花の足音

2017 / 02
01≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 ≫03

丸窓

2017/02/16(Thu) 13:54






Cannonball Adderley - Sack O' Woe




我が影はテーブルを叩き もう一杯!と叫ぶ

もう一杯! もう一杯! もう一杯!

足を踏み鳴らし 頭を振る

まるで何かを身体から追い出すように・・・





トラブルと手なんか繋がない

もう 二度と・・・

音は 抱きとめる場所がなければ流れない

あの音はひとつ処へ向かっている

それが事実




もう あの店には行かない・・・







DSC_9453 (800x533)





あぁ・・・私の胸を叩く波よ どうか凪いでおくれ

あぁ・・・私の心を嚙み千切る刃を立て

陽射しに雑じり渦を巻く



水面に薄氷を張り渡して この波を押さえておくれ

存在の意味を知る術もなく

抗う事も出来ない この遣る瀬無さが

私を水底の泥の中へと誘う




糸電話の糸をピンっと張った線など 何処にもない

窓の形は 窓の望む形

三角の窓の外は 三角の空 三角の花 三角の雫 三角の太陽







DSC_1724 (800x533)





線を求めぬ三角の意志・・・

私を引けば 線になる・・・




喜びも哀しみも 線になる・・・




そうして私はひと粒の ドットになって消えてゆく・・・







DSC_9679 (800x533)






いくつもの私が咲いて 一輪のまぁるいお花になりたい・・・





丸窓から手を振って おはようって微笑んで

涙もいつもまんまるで 愛もひと粒 まんまるで

叩かれたなら転がって ぶつかってもやわらかく






誰もチクンってしなくって・・・




誰もチクンってしなくって・・・













遠き落日の声 響けり

何処より…何処より・・・










まり
コメント:- トラックバック:-
 Home 

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク