花の足音

2021 / 03
02≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫04

春の霞は畔焼きから Ⅱ

2021/02/22(Mon) 23:07





DSC_0262 (800x533)


町の消防団の車です
撮影許可を頂きました



DSC_0253 (800x533)


町を守ってくれている皆さんは
笑顔の素敵な とてもやさしいお兄さんたちでした






Baba Yetu - Stellenbosch University Choir






DSC_0255 (800x533)


きれいな小川が流れています




DSC_0259 (800x533)


かなりの煙を吸ってしまって
夕べは咳が止まらずダウンでした




DSC_0266 (800x533)


カメラを始める前に観た 師匠の憧れ写真があって
どうしても こう言うの撮ってみたかったのですが・・・
後悔先に立たずwww




DSC_0268 (800x533)


次の日も大きな畔焼きがあるよ と
せっかく教えて頂いたのですが・・・
これが最初で最後の 私の畔焼き写真になります




DSC_0274 (800x533)


国道沿いでは車が止まる程でした



DSC_0275 (800x514)


にじり寄りwww




DSC_0276 (800x533)


視界が 何にも見えなくなりました




DSC_0279 (800x503)


車道も覆われて行きます




DSC_0272 (800x495)


お山は 春霞の一日




DSC_0273 (800x533)


雪もどんどん溶けて 山肌が黒くなって来ました

春の行事を追いかけた日
もうこれで春が来るんだ♪ と思っていたら
明日は今日より12℃も低くなるらしいですが
三寒四温の 最後の寒になって欲しいです



畔焼き 黒く焼けた土手から少しすると
青々とした草の芽が茂りだします
そんな逞しい大地のようすは 
残したい 大切な里山の風景のひとつです

たくさん観て頂いて ありがとうございました







まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

春の霞は畔焼きから Ⅰ

2021/02/21(Sun) 00:52




DSC_0194 (800x537)


ん? 煙いにゃ 火事かにゃ
119に電話するにゃ






歌姫町の梅






DSC_0244 (800x533)


只今 お山も春霞の中ですが
里も 霞の中




DSC_0229 (800x533)


町を上げての 一斉畔焼きの始まりです




DSC_0226 (800x533)


辺りは煙幕状態で 無理かも知れないと思ったのですが
息を止めて 休み休み撮りました
ここなら咳が出ても 誰からも嫌な顔をされません




DSC_0245 (800x533)


皆さん 煙の中でもへっちゃらで働いています
凄いなぁ~




DSC_0247 (800x533)


こう言う 大規模な畔焼きは初めてだったので
どうしても写してみたかったのです





DSC_0251 (800x533)


あっ! 大丈夫ですか?
火の粉や灰が 凄い量降って来ます




DSC_0252 (800x533)


勿論 消防団の方たちがいますが
それにしても 煙の量が凄くて息が出来なくなりました


でも もう少し頑張ったので明日につづきます





まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

飴色の河原

2020/12/28(Mon) 00:29




DSC_7457 (800x518)


暮れの河原の 夕暮れ時
辺りはすっかり 飴色に






如詩般寧靜(鋼琴弦樂版) - Wong Wing Tsan 黃永燦






DSC_7407 (800x531)


鴉たちは集まって お喋りに夢中です
何を話しているのでしょう
来年の抱負かな?





DSC_7419 (800x533)


あっ! 白鷺が混じっていました





DSC_7418 (800x525)


白と黒





DSC_7423 (800x533)


冬木立 枝先のきみの声聴こゆ





DSC_7437 (800x517)

遠くに 白鷺が遊んでいます





DSC_7438 (800x533)

この飴色の夕暮れが好きです





DSC_7446 (800x533)


今日は お餅切りをしたりお飾りを用意したり
暮れもいよいよ押し詰まって来たなぁと実感しつつ
年末年始に大雪が降ったら 掘り出しに来てねと
お山の先輩に頼まれましたが
私の車では そこまで行かれないかもww
大雪じゃないといいですね






まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

静かな光り

2020/12/10(Thu) 22:55





DSC_6061 (800x524)


Knock knock Who's there?

カチャ・・・10番目の窓が開く


冬木立 夢殿包み静かなり

突き抜けるような 寂寥感
冬も良い 此処の静寂は冬が良い






散る・春日奥山







DSC_6059 (800x533)


つくばいの 宇宙に遊ぶ散紅葉





DSC_6080 (800x533)


まだきれいな子が 水底に寝ていました




DSC_6073 (800x533)


このお寺には 美男カズラがたくさん実ります





DSC_6078 (800x533)


乙女椿がきれいでした





DSC_6082 (800x533)


南天の実は冬こそ美しいのに
季語は秋なのですね





DSC_6099 (800x522)


残る紅葉が待っていてくれました




DSC_6105 (800x533)


終始 はらはらと散っていましたが
皆 くるくると弧を描くように舞いながら
落ちて行きました





DSC_6087 (800x533)


これで 今年の紅葉散歩はお終いです


昨日の当て逃げのお話ですが 今日友人に
「ドラコレついてたら良かったのにね」と言われ
━━(#゚Д゚#)━━!!
私 阿呆でした 何の為に付けたんだかwww
ミラーに隠れているから 存在を忘れていましたwww
早速PCで確認しましたが タイムアウト(泣)
すぐに観てたら良かったのにwww
そこに思い至らなかった自分に自己嫌悪です
お馬鹿な自分のせいで 映像がお流れになったので
きれいさっぱり 忘れることに致します
ご心配や励ましのお言葉 ありがとうございました m(_ _ )m
来年は 機械音痴を克服するぞ―! ٩(ˊᗜˋ*)و エイエイオ―!





DSC_6111 (800x534)


お寺を後にする時 一羽の白鷺が飛んできてくれました
色々あったけれど 木洩れ日のきれいな良い一日でした マル(#^.^#) 






まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

光りを撮りに

2020/12/09(Wed) 23:37




DSC_2906 (800x533)


Knock knock Who's there?

カチャ・・・9番目の窓が開く


誰だよ! 一体何処の誰なんだ!
師走だって言うのに なんてついてないんだ!
窓を開けて叫びたい…バカヤロー!(泣)

皆さん 当て逃げはいけません
犯罪ですよね(怒)







【歌詞付き】人にやさしく | THE BLUE HEARTS

頑張れwww! 頑張るwww!







DSC_6048 (800x522)


昨日 光りを撮りに行ったのです
お寺の駐車場には 数台の乗用車が止まっていました
ご年配の方が多いようでした





DSC_6068 (800x533)


この一枚を撮って 何だかうれしくて
あれもこれもと撮りながら 奥へ奥へと歩いている時
離れた駐車場から けたたましい車の警報音が鳴り響きました
まさか自分の車がぶつけられているとは思いもせず・・・

戻ったら バンパーの角が出っ張っていました
ゆっくりゆっくりバックで押されたように傷も無く(経験者なので!)
隣りに停めていた おばあちゃん3人グループの車が消えていました ( ノД`)シクシク…
修理費が痛いwww暮れなのにwwwお餅買えないかもwww





DSC_6050 (800x533)


済みません つい愚痴りました

さて気を取り直して あぁぁ・・・水に流して忘れたい・・・




DSC_6049 (800x533)


さるおがせ(猿麻薯)と言う ウメノキゴケ科の着生藻があります
霧藻とも呼ばれ ブナ林など落葉広葉樹林などの
霧のかかるような森林の樹上に着生する藻ですが
霧やきれいな空気で成長しながら生きています





DSC_6132 (800x533)


此処 黒羽の雲岩寺の周りにはこの藻が非常に多く
風に揺れている女性の髪の毛のように見えます
一部の山男の間では 女のヒステリーと男の浮気止めに効く薬草だと
信じられているようですが 漢方薬には使用されていないようです(笑)





DSC_6131 (800x533)


えっ?煎じて飲んだらどうかって?



そう致しましょうwww









まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

山本不動尊へ Ⅱ

2020/11/15(Sun) 23:14





DSC_4619 (800x533)


参道に池が作られていて 錦鯉が泳いでいました
お水がきれいで 個人が寄進したもののようでした
池に寄進した人の名が付けられていました






Walking Blues (Robert Johnson) feat. Keb' Mo' | Playing For Change | Song Around The World






DSC_4602 (800x533)


写真を撮った時の感情は
後で写真を眺めても 切り離されないと知りました




DSC_4561 (800x533)


チェッ て言う気持ちが消えないww




DSC_4568 (800x533)


自分を誤魔化せない 器の小さな自分なのでしたww




DSC_4586 (533x800)


やってしまった!

前もって お寺のホームページを観たのに
工事中って言う 記載を見逃していましたww






DSC_4576 (533x800)


折角 県外まで来たので

腐らずにwww

紅い葉を眺めて帰る事にしました




DSC_4592 (800x533)


菊も飾ってあったし~




DSC_4598 (800x533)


そして トボトボお寺を後にしたのでしたが




DSC_4711 (800x533)


帰り道に見つけた 名も無い場所で
こんな景色を見つけ 何だか一気に心が晴れ渡り
きゃぁきゃぁ言いながら ひとり盛り上がって
来て良かったぁ~♪ と思った単純です

冬の入り口の扉を開けた気がしました





DSC_4716 (800x533)


シャボンの空も きれいでした♪






写真を撮る時の気持ちって 本当に大切だなと実感しました
もっともっと気持ちの入った写真を撮りたい
そんなことを初めて想ったお散歩でした

たくさん観て下さって ありがとうございました







まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

山本不動尊へ Ⅰ

2020/11/14(Sat) 03:01





DSC_4779 (800x533)


お御籤は 引いても引いても中吉で
人に何かを伝えるのは とても難しいことだから
― 言葉にすることの大切さ ―を学びましょうと
大きく書かれていました

松栄堂の好きな匂い袋 誰が袖 が置いてあり感激
足のお守りも頂いて・・・

あれ? 紅葉を見に来た筈では(笑)







Concierto de Aranjuez - Joaquín Rodrigo II. Adagio / Pablo Sáinz-Villegas - LIVE






DSC_4645 (800x533)


福島にある 山本不動尊
今年は紅葉の季節に 訪ねる事が出来ました




DSC_4642 (800x533)


参道の入り口にあるガマズミに
身がたわわに生っています




DSC_4611 (800x533)


人もたわわに・・・





DSC_4604 (533x800)


参道の紅葉がきれいなのですが
人が多すぎて 撮れません





DSC_4535 (533x800)

暫く此処で立ち止まり



DSC_4623 (800x533)

お水を撮ったりしていましたが




DSC_4553 (800x533)

段々と 諦める気持ちが強くなり




DSC_4562 (800x533)

端っこばかり撮りながら




DSC_4565 (800x533)

橋を渡りました(泣)




DSC_4574 (800x533)

思うようにはいかないものです





まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

初冬の空気 Ⅱ

2020/11/09(Mon) 00:11





DSC_4392 (800x533)


やわらかい アルパカのセーターのような山肌は
葉の落ちた樹々の梢が 
その質感を出してくれているのでしょうね

これから徐々に 色が失われて
お山が雪の下に眠るまで
動物たちも 懸命に命を繋ぐ準備をしています






WINTER BALLAD - PIANO COMPOSITION






DSC_4380 (800x533)


あぁ・・・きれいですね・・・
手のひらで すぅーっと撫ぜたくなります





DSC_4403 (800x533)


ブラシで飛沫を掛けたようです





DSC_4405 (800x533)


まだ少しだけ 紅い色も残っています





DSC_4424 (800x527)


那須岳が正面に見える場所
このポイントは 好きな場所です





DSC_4447 (800x533)


お山を下りながら 鹿の出る場所で暫し待ちました
鹿は 同じ場所を通ると言うから





DSC_4433 (800x533)


鹿の出る場所は 黄葉の葉が鮮やかで
陽射しに輝いていましたが
残念乍ら 今回は逢えませんでした






DSC_4427 (800x533)


これは何の種子でしょうか
この時期お山のあちらこちらで
光りに反射して とても可愛い





DSC_4457 (800x518)


すっと立った 冬の背に
秋の後ろ姿が観えたような気がした
そんな初冬のお山でした





寒い中 一緒にお散歩して頂いて
ありがとうございました

今 窓の外は寒風が吹き荒び
大きな音を立てています
明日は雪になる地方もあるとか
皆さま 風邪などひかぬようどうぞ温かくお過ごし下さいね






まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

初冬の空気 Ⅰ

2020/11/07(Sat) 22:33





DSC_4368 (800x533)


やっと いつもの大好きなお山に入ると
もう お山の頂には雪が乗り
秋の彩りは 薄れてしまっていました

今日は もう立冬

初冬のお山だと眺めて頂けたらうれしいです
暖かくして お散歩しましょう







Kazabue (Michiru Oshima)







DSC_4343 (800x533)


昨年も 少し遅めでした
十月の終わりだと もう少しって感じだったので
ほんの数日の差なんですけどね





DSC_4345 (800x533)


それでも こんな樹々の間から色が観えると
ワクワクが止まりません




DSC_4347 (800x533)


早く早く もっと上に行きましょう!




DSC_4349 (800x533)


こんなポワンとした色も好きなんです




DSC_4352 (800x533)


冬の入り口に青空が冴えています




DSC_4359 (800x533)


向こう側の山肌には 前日に降った雪が少し残っていますね




DSC_4366 (800x533)


何とも言えず やわらかな色合いです
今度セーターを編むなら こんな彩りがいいなぁ~♪
明日ももう少し このお山で撮った写真を載せたいと思います







まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

秋が流れてゆく Ⅱ

2020/11/05(Thu) 00:15






DSC_4302 (800x521)


山々を雪雲が覆い 風が強く吹けば
雲の切れ間から 粉糖を振りかけたお山が観えました
里には冷たい時雨が 一日中降っていました

寒くなりましたね

冬将軍到来です







George Winston - Longing Love

秋の終わりにこの曲を






DSC_3651 (800x533)


樹々の葉は 惜しげなく化粧をして
冬を迎え 心の内を染め上げているようでした






DSC_0240 (800x190)


この川を くるり







DSC_3622 (800x533)


晩秋の 川に転がる力石





DSC_3624 (800x533)


水が澄んで こんなにきれいな川を
私は他に知りません この川が大好きなの





DSC_3609 (800x533)


流れの強いところで スローシャッターの練習です
お水が霧のように写ればうれしいです





DSC_3613 (800x533)


手持ちでも 少しずつピントが合うように
息を止めて‥‥‥‥
・・・・・・・・・・・・・ぷはぁ~です





DSC_3692 (800x533)


岩の濡れたところが きれいです





DSC_3716 (800x517)


人は皆 命の旅をしている旅人
秋が流れてゆくように その身を任せ
自分で舵をとっているような気になっていても
大きな川の流れの中で 翻弄されもがいている
大海へと身を流し 大切なものを抱き大切なものを失い
くるくると舞う枯葉のように 流されてゆく

だから 抱きしめていなさい
大切なものを失わぬよう 両のかいなでしっかりと
それでも失くしてゆくのです
波にのまれ 巌にぶつかり 気が付けば掌は傷だらけ
だから 抱きしめていなさい
いつか大海に浮かぶまで 想い残しの無いように





DSC_3718 (800x533)


愈々 冬にバトンが渡されて
ゆく秋を見送りました


皆さまも 風ひかないように
暖かくお過ごし下さいね
似たような水辺の写真 たくさん観て頂き
ありがとうございました




足跡の無い方へ
うららへのお見舞いありがとうございました







まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-
 Home  Prev

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク