花の足音

2014 / 03
02≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫04

暗がりの中で・・・

2014/03/27(Thu) 22:00








Ry Cooder - The Very Best Of: River Rescue - Dark End Of The Street
















帰るって 約束したのに・・・


帰りたくない・・・


もう少しだけ・・・傍にいて


明日は ちゃんと 歩くから


お願い・・・













白い椿を一輪 月の変わりに空に差し


夜通し あなたと歩いていたい・・・




誰にも会わない この暗い道で


囁くように 名を呼ばれたい




 









甘い記憶が 胸に溢れて


重なる指が 熱くなる




男の脳と 女の脳は 形も内容も違うらしい


私の脳は 聞き分けが悪くて


言い聞かせても 言い聞かせても


あなたを 追い求めてしまう














庵で過ごした 一夜の夢が


私の心を放さない・・・


あの夜 散った白梅の香りを


風の中に 感じながら


この暗がりの 道を歩く





今夜だけは あなたと


この暗がりの 道を歩く

















行き止まりでも いい




あなたが 私の名前を呼ぶ・・・









まり
お散歩 コメント:0 トラックバック:0

山をゆく









AVE MARIA - Astor Piazzolla










ねぇ・・・ 今 忙しい?

少しだけ 肩を 貸してくれない?

ずっと 聞き分けよくしてたでしょ・・・



矛盾も 錯覚も 寂しさも

ちゃんと 飲み干して

ずっと いい子にしてたでしょ・・・













森を 歩く・・・

今は 夢から抜け出で 森を歩く

あなたの腕につかまって

森を 歩く・・・













何でもないの 大した事じゃないの

少しだけ 傍にいたかったの・・・

少しだけ 我儘言いたかったの・・・













今日は 雨降り とても寒いの

冬に 逆戻りしたみたい・・・

でも 森は 朝からご機嫌なの






敷き詰められた松の葉が

足の裏を 柔らかく押し返すでしょう?


歩くと とても 気持ちがいい

ふわりとして 雲の上みたい














山をゆく・・・

春の恵みの 露を吸い

木々の 指先

爪も色づく



からすの森に

白やしお

目覚めの時が

近づいてくる












この坂道を 降りたら


ちゃんと 帰るから・・・





ごめんね・・・ 




ありがとう











まり
お散歩 コメント:0 トラックバック:0

Romance









Beethoven - Violin Romance















黄金色した金平糖 海から届いた春の枝

風を連れ 香りを連れて 舞い踊る

ふわふわと 弾ける小さな恋心














深呼吸 心の弦を整えて

夜の逢瀬のその前に

乱れた気持ちを 治したい













弾けば鳴る 音があなたの腕を取る

響きはさらに 熱を上げ 

七重八重にも 想い重ねて 











艶やかな 葉を立て 雨を飲み干して

ほろ酔い加減の 千鳥足

忘れた現の 杯に

浮かぶ夕べの 甘い声










今日は ミモザの枝が送られて来て

お部屋の中に 春の香りが広がりました

海風が添えられ 

花言葉は 『密やかな愛』と『豊かな感受性』 

と 添えられていました








まり
コメント:0 トラックバック:0

風が止む










シエリト・リンド/ Cielito Lindo - 上松美香Mika Agematsu Feat. DUARTE Bros.

















おはよう 今日は 少し肌寒いね

空気の中に たくさん お水が入っているよ








 







降るかい?
















えぇ 多分ね
















凪 静かな時間に目を閉じる

ふと 足を止め

鏡のような海面に映る

残雪を纏う山を見る












穏やかな一日を・・・








まり
ブログ コメント:0 トラックバック:0

季節は前へ










Sibelius Romance Opus 24 No.9





















淡いグリーンのボタンが

大地に 次々 現れる

透き通るような 美しさ




春は 少しだけ ほろ苦い

















お陽さまの 笑顔に返す 笑い声

空に恋する 春の使者

夜の帳が 下りて膨らむ

包んで抱いた 青い芯















こっそりと 団扇の横に 顔を出し

頬染め眺める 春の陽だまり

俯く視線に 気付いて欲しい

宵の手前の 紅い空
















山頂は まだ 雪が多く

春には 程遠い 景色だったけれど

それでも 少しずつ 季節は前に歩いています

















お仕事の帰り ちょっと 寄り道

アルパカ君です ^^













君の毛で 素敵なセーター作りたい

編みこむ色は 我 想い

模様は 季節の空と花

溶け混ざり合う 暖かな時








今日は とても暖かな一日でした

春雷の訪れも 近いかもしれない・・・








まり
ブログ コメント:0 トラックバック:0

木偶の坊 格闘す









Ry Cooder - The Very Best Of: River Rescue - Get Rhythm (with Larry Blackmon)
















昨日はお山で 久し振りにお仕事

断りきれず 薔薇の剪定 30本



完璧に出来ないのに 報酬を頂くのは嫌だから

出来ませんと言ったのだけど・・・



顔が見たいのよ と言われてしまえば

行くしかない ^^














陽が落ちるまで 木偶の坊 格闘するも

なんか 納得できないなぁ・・・















お山は ミツマタの蕾も まだ硬く

まるで コアシナガバチの巣のようで

雪も少し残っていた












さて 今日は 晴れ渡る空

春を探しに 行きましょうかね ^^







まり
ブログ コメント:0 トラックバック:0

重ねる











Air - Johann Sebastian Bach



















すれ違い 陽の背も眺めず 影も消え

夜明け待たるる 宵闇の底


ガムランの 音の中に溶けてゆく

我想い人の 恋しい寝息

















眩暈の中に 消えゆく今日の

記憶に映る 夕暮れの空



鳥が羽ばたく 青のケント紙

吐息重ねる 春の海











まり
コメント:0 トラックバック:0

5千分の1の奇跡










Lester Young - Our Love Is Here to Stay















今日は お庭に出たとたん

お花達から 質問攻めにあってしまった

いつもこの時期 必ず 何度かあるのだけれど

私にも 予測できない事が多くて・・・ごめんね









ねぇ 私 本当にこのまま 伸びてしまっていいの?

もう 遅霜は来ない? 大丈夫?




んー 多分ね  タイツリソウ はもう大丈夫だよ ^^











じゃぁ 私達は? もう芽を解いてもいい?








んー 去年は 4月に雪降ったでしょ

薔薇の芽は これから来る強風で かなり焦げてしまう

それなのに いつも 待っていられないんだから


どうせ 言ったって訊かないでしょう?










僕は 少し 迷っているんだけど・・・




そうだね クレマチスは もう少しそのままでいて

ゆっくりでいいよ  のんびり行こうよ ^^










私なんて 蕾まで 解いてしまったのよ




アネモネは 寒さに強いから 大丈夫だよ

見掛けと違うよね ^^











気の強い 丈夫な クリスマスローズたちは


何も言わずに ドンドン咲き出した








何故今頃咲くのに クリスマスローズって 言うんだろう?











少しだけ 寒さ除けをした 盆栽の日向水木

可愛らしいライムイエローの花が咲きだした












今日は 久し振りに夕方 

あなたのことを考えながら

陽の移り行く様を眺めていた











とても近くに感じて とても遠くにいる

とても遠くに感じて とても近くにいる

なんだか 故郷みたい・・・



ふと そんな風に 想った











空で繋がっている 友たちと同じように

この空の下で 一生懸命生きている

あなたに出会えて 良かった

5千分の1の奇跡なんだと想った





感謝しています





私の届ける春が あなたの心を暖めてくれますように・・・










まり

ブログ コメント:0 トラックバック:0

いつでも 何度でも










Crazy Love ~ Rock & Roll Gypsies - Jesse Davis















その歌を聴かせてくれた夜を

私は 覚えてる・・・



ぎりぎりの場所を いつも歩いていた

影のない自分



泣かなかった夜は 記憶にない
















あなたは いつも 誠実だった

だから 私は まっすぐ見ていた

今も ずっと 見つめ続けている




私だけが知っている あなたの優しさが

変わってしまいませんように・・・

祈るように あなたの手にふれる














千尋の谷底に 何度も差し伸べてくれた

愛を教えてくれたその手を 私は放せない



あなたが許してくれるなら

私は 何度でも あなたを抱き締める

あなたへの愛を 抱き締める



あなたが私を包んでくれるように

私もあなたを 抱き締めていたい












まり
ブログ コメント:0 トラックバック:0

夢の種









Moliendo Café(Coffee Rumba) - 上松美香 Mika Agematsu feat. DUARTE Bros.










何処の国にでも あるのでしょう

夕陽が沈み 暗闇が訪れると

恋の苦しみを 歌うものがいる・・・




夜通し響く 挽き臼の音  

珈琲豆を挽きながら

ただ 時間の過ぎて行くのを見つめる・・・

















そう・・・ 春の息吹に 力を借りて 歩く

今まで 眼をつむって歩いていたから

急に 眩暈がしないよう

少しずつ 眼を開ける













どう? 私の今年の色は 香りは

中々 いいでしょう?




うん 最高だよ  













春の間に もっと 強くおなりなさい

あまり 世話を焼かせないで頂戴ね




うんうん 分かってるよ ヒヨちゃん 












ねぇ 今日は いつもより可愛く撮れたでしょう?

頑張ったんだよ セキレイ君 




えぇ まぁ いつもよりはね 次もお願いするわ












髪の毛が逆立つ程 感動する瞬間は

一生のうちに 何度 訪れるんだろう



苦しんでは 喜び  もがいては 皮膚で呼吸をする

泣いては 笑い   躓いては 歩く



春が映し出す 大地の中に

夢の種が蒔かれていたらいいのに・・・



水の種類で 花の色が変わるなら

白い花が咲くための お水を探して汲みましょう










白木蓮が 咲いたら

幹に耳を当てて 鼓動を聞こう

きっと 力強い音がする

きっと 頼もしい音がする













珈琲を入れようかな・・・







まり
ブログ コメント:0 トラックバック:0
Next Home  Prev

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク