花の足音

2016 / 03
02≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫04

春の使者

2016/03/31(Thu) 09:58






Ralph Vaughan Williams - The Lark Ascending  









DSC_0181 (800x572)






まだ 水の貼られていない乾いた田の畔を歩いていると

急に甲高い鳴き声と共に上空高く舞い上がり

まるで止まっているかのように 

一羽の鳥がお空に浮かんでいるように見えました




揚げ雲雀です 春を告げに来てくれました





雲雀の声を聴きながら 春のお散歩しませんか?







DSC_0069 (800x588)




蛍の里では清流も豊かになり始め

花菖蒲も元気に葉を伸ばし始めました




DSC_0067 (800x533)



湿地の景色も変わり始めました



DSC_0061 (533x800)



水芭蕉のお花が咲いて来ましたよ



DSC_0199 (800x534)



昨日の小鳥はヤマガラでした

この子はツグミですね



DSC_0314 (800x533)



姫辛夷が少しずつ解け始めました



DSC_0339 (800x533)



紫木蓮もほんの少し咲いていました



DSC_0294 (800x568)



蝶々を撮るのは  私の身体ではまだ難しくて

百枚写しても一枚くらいしかピントが合いません

夢中で追いかけていたら 夜になって腕が痛くて上がらなくなりました(笑)




DSC_0368 (800x533)



お庭ではハナニラの園芸種が咲き始めました

深い蒼の美しい子です



DSC_0144 (800x533)



淡い桃色のムスカリが まだ恥ずかしそうに頭を出して来ました




DSC_0351 (533x800)




お庭では 枝垂れ連翹が山吹色の傘を広げ

次々に訪れる春の使者たちにご挨拶




あぁ・・・今年も無事にお逢いする事が出来ましたね

長い冬を乗り越えて みな顔をそろえる事が出来る喜び

命の息吹が互いを目覚めさせ 大地にお空にお陽さまに

風に雲に夜月のしづく 春雨小鳥の囀りに みなみなさまに感謝して・・・






045_20160331092832e6e.jpg




お早うございます 今日のお目覚めは如何ですか?














まり
スポンサーサイト
コメント:- トラックバック:-

待つ事の喜び

2016/03/30(Wed) 15:05






C'est Ça L'amour (So This Is Love: Cinderella) Cover








DSC_0033 (800x534)





お山の老夫婦が営むカフェの庭先で

幸せそうに麻の実をつつく小鳥を写していたら

ふっと二年前に聴いた合唱の詩が想い出されて・・・





DSC_0070 (800x507)




  葡萄に種子があるやうに 

               高見  順

 

  葡萄に種子があるやうに 

  私の胸に悲しみがある

  青い葡萄が酒に成るように
          
  私の胸の悲しみよ 喜びに成れ
  

              詩集『樹木派』1950年 





DSC_0345 (800x533)





葡萄に種があるように

あなたの心の中にも

私の心の中にも哀しみの種がある

それはとても硬くって

何人にも噛み砕けはしないでしょう





DSC_0342 (800x533)





私はあなたの種を口に入れ

決して溶けないと知りながら

永遠に舌の上で転がして 

温めて行くでしょう

いつか芽の出る来世まで 





DSC_0349 (800x533)




ほら いつの間にか私の種も

あなたの口の中に入っている

これ何の種だっけ?

時々 そうして想い出し

忘れたように舐めて見て

決して溶けてなくならない

硬い々種だもの・・・






DSC_0286 (800x555)






蝶々を見つけたよ!

春だね 本当に春なんだ!





DSC_0213 (800x533)






あと何日かなぁ・・・


待つ・・・ 

わくわく待つ・・・

どきどき待つ・・・

待ち焦がれる・・・

心が豊かになるよう あなたの喜ぶ顔を思い浮かべ

愉しみに 指折り数え待ってみよう・・・






あと もうちょっと・・・












まり    
コメント:- トラックバック:-

あなたの今日を・・・

2016/03/30(Wed) 00:37






いのちの名前~リラクゼーションピアノ~









DSC_0046 (533x800)





肉ならば無言のうちに添えるものを

心ひとつの世界では

私のもの知らずな言葉が憤る




寂しい言葉が聴こえる度に

私があなたに反射して

あなたが私に反射して

鏡が曇ってしまうのよ




明日をくれたあなたが

明日は無いと言うなら

明日を頂いた私も

今日を見つめて生きましょう



今日を繰り返し 永遠となるその日まで

季節を移ろい影のまま

想いを伝えていきましょう







DSC_0003 (800x533)





私の無神経な言葉が あなたを傷つけてばかりいる

だけど伝えるすべは言葉しか無くて

私は今の自分の出来る 精一杯の表現で

これからも 真っ直ぐに伝えて行きたいと思う・・・




心の中にはいつも 包まれたい私と包みたい私がいて

自分の事さえ儘ならない私が

あなたを包める訳は無いと思うのだけど

それでも包みたいと思う私は

いつの間にか 心の中で身長が伸びたかも知れない・・・






DSC_0014 (800x533)





ずっと繋いで来た掌の温もりは

人だけが知ってる愛情だと思う・・・




人は愛情無しに生きて行くのは

とても困難だと思う・・・





あなたが決して私をひとりにしなかったように

私も ずっとあなたの傍にいたい






お空いっぱいの隙間を埋め尽くす

あなたの今日を

私は静かに抱きしめる・・・















まり
しべ コメント:- トラックバック:-

お山の春

2016/03/29(Tue) 10:40





Sibelius Etude Op.76 No.2 - P. Barton, FEURICH 218 piano




この曲は 以前フィンランドで発売された

館野泉さんのCDの1曲目に入っていました

一度トライした 事があります

冬の長い地方にいると 春の訪れの喜びを

北欧の音楽などに重ね 分かち合いたいと思うのかも知れません








DSC_9883 (800x567)





初咲きの一輪 あなたにきっと届けましょう

小鳥の歌声を添えて・・・





DSC_9835 (800x533)





冬の魔法が解けるように 目を覚まして下さい





DSC_9826 (800x533)





岩戸の奥で眠るあなたを 陽射しでトントン叩きましょう





DSC_9840 (800x533)





初咲きの染井吉野を一輪求め

ネコは ずっと探している・・・





クマくん・・・待っててね・・・








DSC_9841 (523x800)





フィンランドのヒンメリ・・・可愛い・・・

友人の所で 春の光に感謝しながら眺めていました





お山でも そろそろ春がスキップを始めたようです











まり
コメント:- トラックバック:-

見つけた ^^

2016/03/29(Tue) 09:24
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
しべ コメント:- トラックバック:-

マトリューシュカの一番外側

2016/03/28(Mon) 23:23







Imagine...♪ Keiko Lee♪ vo & piano ♡人♡








DSC_9515 (800x533)





ぼくは お空に浮かんでいて決して沈む事の無い

真理って言うものを見つめていた

それはまるで マトリューシュカのようなもので

開けても開けても 同じような顔が出て来るんだ・・・






DSC_9914 (800x533)






信じてる事がひっくり返った事は無くて

小さな事に不信感が生まれても

大きな事はそのままで 性善説も信じている

赤ちゃんの顔を見ていると みんな天使のように思えるんだ






DSC_0081 (800x533)





信じている器の中には

思いやりも礼節も正義感も知恵も入る

でも信じていない器には 何にも入らないんだよ・・・



そうして重ねられた器の一番外側は

やっぱり愛だと思うんだ






DSC_0094 (800x533)





時々ぼくは このマトリューシュカのようなものを

全部バラバラにして 眺めてきた

何が間違ってるんだろう・・・

どこがいけないんだろう・・・




そうして少しだけ知恵がついて知ったんだ

自分が 何にも知らないって事・・・





DSC_0110 (800x533)






今日 先輩にそんな事話してたら

おめでとう 良かったね一番大切な事が分かって・・・って言われた






2013-09-20 マトリューシュカ (450x800)






よかったのかなぁ?・・・




複雑・・・















まり
コメント:- トラックバック:-

お留守番

2016/03/28(Mon) 02:54
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
しべ コメント:- トラックバック:-

君の名は・・・

2016/03/27(Sun) 20:57






Minor Swing - Django Reinhardt & Stéphane Grappelli









DSC_9968 (800x533)





君の名は・・・

ふと声を掛けたくなった うつそみの

花よ花 襟足の眺むる夢の遠き空

儚くなっても 何知らぬまま

花と言うの・・・と しべが残れり 






DSC_9980 (533x800)





黄飛沫上げ 大和の枝垂れ連翹解ける




DSC_9973 (533x800)




風にそよぐ バイモ歌う




DSC_9954 (800x533)




純白のリュウキンカ咲き 土隠れ始める




DSC_9982 (533x800)





レモンタイムの中に 蔓日日草の青




DSC_9972 (800x533)




日本桜草の芽が元気に出て来ました




DSC_9974 (800x533)




今まで育ててきた植物は 千種をとうに超えてしまったでしょう

名前なんてどうでもいいの・・・なんてガーデナーとしては失格かしら・・・



でもね お花の名前って面白いのよ

色んな事を教えてくれるの



時々 あんまり美しいから

君の名は・・・なんて訊きたくなる事があって

そんな名前は ずっと忘れない






DSC_9962 (800x533)






名前が忘れられなくなるような

そんなお花を一輪

あなたの胸の中に咲かせることが出来るでしょうか



何のとりえもない私でも・・・

足元で気づかれずに踏まれている私でも・・・






八重のミヤマカタバミが咲き出しました

大好きなお花です




今日はお庭のあちらこちらで お花たちが輪唱し始めました

最後の寒波を乗り切り 安堵したのでしょうか

私も少しホッとしました











まり
コメント:- トラックバック:-

烏夜啼を読みながら・・・

2016/03/26(Sat) 23:32





Ann Sally - I wish you love









DSC_8831 (800x533)





黄雲辺りを包み 白鷺は塒に戻る羽根広げ

帰路迷いなく飛び 明日思う事無く眠る





DSC_9896 (800x522)




一羽また一羽と発てば 彼の地の遠人が想い出され

夕餉の賄に 届けられぬ肴が浮かぶ




DSC_9904 (800x533)




思慕の念溢れ 夢殿へと足を急げば

迷う事無くひと筋の 道にかそけき光あり




DSC_9905 (800x534)




ひとり草の庵にて 安堵しながら心解けば

今暫く患いの咳の音に驚き 静けさに涙する





DSC_9906 (800x544)




隙間風は草木の香りを運び 何時の間に春めいて

花もまだない辺りから 青草の匂いが漂っている




DSC_9908 (800x501)




朝露に足元を濡らした人の 後ろ姿が想い出されて

夜露踏む足音に 気遠くなるほど耳を澄ます




DSC_9912 (800x534)




上がり框に小さな盥 足を洗う用意をして

袖の乾かぬ夜を過ごし 青の中に入って行く








DSC_9529 (800x533)






<李 白> の 烏夜啼(うやてい) を読んでいたら

気持が重なってしまって 泣けてきた・・・





分かってくれる人がいたような気がして・・・





言葉に抱きしめられるのは・・・温かい・・・













まり
コメント:- トラックバック:-

考え事・・・

2016/03/25(Fri) 23:55





LOU DONALDSON, Blues Walk










DSC_9756 (800x533)





自分で撮った写真を見ていてよく思う事は

雨の音が聴こえるような とか 香りがしてくるような とか

温度を感じられるような とか もっともっと目の前にあるような とか

そんな風に撮れたらなぁ・・・と思う






DSC_9774 (800x533)






以前 アルバイト先で子供たちのおままごとの世界にお邪魔した時は

女の子のたちのリアルな台詞に ものすごくドキドキした

夕べの両親の喧嘩が事細かく再現されて行く



あぁっ・・・そこでお皿が割れたんだ・・・とか・・・

あぁっ・・・そんな言葉言っちゃったんだ・・・とか・・・

いつも はらはらし通しだった



男の子たちは女の子たちに台詞指導を受け

リアリティーの追及がされていく

喧嘩の次の夕方 父親役の子は家族にケーキなどお土産を買って

やさしい声で ただいまぁ いい子にしていたかい?なんて言っている



女の子は 夢の世界もリアルに近づけたいものなのだろうか



それに比べると 男の子のヒーロー遊びは可愛かった

漠然としていて無邪気で 夢の世界には夢だけが満ちていた







DSC_9783 (800x533)





大人は 夢にリアリティーを求めちゃいけないんだろうか・・・







真綿のような雲に 触りたい・・・







DSC_9649 (800x533)





ビオラの歌うブルースを

隣でそっと聴いていたい・・・
















まり
ひとりごと コメント:- トラックバック:-
 Home  Prev

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク