花の足音

2019 / 10
09≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫11

そーっと覗いてみてごらん Ⅱ

2019/10/11(Fri) 23:13





DSC_3362 (533x800)


万華鏡って 置いてある時間が長いでしょ?
先生曰く だからボディーも美しい方がいいって
本当にボディーも美しかったです






Grieg - Peace of the woods







DSC_3384 (800x484)


自分の万華鏡のイメージと全然違いました



万華鏡6 (800x450)


今迄二回程 世界大会の為に制作し出品の為にチケットや宿泊先を手配し
いざ 飛行機に荷積みを・・・と言う所でお父さまが倒れてを繰り返されたそうです
年金暮らしになって ふと気づいたら那須に万華鏡美術館がないから作ろうって
東京で働いている旦那さまの元と行ったり来たりしているのよって・・・




DSC_3385 (800x533)

そう言う時期とか きっかけとかって
ちゃんと意味があるんじゃないかなって思うんです
夢が叶うまで 凄く時間がかかっても・・・

必用なものは 兎に角情熱だって仰っていました





万華鏡2(800x450)

そーっと覗いて見えたのは 情熱から生まれた芸術でした
対象をくるくる回し続けても ひと粒も嫌なものが入らないように
気が遠くなるほど足したり引いたりしてできる絵は 同じ瞬間が無く
溜息が出る程 見事なものばかりでした




DSC_3390 (800x533)

小さな美術館は 小さな森の中



DSC_3393 (800x533)

勿論 お外にも自然の万華鏡



DSC_3396 (800x526)

こんな可愛い美術館でした




DSC_3407 (800x533)


私が体験で作ったのは クマくんの万華鏡
小さいのは 購入した携帯用のテレイドスコープです




万華鏡4 (800x450)

私が作ったのは こんな感じです
ビーズを入れたり抜いたりかなり考えながら組み合わせて見ました
覗く背景や光によっても色が変化し面白いです




岩シャジン (800x450)

これは テレイドスコープで覗いた岩シャジンです
テレイドスコープは見る被写体が万華鏡になります



薔薇 (800x450)

これは今朝のお庭の薔薇です


ものごとには色々な面があって とても複雑に感じる事が多いのですが
以前 ものごとを多面的に観る事は大切だと教わりました
写真を撮る向きも 多方向から試した方が発見が多いのだろうし
自分が相手を反射して複雑になってしまうこともあれば
観てくれる人が反射してくれて 単純な自分を膨らませてくれることも多々ありますね

これからもひと粒ずつ足したり引いたりしながら
温かく居心地のいい宇宙を広げていけたら・・・そんな風に感じました
すごく楽しかったです ^^

覗き窓の写真はスマホ撮影なので慣れなくて
あまりきれいに撮れませんでしたが
これからはたまに景色も撮りたいので練習したいと思います

たくさん観て頂いて ありがとうございました








まり
スポンサーサイト



お散歩 コメント:- トラックバック:-

そーっと覗いてみてごらん Ⅰ

2019/10/10(Thu) 01:54





DSC_3363 (800x533)


そーっと覗いてみてごらん ぼくの心が見えるかな?


人の心は万華鏡のように多面体で出来ています
角度を少し変えただけで全く違って見えるのは何故?

見たい・知りたい・作りたい どんな風に出来てるの?
複雑に見えて単純な窓の中を覗いて来ました








優しい時間








万華鏡5(450x800)


小さな穴から見える世界は美しかったです!


子どもの頃から大好きな万華鏡 
プロが作ったものは想像以上の素敵な宇宙でした






DSC_3372 (800x533)


ここは 森の中の小さな万華鏡美術館です
少し前に 友人と万華鏡を作りに行きました






DSC_3377 (800x533)

小さな窓や




DSC_3375 (800x533)


少し大きな窓






万華鏡1 (800x450)


そんな小さな窓の奥には
大きな大きな宇宙が広がっていました







つづく



まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

川は流れる Ⅲ

2019/09/30(Mon) 23:16





DSC_2893 (800x533)

想えば 昨年もたくさんの橋を掛けて頂きました
流れの強い場所などに
それで 溺れずに済んだわけです







Johann Sebastian BACH: Adagio, BWV 974







DSC_2867 (800x533)

川の道には筋があります
水が 変な場所に流れて行かないように
所々に石があります






DSC_2860 (800x533)


意志は 昨年と同じようにと
石を並べているのだけれど
その年ごとに流れが変わる





DSC_2863 (800x533)

でも もしも流れが一緒だったら
伝言は残らないかも知れない





DSC_2869 (800x518)


秋の木漏れ日の中で
受け取った伝言を読み解いてゆく





DSC_2883 (800x533)


その年の哀しみは その年の水に
その年の苦しみも その年の水に
そっと流してしまいなさい






DSC_2926 (800x533)

乗り越えた記憶が
明日への伝言になる
強い流れを耐え抜いて
未知の明日への伝言になる







まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

川は流れる Ⅱ

2019/09/29(Sun) 23:32





DSC_2897 (800x533)


心に 遮断機が下りている場所があって
そこは潜らず ただ大人しく待っている
いつか遮断機は上がる時が来るから・・・








SJF2013: Richard Galliano Solo








DSC_2906 (800x533)

川底がきれいなのは 流れが強いから




DSC_2916 (800x533)

流れが強すぎるところでは
想い出さえも 留まる事が出来ないのかも知れない





DSC_2872 (800x533)

それでも留まっているのは
余程伝えたかっただろう気持ち





DSC_2904 (800x533)

昨年からの伝言を
バトンのように受け取る






DSC_2894 (800x533)

経年劣化し補修をし
意志は少しずつ変化を繰り返す

変化は真理が変わるものではなく
表す方法が変わるのだろう

傷ひとつ無いものなど 偽物で愛せない
傷だらけの一葉を 私は愛している







まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

川は流れる Ⅰ

2019/09/29(Sun) 04:12





DSC_2942 (800x533)


塩原渓谷から臨む山々は
ほんのり紅を差し始めたところ
晩秋の支度をあれやこれや考え中



DSC_2945 (800x533)


山桜の葉は もう既にはらはらと散り始めていますが
まだ少し早い秋の中 昨年からの伝言を探しに行きました







Autumn Leaves - Stringspace







DSC_2844 (800x533)


人の心に流れる川は 春夏秋冬繰り返し
溢れながら涸れながら ひと筋の道を見つける




DSC_2905 (800x533)


川の底には 昨年からの伝言が留まっている
その一通一通の手紙が読みたくて・・・





DSC_2843 (800x539)


秋の木漏れ日の中
少しお散歩しました






DSC_2881 (800x533)

暫く ゆっくり歩きますね











まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

蝶に誘われて Ⅱ

2019/08/28(Wed) 09:53




DSC_1155 (800x533)

雨宿り 軒も華やぐ百日紅の花








Brahms: Violin Sonata no. 1 in G Major, op. 78: I. Vivace ma non troppo








DSC_1147 (800x533)

丘に立ち 故郷思う女郎花





DSC_1156 (800x533)

雨凌ぎ 支えあいたる女郎花






DSC_1159 (800x533)

石仏 薄梅雨の中常ともに





DSC_1160 (800x533)

帰り道 枯紫陽花に黒蝶が舞い





DSC_1165 (800x533)

あっ!あそこにも
み~つけた♪





DSC_1168 (800x533)

樹々の葉が もう随分落ちています





DSC_1169 (800x533)

樹々の実の色付きは まだもう少しのようですね





DSC_1170 (800x533)

ゆく夏に 今暫くと声を掛け
急に寂しくならぬよう


ゆっくりでいいよね
まだ心の準備が出来ていないから・・・






DSC_1158 (800x533)

今年のお月見は9月13日

14ひきも 楽しみにしているよ きっと
真っ赤な夕陽がみんなで観られるといいね
そして 星が消えてしまうほど大きな大きなお月さま
あぁ・・・楽しみ楽しみ♪
それまでに 栗やドングリも探さなくちゃ
お団子も拵えよう!







からりとしないお天気の中でしたが
蝶たちに見送られ絵本の丘を後にしました
たくさん観て頂きありがとうございました








まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

蝶に誘われて Ⅰ

2019/08/27(Tue) 09:43





DSC_1125 (800x533)

先日「もうひとつの美術館」に行った後
その近くにある「いわむらかずお絵本の丘美術館」にも立ち寄りました







スカルラッティ, ドメニコ/ソナタ ホ長調 K.380L.23/演奏:園田高弘







DSC_1124 (800x533)


林の中の狭い道をゆくと入り口が見えてくるのですが・・・






DSC_1128 (800x533)

樹々を眺めながら歩いていると
其処此処に 虫たちのレストランがあるのです





DSC_1133 (800x533)

みんなで仲良く お食事中 ^^




DSC_1140 (800x533)

秋の七草も咲き始め
色々気になって 中々前に進めません





DSC_1143 (800x533)


美術館の入り口が遠く感じられるほど
林の中に入って蝶を撮ったりしていました






DSC_1137 (800x533)

あぁ・・・やっと入口に辿り着きましたよ




DSC_1203 (800x515)

子どもが小さかった頃ふたりで楽しんだ14匹シリーズ
今でも大好きです

「おとうさん おかあさん おじいさん おばあさん
そしてきょうだい10ぴき
ぼくらは みんなで 14ひきかぞく」

3世代同居のねずみたちの物語です
お年寄りから子どもまで それぞれがちゃんと役割を持ち
その質を向上させながら暮らしています
季節行事と感謝を忘れない日々を描いた
とても心温まる物語です

私は核家族だったので 大家族が憧れでもありました





DSC_1151 (800x533)

丘が一望できるカフェからの眺めの中には
小鳥や蝶たちがたくさんいました


いわむらさんのフィールドスケッチは
ボタニカルアートのように繊細で
絵本とはまた違い とても素敵でした





DSC_1149 (800x533)

14匹は この丘から生まれたのね・・・

何だかうれしくなりました







館内は撮影禁止だったので
生憎のお天気でしたが 周りの風景を楽しませて頂きました
も少し写真を撮ったので つづく です ^^






まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

お皿の上のフィールドスケッチ Ⅱ

2019/08/25(Sun) 00:16





DSC_1111 (800x533)

雨が降ったり止んだり その度に
蝉時雨も降ったり止んだり
木造校舎の屋根裏から 
立て付けの悪そうな引き戸の隙間からも
その音が まるで野原に立っているように聴こえて来ます







川上ミネ | Nostalghia~Kiyomizu~ (道~コルドバの午後~アンジェラ Official Audio Previews)







DSC_1086 (800x533)トチを食べる   浅野友理子


これ結構な大作です
お庭で薪をくべて ことこと茹でて
トチ餅にするのかな?





DSC_1087 (800x533) 食べられる植物の系譜  浅野友理子


人は 色々な自然の恵みを頂いていますね 






DSC_1080 (800x478)卵かけごはん  高橋史帆


今回の展示で とても感動した作家さんです
この方はお皿の上に 頂く命を描いているようでした





DSC_1082 (800x570)和牛のステーキ  高橋史帆


自分の想いとクロスして 高橋さんの絵が
それを語ってくれているようでした





DSC_1083 (800x529)しょうゆラーメン 鶏ガラ・魚介合わせだし  高橋史帆


子どもが小さい時 よく話題になっていたことは
お魚が切り身で泳いでいると思っている子がいるとか
野菜は工場で作ると思っている子がいるとか
(これは今現実にもあることですが・・・)
給食費を払っているから 頂きますと言わせるなと言う親がいるとか

身近でも スーパーの野菜はきれいだから食べられるけれど
おばあちゃんが畑で作っている野菜は
汚いから食べちゃダメだと言うお嫁さんがいたり
旦那さんが畑で茄子を作っているのに
洗って切るのがめんどくさいって
スーパーで カット茄子を買う奥さんがいたり
う~むむむ・・・なのですが・・・







DSC_1084 (800x572)ポークカレー  高橋史帆


自然はとても厳しいです 人が頑張ってもダメなことがいっぱい
そんな中で育った命を 私たちは頂いているんですね
高橋さんの絵には お料理の食材のひとつひとつを丸ごと描かれていて
その成長過程迄 よく観察されスケッチされていて
観ていて とても楽しくなりました







DSC_1114 (800x523)


人の身体は 食べたもので出来ています
普段口にするものが 何からできてるのか
どれだけの人の想いが重なっているのか
それを知っていたら 自然と口に出てしまいますね


頂きます


たくさんの命を頂いて 自分の命を育みます
だから 生きることは食べることなんですね






DSC_1178 (800x533)


美術館の帰り道 田んぼが随分色付いていました
黄金の海が観られるまで もう少しですね
新米が採れたら おいしいおむすびを作りましょう

梅干を入れて 初女さんのおむすび作りたいなぁ・・・






色々な絵を たくさん観て頂いてありがとうございました
静かな時間を頂いて お蔭さまでリフレッシュ出来ました









まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

お皿の上のフィールドスケッチ Ⅰ






DSC_1045 (800x533)


連日の雨で腐りながら ちょっと気分転換に
以前も載せたことのある 「もうひとつの美術館」に行って来ました
前回は 休館中に訪ねてしまったので
明治・大正時代の建物の中も撮影できず残念でしたが
今回はゆっくり観て回ることが出来ました
よろしかったら 一緒に観て下さいね







Indigo - David Orlowsky Trio







DSC_1047 (800x533)


此処は 旧小学校を再利用したNPO法人の小さな美術館
ハンディキャップを持つ人の芸術活動をサポートしています
今回の展示は 「たべもの、いきるための」




DSC_1049 (800x533)


私たちは 親が死んでも子どもが死んでもお腹が空き
泣いていても いつかはご飯を食べます
食べることで生き 集い 繋がっています
食べると言うシンプルな行為の中に
或は その食べ物の中に逞しい生命力を感じます





DSC_1050 (800x470)イカ タイ 市村正道






DSC_1110 (533x800)
野菜 インディラ・ギミレ


この作家さんは全盲の方で 野菜を触角から得た感覚で
陶を用いて制作しています





DSC_1067 (800x533)記憶の器 空洞シリーズピンク  友常みゆき


これは 銅板で作った豚さんです
輪になっていて可愛いけど 成長してゆくんですよね





DSC_1069 (800x568)マカロン  萩原達也


きっと大好きなお菓子なんでしょうね 





DSC_1072 (800x533)
  二見幸徳


この方の作品はこの小さな絵がいっぱい
美味しいなぁ っと思うものがいっぱい
出来上がったものだけじゃなく 作る処も何で出来ているかも描かれ
どんな時に食べたのか 食べた時のうれしさを感じます





DSC_1060 (800x499)


都会の下町で育った私は こんな木造の小学校に憧れがありました
映画の中でしか観た事が無かったので とってもうれしいです
今の小学校は 田舎でも冷暖房完備で
こう言う木造の校舎の良さは忘れられちゃうんでしょうね
でも 冬はちょっと寒いかなぁ・・・





DSC_1108 (533x800)
ウメコさんの梅干し  浅野友理子 



今 あなたの目の前にお皿が一枚あります
さぁ 何を乗せますか 
今 本当に食べたいものは何ですか
それは何で出来ているものですか
誰が作ったものですか
それはどんな風に育ったものですか
誰も観ていませんよ
目を閉じて 思い浮かべてみて下さい









つづく




まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

涼を求めてGO! おまけ





ドライブ1(800x450)

ねぇ 本当にそこでいいの?チャーリー
落ちちゃうんじゃない?






Pharrell Williams - Happy (Official Music Video)






ドライブ5(450x800)

大丈夫さ ボクにはこの吸い付くような指がるんだから♪




ドライブ2 (800x450)

途中で止めてって言ったって止まれないよ
じゃぁ しっかり摑まっててね




ドライブ3 (562x800)

おぉっ! 結構な風圧じゃないか




ドライブ6(580x800)

身体を低くして 空気抵抗を弱めるのだ



ドライブ7(641x800)

あらららら… これ以上低くならないwww




ドライブ4(618x800)

指が! 指が離れちゃうwww!

た~す~け~てwww











DSC_9835 (800x533)

チャーリーね 何とか振り落とされずに一緒に帰って来ました
でも きっと懲りたと思いますよ




DSC_9837 (800x533)

この安心した顔 ^^
えっ? やっぱりお庭が一番だって
そうだよね でもまた一緒にお出掛けしようね






今回は 塩原にある「竜下の滝」へお散歩しました
おまけは最後の二枚以外はスマホ写真です
たくさん観て頂き ありがとうございました

梅雨が明け猛暑が続き 体調を崩されたりしていませんか
この暑さの中で 夏風邪も辛いですね
なるべく涼しく過ごしながら この猛暑を乗り越えましょうね





まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-
 Home  Prev

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク