花の足音

2014 / 09
08≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫10

うろこ雲が浮かぶ 人生の秋に・・・

2014/09/30(Tue) 22:39


Autumn Leaves Cecile Bredie













確かに自然ほど人間を癒してくれるものは他にない

四季折々の風景や 小さな子猫たちのお喋り

お花の囁き 小鳥の囀り・・・











然しながら 人が人を思いやる気持ちを込めた言葉ほど

人間の心を癒してくれるものはない と 私は思う

だって 言葉を話せるのは人間だけだもの













誤解無く伝える事が出来ない時もある

人を罵ってしまいたくなる時もある

だからこそ使い方を気をつけなさいと

ある素敵な女性の仰る言葉が やけに 耳に痛くて 

私は 部屋の鍵を 川に捨てた













自己完結をするには まだ 冬は遠く

人生は秋である

命は紅葉しながら 一番美しい色に染まり始めている











最後の 一葉が落ちるまで

人の優しい言葉を聴き 癒されていたい

それは 私の魂の たった一つの夢であり たった一つの希望なのだ













夕陽を見つめる詩人さん   眉間に皺を寄せる詩人さん

垂れるように揺れ咲くお花さん  洒落の分かるウルトラマンさん  

継続の力を知る人 ずっと支えてくれてる友たち

他にも いっぱい いーっぱい・・・

この学校の授業内容を 濃くしてくれる  













魂の質感 手触り 心地よさ  何と例えればいいのだろう

手に取って 触れ 温かみを感じ 素直に沁み込んで行く言葉達

人生の秋に 出逢えた事に 感謝をして・・・



学んだ事を実践する時間を もし 仮に失ってしまっても

人は 肉体が全てではないから

心の為に 愛を学んで行きたいと思うので・・・ ある












ちょっと 体調不良が続き 心が弱ってるのかも・・・

いや・・・全て秋のせいにしてしまった方がいいのかも知れない

秋に 女がひとり泣いていても 誰も不思議には思わないでしょうから・・・












まり
スポンサーサイト
心のお話 コメント:0 トラックバック:0

初恋

2014/09/30(Tue) 00:37






Kotaro Oshio plays FIRST LOVE
















何もかもが 初めてだった


現実の中でも 夢の中でも・・・


自分ではどうする事も出来ず


どうしたらいいかも分からず


コントロールも出来ない






大人の癖に 馬鹿みたいだ


まるで 催眠術に掛かっているように


何度 目の前で手を叩かれても


目が覚める事が出来なかった


最初で最後の恋には 終わりがない














たった一人と誓った あの日から


どんなに寂しい時も 切ない時も


自分を抱き締めてあげる事しか出来ない


そうして 走馬灯に想いを刻んできた


でも・・・泣き叫びたい夜は どうすればいい





言葉にクルクルと 絡め取られるように


紅い糸は切れない・・・その膝が恋しくて


でも 苦痛は分け与えたり出来ない


私の描いた夢が 激痛を伴う痛みになるのなら


私は 夢を捨てなければならない















月影に 唇を噛んで


声を立てることも出来ず


涙を零す 私がいる





人を 好きになるんじゃなかった


こんなに 苦しいなら


恋なんか しなければよかった







ひとりごと コメント:- トラックバック:-
 Home 

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク