花の足音

2017 / 03
02≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫04

迷子になりました の巻 Ⅱ

2017/03/21(Tue) 11:44







Christian Willisohn - Blues In My Bottle











DSC_1165 (800x533)






散策道を出て暫く歩くと 広い川がありました

多分 こっちへずっと行くと簗があり・・・たぶん・・・







DSC_1168 (527x800)






こっちが上流かな?




どっちにしても ここはどこ?

夕陽がきれいで眺めていたいけれど

暗くなる前に車までたどり着かなければ・・・








DSC_1170 (533x800)







こんな時に限って 重装備に大きなバック

マクロレンズの重さが肩にずっしり・・・

高台で写真を撮るつもりだったので冬仕様です








DSC_1172 (800x520)







この橋を渡りたいけど 今ばかりは戻らねばと踵を返し

恐らく夕陽を背に歩けば戻れるかしらと歩き出しましたが・・・




そうなんですよね・・・

考えて見れば川を渡り かなり高台まで車で上って城址公園へ行ったんです

そこからタンタンと降りて川・・・

と言う事は・・・車までの道のりはすべて急勾配の上り坂・・・







DSC_1176 (533x800)





ひとり 泣きたい気持ちで気分転換にプチ放浪しに来たと言うのに

違う意味で泣きたくなって 30度坂を延々昇って行けるだろうかと不安になり

呼吸が苦しくて 休み休み蝸牛のように歩き出しました





道案内板は大雑把すぎてよく分からず

時折すれ違う 軽トラのお爺さんお婆さんをヒッチハイクしようかと

煩悩が 後から々ふつふつ湧いて

いやいや 倒れるまでは自力で頑張らねばと

心の中で内戦が激しい火花を上げだしました








DSC_1174 (800x533)






知らない道の先は 色々な事が待っているものですね

昔の侍門を移築した小学校があり 珍しくてカメラを向けました



ここで初めて人がいたので道を訊く事が出来ました

鍬を担いでいたお婆さんが天使のように見えましたよ

観光客と間違われ丁寧に教えて頂きました ありがとうございました








DSC_1177 (800x533)





道の先が見えないと 目的地がとても遠く感じます

苦しいと 余計に果てしなく感じます




今まで こんな時はいつも泣きじゃくって蹲っていました

陽が傾いて 不安ばかりが心を占めて

もう歩けないよと地団駄踏んで・・・








DSC_1181 (800x533)





でも何故でしょう・・・この日は 何故か苦しいのに不安が広がらないのです

知らない景色を見ながら 楽しんでいる自分がいます



道は相変わらず急勾配のまま 胸の痛みは抑える程になって来ました

行き倒れになりそうです・・・









DSC_1184 (800x533)






ふっと道端に 芭蕉の句碑を見つけました



なぁんだ あなたの道の上でしたか・・・








DSC_6273 (800x533)





ねぇ・・・芭蕉さん 私も馬に乗せてくれませんかね・・・

徒歩じゃぁきつくて・・・






脂汗が出て来てその場に蹲り 少し気が遠くなった時でした

横に目をやると 見た事のある鳥居が見えました








DSC_1186 (533x800)







目的地までは もうすぐです

少し休んだら元気が出て来ました






目的地・・・それは何でしょう

目的地・・・ それはどんなものでしょう






兎に角 立ち上がる事が出来ました







つづく









まり
スポンサーサイト



お散歩 コメント:- トラックバック:-
 Home 

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク