花の足音

2014 / 11
10≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫12

地球にらくがきをする

2014/11/30(Sun) 22:26







橋本翔太 「足跡」  Shota Hashimoto ''ASHIATO''


















地面に お花でらくがきをする


今だけの香りを 土に染み込ませる


地球の呼吸が 聴こえて来る


私の息が Coreに届く














お空に 雲で一と描く


瞬きをすれば 十に変わっているかも知れない


でも 風は知っている


一と描いた時の心を
















水面に 夕陽でらくがきをする


本当の気持ちを 描き込んで見る


このまま凍れば らくがきも凍る


やがて春に起こされるまで









 








足跡なんて 残らなくてもいいけど


らくがきは したいなぁ・・・




それとも 一生懸命 生きたって


誰かに 覚えていて欲しいのかなぁ・・・

















まり
スポンサーサイト
らくがき コメント:0 トラックバック:0

大丈夫の石

2014/11/30(Sun) 19:51






Johnny Cash - Hurt

















日が暮れて 虫の声が聴こえない事に



改めて 気づく



あぁ・・・もう 季節は冬なのだ





これから どんどん寒くなる



暖かくなる事は 決してない・・・















私は 灯りのスウィッチを探す



手探りで 暗闇の中 もぞもぞ探している



指先には 何も触れない







指先が 凍り付いて 感覚が無くなってくる



寒いね・・・



何の音も聴こえない・・・














まぁるい灯りじゃなくちゃ ダメなんだよ



四角くっちゃ ダメなんだよ



コロコロ 転がれなくちゃ ダメなんだよ



チクチクしちゃ ダメなんだよ



キラキラしてなくちゃ ダメなんだよ














こんなの 探してるの



何処にあるか 知ってる?



大丈夫の石って言うの



手に握ってたのに



失くしちゃったんだ








良くても悪くても 大丈夫


朝が来ても来なくても 大丈夫


生きてても 死んじゃっても 大丈夫


いっぱい走れても 大丈夫


朝が うんと眩しくても 大丈夫


夜が底なしでも 大丈夫なんだ





どんな道でも 大丈夫なんだよ















見つかったら



足が 縺れない気がするの



真っ直ぐ 歩けそうな気がするんだ












まり
ひとりごと コメント:0 トラックバック:0

骨は眠る

2014/11/29(Sat) 21:48







2CELLOS - Californication

















あぁ これは あなたの骨だ


紙のように薄くなった 頭の骨だ


嘗て 良からぬ事を考えていた


部屋の 壁だ







あぁ これは あなたの骨だ


小枝のように細い 指の骨だ


嘗て 硬く握りしめ振り上げた


拳の 欠片だ






あぁ これは あなたの骨だ


砂のように崩れた 口の骨だ


嘗て 汚い言葉を撒き散らした


出口の 砂利だ










 








骨は 雷神の太鼓を打ち鳴らす事も無く


ただ 静かに眠っている


醜い肉を 全て落として


動き回る事も無い


眼球も失って


触られる事も無い






文句も言わずに 身を分けられ


飛行機に乗って 火の国に帰る
















この骨は 深い孤独と闇の中


戦中戦後を生き抜いた


ご苦労様な 骨だ






86年も歩き続けた


ご苦労様な 骨だ







話しかけても 触っても


骨は ただ静かに眠っている






あぁ 疲れた と 言われたような


そんな 気がした
















今日無事に 義父の一周忌法要を終える事が出来ました


納骨・分骨を終え 少し緊張が解けたようです


ずっと 温かい励ましのお言葉を掛けて頂き


見守って下さった皆様


本当に ありがとうございました









たくさんの感謝を込めて・・・




  









まり
煩悩 コメント:0 トラックバック:0

2014/11/29(Sat) 07:00









道 (猫のしっぽ カエルの手~京都大原ベニシアの手づくり暮らし~挿入曲)

















木蓮の 冬芽の堅い約束に



父の背中の 愛を想う・・・







道は 歩くためのものであり



歩けば 道は造られて行く


















今日は 義父の一周忌法要


お寺に出かけて参ります











まり
コメント:0 トラックバック:0

追伸・・・

2014/11/28(Fri) 23:56
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
泡沫 コメント:- トラックバック:-

恋すてふ・・・

2014/11/28(Fri) 22:13







Francesca Gagnon - Querer














愛の窓辺は 穏やかに


人の命の 流れる川を


静かに静かに 歌って行く













それでも 心が溢れた夜は


手紙の最後に 追伸と綴り


恋の窓辺の ポストに送る














恋すてふ・・・恋すてふ・・・






届かぬ想いを 届けておくれ


紙飛行機の 背に揺られ


風の力を お借りして・・・












まり
ひとりごと コメント:0 トラックバック:0

白い穴

2014/11/28(Fri) 12:22







Natalie Cole - The Very Thought Of You















お空に開いた 白い穴



塞がないと 大切なものが零れちゃう



私なら 何で埋めていこう・・・














美しく咲いた 花の思い出・・・





いいえ それでは寂しすぎます
















キラキラ輝く 希望の欠片・・・





いえいえ それは遠すぎます
















うっとり眺める 夢の魔法・・・





中々覚めずに それもいいけど


















肌で感じる 心の繋がり



その暖かさに生まれる花の



まぁるい命の まぁるい欠片








これで 埋めていきましょう









まぁるい欠片で 埋め尽くし



いつか 真っ青な空になり



海とひとつに 繋がっていく












愛がないと



運命とは向かい合えないんだ









きっとね・・・

















まり
コメント:0 トラックバック:0

たったひとつ・・・

2014/11/27(Thu) 23:22






Louis Armstrong - Kiss Of Fire by Gergedan














そんなに何度も繰り返し


演技だって言わなくてもいいじゃない


夢が 壊れちゃうよ・・・












だって しょうがないだろう


事実なんだから


僕の愛は 誰にも譲れないんだよ






でもさ その言葉を聴いてたら


なんか 寂しくなっちゃうよ...












ヒーローの舞台を観に行ったら


初めの挨拶で お腹にYKKのファスナーが付いてるの


観られちゃったみたいだし




舞台の終わった後で ファスナー開いて涼んでる


裏の通路のウルトラマンみたいだよ


子供の夢が壊れちゃうよ













ヤレヤレ...  また喧嘩かい?


教官の気持ち 分かってるんだろう?







教官じゃないもん...













ねぇ... 恋って知ってる?


愛を知っているなら 恋も知ってる?


きっと 恋は知らないでしょう?


それとも 忘れちゃったのかな


目を閉じたら 思い出せるかな


恋と愛の重さは違うと思う?


始まりの初めは 同じものなんだよ


きっとね・・・
















私の掌は 小さい


私の腕は そんなに長くはない


私の胸は 小さい








だから いつも


たったひとつしか


抱きしめられない・・・






ひとつだけを


抱きしめていたいの







その魂が 落ちる場所で・・・













まり
心のお話 コメント:0 トラックバック:0

穂のかな望みも無く...

2014/11/27(Thu) 10:25





Billie Holiday - I Don't Stand A Ghost Of A Chance With You (Clef Records 1955)

















映せない 季節の色と 花の香は


ただ 心ごと 心ごと


命の底に 沈んで行く






舞台の袖に 吹くすきま風


役もこなせず 瞬きもせず


台詞が濁り 蹲る















赤いテントで 繋ぐ魂の緒


想い馳せるは 場所選ぶことなく


心置くには 場所ひとつしかなく...





不毛も    あれば哀しくも


ひとつが無ければ 何と鳴く


ただ 心ごと 泣いて笑いて






愛というのじゃないけれど...


恋を知らない 鳥が鳴き


愛を知らない 花が散る






舞台の袖で 影が泣く


幕を掴んで 影が泣く























ただいま ^^


早かったでしょう?


持つべきものは 電気屋さんのお友達です





パソくん いなくて寂しかった...


今度の子は ヤマハの音響が綺麗な


とても歌の上手な子です




大切に使わなくては...






色々とお気遣い頂きまして


ありがとうございました


また 懲りずに描いて参ります


これからも どうぞよろしくお願い申し上げます  m(_ _ )m










まり 
心のお話 コメント:0 トラックバック:0

闇を待つ

2014/11/26(Wed) 21:52
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
泡沫 コメント:- トラックバック:-
 Home  Prev

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク