花の足音

2014 / 12
11≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫01

女心と母心

2014/12/07(Sun) 22:36
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
泡沫 コメント:- トラックバック:-

鉛筆の角度

2014/12/07(Sun) 13:25







Halie Loren - Feeling good













今日は大工さんも日曜日


久し振りの静けさだよ


ちょっとのんびりしている午後・・・













最近 大工さん達を観察していて


面白い事に 気が付いたんだ


八角形のテーブルに 八人の職人さんが座り打ち合わせ





全員が耳に鉛筆を挟んでいる・・・














浅草あたりで 赤鉛筆挟んで 競馬中継聴いてるのとは違うよ



黒い 普通の鉛筆なんだよ



でね それぞれに角度が違うんだ



斜め下向き45℃ 斜め上向き30℃  或は水平・・・



その時々で変わるのかなぁ? って思っていたんだけど



違うんだよ それがさ









  







いつ見ても その人にはその角度があるんだ



まるで 心の中のベクトルの向きみたいなんだよ



十人十色って言うけどさ 本当だね



なんだか 可笑しくなっちゃったよ














ポケットの大きさも 十人十色



大切にしてるものも 十人十色なんだ きっとね・・・














ふぁ~   あっ 失礼しました



大口開けて あくびしちゃった・・・






暇そうだって?



そんなことないよ



これから 少しお仕事するんだ






じゃぁ またね













まり
らくがき コメント:0 トラックバック:0

花鳥風月

2014/12/07(Sun) 04:31







Schubert "Serenade"












春の花芽を携えて 雪の重みに撓えず折れた

月夜の枝の 頑なさ
















花の嵐に舞う花弁 潔さも理想に停まり

靴裏を見る やるせなさ
















夏草を踏み分け歩き 濡れた裾

後ろ姿に 追い付けもせず

















幻に滲む影 変わる葉色で埋め尽くしても


揺れるススキは 変わる事無く














長い夢の覚めぬかいなに 抱く幼子の愛しさ


育てる心を 失う親なし












これが 私の花鳥風月


















夜に流れる川のよどみに


浮かんでは消えていく泡沫の如く


想い扉を開いては閉じ 閉じては開く悲しさよ















せめて 散った花弁を隠して欲しい






雪の下で 眠らせて欲しい・・・



















まり
煩悩 コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク