花の足音

2015 / 01
12≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫02

お寺の鐘

2015/01/31(Sat) 22:43
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
未分類 コメント:- トラックバック:-

白い朝

2015/01/31(Sat) 10:34





Edith Piaf - Notre Dame de Paris


















おぉ~ 勇ましい歌が聴こえる・・・


でも 今日は ちょっと怠け心が出て


寒さに 負けちゃいそうです (^o^;)
















ちょっとだけ・・・















おばぁちゃんに 甘えたの・・・
















ほんの少しの間ね・・・












あったかい・・・
















皆様も 穏やかな週末を お過ごし下さい  ^^










まり
Good Morning コメント:0 トラックバック:0

おはよう  ^^

2015/01/31(Sat) 09:15
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
泡沫 コメント:- トラックバック:-

心に花を・・・

2015/01/30(Fri) 21:57







葉加瀬太郎 Taro Hakase - ETUPIRKA エトピリカ


















今日 お山では立志式が執り行われていた



昔なら 元服の儀式だ



十五にして志を立て 立派な大人への階段を一歩登る














あの頃立てた志 きみはどうした?



階段は 登り続けているのかい?














いやぁ・・・中々ね・・・



滑り落ちてばかりさ



でも 投げ捨てたりはしないよ



こうやって 今の自分にできる飛び方を考えているんだよ
















ほらっ! ちょっとは飛べただろ?



でもね もう持久力がないんだ



色々な事で 辛い思いをして



諦める事も知ったしね・・・








 








安定なんて望んだって そんなものは幻想かも知れない



形なんて 川の流れのように 日々変わって行くだろう?



じゃぁ どうやって バランスをとるんだい?














滑って転んでばかりの こんな人生だって



夢や希望はあるんだよ・・・一応ね・・・



人に理解されなくっても 心の中に ちゃぁんと入れてるんだ



それを 心の外に 捨てちゃわない限り



形が もし変わってしまっても



無くなってしまったりは しないんだ
















そうして 何とかバランスをとろうとしている時が


自分を 安定させてくれているのかも知れない


















身体は 中々思うようにはいかないけれど



心はさぁ・・・せめて心だけは 自分次第なんだって



そう思って 生きて行きたいんだよ






それが 今の志なんだ

























今日は雪の量が多くて お山には行けませんでした



代わりに 少しデスクワークをして・・・



昨日見つけた春を 眺めておりました














今年の一番花です 自然のプレゼントは胸を熱くしてくれます



どんなに凍えている時でも 心根だけは曲がらずに



花を咲かせていたいと  そう思います













まり
らくがき コメント:0 トラックバック:0

一番目

2015/01/30(Fri) 12:33







The Man I Love - Eddie Higgins



















えっ 今度は順番を決めるのかい?



そんなの 初めから決まっているだろう?
















ねぇねぇ・・・



おでんとさぁ  ふかふかのお蒲団とさぁ  愛があったら



一番に 何が欲しい?



ねぇねぇ・・・何にする? 何から選ぶ?
















もぅ・・・そんなの決まっているだろう



すべての元の元は 愛 なんだ



愛は 生きる土台になるんだよ



愛がなくっちゃ始まらないんだ すべてね・・・



















んーもぅ・・・恥ずかしいなぁ・・・



だからね 心の置き場所がさぁ



いつだって どんな時だって



そこが Utopia なんだよ







知ってた?













まり
らくがき コメント:0 トラックバック:0

雪の音

2015/01/30(Fri) 11:24









Bach - Chromatic Fantasy & Fugue in D minor, BWV 903 - Leon Fleisher


















雪の音



はらはらと 落ちて来る



小さな小さな 白い花びら

















辺り一面に散り敷かれ



どんどん 重なって行く



音は 静かに厚みを増し



心の底に 降り積もる
















冬は 来たばかりのような顔をして



澄まして 白い音をたてる



苺のシロップでも掛けようか



それとも 珈琲の湯気で溶かしてしまおうか















大地は 三寒四温を飲み込んで



何回でも 耐えるんだ



昨日の春を 飲み込んで



明々後日の 春を待つ
















昨日見つけた春が 凍えてしまいませんように・・・












今日は三時から お山でピアノのレッスン



行けるかなぁ・・・( ̄_ ̄ i)









皆様 暖かくしてお過ごし下さいね ^^










まり 
らくがき コメント:0 トラックバック:0

同じ時の流れの中に・・・

2015/01/29(Thu) 21:24



I'll Never Stop Loving You - Charles McPherson Quartet feat. Steve Kuhn



















言葉で繋ぐ 明日の道



心で繋ぐ 時の道



音で繋ぐ 感情の道



肌で繋ぐ 愛の道








細い道を 行ったり来たり



確かな道が 此処にあり



信じて頼れば 暖かく



雪山越えて 繋がって行く








 








あなたの帰る 気配は



霜柱 踏む足音に



でも 今日は それほど哀しくはない



明日 また逢えるから



ちゃんと また逢えるから


















心の中を流れる川は



色々な顔をする



一時として 同じ顔はしていない



嵐の夜には 川渕を削り



吹雪の夜には 凍てついて



でも 必ず 春のせせらぎが訪れる



穏やかで 豊かな流れが訪れる


















ぶつかって 泡になっては消えて行く



哀しみ 苦しみ 切なさも



いつかは消える 肉体も







だけれど あなた この世には



決して消えない 泡がある



魂を包む 愛の泡



そのまま お空に昇ってく


















愛をひと粒 頂いたら



窓辺で 雪割草が一輪 開きました



同じ時の中で過ごせて・・・よかった



ありがとう・・・










まり
心のお話 コメント:0 トラックバック:0

ありがとう・・・

2015/01/29(Thu) 18:16
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
泡沫 コメント:- トラックバック:-

この道・・・

2015/01/29(Thu) 04:24






Halie Loren - "A Woman's Way" (Live)



















切なさに 陽が哀しんで 霧の中


沈む心も 共にありたし






哀しませたのは 私だった・・・


器が小さいから すぐに溢れちゃうんだよ・・・



















庵から 湖面に映る 姿観て


そっと掬った まぁるい陽

















幾年も 想い携え 歩く道


見つめる先に 君がいてこそ


歩み止まらず 影は微笑む










この道・・・



この道を ずっと 歩いていたい・・・














記念日を最後に 聴こえなくなった声は



一人 霧の中で眠り落ちていた



例えようもない孤独感と 矢継ぎ早に襲う心配で



あまりよく眠れなかった



だからね 声が聴こえた途端に



安心して 眠くなっちゃったの・・・









もう こんな心配するのやだよ・・・















まり
心のお話 コメント:0 トラックバック:0

開く・・・

2015/01/28(Wed) 15:29







Waters of March - Al Jarreau & Oleta Adams ( Tom Jobim )



















この処 雪に埋もれてまるで開く事も無かった 



天岩戸の真上に 月は 三月の雨を降らし



暗闇で 息も絶え絶えだった 花に澄んだお水を灌ぐ・・・
















雨に溶かされ 岩戸が開く・・・



辺りが一面に明るくなった・・・



着流しに下駄を履き 風流の月は 朝に眠る



花は 月の恵みに感謝して 朝一番のお水を頂いていた・・・

















人の痛みを知るアブは 雄蕊や雌蕊を揺らし



翅で 小さな風を送る深いやさしさを持つ


















窓辺で寒さに耐えながら 西洋サクラソウが解け出す



香りを嗅いでいると 耳の奥で鶯が鳴いていた・・・












まり 
ひとりごと コメント:0 トラックバック:0
 Home  Prev

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク