花の足音

2016 / 02
01≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 ≫03

もっと聴いていたい・・・

2016/02/24(Wed) 23:02






Skylark - Anita O'Day (1941)











DSC_8509 (800x533)






あなたの傍に行きたくて 心に羽根を付けて見る

ふわりと浮かんで高く高く その頬に腕を伸ばせば

夕べの涙は蒸発しながら カリカリと凍て付いて

花雪が舞っている 少ししょっぱい花雪が







DSC_8506 (800x533)







あなたの声が聴こえぬ日は やけに心寂しくて

お空近くに漂って 耳を澄まして聴いている

あんなに大きな声なのに 今日は一度も聴こえない

あんなにやさしい声なのに 今日は何にも聴こえない






DSC_8497 (800x533)






木霊よどうかあの声を 私の耳に運んでおくれ

ひとつ抱きしめ笑う声 ひとつあやして歌う声

木霊よ誰にも聴こえぬように 私だけに聴かせておくれ

ひとつ呑み込み震える声を  ひとつ愛して零れる声を






DSC_8499 (800x533)







ひとり立つ 君が姿に肌重ね

春が来るまで このままいたい

今暫し 青の忘我を夢に見て

柱の無い天空を飛ぶ 魂ふたつ









もっと 声を聴いていたいのに・・・
















まり
コメント:- トラックバック:-
 Home 

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク