花の足音

2015 / 12
11≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫01

木枯らし

2015/12/06(Sun) 22:50







Chopin Etude Op 25 No.11 Valentina Lisitsa














DSC_3300 (800x534)






木枯らしぴーぷー吹く時は 心に罅が入るよ

疲れた体が重くなり 優しさに棘が生えるんだ






DSC_3301 (800x533)






巻き上げられた枯葉がね かさかさと音立てて

焦り苛立ち押し寄せて 口の端っこ曲げちゃうの







DSC_3304 (800x533)






飛んで行けあっち行け 嫌な気持ちも乗せていけ

掌に息吹き掛けて 大丈夫のおまじない







DSC_3122 (800x533)






夕陽が窓を叩くよ ただいまって叩くんだ






DSC_3095 (533x800)







お帰りって窓開けて 急いで迎えに走っていくよ






DSC_3112 (800x533)







忙しい日々の中 あなたの心は大丈夫ですか?

ぎゅうって詰まった場所 さすりましょうね








DSC_1847 (800x533)







珈琲でも 淹れましょうか・・・













まり
コメント:- トラックバック:-

花鳥風月

2015/12/06(Sun) 14:18






La solitude -Barbara- (avec sous-titres)















DSC_3293 (800x533)






12月6日   待つ身にて・・・   6つ目の窓を開ける






DSC_3109 (800x533)







陽昇れば お空を仰ぎ  月輝けば 花間一壺のお酒を注ぎ

嵐吹けば 逆らわず身を任せ  撓りながら呟き

お花が香れば それに酔い  花びらの散るに任せ 盃をあおる







DSC_4696.jpg







鳥羽ばたいて 果てを知らず  足付ける 岩を探し続ければ

辿り着く そこまでの道こそが 終の棲家と知る

浮かび流れ 力を抜き  羽根の余力に任せ 飛ぶ







DSC_3380 (800x533)







風荒れて 露を抱き凍り  ましろな姿で お山を駆ける

重なれば 融ける事無く肌を隠し 積もり

埋もれたお花を 守り続け 冬を越す







DSC_2831 (533x800)







月影 青く輝き 水面に遊び 風流を好み

歌に酔い 書を眺め絵筆を取り 指を動かす

痛みに効く 薬を作り 夜に浮かぶ







DSC_2310 (800x534)






あぁ・・・大和の四季に浮かび流れ

愛でて酔うた 花鳥風月

また ひととせが過ぎ 迎える師走






DSC_7618 (800x533)






喜びも哀しみも またひとつ歳をとる

出来る事なら 哀しみよ

お前だけが歳をとり あの世に送ってやれたなら・・・

出来る事なら 喜びよ

子供のようにいつまでも 飛び跳ねていられたなら・・・

















まり
コメント:- トラックバック:-
 Home 

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク