花の足音

2017 / 03
02≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫04

いつか

2017/03/22(Wed) 15:14
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
夢路 コメント:- トラックバック:-

迷子になりました の巻 Ⅲ

2017/03/22(Wed) 12:32







Hélène Grimaud - Mozart - Piano Concerto No.23, 2. Adagio (Official Video)











DSC_1203 (800x533)
「 平常心 」





ここまで戻れたら もうひと安心と思った途端

梅のお花が目に飛び込んで来ました

残念ながら枝垂れ梅は無く 紅梅を眺めました





風にたなびく平常心 

揺れては綻ぶ しあわせの数









DSC_1199 (800x533)
「 恋心 」





深窓の内に色付く 恋心

相まみえれば 白雲に紅 










DSC_1206 (533x800)
「 ひと筋 」





ひと筋に流る想い 咲き続く

分け入る深山の 懐深きに










DSC_1244 (533x800)






車を見つけた安心感や 歩き通せた達成感や

苦しみの終わる喜びや 道々励まされた景色や

色々な気持ちが 急に溢れて来て

何だかとても 喉が渇きました




然し 目の前の井戸に釣瓶は無く

そこに射し込まれて来た紅い光を振り返った時・・・・









DSC_1240 (800x533)






おーい! と私を呼ぶ声が聴こえたのです






どうした事か 足は車を通りすぎ只管に高台へと動き出しました

もう 歩かなくていいのに・・・

もう 車のシートに凭れて身体を休められるのに・・・

もう 一歩たりとも動けない状態なのに・・・









DSC_1220 (800x533)






早くしないと 見逃してしまう・・・

きっと・・・と信じる情景を見逃してしまうような気がして

それは別に 特別なものではなかったのですが

私にとっては 心に描いた大切な瞬間で・・・








DSC_1219 (800x533)







ついさっきまでの目的は 車に辿り着く事でした

車は見えませんでしたが 必ずそこにあるものだと

絶対的な信頼に向かい 只管歩いて来ました




目的地に着きさえすれば 深い安堵が私を包んでくれる筈でした

然し 辿り着いた途端 もっと深く願って止まない情景に向かい

足は動き出したのです









DSC_1222 (800x525)






お彼岸に迷子になった事は 私には大きな意味がありました

自分と向き合う必要があったのだと思います

先に旅立った愛する人たちは 苦しい時私にいつもヒントをくれます

その度 泣いて心が浄化されて来たように思います









DSC_1213 (533x800)






私の目的地・・・

それは光なのだと思います

決して失われない 心を透過してゆく眩い光






隣に今 愛する人がいて 同じ光を見ている

そんな瞬間が 私の夢と希望なのだと想います

叶っても 叶わなくても

そこに向かってなら 歩き続けられる気がするのです






それが 今 私の生き甲斐となっています

そうして 苦しい時 もうダメだと思う時

水先案内を受けたり 色々な景色に励まして頂きながら

こうして 生きる甲斐を持ち続け

歩かせて頂いている 自分を見つけました









声を聴く 草の庵に梅香は薫り

臥しても絶えぬ 光見つめる

君捨てぬ夢が いつしか溢れ出て

我が瀬に届く 待つ日々の夢









お彼岸前に頂いた新薬を試しているせいか

酷く体調を崩すことなく 何とか乗り切れたようです

いつも見に来て頂いてありがとうございます











まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

迷子になりました の巻 Ⅱ

2017/03/21(Tue) 11:44







Christian Willisohn - Blues In My Bottle











DSC_1165 (800x533)






散策道を出て暫く歩くと 広い川がありました

多分 こっちへずっと行くと簗があり・・・たぶん・・・







DSC_1168 (527x800)






こっちが上流かな?




どっちにしても ここはどこ?

夕陽がきれいで眺めていたいけれど

暗くなる前に車までたどり着かなければ・・・








DSC_1170 (533x800)







こんな時に限って 重装備に大きなバック

マクロレンズの重さが肩にずっしり・・・

高台で写真を撮るつもりだったので冬仕様です








DSC_1172 (800x520)







この橋を渡りたいけど 今ばかりは戻らねばと踵を返し

恐らく夕陽を背に歩けば戻れるかしらと歩き出しましたが・・・




そうなんですよね・・・

考えて見れば川を渡り かなり高台まで車で上って城址公園へ行ったんです

そこからタンタンと降りて川・・・

と言う事は・・・車までの道のりはすべて急勾配の上り坂・・・







DSC_1176 (533x800)





ひとり 泣きたい気持ちで気分転換にプチ放浪しに来たと言うのに

違う意味で泣きたくなって 30度坂を延々昇って行けるだろうかと不安になり

呼吸が苦しくて 休み休み蝸牛のように歩き出しました





道案内板は大雑把すぎてよく分からず

時折すれ違う 軽トラのお爺さんお婆さんをヒッチハイクしようかと

煩悩が 後から々ふつふつ湧いて

いやいや 倒れるまでは自力で頑張らねばと

心の中で内戦が激しい火花を上げだしました








DSC_1174 (800x533)






知らない道の先は 色々な事が待っているものですね

昔の侍門を移築した小学校があり 珍しくてカメラを向けました



ここで初めて人がいたので道を訊く事が出来ました

鍬を担いでいたお婆さんが天使のように見えましたよ

観光客と間違われ丁寧に教えて頂きました ありがとうございました








DSC_1177 (800x533)





道の先が見えないと 目的地がとても遠く感じます

苦しいと 余計に果てしなく感じます




今まで こんな時はいつも泣きじゃくって蹲っていました

陽が傾いて 不安ばかりが心を占めて

もう歩けないよと地団駄踏んで・・・








DSC_1181 (800x533)





でも何故でしょう・・・この日は 何故か苦しいのに不安が広がらないのです

知らない景色を見ながら 楽しんでいる自分がいます



道は相変わらず急勾配のまま 胸の痛みは抑える程になって来ました

行き倒れになりそうです・・・









DSC_1184 (800x533)






ふっと道端に 芭蕉の句碑を見つけました



なぁんだ あなたの道の上でしたか・・・








DSC_6273 (800x533)





ねぇ・・・芭蕉さん 私も馬に乗せてくれませんかね・・・

徒歩じゃぁきつくて・・・






脂汗が出て来てその場に蹲り 少し気が遠くなった時でした

横に目をやると 見た事のある鳥居が見えました








DSC_1186 (533x800)







目的地までは もうすぐです

少し休んだら元気が出て来ました






目的地・・・それは何でしょう

目的地・・・ それはどんなものでしょう






兎に角 立ち上がる事が出来ました







つづく









まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

迷子になりました の巻 Ⅰ

2017/03/20(Mon) 17:29






John Williams plays Sueno en la Floresta










DSC_1127 (533x800)






お彼岸の入りを迎え 

それから少しお彼岸には似つかわしくない出来事があり

睡眠不足で二日間 あちらのお寺こちらのお寺を回り

昨日は夕暮れを前に ちょっとプチ放浪




枝垂れ梅が見たくて もしかしたらあるかも知れない処へ・・・








DSC_1142 (800x532)






たまには 現実逃避したい事もあるの・・・

橋を渡ると ちょっと違う世界に行けるような気がします・・・








DSC_1141 (800x511)





良い眺めじゃのぅ・・・なんて

ここからは 黒羽城下を一望する事が出来ます







DSC_1144 (800x533)





松尾芭蕉の記念館の下を潜り抜けると

道案内の矢印が二手に分かれていました




行った事のない方に行って見ようかな・・・







DSC_1149 (800x533)






だって・・・夕陽に向かって歩きたかったんだもん





こんな道がとても好き

樹々の間に射し込む光りが眩しくて

吸い込まれるように進んで行きました







DSC_1155 (800x526)






色々なシーンで 何度も出逢う分かれ道

いつもどんな風に選んで来たんでしょう・・・







DSC_1159 (800x481)







自然林散策道 と書かれた矢印の道に

少しワクワクしていました








DSC_1160 (800x544)






先が見えないせいか どうしてももっとこの先が見たくなり

下りの道だったので 足が自然に進んでしまいます







DSC_1162 (800x533)






ずいぶん曲がりくねって急勾配の道

このまま降りて行って大丈夫かしら?



急に不安になって来ました



でも ずいぶん降りてしまって引き返すのも大変そうです

このまま降りたら 平坦な道を歩いて戻れるんじゃないかしら・・・







DSC_1163 (800x533)







自分が方向音痴なのもすっかり忘れ

身体がそう辛くなかった下りの道をリズムカルに降りて行くと

目の前に 見た事も無い景色が広がりました








DSC_1164 (800x533)







川です・・・







ここ どこ?!?!?!







つづく









まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

あなたがいない・・・

2017/03/20(Mon) 01:00
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
夢路 コメント:- トラックバック:-

お彼岸の入り

2017/03/17(Fri) 11:32







朝崎郁恵『阿母』 ANMA by Ikue Asazaki











DSC_0909 (800x533)







石の上にも三年・・・





三年も座っていたら 石は温まり意志は固まる






ねぇ お父さん どうして三年が必要なの?

もう分かってるのに 三年もいらないのに・・・






子供の頃地団太を踏んで よく父を困らせました







その先に 見えるものがあるんだよ

いつも微笑みながら 答えてくれた父でした








DSC_0912 (800x533)







同じ景色を眺めながら 繰り返し自己と問答をする

世の中のスピードが速まる中で 変わらぬものを見つける








DSC_0963 (800x510)







繰り返しの中で 本物の目を開いてゆく事の大切さを求める

捨てる事では新しくはならない・・・それは砂上の楼閣・・・









DSC_0987 (800x533)







苦しい時ほど逃げずにいるんだよ って父の残してくれた言葉を

何故だか朝から想い出す お彼岸の入り・・・





気が付けば 子供にも同じことを伝えている・・・










DSC_0976 (800x533)







彼岸から エールが届く

生きる術を 間違わずに伝える心






いつも見守っていてくれて ありがとうございます





此岸から 感謝を届ける

生きる力を 私の心に残してくれた







お父さん・・・ 明日逢いに参ります  















まり
夢の途中 コメント:- トラックバック:-

時間と距離

2017/03/16(Thu) 10:07






Yuki Matsui - Hanamizuki ( LIVE 2013 )










DSC_0955 (800x533)






後悔をする・・・

息を吸うように 吐くように

後悔をする・・・





そんな時間を仕舞い お早う と微笑む








DSC_0956 (800x533)






愛する人の心に添える時間は

神さまからの大切なGIFT

時間は有限なものだから

今 自分に出来る事を想う








DSC_0943 (800x533)






北帰行の前に と 昨日白鳥に逢いに行きました

苅田の跡地で過ごしていたせいか 白い鳥ではなくなっていました

来年 また真白になって戻って来てねと言うと

来年の事など分からん と言われ

じゃぁ もう一度来るねって言って別れました








DSC_0863 (800x533)





時間は 喜びや悲しみを作る

待つ豊かさや すれ違う哀しみの距離

水底の凍えるような寒さや

地中深く眠る種の目覚め






DSC_0853 (800x533)
姫アヤメ





哀しみを薄めるお薬

喜びを膨らます緩効性肥料

冬は昼間が短いのに 長く感じて

春は昼間が長いのに 短く感じる







DSC_0866 (800x533)
銅葉リュウキンカ






時を味方に付けて

少しでもたくさん 愛の傍にいよう

共に育んだ 愛の傍にいよう

その宝物から 瞳を逸らすことなく

今 想いを込めてこの時を見つめて・・・










まり
夢の途中 コメント:- トラックバック:-

想いを込めて・・・

2017/03/15(Wed) 19:34
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
夢路 コメント:- トラックバック:-

口の端を汚しても

2017/03/15(Wed) 10:57






Shigeru Umebayashi - Lovers









DSC_0874 (800x526)






とある町・・・





質素な禅寺の裏門を潜る

想う事あり

想う事あり

世の騒がしきことに 想う事あり





口を持たずば撃たれまいとて それも口

耳も立てず 口も持たなくば

何の生きるがあるだらう





せめて耳を立てず 曲がらぬ口で詩を詠もう

せめて 透明な歌を聴こう

光りが歪まぬように・・・








DSC_0892 (800x533)





春は光 魂の輝き

窓の外は吹雪いているが

私の心には光射し

影も薄れて透過する








DSC_0898 (800x533)





光りのお喋りはシャラシャラと胸を過ぎる

心地よい風に揺れ 樹々の芽も揺れる







DSC_0900 (800x533)





禅寺の庭を眺むる

相対する 白き山と黒き山

その周りにあるものは・・・




景観がその山を創ると言うのならば

その山を眺めたくば周りを見渡す





暫くして 鐘楼から鳴り響く音 これ在り







DSC_0889 (800x533)





梅一輪 口を開けば やはりただ

想う事を呟きて・・・




想わぬ事は 口に出来ぬと・・・












まり
コメント:- トラックバック:-

温かい場所

2017/03/14(Tue) 11:27






STYX- "Show Me The Way"









DSC_0546 (800x534)





逞しくならないと ダメですか






DSC_0548 (800x513)




向かい風にも抗えないと ダメですか






DSC_0552 (800x527)




上手に着地できないと ダメですか





DSC_0566 (800x501)





少し色が違うと ダメですか






DSC_0583 (800x544)





保護色のような場所に居ないと ダメですか






DSC_0598 (800x500)





一人で考えられるようにならないと ダメですか






DSC_0388 (800x542)





温かいお風呂に入って






DSC_0391 (800x555)





ホッとしたい・・・







DSC_9091 (800x561)





温かい場所 好きなんだもん・・・















まり
夢の途中 コメント:- トラックバック:-
Next Home  Prev

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク