花の足音

2014 / 12
11≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫01

千夜一夜物語

2014/12/19(Fri) 21:00







Ballet Scheherazade part 1













シャフリヤール王は こともあろうに クリスマスイブの5日前


私の大切にしていた鯉を 民衆の目の前で解体しました




王は 叫ぶ・・・進め進め 手に櫂を持ち 舟を漕げ!


私はトロイの中で眠っていたいのに 引き摺り出され


寝物語を考える・・・

















昔 ある国に 愛の大切さを 声高らかに説いていた男がいました


街角で その男のお話を聴いた子猫は とても羨み言いました


そんなに素敵なものなら 僕にもひと粒 ちょうだいな





そんなに言うなら ひと粒あげよう


その代り 大切に扱わなければいけないよ


愛はとても繊細で 壊れやすいものだから





そしてね 愛はとても崇高なものなんだ


軽んじてはいけないよ 誰にも譲ったりしちゃいけないよ


手から片時も離さず 握り締めていなさいね




子猫は 初めて貰った愛を 大切に大切に握り締めていました


















それから いつの間にか長い時間が経ちました


子猫は 相変わらず 男に言われたように愛を持ち


愛と戯れ 愛に癒され 愛を大切に育てていました





久し振りに訪れた国で 偶然 男に再会した子猫は愕然としました


以前のように 男は愛を歌わず人生の悲哀を歌っていて


子猫を見て 一言口を開きました


そんな他愛もない 愛ひとつ抱き締めていて どうするんだ


他に 志はないのかい? もっと人生を深く考えるべきだろう?



















子猫はショックで 口がきけなくなり


手に握ったままの 愛を見つめながら


いつまでも いつまでも 雪の中に立ち尽くしていました


身体が カチカチに凍り付き 氷柱になってしまうまで


ただ じっと 立ち尽くしていました















この続きは また今度


切りよくお話が終わってしまうと


シェヘラザードは 王に処刑されてしまうから・・・













まり



眠れぬ夜の物語 コメント:0 トラックバック:0

舟歌

2014/12/19(Fri) 04:42
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
泡沫 コメント:- トラックバック:-
 Home 

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク