花の足音

2016 / 12
11≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫01

蕎麦

2016/12/31(Sat) 23:59






喜多郎 (シルクロード) 絲綢之路








DSC_7221 (800x533)





あぁ・・・やっと拭き掃除も終わった・・・

これで何とか人並みに こざっぱりと年が越せるねぇ・・・







DSC_7225 (533x800)





あら てっつぁん

何だい 知らん顔しちゃってさ

素通りするなんて あんまりじゃないか



ねぇ・・・蕎麦でも食べておいきよ

あたしもこれからなんだよ

あんた もう食べたのかい?

ううん 今日は大掃除でもう店仕舞いしたんだよ



ねっ 今すぐ支度するからさ いいじゃないか

どうせ帰ったって また吞むんだろう?







DSC_7232 (800x533)





さぁさ 食べよう

年越し蕎麦くらい食べなくちゃ

大晦日の気分が盛り上がらないだろう?



えぇ? 明日になったって何にも変わらないなんて・・・

拗ねた事お言いじゃないよ

明日は 新しい年になるんだよ

同じ明日だって 申年じゃないよ酉年だ



蕎麦でも食べて 細く長くしぶとく生きようじゃないか






039.jpg





あぁ・・・聴こえた・・・

てっつぁん・・・除夜の鐘だよ・・・

新しい年が来たね・・・




蕎麦 美味しいかい?







DSC_7207 (800x533)






ねぇ・・・てっつぁん・・・

あたしゃ やっぱり あんたの傍がいいよ・・・












まり
スポンサーサイト
ほのあかり コメント:- トラックバック:-

明日への扉

2016/12/30(Fri) 13:01






Ann Sally ( アン サリー) - 時間旅行










DSC_4949.jpg





去年の秋から 届いた便りを

私は ゆっくり読んでいる







DSC_9980 (533x800)





春は夏に恋をして 全速力で追いかけた






DSC_8580 (800x569)





夏は走れずとぼとぼと ゆっくり秋を探し歩いた






DSC_4559 (800x533)






秋は燃え尽きた体を冷やそうと 冬の蒲団を肌に掛け






DSC_5762 (800x533)





冬は今年のお手紙を綴り 来年のきみへとポストに入れる







DSC_7157 (800x533)





窓辺ではお花が 春遠からじ・・・ と歌い

今年も じきに沈もうとしている・・・







DSC_4619 (800x533)






何がそんなに寒かろう 

歯の根も合わずガタガタと震え

何がそんなに哀しかろう

沁み込む事も出来ぬほど涙し



大地よ・・・おぉ…大地よ・・・

まだ足りぬのか 愛が足りぬのか

大地よ・・・おぉ…大地よ・・・

どうすれば お前は凍り付かずに済むのか・・・







DSC_4941 (800x533)





明日の きみを愛そう 

昨日の きみを愛おしむよりもっと・・・

来年の あなたを抱こう

今年 あなたを抱きしめたよりももっと・・・

強く 深く あなたを愛そう・・・

沈んでゆく あなたを見つめよう・・・

昇りゆくあなたも ぜんぶぜんぶ

まなこを開いて 見つめていよう・・・








DSC_6125 (800x533)





2016年


振り返れば 今年も地球が揺れに揺れた一年でした
四季のバトンが上手に送られることのない昨今ですが
それでも 時だけは狂いなく確実に
昨日は今日へ 今日は明日へ 今年は来年へと
力強く バトンを手渡して行きます


その 時 を味方につけたいと思っている今の私
来年も 小さな小さな火を消さずに歩いて行きたい





風吹けば熾きるだろう・・・ 

だからどうか 大風になったら少しの風よけを下さい

燃え尽きてしまわないように 少しだけ風よけを下さい


雨降れば消えてしまうだろう・・・

だからどうか 土砂降りになったら少し軒を貸して下さい

ずぶ濡れになる前に 少しだけ軒を貸して下さい











DSC_0210 (353x500)





今年も 沢山の温かなお心遣いをありがとうございました
お蔭さまで また一年何とか歩き続ける事が出来ました

苦しくて言葉に出来ない事も多かった2016年も
心が傍にと言う世界に助けられ 明日で終わろうとしています
感謝と言うものもまた 言葉にすることが難しい事だと知った年でした

皆さまに措かれましては 来年も変わらずお元気で
新たな1頁を捲り続けて頂きたいと願うばかりでございます
今年はこれにて閉じさせて頂きたいと思います

言葉に出来ない感謝を込めて・・・





DSC_6104 (800x533) (2)





春のお花を 待ちましょう・・・

あなたの春を 待ちましょう・・・

あっ ほら もうすぐそこに・・・








まり
コメント:- トラックバック:-

椅子

2016/12/29(Thu) 01:21
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
しべ コメント:- トラックバック:-

冬眠中の北の国から

2016/12/28(Wed) 14:47







01 北の国から 遥かなる大地より~螢のテーマ









DSC_7147 (800x533)





雪雲が お陽さまを包み込むように抱きながら

重たそうな朝が来る



寒さや疲れで軋んだ体をゆっくり動かすと

お陽さまも 眠たそうにお早うと言う







DSC_7148 (800x533)






はらはらと粉雪の舞う中で 北国の犬は眠ったまま

あの角に繋がれた犬は やる事を想い出したように走って行った




ボクは 冬眠中の寝床から

クマくんを起こさないように抜け出し

お陽さまに お早うと挨拶をした







DSC_7151 (533x800)






冬眠中と言っても やっぱりお腹は空くわけで

放っておくと クマくんはどんどん痩せてしまうわけで

鼻先がぴくぴく動くような いい匂いのする食べ物を並べなくちゃいけないわけで

お腹だけじゃなく 心も温まるような絵本を読んであげなくちゃいけないわけで







DSC_7180 (800x533)





頭を抱えてばかりで 掻きむしりすぎた

クマくんの髪の毛が 中々増えて来ないのは

栄養不足とマッサージが足りないわけで

ボクは 何とかしなくちゃいけないと悩んでいる







DSC_7159 (800x533)






夜は マッサージでもしてみようかな・・・




それとも・・・











まり
ほのあかり コメント:- トラックバック:-

悶々 問答

2016/12/27(Tue) 10:42







Oh What a Beautiful Morning - Ray Charles & Count Basie









DSC_6037 (800x502)





「什麼生」




「説破」







DSC_6005 (800x527)





仏師に尋ねる

気にかかる とはこれ如何に





それは 言わば

心の竿に 風に揺れる着物を掛けて干しているようなもの






DSC_6011 (800x533)






では 気が晴れるとはこれ如何に





案じる事無く 着物が乾き

それに袖を通し 竿が軽くなると言う事じゃ







DSC_7906 (800x533)





しかしながら 空は曇天続きでございます





それは 時の悪戯

道半ば 竿の空く事はなし

洗濯をせずに 身支度出来ぬが如く

人の心は 日々揺れる繰り返し













DSC_7114 (800x533)





かまきりの赤ちゃんたちが 窓辺で頑張っている

でも 餌が無いから やっぱりダメかも知れない・・・






そんな心配をして お仕事の合間に覗いていると

母がいつの間にか 隣で心配して覗いていた




お林檎でも剥いてあげましょうか?



いやいや お母さん カマキリは肉食だから・・・







DSC_7116 (800x533)





じゃぁ お肉でも焼いてあげましょうか? 



いや・・・肉食って そう言う肉食じゃないし・・・ 



生肉しかダメなの?




おか~さぁ~ん~~~










DSC_7127 (800x533)
あっ! ひまわりの種買って来なくっちゃ・・・





今年は お正月支度の無い我が家ですが

それでも 年の暮れは何かと気ぜわしくなります

そんな時 最近夢うつつや時空の狭間を元気に闊歩している

母との会話が 笑顔を運んでくれます




何だか この親にしてこの子ありかも・・・と 

ちょっと心配になる今日この頃・・・







DSC_7057 (800x533)
柚音





仰ぐ空 気の早い子は窓辺にて

あなたに手を振る 春隣








大掃除など 頑張っていらっしゃる皆さま

風邪などひかぬよう お身体に気を付けて下さいね

私は 今日もお仕事頑張ります










まり
ほのあかり コメント:- トラックバック:-

ようこそ 猫のレストランへ

2016/12/26(Mon) 00:14






Dvorak - Romance for piano and violin, Op.11








DSC_6153 (800x533)





いらっしゃいませ 猫のレストランでございます

お店の入り口は 少し奥まっておりますのでご案内いたします






DSC_6160 (800x533)





この林を抜けて 影絵の道を過ぎると

昼と夜とが交代し

光の弾ける草原を渡ります






DSC_6344 (637x800)
森へ入る時は鈴をならそう   2007   作 藤城清治 (藤城清治美術館図録より)





そうです 森へ入る時は鈴を鳴らして下さいね

動物たちに 入るよ と知らせてあげて下さい

そうじゃないと ビックリしてしまいますから・・・







DSC_6336 (800x533)
月の砂漠   1976   作 藤城清治 (藤城清治美術館図録より)




おや そろそろお月さまが出て来たようですね

さぁ もう少しすると光の弾ける草原を渡りますから

このレインコートを着て下さい

えぇ・・・そうじゃないとずぶ濡れになってしまいますよ






DSC_6737 (800x533)





ほぅらね こりゃぁ今夜は特に弾けているな

この中を歩くと いつもびしょびしょに濡れてしまうんですよ






DSC_6750 (800x533)




それに ほら 中庭はいつも雨が降っていて

あぁ・・・あそこじゃないんですよ もう少し先なんです

すみませんねぇ 歩かせてしまって・・・






DSC_6756 (800x533)




ここを抜けると見えて来ますよ

なにせ 滅多に開けない猫のレストランなんで

えぇ 遠いところ ありがとうございます

 




DSC_6619 (800x533)




さぁ 着きました

ようこそ 猫のレストランへ






DSC_6652_20161225223201d5e.jpg



お飲み物は バーボンでよろしいでしょうか




DSC_7100 (800x533)




こちらは アボガドのくるくるサラダでございます

パプリカソースが掛かっておりますので

そのままお召し上がりください






DSC_5861 (800x533)




こちらは スモークサーモンの薔薇仕立てでございます



えぇ・・・そうですね くるくるばかり

うちの猫シェフは くるくるが好きなようでして・・・

頭の中で いつも色んな事がくるくるしてるようです






DSC_5864 (800x533)




本日のご飯 焼きカレーでございます




バターライスの上にキーマカレーを掛けて

卵を落としチーズを掛けて焼いてあります

熱いので 火傷しないようにお召し上がりください






DSC_7092 (800x533)





デザートは クリスマスなので

チョコレートケーキをご用意させて頂きました





DSC_1857 (800x533)






お味の方は如何でしたか

ご満足して頂けましたでしょうか



それはそれは ありがとうございます

うちの猫シェフも喜びます




えぇ 来年ですか? それは勿論

はい ご予約承りました

また来年 楽しみにお待ちしております

ありがとうございました






DSC_6156 (800x533)





猫のレストラン・・・

森の奥の奥のずーっと奥に ひっそりと営業しているとか・・・




とても疲れている時  とても寂しくなった時

とてもうれしい事があった時 とても哀しい事があった時

いつの間にか こっそりとお店を開けるようです




よろしかったら一度 食べに行って見ませんか










まり
夢のお話 コメント:- トラックバック:-

お寝坊の朝に頂いたもの

2016/12/25(Sun) 12:53







Jeff Buckley - Hallelujah (Original Studio Version)









DSC_7074 (800x533)
熊童子





朝 目が覚めると 

夢のチャペルの中で繋いでいたクマくんの掌が 

窓辺でおはようと微笑んでいました




解きたくない手を 仕方なしに解き

ほんの数時間の永遠から目覚め

昨日の事件を綴りましょう・・・ 







DSC_4781 (800x533)




秋が冬にバトンを渡す頃だったでしょうか・・・



我が家のロビン(カマキリくん)を気に入って下さった方々から 何個かの卵が届きました

ひとつの卵に亀裂が入っていた為 ばい菌が侵入しないように

春までは 雨の当たらない場所に置く事にしました






DSC_4794 (800x533)




そうです 机の引き出しの中に入れていたのです




「春に忘れないように 外に出すのよ」 そう言われ

「孵るのは5月だから 4月には出します」 そう思っていました






DSC_7048 (800x533)




Eveのお料理を作っている最中 メモを探しに部屋へ行くと・・・

ん?・・・何かいる・・・




えっ・・・まさかね・・・






DSC_7053 (800x533)





引き出しを開けると そこには・・・




えぇっ!







DSC_7054 (800x533)






( ̄□ ̄;)!! ・・・・・・ ((((((ノ゚⊿゚)ノ ・・・・・  (・_・;) ・・・・・ ((((((ノ゚⊿゚)ノ ・・・・・


(T_T) ・・・・・・ °・(ノД`)・°・・・・・・(T_T)・・・・・ (_ _。) ・・・・・


 °・(ノД`)・°・・・・・ 




(´・ω・`) ・・・・・  (。-人-。) ・・・・・

 





DSC_3082 (800x533)





自然の命に 手を加えてはいけない・・・


そうですね・・・すごく反省しました・・・


悩んだ末に箱ごと外の棚の引き出しの中に・・・





夜中まで あちらこちらに散らばったロビンの子供たちを窓辺の植物の中に届けたり

お蒲団の上で揺れている子を見つけたり

冬を越せないだろう小ささに 申し訳なくて・・・







DSC_2709 (800x533)





そんな騒動から寝坊をして 遅めの珈琲を飲もうとTVにふと目を遣ると

NHKで 絵本作家 甲斐信江さんのお話 『 足元の小宇宙 』 がやっていました

とても素敵な女性で 植物を見つめる目が自分と重なる人です




現在85歳の彼女は 40年前に隣家の火事の類焼によって自宅を全焼

殆どのデッサンを失い しかしながら 雑草の暮らしを数年にわたって眺めているうち

「 安住せよ 細かな事でガタガタ悩むな すべては時間が解決するのだ 」

そう草たちの命から教わり 人生が変わったとお話しされていました







DSC_2684 (800x533)






とても豊かで 穏やかな時間を頂いた遅めの朝



クリスマスは やっぱり素敵・・・

そんな事 思っています






さぁ 今日も私の小宇宙で

夢を ひとつずつ 丁寧に編んで行こう!














まり
ほのあかり コメント:- トラックバック:-

Eve

2016/12/24(Sat) 08:46







DSC_6623 (800x533)





あぁ・・・今年も雪が降らなかったな・・・
トナカイも またストライキだ・・・やれやれ・・・


あの少年は 今年も待っているだろうか






DSC_6422 (800x533)





今年の手紙には なんと書いてあったかのぅ

それが 書いた後でぐちゃぐちゃに消してあったんですよ

それは 何もいらんと言う事か

いや そうじゃなくて・・・

何だか あの少年は色々な事を諦めようとしているみたいで・・・







DSC_6423 (800x533)





一昨年は 『 負けない心 』 を届けてやったじゃろ
昨年は 『 母の掌への地図 』 を届けた筈じゃ
なのに どうしてそんな風になったんじゃろう・・・




このまま放ってはおけまい 手紙の中で読めるところは無いのか?
どれ 見せて見なさい




ん? ここに来世と書かれているみたいだな
来世への願いがあるのじゃろうか・・・







DSC_6425 (800x533)





わしらも今年は 災害に遭った子らが多くて手が足りん
来世への願いなら 天使に頼んだらどうじゃろう




水先案内をしてやれば あの少年は必ず辿り着けるじゃろう




おぉ・・・そうじゃそうじゃ・・・それがいい
今のあの少年に届けるものは ひとつしかないからのぅ・・・








O Holy Night (A Capella) | MattNickleMusic








DSC_6415 (800x533)





あれ? 可笑しいな天使が見える
これは 夢の中かなぁ・・・
何でそんなところにふわふわ浮いているの?



私はサンタクロースのお使いよ
あなた 来世にお願いがあるんでしょう?
今歩いてる道は 今生で途切れると思ってるのね




お願い事は もうしないんだよ
したってしょうがないもの
来世なんて何処にも見えないし もういいんだ




あら 目で見ようとするから見えないのよ
ほら 目を閉じて・・・
見える?あなたの歩いてる道
すべての道は 来世まで繋がっているのよ


さぁ 歩いて進んでごらんなさい
光の道が あなたを案内してくれるでしょう






DSC_6638 (800x533)




わぁ・・・ほんとだ・・・
きれいだね 眩しいよ・・・でも・・・
本当に 来世まで繋がってるの?





DSC_6745 (800x533)




あれ? 天使さん何処? 何処にいるの?
ボク一人じゃ どうしたらいいのか分かんないよ






DSC_6664 (800x533)





あぁっ 雨だ! 光の雨が降って来た!
大変だ ずぶ濡れになっちゃうよ



あれ? あんなところに建物が見える






DSC_6692 (800x533)




取り敢えず あそこに行って見よう




DSC_6674 (800x515)




うわぁ きれい・・・ ここは教会みたいだ
入っても怒られないかしら・・・






DSC_6770 (800x533)





だぁれもいない・・・
こっそり お祈りしちゃおうかな



神さま・・・ボクは今生では 沢山の責任を抱えているから
もう 何もお願いはありません
でも 来世でクマくんにボクの魂を見つけて貰って
お嫁さんにして欲しいの



だから 今生では出来るだけたくさんの想い出を作って
覚えていて欲しいと思っていたんだけど・・・
でも それも叶わなくなっちゃったんです







DSC_6728 (800x533)





あっ・・・そう言えば天使さんが 
この道は来世に繋がっているって言っていたけど・・・



もし そうなら 来世にクマくんが見つけやすいように
魂をピカピカに磨きながら歩いて行けばいいんだ・・・






DSC_6732 (800x533)





ねぇ・・・神さま
ボク・・・来世への婚活しようかしら



愛は とても難しい形をしていて
それを入れる器は すぐに壊れてしまうんだ



愛を知らなかったクマくんは
それを知った途端 器が壊れてしまったの
ボクは哀しくて すべてを捨ててしまいたかったけれど



もし ずっと道が繋がっているなら
ボクは 何度でも丈夫な器を作って行きたい



あれ・・・何だろう・・・急に眠くなって来た・・・







DSC_6726 (533x800)





おやおや 少年はやっと自分の心と向き合ったみたいじゃな・・・
今年のプレゼントは もう見つかったようじゃ



どんなに苦しい時も辛い時も 『 夢見る事を忘れない心 』







DSC_3884 (800x533)





『 夢は 生きる力になるよ 』



いつも少年が口癖のように言っておった言葉じゃ
箱に入れてしまっておっては 心が錆びてしまう
また再び 生きる力を取り戻せるよう夢を抱いて
周りの人に感謝して 学びながら歩いて行けるじゃろう



諦める事ばかりしていては 命はひとつも輝かん
ゴールは まだ先の先じゃ



さぁて どんな顔をして目覚める事やら・・・







DSC_3898 (800x533)





大人でも子供でも クリスマスは心楽しい時間です
大切な人に 温かな心を届けられたら・・・




あなたの心に ありがとう・・・
傍にいてくれて ありがとう・・・
生きていてくれて ありがとう・・・
生まれて来てくれて ありがとう・・・
育ててくれて ありがとう・・・
見守っていてくれて ありがとう・・・




沢山のありがとうを 素直に届けたい






DSC_6414 (800x533)





今年は 九州の震災に 新潟の大火もあり
辛い思いを余儀なくされていらっしゃる方々が沢山いらっしゃいますね
未来への足止めをされてしまったような哀しみに
沈んでいる方たちも沢山いらっしゃることでしょう





私からのプレゼントは 何もありませんが
どうか すべての人たちの上に
今宵 温かな時が流れますように・・・




Merry Christmas










まり
夢のお話 コメント:- トラックバック:-

繕い

2016/12/23(Fri) 08:09







Christmas Time Is Here - Daniela Andrade ft. Cutest Dog in the Galaxy









DSC_8725 (800x533)





ほんとに治る?

破れちゃったとこ ほんとに治る?






DSC_8812 (533x800)





ねぇ どれくらいかかるの?

すぐに出来る?

ねぇねぇ おばぁちゃん

あたしも お手伝いしましょうか?

ひとりで大丈夫?







DSC_6515 (800x533)





よかったぁ・・・

心配しちゃった







DSC_0102 (800x533)





あたしの 大切な子なの・・・

もう 怪我させないからね







DSC_0098 (800x533)





いつまでも一緒よ

ずーっとね











まり
ほのあかり コメント:- トラックバック:-

埋葬できない寂寥感

2016/12/22(Thu) 11:16






Edith Piaf - Mon Dieu (My God)










DSC_6931 (533x800)





あぁ・・・混沌の庵の炉に 埋火のように灰を被る

寂寞の雲の中で 光よ貫け

我 心の臓は 割れた音を打ち鳴らす







DSC_3650 (800x533)





自分に都合の良い願いなど きっと神さまの耳を素通りしてしまう・・・




心のすれ違いから 義父をひとりぽっちで逝かせてしまった罪悪感に

3年近く 病気のような寂寥感に苛まれ

義母の見送りは 必ず手を取って・・・と誓っていたのに・・・






DSC_3652 (800x533)





あの夜 突然の義母の危篤の知らせで

息子や年老いた母を叩き起こし連れて行ってから

義母の様態が少し安定したので 長期戦を覚悟





それだったので 年老いた母には辛いだろうと自宅に送り届け

とんぼ返りで施設に戻る途中 目の前に狸が現れた

雪の降る中 道の真ん中でこちらをじっと見ている

その道路は 狸がいるようなところではない

私はバカされているのだろうか・・・

目が覚めたら お蒲団の中だったりして・・・とか考えていたらスマホが鳴った

4時35分 今 息を引き取ったよ・・・叔父からの連絡が来た






後10分だったのに・・・どうして待っててくれなかったのお母さん・・・







DSC_3653 (800x533) (800x533)





20年も係わらずに 最後の3カ月だけ寄り添った子供に見送られ

血の繋がった人に囲まれて逝ってしまった事に

底知れぬ寂寥感が湧いて来る ちっぽけな器しか持たない自分が憎らしい




ずっと苛まれて来た罪悪感を 少しでも軽くしたいという

身勝手な想いは 打ち砕かれ

空洞を吹き抜けてゆく北風は 人生に台本など無いと嘲笑う







DSC_3476 (800x533)





親戚の方々は その狸はお母さんだったんだよ きっと

もう待てないから逝くねって 知らせに来たんだよって言ってくれるけど・・・



時間があるとつい考えてしまって いつの間にかぽろぽろ涙が落ちてしまうから

取り敢えず 忙しくお仕事に没頭して 疲れ切って泥のように眠りたい







DSC_7029 (533x800)






今生での願いなど 自分勝手な事ばかりで

もう何も 願ったりしない・・・

もう何も 誓ったりしない・・・












まり
コメント:- トラックバック:-
 Home  Prev

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク