花の足音

2020 / 10
09≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫11

綾ひとしな3(こそっと不定期ですが・・・)

2020/06/13(Sat) 02:26








Umitaro ABE | 阿部海太郎 "Moments musicaux - Thème"







DSC_5883 (800x520)


梅雨入り前から 今年は随分湿度の高い
暑い日が幾日も続き 早くも夏バテが始まったようです

そんな訳で この処酢飯が美味しい
お酒を召し上がった後で 二つ三つ摘まんでも
こんな小さなものなら お腹にも収まるでしょう 






DSC_5881 (800x533)


畑では胡瓜も出来始まり
小さなうちに採ったものを ピーラーで透けるように削ぎ
塩をして しんなりしたもので手毬寿司にしました
イクラを乗せて さっぱりとしたお味です

暑くて食欲の無い時に 良いかも知れませんね






まり
ひとしな コメント:- トラックバック:-

綾ひとしな2(こそっと不定期ですが・・・)

2020/06/05(Fri) 22:31






Umitaro ABE | 阿部海太郎 "Moments musicaux - Thème"







DSC_6331 (800x533)


そら豆と言えば 子供の頃の我が家では三社祭りの夜と決まっていた
普段は 滅多に口に入らないものだったけれど
三社の前の夕暮れには いつもトラックで新鮮なお野菜を売りに来るお兄さんのところから
大きなケースで買って来て 豆を鞘から外すお手伝いをした
住み込みのお兄さんやお姉さんが何人かいたから たくさん買っていたのだろう

三社の夜には 母の茹でたそら豆を食べるのが毎年楽しみだった

今年の三社祭りは秋になるそうな 致し方無いことだろう・・・
それでも中止にならず良かった





DSC_9372 (800x533)

祭りの夜と言えば 線香花火

パチパチと音を立てて 一瞬華やいだように見えるけれど
ジュッ っと言う最後の小さな音に 昼間の興奮も熱も総て呑み込まれて
祭りの終わりを告げられるのだ

軒並みシャッターの降りた夜の商店街から
時折 酔っ払いの声が聴こえて来る

もう 祭りは終わりだよ


それはいつも 夏の始まりだった







まり
ひとしな コメント:- トラックバック:-

綾ひとしな1(こそっと不定期ですが・・・)

2020/06/03(Wed) 08:30






Umitaro ABE | 阿部海太郎 "Moments musicaux - Thème"







DSC_5555 (800x506)


昔の 少し仄暗い日本家屋で料理を頂く
どんな色が目に映るだろう そんなことを考えていたら
浅草の暮れ六つで頂いた カサゴのから揚げを想い出しました
店はかなり暗い土蔵造りで 仄暗い中で頂いた膳は
どの料理も 味わいがありました

先日 「陰翳礼讃」を読んでから
自分の毎日の料理も 撮りたいぎりぎりの明るさで
普段の変わり映えの無いお料理ですが
ひとしなずつ ゆっくり撮ってみたくなったんです

と言うわけで これは不定期でやって行きたいと思いますので
どうぞよろしくお願い致します





DSC_5558 (800x519)


今夜のひとしなは・・・


新じゃがを薄く切って オリーブオイルでカリッと焼く
アンチョビを叩いたものを乗せては重ね
一番上に 粒マスタードとディルの葉を飾る

お皿の周りには ディル スパニッシュセージ オレンジタイムの花

日本酒には ライムを入れて・・・









まり
ひとしな コメント:- トラックバック:-
 Home 

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク