花の足音

2014 / 09
08≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫10

ずいぶん長い時間 下を向いていたのかも知れない

2014/09/26(Fri) 21:37
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
スポンサーサイト



心のお話 コメント:- トラックバック:-

朝ぼらけ

2014/09/26(Fri) 11:41






Ave Maria - Schubert Classical guitar





021.jpg







一人目覚める 朝ぼらけ


月の浮かんだ 冷たい水に


身を投げ出して 伸びをする




寂しいよりも哀しい事は


心が感じるだけでいい


形にはせず 溶かしてしまおう




水はいつか どこかに流れて


また やさしい夢を生む


織り成す綾の隙間から


本当の石を拾っていこう









雷鳴はいつしか 遠ざかり


過ぎ去れば 穏やかな水面にて


浮かべる枯葉が 沈む頃





青き心は ひとなさけ と


分からず さらりと飲み干せず


今日も 孤独に枕する










ひとりごと コメント:- トラックバック:-

からたちの実

2014/09/26(Fri) 07:00







Edith Piaf - Non, Je ne regrette rien















「からたちの花」

           北原白秋




からたちの花が咲いたよ。

白い白い花が咲いたよ。 



からたちのとげはいたいよ。

青い青い針のとげだよ。



からたちは畑(はた)の垣根よ。

いつもいつもとおる道だよ。



からたちも秋はみのるよ。

まろいまろい金のたまだよ。



からたちのそばで泣いたよ。

みんなみんなやさしかったよ。



からたちの花が咲いたよ。

白い白い花が咲いたよ。














きっと 人生は 青い棘だらけ


痛い想いも するでしょう




泣いている時に 優しい声を掛けて頂いたら


たくさん たくさん 感謝をしよう




そうして迎えた 人の秋


柔らかく温かな 実が成るでしょう




誰が食すわけではないけれど


外側は 産毛に覆われすべらかで




内側は しっかりと種が詰まり


まろいまろい 金のたまになるでしょう









イヌザンショウ







お山の秋は 食せぬ実まで 愛しくて・・・













さぁ この道を歩いておいで



今日の お空は そう言った













まり
コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク