花の足音

2014 / 03
02≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫04

白髪頭の青春小僧たち

2014/03/10(Mon) 23:30








Wayne Shorter - Night Dreamer










そもそも 今回の東京行きの目的は

19の時 一緒にバンドをやっていた

お兄さんの ライブを見に行く事だった














狭い地下に 降りていくと

もう ちょっと 暑苦しい雰囲気で

お酒の匂いが充満していた





















呑まなきゃ 聴いていられないよ と 悪友たちに言われている























呑めない人は どうやって聴いていたらいいの???














還暦も少し過ぎた 白髪頭の青春小僧たち

私より よっぽど元気  秘訣は何?

身体中の血液がアルコールに変わるほど 呑んでる・・・














お陰で 夕ご飯 食べそびれちゃったよ









スカイツリー








築地の 本願寺
















そして 次の日の朝早く

築地の場外で お寿司を パクついたのでありました ^^







何だか いつの間にか 

すっかり東京の水が合わなくなっていた自分を発見

少し寂しいような でも それでいいような





故郷は 遠くにいるほど 温かい記憶の中に浮かぶ

それでよし それでよし

またひとつ 駒が前に進んだ








以上で 東京編は 終了です ^^











まり
スポンサーサイト



ブログ コメント:0 トラックバック:0

故郷2

2014/03/10(Mon) 09:30








"Appalachia Waltz" - AUDIO Mark O'Connor/Yo-Yo Ma/Edgar Meyer


















昨日に引き続き せっかく撮って来たから もう少しだけ

化粧直した 浅草を・・・














この密接度合いでは 芋も洗えない

耳に入る言葉は 中国語が殆ど

日本人よ 何処に消えた






























これは 三社祭の宮御輿が納められている神社

宮出し 宮入りは 人もトランス状態に成る程 幻想的です






















これは 古いまま残っていた 阿吽














父の一部が眠っている 五重塔にご挨拶 ^^







本当は 小さな頃木登りしていた ザクロの樹を探していた

いつも 私を太い枝で包んでくれた あの樹がいない

何処?  何処に行っちゃったの?

ちょっと 涙が出てきちゃった














その時 早咲きの桜が 私を呼んだ

『 何? 』

桜の所まで行くと 根元に植木屋さんがいた

『 少々 お伺いしたい事が・・・ 』






ザクロの樹は 伝法院の奥に一本しか残っていない事や

私の樹は 病気で死んでしまった事を教えて頂いた

悲しかったけど 色々なお話を聞くことが出来 嬉しかった

桜の樹・・・ありがと














人力車の 時代屋 は タクシーのごとく並び

客引き争いに忙しい ゆったりとした風情は皆無だ






















最後に 平和地蔵尊に手を合わせ 心の拠所について考えた






関東大震災の時 浅草寺の境内の樹木が一斉に水を噴き

本殿を守ったと 小さな時から聴かされていたが

畏敬の念が 神仏を作り 育て それを 自然が守ってくれる






私の心の拠所は 大自然の中に・・・ それはとても幸せな事かも知れない








優しい風よ ありがとう











まり
ブログ コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク