花の足音

2016 / 02
01≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 ≫03

お腹の中 Ⅳ

2016/02/06(Sat) 21:13






久石譲 北十字










DSC_7628 (800x533)





クマくんとネコは 随分と疲れたようで

どれくらい眠ってしまったのでしょうか・・・



ふと目を覚ますと お山はすっかり晴れ渡り

雪もだいぶ溶けたようでした






DSC_7634 (800x533)





もう痛くないかい?

クマくんはネコに声を掛けました




うん もう痛くないよ

でも あの紅い石は何だったの?

どうしてクマくんは呑み込んでも平気なの?

ネコは不思議そうに訊ねました






DSC_3777 (800x533)






あれはお陽さまの欠片さ

心の袋が丈夫な者だけが呑み込めるんだ

心の袋が小さくて弱い子には呑み込めないんだよ





クマくんは丈夫な袋を持ってるの?

その袋 誰に貰ったの?






袋は少しずつ自分で丈夫にするもんだよ

初めから丈夫な者なんていやしないよ






DSC_7625 (800x533)





ねぇ 何の為にお陽さまの欠片を呑み込んでるの?





そりゃぁ・・・ 迷子の子や しゃがみ込んでる子を案内してあげるためだよ

こっちだよ そっちじゃないよ ほら前を向いてってね

私たちは 磁石の代わりに照らしてあげるんだ

心にお陽さまを入れてる者は あちらこちらにいるんだよ






DSC_3725_convert_20141127205709_20160204214730232.jpg





ねぇ これさ 大丈夫の石にも似てるね

ぼくもいつかは呑み込めるようになるかしら?

心の袋が丈夫になるかしら?






あぁ・・・きっとなれるとも

いつか私の袋がボロボロになって破れてしまったら

君が磁石になって私を照らしてくれるかい?





うん きっときっと約束するよ

指切りげんまんだよ







DSC_7636 (800x533)






ねぇ・・・でもクマくん・・・

他にも沢山お陽さまを持っている人がいるのは分かるけど

ぼくは クマくんのお陽さまで育ったんだよ

クマくんのお陽さまを浴びていたいんだ

クマくんが穴の中で眠ってばかりいたら お陽さまが弱くてさ

だから お外に出て照らしておくれよ

ぼく 迷子になりそうだったんだ






あぁ・・・でも私も最近歳をとったせいか疲れてね・・・

つい 穴の中で眠ってしまうんだ

まだ雪もある 冬の間はしょうがないよ





DSC_7183 (800x533)





えぇっ! クマくん知らなかったの?

もう立春も過ぎたんだよ

さぁ 起きて起きて 春を探しに行こうよ!





DSC_7670 (800x533)




雨だよ雨だよ! クマくん春の足音だよ!

すごいね 立春を過ぎたらちゃんと雨が降り出した

これからひと雨ごとに 春が近づいて来るよ

三寒四温が繰り返されて 春が来るんだ!







やれやれ・・・

いつの間にか ネコはすっかり元気になったみたいですね







あなたの心に いつも太陽はありますか?

あったら どうか周りの人を暖かく照らしてあげて下さいね






ネコも これから頑張るみたいですよ 














まり
眠れぬ夜の物語 コメント:- トラックバック:-

お腹の中 Ⅲ

2016/02/06(Sat) 09:36






久石譲 カムパネルラ










DSC_6516 (800x533)





胸の辺りが痛いよう・・・




ネコが紅い石を呑み込んでしまってからどれくらい経ったでしょうか・・・

クマくんは ネコにくしゃみをさせようとしたり逆さにして振って見たり

色々な事を試みて見ましたが 石は出て来ません



困ったクマくんは 友だちの山ウサギくんに相談して

くしゃみの出るお薬の作り方を教わりました







DSC_1880 (800x533)






うーむ・・・何々・・・お鍋に朝一番に開いた花を入れ

それからいばらの実に 雪の下の蕗の薹

えぇっ・・・百舌の早贄かぁ・・・

あぁそう言えば あそこの鉄線にあったかしら・・・






DSC_2051 (800x533)






薄暗くて良く見えないけど 確かこれだよ

カエルが刺さっていた筈だ



さて これをひと煮して・・・




どうれ ネコに飲ませて見ようか







DSC_3729_convert_20141127205920_20160205094549a05.jpg





うわぁー 苦いよぉ 吐きそうだ

何これ 何なの

口の中が爛れそうだよ

痛い いたたた・・・・

ダメだよ くしゃみなんか出て来そうもないよぉ





さてさて・・・どうしたものだろう・・・

じゃぁ蜘蛛くんに訊いてみるか・・・






DSC_5099 (800x535)





何々・・・石を出したいって?

では 私が潜って拾って来てやろう

クマくん ネコの口をしっかり押えて閉じないように開けておいてくれ




きゃぁ ヤダよヤダよ 苦しいよ

クマくん助けて 息が出来ないよ




クマくんは 一生懸命ネコの口と身体を押さえ励ましました



大丈夫だよ 鼻で息をしてご覧

ほらほら 力を抜いて すぐに終わるからね

さぁ もう少しだ 後少しだよ

ほぅら 光が上に上がって来たよ

さぁ もうひと頑張りだ

大丈夫 大丈夫だ もうすぐ出て来るよ




クマくんの掌は ネコの涙と涎でぐちゃぐちゃです

ネコは クマくんの腕にいつの間にか爪を立てていました

クマくんは痛いのに じっと我慢をしています






DSC_3725_convert_20141127205709_20160204214730232.jpg






あぁ・・・やっと出て来ました・・・





蜘蛛くんは 得意そうに紅い石を抱えネコの口から出て来ました


















まり
眠れぬ夜の物語 コメント:- トラックバック:-
 Home 

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク