悠さんね 彼方はダメよ どうしてもダメ
だって もうすぐ三歳になる娘だっているんだもの
だから 目を瞑って頂戴ね
彼方が無くても 考察は出来ると思うのよ






DSC_0461 (800x533)



お身体 大切にして下さいね
まだ冷えるでしょう?
内臓を採るとね お腹がとても冷えるのよ
空洞があるからなのかしらね


これは正さんもお好きでしょ
リタイアしたら お料理も楽しくなりますね
珍しいお料理 教えて下さいね





DSC_2252 (800x533)



おふたりは 私が誰に媚びる事も無く
凛とひとりで立てるようにって
たくさんのお時間を割いて 考えて下さっていたでしょう?

おふたりは 私が少しは成長したって思って下さっているみたいだけど
おふたりが居なくなったら・・・
別に依存じゃないのよ 頑ななわけでもないの
心が真っ正直なだけなのよ
生き甲斐なんだもの・・・






DSC_3687 (800x533)



はい 豚ヒレだからヘルシーですよ
少し甘辛いソースにしてみました



こんな時間が 楽しいんですよ
とても心が休まるの・・・






DSC_8846 (800x533)



ねぇ悠さん 本当にこれお酒に合うのかしら・・・
一応 用意したのだけど


合うのね・・・


可笑しいわね ねぇ正さん
あなたも食べる?






DSC_2331 (800x533)




毎日 本当は心細いのよ・・・


色々な人が色々な事を喋ってる
その中で ぽつんと立っているみたい


立ってるだけで 精一杯


変な子って言われたり無視されたり・・・
だから 私も勝手にお喋りしてるだけ・・・


聴いて欲しいお空に・・・


それでも 少しばかりは成長しているのかしら・・・






DSC_9557 (800x533)



甘エビのカルパッチョ 柚子胡椒味です



でもね 私には後悔が無い
このまま終わっても ちっとも哀しくないの
だって心の中に 愛が溢れてくるから・・・

それを ただ描き続けてゆくの
心を作るなんて できないから・・・





DSC_2365 (800x533)



感謝の宴でありました

お粗末さまでありました

少し早目の春がきて お喋りしたくておりました

また一陣の風が巻い これにてお開きでございます

遠路遥々のお運び ありがとうございました










まり
滔々と・・・ コメント:- トラックバック:-
 Home 

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク