花の足音

2014 / 03
02≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫04

季節は前へ

2014/03/25(Tue) 18:00









Sibelius Romance Opus 24 No.9





















淡いグリーンのボタンが

大地に 次々 現れる

透き通るような 美しさ




春は 少しだけ ほろ苦い

















お陽さまの 笑顔に返す 笑い声

空に恋する 春の使者

夜の帳が 下りて膨らむ

包んで抱いた 青い芯















こっそりと 団扇の横に 顔を出し

頬染め眺める 春の陽だまり

俯く視線に 気付いて欲しい

宵の手前の 紅い空
















山頂は まだ 雪が多く

春には 程遠い 景色だったけれど

それでも 少しずつ 季節は前に歩いています

















お仕事の帰り ちょっと 寄り道

アルパカ君です ^^













君の毛で 素敵なセーター作りたい

編みこむ色は 我 想い

模様は 季節の空と花

溶け混ざり合う 暖かな時








今日は とても暖かな一日でした

春雷の訪れも 近いかもしれない・・・








まり
ブログ コメント:0 トラックバック:0

木偶の坊 格闘す

2014/03/25(Tue) 09:00








Ry Cooder - The Very Best Of: River Rescue - Get Rhythm (with Larry Blackmon)
















昨日はお山で 久し振りにお仕事

断りきれず 薔薇の剪定 30本



完璧に出来ないのに 報酬を頂くのは嫌だから

出来ませんと言ったのだけど・・・



顔が見たいのよ と言われてしまえば

行くしかない ^^














陽が落ちるまで 木偶の坊 格闘するも

なんか 納得できないなぁ・・・















お山は ミツマタの蕾も まだ硬く

まるで コアシナガバチの巣のようで

雪も少し残っていた












さて 今日は 晴れ渡る空

春を探しに 行きましょうかね ^^







まり
ブログ コメント:0 トラックバック:0

重ねる

2014/03/25(Tue) 02:20










Air - Johann Sebastian Bach



















すれ違い 陽の背も眺めず 影も消え

夜明け待たるる 宵闇の底


ガムランの 音の中に溶けてゆく

我想い人の 恋しい寝息

















眩暈の中に 消えゆく今日の

記憶に映る 夕暮れの空



鳥が羽ばたく 青のケント紙

吐息重ねる 春の海











まり
コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク