花の足音

2016 / 04
03≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫05

夢の中の椅子

2016/04/13(Wed) 18:53





Chopin. Grande Valse Brillante Op. 34 #2 Valentina Lisitsa










DSC_1442 (800x533)




乾いた土を覆うように

水は滔々と流れ込み

私の海が現れる




あぁ・・・待ちかねた この時を




雲雀は囀り 燕翻り

鳥たちと共に水辺に集い

喜びを分かち合おう









そんな景色を目の前にしたけれど・・・






DSC_1444 (800x533)






3月の革命で敗れた旗が ボロボロになって浮いている

織り直したくても 縦糸だけでは夢は織れない

薄れゆく言葉だけが 鳥の背を撫ぜる

置き所のない身体は 橋の番人に道を尋ねる







DSC_1435 (800x533)






夜のサーカスを覗いてごらん

ほら やさしいピエロがひとりで踊っている

売り切れている筈のチケットが一枚

無い筈の椅子がひとつ現れる





疲れた心を引きずるように

生まれた場所で 暫く眠ろう・・・





田毎の月を追いかけて

夜通し夢中で遊んでいた

あの頃に帰りたい・・・と弱虫の私が泣く・・・







DSC_1452 (800x533)





たまにふらりとやってくる画家が

壁に一輪の花を描く



花がないと夢が死んでしまうからね・・・



夢を見ている人が その花の開くのを待つ

画家が訪れる度 少しずつ花は咲き進んで行く

いつか種が描かれる頃 壁は風化し風に散ってゆくのだろうか

それとも 枯れて茶色くなった花が 寂しく描かれるのだろうか





夢は見たい人にしか見る事は出来ない

見たくない人に夢は届かない・・・



ただ 深く眠るだけなのかも知れない・・・



私は夢の中の椅子に座り 少し眠りたい・・・



でも・・・捨ててはいけないものが人にはあると思うの・・・

心が訪ねて来るから・・・













まり
コメント:- トラックバック:-
 Home 

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク