花の足音

2019 / 08
07≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫09

涼を求めてGO! おまけ

2019/08/01(Thu) 00:43




ドライブ1(800x450)

ねぇ 本当にそこでいいの?チャーリー
落ちちゃうんじゃない?






Pharrell Williams - Happy (Official Music Video)






ドライブ5(450x800)

大丈夫さ ボクにはこの吸い付くような指がるんだから♪




ドライブ2 (800x450)

途中で止めてって言ったって止まれないよ
じゃぁ しっかり摑まっててね




ドライブ3 (562x800)

おぉっ! 結構な風圧じゃないか




ドライブ6(580x800)

身体を低くして 空気抵抗を弱めるのだ



ドライブ7(641x800)

あらららら… これ以上低くならないwww




ドライブ4(618x800)

指が! 指が離れちゃうwww!

た~す~け~てwww











DSC_9835 (800x533)

チャーリーね 何とか振り落とされずに一緒に帰って来ました
でも きっと懲りたと思いますよ




DSC_9837 (800x533)

この安心した顔 ^^
えっ? やっぱりお庭が一番だって
そうだよね でもまた一緒にお出掛けしようね






今回は 塩原にある「竜下の滝」へお散歩しました
おまけは最後の二枚以外はスマホ写真です
たくさん観て頂き ありがとうございました

梅雨が明け猛暑が続き 体調を崩されたりしていませんか
この暑さの中で 夏風邪も辛いですね
なるべく涼しく過ごしながら この猛暑を乗り越えましょうね





まり
スポンサーサイト
お散歩 コメント:- トラックバック:-

涼を求めてGO! Ⅳ

2019/07/30(Tue) 19:27





DSC_0225 (800x533)


楽しい時間は あっと言う間に過ぎ去るものだね
チャーリー そろそろ帰らないと・・・

え~ もうちょっと上まで行こうよ

だめだよ 時間切れになっちゃう

じゃぁさ ほら あの小さな滝だけでも行こうよ

やれやれ・・・








Monica Zetterlund (w/Bill Evans) -- Monicas' Vals (Waltz For Debby) (1964)

だから 寂しくならないように
夢の世界では 成長を止めるんだ…







DSC_0262 (800x533)

あーっ! 弾けるような音だよ♪
ほらほら ちょっと泳いでくるね

もぅぅ…チャーリーったら






DSC_0255 (800x533)

うわぁ 涼しいね
それに いい音がする





DSC_0257 (533x800)

何だか 帰りたくなくなっちゃうね






DSC_0248 (800x541)

でもだめだよ もう帰らなくっちゃ 
ほら チャーリー 置いて行くよ
早く渡っておいでよ
あぁっ! ほらほら滑らないようにね






DSC_0272 (800x533)

自分こそ慌てるなよ
ほら 躓いた♪

なんかチャーリー 意地悪だね

そんなことない
目くそ鼻くそって 教えてあげただけさ♪







DSC_0291 (533x800)

あれ?出口にこんな碑があったんだっけ?
忘れてたよ


―龍化瀑二十五丈を若葉する 毛﨔(ぶな)のかこめりうへは岩山 ―
                           与謝野晶子


此処は 与謝野鉄幹・晶子夫妻が昭和九年五月に訪れたんだってさ
なんか うれしいなぁ…






DSC_0302 (800x533)

あっ 秋の欠片を見つけたよ
この夏も 駆け足で過ぎてゆくのかなぁ・・・





DSC_0320 (800x533)

いいや その前に茹るね


何だよチャーリー もう充分涼んだでしょ


そんなの 熱い車に乗った途端におじゃんさ!


少し冷やしてから乗ればいいじゃない
我儘言っちゃだめだよ


皮膚の厚さが違うんだよww









まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

涼を求めてGO!Ⅲ

2019/07/29(Mon) 13:54





DSC_9200 (800x533)


眠っている間に 何処かで成立している木霊
気後れして ボクは言葉の方向を失う・・・
だけれど やっぱり重ねていたいんだもの
ボクだって…ボクだって…







La vida breve by Manuel de Falla - classical guitar duo








DSC_0269 (800x533)

落石注意だってさ チャーリー
あまり そっちの壁に近寄らない方がいいよ






DSC_0201 (800x533)

気になるって言ってた石のことだけど
何が気になるって言うのさ

うん 人によって色々な積み方をしてるよね
あんまりたくさん積んであるから
それだけ色々な心模様があるんだな~って思ってさ






DSC_0221 (533x800)

じゃぁチャーリー 題名を付けて見ようよ

これは…「考える人」






DSC_0223 (533x800)

これは…うーん…

「捏造」






DSC_0233 (800x533)

これは「愛」だね♪






DSC_0240 (800x533)

これは「不安」






DSC_0231 (800x533)

これは…「処女懐胎」






DSC_0202 (800x533)

ねぇ チャーリーも積んでみるかい?


いや ボクは毎日積んでいるから


えっ?何を


目に見えないものさ


チャーリー それって何処に積んであるの?


心の奥の方さ






DSC_0204 (800x533)

皆 積んでいるんだよ 一々覚えてないだけさ
人はね 大人になりながら
少しずつ崩れない積み方を覚えてゆくのさ 
どんな激流の中でも 鉄砲水を喰らっても…


チャーリーったら そんなこと言ったって 
見えないのに わかんないよ!


見ようとするから見えないんだよ
感じるんだ 呼吸を合わせて


・・・・・・・・・・・


わかんないよぉwww!








まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

涼を求めてGO!Ⅱ

2019/07/28(Sun) 03:42




DSC_9853 (800x533)

青い草の中は 熱風が少し冷やされて
微睡むことだって出来るんだ
まるで 想い出の繭の中にいるようで
心地いい風に吹かれて 夕陽を眺めあの土手を散歩した
そんな瞬間にゆくことだって 苦労は無い







Nature Sounds of a Forest for Relaxing-Natural Soothing Sound of a Waterfall & Bird Sounds







DSC_0174 (800x533)

この谷間には 宝物がいっぱい
川のせせらぎに耳を傾けて
マイナスイオンを浴びよう




DSC_0212 (800x533)

チャーリー あんまり端っこに行くとお水に落ちちゃうよ




DSC_0177 (800x533)

此処はお水が豊かだねぇ






DSC_0183 (800x533)

お水が階段を落ちるように 流れて来るよ


あぁ・・・涼しいね・・・





DSC_0185 (800x533)

谷間が深いせいか 此処の木洩れ日は柔らかい
とても目にやさしい気がするよ


こうやって 日本人は自然と共に四季を感じて
生きて来た歴史があるんだよね


そうさ チャーリー
自然と一緒に 歴史を刻んで来たんだ





DSC_0190 (800x533)

里の暑さを忘れちゃいそうだよ
アスファルトに囲まれているだけで
焼け付いちゃうんだよね




DSC_0194 (800x533)

この音を聴きながら 夜眠れたらいいのにね





DSC_0188 (800x533)

そりゃぁ贅沢だね






DSC_0186 (800x533)

うん? チャーリーどうしたの?




DSC_9855 (800x533)

なんだかそれ 妙に気になるんだけど…


それってこれ?唯の石ころだよ


うん それは解っているんだけどさぁ…







まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

涼を求めてGO!Ⅰ

2019/07/26(Fri) 23:30





DSC_8621 (800x533)


ふ~う…頭のお味噌まで煮えちゃいそうだよ…
一体全体 なんて暑さなんだい今日って日は!
あぁ…何だかボーっとして来たよ…

チャーリー しっかりして!
ねぇ 涼しい処へお出掛けしようよ
4時間貰ったよ ほらほら急ごう!







THE GOONIES - THE GOONIES 'R' GOOD ENOUGH







DSC_0121 (800x533)

と言う訳で 涼を求めてGO!
お山に向かいます♪




DSC_0151 (800x533)

寄り道したから 時間が減っちゃったね
大丈夫?

大丈夫だよ 行きたい処はすぐだもの
途中の処だから





DSC_0152 (533x800)

昨日あんなに 足腫れてたのに歩けるの?

三脚を杖代わりにしようかと思って(笑)
これちょっといいかも~♪
プロテクターもしっかり装着!




DSC_0159 (800x533)

チャーリー 見て! お水だよ
きれいだね 触りたいなぁ・・・





DSC_0163 (800x533)


前に来たのは2016年だよ
あれからずいぶん経つね




DSC_0164 (800x533)


お水がきれいなのは 変わらないねぇ…





DSC_0168 (800x533)


うわっ! 水飛沫が気持いいね
ずいぶん温度が下がって来たみたい




DSC_0169 (800x533)

チャーリー いい風だよ気持ちいい♪
さぁ 橋を渡ろう!




DSC_0171 (800x533)


やったぁ グーニーズの谷だよ!

えっ? チャーリー此処ってそんな名前だったっけ?

ボクが付けたのさ いい名前でしょ?

うん そんな雰囲気だものね
前回此処での写真 うっかり原本を消しちゃって
どうしても もう一度撮りたかったんだぁ
さぁチャーリー お水に触ろう♪







まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

熱い熱い一日 Ⅳ

2019/07/03(Wed) 22:12





DSC_8901 (800x533)


人が旅立つ時は 草鞋を履いてゆきます
魂になっても 心は歩いてゆくんですね
自分の足で しっかりと・・・







鼓童 焔の火 Kodo Honoka








DSC_9115 (533x800)


これまでに 幾つか載せていない作法や行もありましたが
今夜は最後の行 火渡りです




DSC_9116 (533x800)


修験者の方が 真言を唱えながら天に祈ります
会場全体に 緊張が走ります





DSC_9123 (800x544)


炎を更に熾した中 修験者の方たちが渡ってゆきます





DSC_9124 (800x528)


次々と修験者の方たちが 炎の中に入ってゆきます

カメラが遠く 上手く撮ることが出来ませんでしたが
炎の中の表情をお見せ出来なくて残念です
来年は是非 炎の中の修験者の方たちを撮ってみたいです





DSC_9139 (800x533)


修験者の方たちが渡り終えると
真ん中に道が作られ 一般の方たちが渡ります
おひとりおひとり ご住職から背中に印を結んで頂き
足の悪い方は肩をお借りし
自分の足で 祈りながら歩いて渡ります





DSC_9141 (800x533)


圧倒的に女性が多かったのですが
足元に集中して撮っていると
何だか変な気持ちになってきました




DSC_9145 (533x800)


映画でしか観た事のない 戦後の焼け跡
ニュースで観た 阪神大震災
チラッと観たことのある 三途の川迄の道・・・
どんどん頭の中に浮かんでしまいます
誰もがみんなこうして歩いてゆくんだなぁ・・・って
父たちもきっとこうして 歩いて行ったんだなぁ・・・って・・・





DSC_9147 (800x533)


無病息災や大切な人のご供養を祈りながら 
皆さん歩いているんですが


本当に最後まで そしてその後も
しっかりと 自分の足で立って歩いて行かなくっちゃ・・・
なんて考えてしまいました





DSC_9149 (800x533)


どんな道でも ベストを尽くして





DSC_9150 (800x533)


四日に渡り 長々と観て頂きましてありがとうございました
普段交流のある方たち皆の無病息災も 勝手に祈らせて頂きました
これから暑くなりますね
どうぞ皆さま お身体に気を付けて夏を越されますように・・・


今年も異常気象は多そうですね
今も九州地方は 皆さん怖い思いをされている事と思います
どうかこれ以上大きな被害がありませんように・・・








まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

熱い熱い一日 Ⅲ

2019/07/02(Tue) 15:58





DSC_9032 (533x800)


錫杖の一振りに 祈りを結べば
法螺貝の音 山駆け巡る







Inspiration - Gipsy Kings






DSC_9022 (800x533)


護摩壇に祈りを添えて護摩木を投じる





DSC_9008 (800x533)


個人の祈りもありますが
此方では東日本大震災・熊本地震のご供養もしています




DSC_9031 (800x533)


修験者の方たちも暑そうです





DSC_9037 (800x533)


愈々 荒行の湯加持が始まります





DSC_9071 (800x565)


束ねられた笹の葉で 煮え滾る湯を掬い
自分の身体に掛けてゆきます





DSC_9063 (800x534)


熱そうです・・・





DSC_9086 (533x800)


心頭を滅却すれば火もまた涼し と言いますが
鍋の中に身を投じ煮えています・・・





DSC_9090 (533x800)


ご住職 御年六二歳





DSC_9093 (800x533)


何だか 祈るどころではなくなってきました
心の修養が足りないのでしょうか・・・





DSC_9095 (800x533)


きやぁぁぁwwwwww!









まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

熱い熱い一日 Ⅱ

2019/07/01(Mon) 23:08





DSC_8858 (800x547)



さぁ 法螺貝の音と共に火祭りが始まります








Vivaldi 'Four seasons' - Presto from summer








DSC_8880 (532x800)


まず 斧・弓・剣による道場の清浄と結界が執り行われます
そして ご住職により九字が切られてゆきます





DSC_8893 (533x800)


東西南北 そしてその間間へと弓が引かれます
最後に 護摩壇に向かって矢が撃たれます





DSC_8912 (800x533)


祈りが読み上げられ 護摩壇に火が入ります




DSC_8935 (800x575)


煙がとぐろを巻いて 龍の如く空へ舞い上がります




DSC_8940 (533x800)


読経が始まると 音が波のように
まるで音楽のように聴こえて来ます






DSC_8944 (800x533)


音が重なってゆくと 何とも言い難い心地良さがあります
リズムを刻む音があるのです






DSC_8966 (800x533)


それら土台の音の上に ご住職の九字切りが重なります






DSC_8968 (800x577)


この時の気温はかなり高かったと思います
目の前でチャレンジの中学生がふたり倒れ運ばれました
心配です・・・大丈夫だったでしょうか・・・





DSC_8975 (800x533)


人も大地も空気も一体となって
焼け付くように 温度が上昇してゆきます





DSC_8980 (800x533)


私も汗だくで 気が遠くなって来ました
でも 火祭りはまだ始まったばかりです







まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

熱い熱い一日 Ⅰ

2019/06/30(Sun) 22:32





DSC_8812 (800x533)


地獄の窯に 不動明王が映る
是々非々 すべて燃やして厄払い厄払い
無病息災を祈る 夏の熱い一日








般若心経 cho ver. [超テクノ法要Remix.] live act (前半) /
薬師寺 寛邦(キッサコ) × 照恩寺(テクノ法要)【@ニコニコ超会議2018】







DSC_8795 (800x533)


蒸し暑い日でした
あるお寺にご縁があって訪ねる事になりました

ご住職は義父母の故郷 熊本の近所の方で
此方には 数年前まだ三十歳足らずの若さで突然死された
知人の息子さんが眠っていることもあり
一度参加してみようかと 火祭りに出掛けました





DSC_8806 (800x533)


到着した頃には 既に大勢のカメラマンが・・・





DSC_8807 (800x533)


風も無く とても蒸し暑い日でしたので
釜の横には 茹ってしまっている外人さんも・・・



あっ! 法螺貝の音が響き出しました
本堂の方へ行ってみましょう





DSC_8832 (533x800)


山伏の方たちです
山伏問答は省略されているようでした
般若心経を唱えていらっしゃるようです

煩悩を除去し智慧を得る効果があるとされる
錫杖の音が響きます




DSC_8839 (800x526)


言霊と音の旋律で 祈りが段々と深くなり
聴いている人たちも トランス状態に入ってゆくようです

ねぶた祭りにしても三社祭りにしても
何だか 根にはこのトランス状態に似たものがあるような気がします





DSC_8840 (800x533)


お遍路さんで 般若心経を繰り返し唱えていたので
一緒に祈ることが出来 良かったと思いました





DSC_8846 (800x533)


今回は山伏姿の中学生も混じっていて
チャレンジと言う職業体験の一環なのですが
お父さんを早くに亡くされた 知人のお孫さんも参加していました

子どもたちを載せるのは なるべくなら控えたいので
多少カットした写真が多くなりました






DSC_8849 (800x533)


修験者の荒行で有名な 高野山真言宗で関東三霊場の寺院にて
火祭りを何回かに分けて ご一緒に観て頂けたらと思います






まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

今年の牡丹は良い牡丹 Ⅲ

2019/05/21(Tue) 14:42




DSC_6149 (800x533)


―からき世を しほばら山に乃がれ気舞
  こころの月は今も澄むらむ ―
           高崎正風







Vaga luna che inargenti - Vincenzo Bellini







DSC_6147 (800x533)


木洩れ日の中に 文学の森があるのですが
残念ながら 立ち入りが禁止されていました





DSC_6151 (800x533)


森にある 樹齢何百年の樹々たちが
根の上を踏まれることに耐えられなくなっているそうです






DSC_6159 (800x533)

― 溪の湯に裸の男女がつかっていて
     一面にさす青い葉漏れ日 ―
             北原白秋






DSC_6157 (800x533)

― 誰と別れか福渡あたり
      啼いて夜半ゆく川千鳥 ―
             野口雨情






DSC_6161 (800x533)


― 古の恋路のあとの紅葉はを
     そめかへしつつ降る時雨かな ―

― 夏なれはまたそめあへぬもみちはを
     こころにそめて見るもたのしき ―

― つらかりし雪のあしたもわすられて
     月待つ宵のあゆみ涼しも ―

               有賀長雄 





DSC_6163 (800x533)


― うす紅の百重の弁をひきしめて
      牡丹一花は夜明けを待てり ―
            外池美都子





DSC_6164 (800x533)


― この奥の道は尾花峠という会津へつづく街道、
冬の間は雪が丈餘も積もって月を越さなければ人は通れないといふ。
要吉「疲れたの」と男がきく
朋子「いいえ、先生こそ」
女の顔には明々と疲労の色が現れていた。それがために
一際誘惑の力を加えて別人のようにも見える。
男は女を見詰めた。家を出てからまだ女の唇に触れない。
ふたりは長い接吻を交わした。やがてつと離れて互いに顔を見合わせたが
又ひしと唇を合わせた。 ―

                 森田草平文学碑 煤煙より





DSC_6153 (533x800)


たくさんの牡丹に気圧されながらも
深い新緑の木洩れ日や川音に癒され
今迄読んだ事も無いような歌碑などを観て
昔の人もまたこのお山に癒され歩いたんだと
感慨深く塩原を後にしました。

夏の緑を楽しんだら秋の紅葉が美しい場所です
また四季折々にお散歩に来たいと思います
長いお散歩にお付き合い下さり ありがとうございました








まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-
 Home  Prev

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク