花の足音

2014 / 12
11≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫01

2014/12/25(Thu) 23:22





Heaven - tradução















ねぇ・・・怒らないでよ


確かめて見たかったんだ


本当はどうなのか


知りたかったの






あなたの口癖でしょう?


底なし沼なんて ないって・・・


底あり沼だって・・・


















だから つい・・・


栓を抜いて見たんだ















底 あるかなぁ・・・
















勢いよく お水が抜けて行くよ



底が見えたら いいなぁ・・・
















底が見えたら 歩きやすくなるね  ^^











まり
らくがき コメント:0 トラックバック:0

髪が泣く

2014/12/25(Thu) 19:34
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
泡沫 コメント:- トラックバック:-

Eveの夜・・・

2014/12/25(Thu) 10:51






You raise me up















もうすぐ夕暮れと言う時間


私は とある駐車場


狭い車内で毛布を被っていた・・・・・・イヴなのに・・・






車の なんとかモーターが急死しまして


うんともすんとも・・・


救出されるまで・・・寒かったぁ ・°・(ノД`)・°・




整備士さんが 神さまに見えたよ ^^














やっとのことで代車をお借りして お家に帰ったら


暗い案件が 暗い顔して帰って来た・・・・・・イヴなのに・・・












そしたら 深夜急に またまた酷く暗い案件が・・・・・・イヴなのに・・・













えぇーい 全部 川に流してしまえ! などと・・・







今日は 確かにクリスマスの筈・・・

















右手に現実を握り


左手に夢を強く握り締める


片時も両手を休める事無く


私は歩いて行く





武蔵のように器用じゃなくても


時々 左右が逆転しても


一本刀でありたいと想う心があっても


私は二刀流で 生きる





右手で殴られた頬を


左手が摩ってくれる


生きる力を 頂いている


負けない心を 頂いている
















負けるもんか・・・と呟く・・・・・・イヴなのに・・・ ^^






きっと 世の中には 夕べ 色々なイヴが あったのでしょうね
















頑張って 歩いていて


ふと 振り返ったら


後ろに 一本の道が出来ていた


あなたの隣に 出来ていた











そんな夢を 左手に握り締める クリスマス


プレゼントはちゃんと届いた クリスマス


大人だけど・・・いや 大人だから・・・


目に見えないものが 大切なんだ・・・






夕べ 何度 心の中で呟いただろう





ありがと・・・





ありがと・・・





ありがと・・・














まり

ひとりごと コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク