花の足音

2016 / 02
01≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 ≫03

竹藪抜けて・・・

2016/02/15(Mon) 23:29







Oblivion (A. Piazzolla) by Accordion Orchestra Zalec









DSC_7950 (800x533)






道に迷った事など無い

目を閉じていても辿り着く





DSC_7927 (533x800)






竹藪抜けて顕わるは

共に造りし八重垣に

囲まれたる庵なり






DSC_7923 (800x533)





屋根に雪が被ろうと 風が壁を叩こうと

あなたを待てば心強い





DSC_7941 (800x533)





梅の香に誘われて 足をお運びくださいな

久しくお逢いしていないから

いらしたら しゃぼんでお髭を当たりましょう






DSC_7942 (800x533)






あなたのいないまほろばは

今夜は ことのほか風が冷たくて

袖口が 少しずつ凍って行く・・・














まり
しべ コメント:- トラックバック:-

気まぐれな風

2016/02/15(Mon) 09:40






Hayley Westenra - Haru Yo Koi (春よ,来い)










DSC_8126 (800x533)






お陽さまも風も雲も 昨日あんなにほほ笑んで

今日はくるりと背を向ける

気まぐれな余寒の中で脈を打つ

命の音は大きく響けり






DSC_8105 (800x533)





咲きたくて 待てずに綻ぶお花たち

雨水に酔うた あくる日も

戻れぬ日々の 夢の続き





DSC_8116 (800x533)





ガラガラと 下駄を鳴らして春の風

お花の頭を 叩くように 

無作法なまま 通り抜け






DSC_8120 (800x533)





急いでは 迷い惑うしべの気よ

寒の戻りに 凍てつけど

春に約束 ある訳じゃなし






DSC_8114 (800x533)






お庭の命が一斉に 拳をお空に突き上げて

思いきり深呼吸 大きな欠伸をしている

起き出してしまった枝々の芽は ぷっくりと膨らみ

もう少し 寝ていたら・・・と声を掛けても聴いてくれない




寒の戻りで傷まなければいいけれど・・・

心配です






春よ 早く来い

走って来い

心待ちの希望が 泣かないように




春よ 早く来い

立ち戻らずに来い

花びら ひとひら残る間に















まり
コメント:- トラックバック:-
 Home 

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク