花の足音

2014 / 12
11≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫01

昭和の香り

2014/12/14(Sun) 23:27







Mills Brothers - Old Fashioned Love (1934)
















寒空に 身を震わせながら


選挙に行って参りました


投票所は近くの小学校で


ちょっと 昭和の香りを嗅ぎながら


校庭を 眺めて来ました














こんな水道を見ると なんか懐かしくて


お習字 そろばん 学習塾・・・


ゴム縄 けんけん 悪漢探偵 だるまさんが転んだ


出て来る出て来る 記憶の扉が壊れたように・・・













今風 と言う言葉は少し苦手


昔ながら と言うものが好きです


大人になる時 進化出来なかったのかも知れない


きっとね・・・












祖母がくれた お手玉の布地の柄が


すごく綺麗だなぁって思ったり


遊び方は知らないけれど


おはじきが キラキラして


とても素敵な ガラスでした


子供の頃の 大切な記憶・・・













小学校の校庭は 昔とあまり変わらず


でも そこにいる子供たちは ずいぶん変わっていて


ピカピカの 野球のユニフォームを着て


まるで プロ野球選手のよう・・・


少し 違和感を感じてしまいました

















金属で出来た 冷たい蜻蛉は


冬空に羽を広げ 子供たちを見下ろしていました







今日は 何故か時間が緩やかに流れて


物思い・・・







心豊かだった時代の人の声を聴き 歌を読めば


胸が熱くなり ポカポカと温まる











明日も寒くなりそうです



どうぞ皆様 お身体大切にね













まり
ひとりごと コメント:0 トラックバック:0

我谷は緑なりき・・・

2014/12/14(Sun) 15:24






タイスの瞑想曲 :マスネ / Meditation de Thais :Jules Massenet













今日も お山は雪がしんしんと降り積もっています



お外は 危険なくらい 寒い ^^ です






私は 窓越しの陽射しを浴びて



日曜日の午後を過ごしている



















美味しそうな ロマネスコを眺めながら



私の足は はたして今 人生の何合目を登っているのだろうか



なんて 考えている・・・















少し苦みのある イタリア野菜は



濃い目のソースが合う



人生に似た 味わいのある



ちょっと癖のある 美味しい山である














登りたいお山は ひとつ



山裾に広がる谷は とても美しい緑だ



山腹から ふと振り返ると



谷は いつも水を含み



キラキラと輝いていた


















心の谷は 振り返れば この一年 



いつもいつも豊かな緑だった






陽が微かに差し込むような谷底で



伸びた蔓に摑まれば 千切れ



泣いて 地団太を踏んでいた一年前






いつの間にやら 足は 山腹の土を踏む・・・

















感謝とは・・・



過ぎた事を振り返る時 心の底から湧き上がって来るもので



現状は未だに 目一杯で パンパン・・・



いつも 人より遅れてしまう



足りない私は 泣き言ばかり・・・






せめて 過ぎた日のひとつひとつを



感謝を込めて 想い出し



記憶の箱に 綺麗に並べて行きたいと想う






そんな午後・・・


 






まり
心のお話 コメント:0 トラックバック:0

想像できない・・・

2014/12/14(Sun) 05:13
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
泡沫 コメント:- トラックバック:-
 Home 

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク