花の足音

2017 / 03
02≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫04

どこまでも繋がる平らかなまる

2017/03/12(Sun) 11:24






Ralph Vaughan Williams - The Lark Ascending








DSC_3451 (800x533)






あの尾根伝いに逃げ出して 遠くの街に逃げ込んだ時

心 越境してもと あなたは隣にいてくれました








DSC_2400 (800x590)





たとえ あなたが遠くの街にいても

私もまた丘を越え 逢いに行ってしまうのです







DSC_0766 (800x533)





気が付けば 心の壁は取り去られ

地球儀は 平らな紙になりました







DSC_0768 (800x528)





大きなまるの真中に立ち

雲雀の声を聴いています







DSC_0769 (800x533)






あなたの苦しみが少しづつ 薄皮を剥ぐように 

軽やかに響いてくるような気がします







DSC_0782 (800x533)






見渡せば 高いお山に囲まれて

どちらを向いても 行き止まりになりそうで







DSC_0773 (800x533)





抜け道が どこかにあるような気がして

私もずっと 姥貝ていたような気がします







DSC_0772 (800x533)






だから ただ愛したのです

精一杯 愛したのです







DSC_0771 (800x533)





何故 あなたでなければいけなかったのか

それは 神さまにしか分かりません

心が 愛してやまなかった魂です






DSC_0775 (800x539)





愛は 私に この空をくれました

下ばかり向いている私に 

どこまでも繋がっている この大空をくれました







DSC_0778 (800x534)






あなたを愛して良かったと 心の底から想います

頂いたご縁の意味も知らぬまま 私はお空に浮かびます






雲雀の声を聴きながら・・・

今も尚 心のままに















まり
夢の途中 コメント:- トラックバック:-
 Home 

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク