花の足音

2014 / 09
08≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫10

空に仲良く舞っていた ^^

2014/09/21(Sun) 23:56




Evgeny Kissin plays Chopin- Mazurka op.67 no.4













今日は 義母の容態も落ち着き


すやすや 静かな寝息を聴く事が出来ました


夕暮れに うれしくて一人空を眺めていました












単純な私は げんきんなもので


静かな寝息を聴いただけで


『 おぉ! 寝ている えらい! 』 なんて褒めていました ^^


夕べは 高熱のせいで 怖いぐらい息も荒く


お医者様に 祈るしかないなんて言われてしまうと


見放されたような気がして・・・











まだ 意識は朦朧としているのだけど


穏やかな寝顔を見て


大丈夫だよって 声が聴こえたような気がしました












家に帰ると お庭に植えた古代米の稲穂が


夕陽を浴びて 揺れていました











空を見上げると


仲良く二羽の鳥が舞っていて


とても あったかい空でした












明日も頑張れそうです




今日は 温かい言葉を 有難うございました


いっぱい 勇気を頂きました


感謝しています














まり


スポンサーサイト



コメント:0 トラックバック:0

爪を切ります

2014/09/21(Sun) 22:22
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
想い出 コメント:- トラックバック:-

感謝です

2014/09/21(Sun) 11:43





Eric Clapton - Change The World












いつも 子猫の写真を撮らせて頂いたり

たまに お写真を頂いたりして

此処に住んでから ずっとお世話になっている女性がいて

先日も 子猫に会いに行ったら 子猫たちは消えてしまっていた

大好きな子達だったのに とてもショックだった

何処に 行ってしまったんだろう

新しい世界に 旅立ってしまったんだろうか?













彼女は 世襲制度だった頃の宇佐神宮最後の神官のお孫さんで

兎に角 パワーが凄い 人も動物も 虫も寄ってくる

毎週のように色々な言葉を掛けて頂いて

可愛がって頂いてるのに 私は すぐにへこたれて 

頂いたパワーを すぐ使い切っているのかも知れない

尊敬する先輩方は 沢山いるのだけど

住んでいる地域で 私のお尻を叩いてくれるのは

この大先輩だけかも知れない













夕べ 待合室で読んだ「 別れた夫婦の物語 」が いけなかったのか

つい 明け方まで 目が冴えて・・・


朝 目覚めたてに届いたお手紙を読み 温かい言葉を頂いて 

熱い珈琲と一緒に身体の中に流し込む

身体の中を 血液が流れる音がした




頭を 柔らかくして 歩き出さなくちゃ・・・

今日も 病院で 読書かな?









さて 前を向かなくちゃ・・・








まり
コメント:0 トラックバック:0

泣きっ面に蜂

2014/09/21(Sun) 02:31



George Winston Moon.wmv














病院の夜間通用口を出たのは 深夜零時を回っていた

午後 義母が倒れて 救急搬送された

腸閉塞の疑いだった

弱っている為 手術も内視鏡も不可能で

点滴しか出来ず 後は 祈るしかないと言われた

処置に時間が掛かり 六時間 ただ通路にいるしかなかった

急変を覚悟して下さいと言われた













泣きっ面に蜂 と言う 言葉がある

なんで辛い事はかさなるんだろう・・・




震災の後に 雪が降るように



内科系の病気に耐えながら 外科系の病気になるように

義父のセクハラに泣きながら 子供を死産するように

義母の介護に振り回されながら 夫に浮気されるように

震災の余震に怯えながら 病気の愛犬を見送るように

自分の手術の前日に 義父の遺体を発見するように













誰でも 色々あるのだろうけど

なんで神様は 一つずつにしてくれないんだろう・・・

一つずつなら まだ 頑張れるのに・・・

何もこんなに 落ち込んでいる時に

またこんなに辛い事が重ならなくてもいいのに・・・














真っ暗な道を 手探りで歩いている様だ

夜目にも そのうち 慣れていくだろうか

こんな暗闇じゃぁ お花は枯れてしまうに決まってる













咲けるのは 影だけなんだ・・・きっと

実体は もう うーんと離れた所にあるのかも知れない

私の影は 少しは幸せを味わっただろうか

影は地面に張り付き 空を飛ぶ事も出来ない












お月さまの中に入って

慰めてもらう事くらいは 出来たのかも知れないけれど・・・










まり
煩悩 コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク