花の足音

2014 / 03
02≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫04

彼岸の入り

2014/03/18(Tue) 22:01









Charles Mingus - Moanin'

















そこは 暗いね


出ておいでよ


外は 春だよ


歩ける?


















外は少し


眩しいかもしれない


でも 風が


とても 気持ちいいよ















もう少しで


ヤマトレンギョウが咲くよ


黄金色の柳のようでしょう



















今日は お彼岸の入り


また 父と息子に逢える


一年は あっと言う間だなぁ・・・


2人は何も言わず


私を抱き締めてくれるだろうか

















亡くなった人には 


想いが 真っ直ぐ伝わるのに




どうして


生きている人に


想いは 真っ直ぐ伝わらないのだろう











春告げ鳥よ


変わりに 鳴いて




山の木霊に 尋ねても


明日は知らぬと言うばかり












まり
ブログ コメント:0 トラックバック:0

判断停止

2014/03/18(Tue) 19:00








Darn That Dream - Bill Evans & Jim Hall










私が 判断停止に なりそう・・・




言葉の圧縮率を計算する時間 


それが必要だって 言っていたのに




いったいあなたの心は


どうすれば 安定するのだろう・・・





私が 真っ直ぐ見ていることの方が 変なのかな?


ちゃんと見て欲しいのに 私の事も
  






あーぁ  また 怒られちゃうんだろうな・・・


でも 怒ってる理由が 分からない


『君』は 冬だったんだけどなぁ・・・










まり
ブログ コメント:0 トラックバック:0

溢れ出す

2014/03/18(Tue) 07:00









Zimerman plays Schubert Impromptu Op. 90 No. 3








3年位前に弾いていた とても好きだったシューベルト












おひさまの 笑い声に 木霊する

キラキラ光る 庭の 紫






お庭に春が来たよー! ねぇ 春が来ました

胸の奥が ムズムズして来ます ^^

クロッカスが咲いたら 冬を見送ってあげましょう

ありがとう 君のお陰で 春が来ました













福寿草の蕾が 今年はたくさん上がりました

花弁の裏の 鶯色が 囀るように重なります














原発の 忘れ形見の土を割り

生きている と 声高らかに 歌う命よ





未だ かなり高濃度の放射線量が計測される 隣の浸透桝

ともすれば 忘れがちな 3.11の忘れ形見にも

関係なく 春は芽吹き 花を咲かせる

人間の仕打ちに 大地は怒ることもなく














雪解けを 合図に解く花びらの

内に秘めたる 謙譲の美徳よ





秋に植えつけた 雪割り草が咲きました

雄しべの美しさに 心が惹かれます


私の好きな人の中に

この花のような女性がいます

とても素敵な 子供達のお母さん

憧れです












厚氷の下で 生きていたメダカたち

お部屋に入れてあげようと思っていたのに 出来なくて

ずっと後悔していたのに

生きていてくれてありがとう 罪が一つ消えました ^^

お水を綺麗にしてあげなくちゃね












素敵な歌を 繰り返し聴きながら

また 抱き締めてもらった

いつも通りの 優しい声・・・ ありがとう




あなたを とても近くに感じられた

一度かぎりの生だから 

だから あなたの隣にいたい




でもね・・・あなたへの気持ちが 

溢れてしまわないように気をつけよう ^^ 










まり
コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク