花の足音

2020 / 04
03≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫05

2020/03/17(Tue) 23:57






DSC_1299 (800x533)


神楽の音 梅の香添えて奏でたる







kagura(神楽)







DSC_0771 (800x533)


神楽の面が撮りたくて
永代々神楽を観に行った時のものです




DSC_0773 (533x800)


面は 光と翳や角度によって
様々な表情を見せてくれますね





DSC_0800 (533x800)


この日は 生憎の雨で
普通なら 外で行われる筈のものが
急遽 室内でと言うことになりました





DSC_0802 (476x800)


動きが読めなかったこともあり
残念ながら 削除の嵐となりました





DSC_0805 (800x521)


色々な写真があるので
説明は 明日書こうと思います





今日はお彼岸の入りですね
普通なら お中日はお寺の彼岸会に行くのですが
今年は取り止めて お墓参りも日をずらす予定です









まり
スポンサーサイト



お散歩 コメント:- トラックバック:-

深山の奥になごり雪

2020/02/25(Tue) 00:14





DSC_0194 (800x533)

雪の果 歩き歩きてひとりの歩







Home Free - How Great Thou Art








DSC_0190 (800x533)

昨日 深山の奥に雪が降りました




DSC_0186 (800x505)

道は細く 落石が多かったので
車を降りて 石をどけながら進みました





DSC_0193 (800x533)

途中 吹雪いたり 霙に変わったり





DSC_0200 (800x533)


雪景色が見たかったので
これが最後かなって 名残惜しむように眺めていました





DSC_0202 (800x533)


あっ 疎水です
こんな奥地に・・・





DSC_0207 (800x533)

観たかった水源は この崖の下




DSC_0219 (800x533)


あっ 滝だ





DSC_0220 (800x534)


何処かからか降りれないかと探しましたが
道がないwww




DSC_0222 (800x533)

この水に 触りたかったです





DSC_0224 (800x533)


普通の人は 道が悪くあまり来ない場所でしたが
何故か 福島ナンバーの車が三台止まっていました
人は見当たらなかったのですが
ん?もしかしたら猟かな と思ったら怖くなって
撃たれる前に引き返しました
今度はお天気のいい日に行って
道を探してみたいです






まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

春の川

2020/02/16(Sun) 19:32





DSC_4075 (800x533)

まだそこに そのままあるや青い川
辿り着けずに 春を迎えん


塩原にある 留春の滝へ向かう途中の景色です
この景色が好きで 先日病院の帰りに立ち寄ったら
塩原第一橋梁工事の為 通行止めでした
立派な橋が架かるようですが いつ完成するのかまだ未定のようです
早く終わらないかなぁ…






HAUSER - River Flows In You






DSC_8924 (800x533)

それなので 少し先で春の川を撮りました




DSC_8925 (800x533)

塩原は 今では随分廃れてしまいましたが
嘗ては 文人が好んで訪れていた素敵な景色がたくさんあります
水は豊かで透明度が高く 新緑も紅葉も美しいところです




DSC_8928 (800x533)

ねっ きれいなお水でしょう?
お陽さまがきらきら 川面を包んでいます




DSC_8931 (800x533)

最近 塩原がNewsになったのは
宿泊予約詐欺にあった「湯守 田中屋」さん
その後 中国客がいるならとのキャンセルでも被害が大きい様子
二度も被害が続いてお気の毒ですね




DSC_8936 (533x800)

晴れた日の春のお水に轢かれて
ちょっと眩暈を感じながら 釣り橋を渡った日の事でした




DSC_9821 (800x533)

お庭では 寒咲きクロッカスが少し咲き始め
足元から 春を感じて来ました







まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

鴨さんたちのスタンドバイミー Ⅱ

2020/02/13(Thu) 22:50





DSC_9517 (800x533)


ちょっと待ってよ
あらよっと!こんなの楽勝さ




DSC_9519 (800x533)

あ痛たたた・・・
ちょっと待ってくれよ 膝が・・・





DSC_9520 (800x533)

とぅ! へへっ こんなのへっちゃらさ♪

しぃっ!大きな声出すなよ
ボクたちは 皆に内緒で行くんだから








Stand By Me • Theme Song • Ben E. King -- **This Video Was Not Made For Children** (COPPA)








DSC_9522 (800x533)

誰にも気付かれなかったかな?

大丈夫だよ♪

まぁったくお前は呑気ものだな





DSC_9523 (800x533)

よし!急ごう
ぐずぐずしてたら陽が暮れて
父さんや母さんに心配掛けちゃうよ

ねぇ マスクしなくて大丈夫かな?

だって ボクらの嘴に合うマスクなんてないだろ

でもさぁ外の町に行くのに

いいか 一番大切なのは免疫力を高めて
元気に過ごすことだってさ
ちゃんと食べて ちゃんと寝て ちゃんと手を洗って
うがいより歯磨きの方が効果が高いんだよ


でも 持病があったらちゃんとマスクした方がいいよね

勿論さ!





DSC_9525 (800x533)


ねぇ こっちでいいの?

何か沼とは随分違うね

あぁ これは人の道だよ
歩道って言うんだ

歩道?

そうさ 人が歩くための道だよ





DSC_9527 (800x533)

あっ! 行き成り飛び出すなよ
車に轢かれちゃうだろ!

人はね 右見て左見て渡るんだ

車はいないよ♪







DSC_9528 (800x533)

走らなくていいから ゆっくり渡れwww!

車の道つて 広いねぇ♪





DSC_9529 (800x533)

何かアビロードみたいだね♪

えっ それ何?

ロンドンの道路の名前だっけ?

違うwww! 





DSC_9530 (800x533)

何かさぁ ボクら凄いことしてない?

大冒険だよね!

でも 帰ったら父さんや母さんになんて言う?
お尻叩かれちゃうかな?

暫く おやつ抜きだろうな・・・

野球禁止とか? 掃除当番とかとかwww!

でもさあ この先に何があるの?
秘密基地でもあるのかなぁ?

心の旅みたいだね♪






DSC_9532 (800x507)

きゃぁwww! 何ここwww!
何で こんなにご馳走があるの?

美味しいね!

うわぁぁぁぁぁぁぁ 一杯あるよ!

ここ 秘密のレストランなの?






DSC_9533 (800x526)

皆にも持って帰ってあげたいね

でも内緒で来たことバレちゃうよ

う~ん でも父さんや母さんにも食べさせてあげたいね

お腹がいっぱいになる冒険だったんだ♪





―鴨さんたちの冒険―

色んな写真を繋いだ訳ではなく
この五羽の鴨さんたちの 不審な行動が目に留まり
初めてのお使いのスタッフのように
慎重にこっそり後を付けて撮りました

悪いことでもするように辺りを伺ったり
のんびりと歩道を歩いたり ドキドキしながら車道を渡ったり
いったいどこへ行くのだろうと 私もドキドキしながら追いかけていました
沼に白鳥がいる間 たこ焼き屋さんの車が来ていて
どうやらその隅にお兄さんが こっそりパンを置いて行ってあげているようでした

でも 私の観ていた風景は紛れもなく鴨さんたちの大冒険だったので
彼らの言葉を聴きながら撮ったままを載せさせて頂きました
皆さまにも 子供の頃の冒険の記憶ってありますか?
私はたっくさ~んあります♪ お転婆だったのでwww!
大人にもね 冒険心を忘れずにいて欲しい
ワクワクドキドキした想い出って 後で一生の宝物になったりしますよね 
そんなこと 想っています ありがとうございました






まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

鴨さんたちのスタンドバイミー Ⅰ

2020/02/12(Wed) 23:53






DSC_9505 (800x534)

ねぇ 時間大丈夫?

あぁ 充分さ 早めに出たもの

みんな本当に来るのかなぁ

だって約束したろう







Stand By Me - Music Travel Love (Lake Powell) (Ben E. King Cover)







DSC_9506 (800x533)

不味いなぁ・・・母さんに内緒で出て来ちゃった
帰ったら叱られちゃうなぁ




DSC_9508 (800x533)

何だよ 来ないつもりなのかな

あいつら遅すぎるよ

この場所で間違いないよね?





DSC_9509 (800x533)


ごめん 遅くなっちゃった
家を抜け出すのに手間取ったんだ





DSC_9512 (800x533)


よし 揃ったな
じゃぁ出発だ!






DSC_9515 (800x533)

ねぇ こんな処 まさか登るの?

これくらい 登れるだろ?

だって この町から出たことないじゃない

だから冒険なんだろ





DSC_9516 (800x533)


よし! 大丈夫だ 早く来いよ!

えぇwww

登れるかなぁ・・・






つづく



まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

鴨さんのシンクロナイズドスイミング

2020/02/11(Tue) 22:58






DSC_9310 (800x533)

春が樹々の梢に口をつけ ふーっと息を吹き込むと
金縷梅の縒れた花びらが 一斉に伸びるんだ





シンクロBom-Ba-Ye ~WATER BOYS~





DSC_9348 (800x495)

さぁ 選手入場です!
陽射しを浴びて輝いていますね




DSC_9350 (800x506)

おぉっと! 行き成りピタリと揃っています
あれっ? でも逆さまですねぇ





DSC_9356 (800x513)

両選手 静かにに離れて行きます
水中で どうやって水を掻いているのでしょうか?




DSC_9358 (800x493)

おぉぉ ゆっくりと背中合わせになりました
うつくしい演技です





DSC_9359 (800x483)

なんと!円を描くように回り始めました
息は大丈夫なのでしょうか?
まだ一度も息継ぎをしておりません!
水の波紋がなんてきれいなのでしょうか




DSC_9360 (800x507)

息の合ったふたりの演技 素晴らしかったです

50点満点あげたいwww!






まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

洞窟へ

2020/02/05(Wed) 23:39







DSC_9070 (800x533)

確かに お店番は猫でした
えぇ チケットを渡してくれましたよ
一応 鍾乳洞のような小さな小さな洞窟でした
鍾乳洞と言うと 秋芳洞とか龍泉洞とか想像していたので
ちょっとがっかりしちゃったのですが
インディージョーンズがしたくて立ち寄った洞窟です
歴史的な文献は怪しいところも多いので
何処とは言わず 洞窟です~







Williams: Indiana Jones / Sir Simon Rattle · Berliner Philharmoniker






DSC_8954 (800x533)

隊長ww せっ 狭いです!




DSC_8956 (800x533)

瑪瑙のような石がありました





DSC_8960 (800x533)

此処は 素敵な空間です
ちょっと和みました




DSC_8973 (800x533)

あぁっ! 隊長 壁がぬるぬるしています
更に 狭くなって来ました!




DSC_8968 (800x533)

まぁ 素敵!
何だか 三國連太郎さんのひかりごけを思い出しました




DSC_8969 (800x533)

この雫を撮るために来たのかも知れません





DSC_9052 (800x533)

この一滴が絶えず零れて
鍾乳石になって行くのかと思ったら
何だかうれしくなってしまって



DSC_9000 (800x533)

これも歴史の一頁





DSC_9012 (800x533)

落ちる





DSC_9051 (800x533)

落ちるぅww




DSC_9053 (800x533)

短い 洞窟探検でありました







まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

大地の下には春が♪

2020/01/24(Fri) 23:39





DSC_8608 (800x533)


クマくんのホーミーが お山に川に大地に響く
幾つもの声帯を震わせて 春を呼ぶんだ







ÖTÜKEN / Saydaş Monguş / Tıva Türkçesi (Сайдаш Монгуш)







DSC_0680 (800x498)

お山には毎日 雪雲が掛かるけれど
ちっとも白さは増さなかった




DSC_8616 (800x533)

ボクらは川にも行ってみたよ




DSC_8610 (800x533)

ねぇ お魚の影は見えないね

そうだね やっぱり春はまだかな



DSC_8614 (800x533)

きゃぁ クマくんたら 風邪をひいちゃうよ

う~ん でも雪解けの冷たさはないなぁ…




DSC_8746 (800x533)


クマくん 野にも行ってみよう!

おぉっ! 空が広いねぇ




DSC_8575 (800x552)

ウサギくん 見てごらんよ!
ほら お花があったよ!

わぁ…イヌノフグリだね



DSC_8578 (800x533)

クマくん こっちにも!
オドリコソウの蕾だよ!

あぁ… 明日には咲きそうだね♪




DSC_8572 (800x533)

ウサギくん 春は遠くに探しに行かなくても
大地の下にちゃんと来てたんだ

そうだね こんなに身近なところに
ちゃんと来ていたんだね







大地に耳をつけたら 春の歌が聴こえるかも知れない
あなたの町にも きっと…







まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

花を訪ねて

2020/01/06(Mon) 22:36






DSC_7821 (800x533)

花の香を 訪ねて歩く寒の入り







Michael Ortega - “Te Amo” (la Canción Más Bonita Del Mundo)







DSC_7858 (800x533)

橋渡る 一足ごとの冬景色




DSC_7808 (800x533)

古へ 橋渡しする枯紫陽花




DSC_7810 (800x533)

寒の水 流るる川に力石




DSC_7832 (800x533)

寒椿 古刹の道の静かなり




DSC_7839 (800x533)

待つ事を 誰より知りて牡丹の芽 (これは春の季語ですね)




DSC_7847 (800x533)

花も実も 抱くかいなの温かさ
仏も愛でる 蝋梅の花




DSC_7852 (800x533)

去年の花 我が胸の園に咲き続く




DSC_7850 (800x533)

屋根積もる 去年の落ち葉のぬくもりよ




DSC_7824 (800x533)

寒の入りに 夏木立に心を澄ます芭蕉さんを思い浮かべる
芭蕉さんは 蝉時雨の中で蝋梅の枝を見て
花の香を思い浮かべただろうか・・・

記憶の中の音がある 香りがある

人は 今だけでは生きていけない
昔嗅いだ 花の香りに癒される時間がある
歳を重ねるほどに 未来よりも過去が増えるのだ
人は 両の腕を広げ掬い取るように
過去から織り上げた薄布を纏い
生きてゆくのだ 前を向いて





DSC_7860 (800x533)

燃え尽きた 寒木凛と命の芽








まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

御神籤

2020/01/05(Sun) 23:50





DSC_7784 (800x533)


まふらぁの もう一重撒く風の中
今日も小雪の降りかかる
耳の痛さに心の隅が
ちくりちくりと埋もれる

埋火熾す鞴風 庵囲炉裏の灰の中
今日も小雪の降り積もる
隙間風吹く 心内

雪舞えば いつの間に
口の端 中也蘇る







EOS MOVIE MINE KAWAKAMI 川上ミネ 京都鞍馬







DSC_7754 (800x528)

昨日の続きです
温泉神社に寄りました





DSC_7765 (800x533)

雪の少ない年です
石段も顕わで 寒々としています




DSC_7759 (533x800)

愛宕御神水の場所には
まだほとんど 氷が張っておらず



DSC_7762 (800x533)

氷柱の無いお正月となりました



DSC_7772 (800x533)

この神社の御神木 名前は「生きる」
推定八百歳のミズナラの樹です

お久し振りです





DSC_7786 (800x533)

町中の神社とは違って
お山の神社の手水舎には 氷柱がいっぱいありました




DSC_7779 (800x524)

さぁ お参りをして



DSC_7791 (800x533)

鳥居を潜り




DSC_7798 (800x533)

本堂に向かってくるり

ありがとうございました ぺこり

心の中で言いましたww




DSC_7800 (800x533)

温泉神社のお御籤は 可愛らしくて
ついつい・・・




DSC_7803 (800x533)

今年は カエルさんが欲しいと思って引いたら
カエルさんを頂けました
神さま ありがとうございます♪

それから 「考」と言う字を頂きました

望みを掲げ威勢よく馬を走らせるも
目的地までの準備疎かでは辿り着かない
勢いも大事だが計画的に物事を考える
冷静さも持ち合わせよ
例え時間が掛かっても良い結果に繋がる

と言う内容でした

あれ? 何処かで聴いたようなwww
何かついこの間 同じようなことで
叱られた気がしますwwww

神さまは お見通しなのだ

小さな声の方が 神さまにも届くのかも知れません






まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-
 Home  Prev

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク