花の足音

2018 / 01
12≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫02

睦月の終わり

2018/01/31(Wed) 11:10





DSC_8789 (800x504)




にわとりが とやにつけば

鮮やかな彩は 白い大地を闊歩する





DSC_9116 (533x800)




人は寒さに震え 歩を止めて

月に影遊ぶ夜を待ち

如月への船に乗る








Tom Waits - Grapefruit Moon








DSC_8791 (800x517)




鮮やかな彩は 白い大地で朝餉をとり

今日の糧に 感謝をする





DSC_9119 (533x800)



人は氷にさえ 温もりを感じ

ほんの一滴 したたる露を

喉の奥へと 注ぎ込む





DSC_9132 (800x533)



ペアガラスの内側 初めて凍る冬

-12℃の朝





DSC_8716 (800x533)




睦月の終わりです

柚子まんじゅうをどうぞ




だいぶインフルエンザも流行っているようです

後2週間ほど続く寒気を 乗り越えてゆきましょうね

舞茸など良いようなので なるべく体に入れたいものです

今夜は皆既月食で満月です 雲が出ないといいですね

あなたと同じお空の下で 同じ月を眺めましょう









まり
スポンサーサイト
透過 コメント:- トラックバック:-

無精髭に新雪

2018/01/30(Tue) 18:35






DSC_9046 (800x533)




火の上に 羽根がゆらゆら舞い上がる

あれはきっと 夕べ千切れた右片の

夢を仰いだ 羽根でしょう



戻っておいで 私の背中に

暗い夜空を飛びましょう

朝が来るまで飛びましょう







Inspiration - Gipsy Kings







DSC_9036 (800x533)



久し振りに 夕陽を見ました





DSC_9025 (800x533)



うれしくなった私は 草の庵で膝枕

あなたのお顔に 蒸しタオル





DSC_9043 (800x533)



無精髭が伸びたわねって

お髭を当たってしまったら





DSC_9074 (800x533)



夜半に雪が降りました

まっしろしろに ふかふかと

しゃぼんの泡のようでした




朝は つるつるぴかぴかに

肌が光っておりました





DSC_8918 (800x533)




早く地面から お髭が生えて来るといいね

うん ふさふさと風に揺れる牧草が観たいね







今日は用事があって 少し外出しました

出先は全面スケートリンクのようで つるつる滑って怖かったです

でも 都会ナンバーの車に煽られ70キロくらいのスピードで追い越し掛けられました

すぐ先が 普段でもとても危険なT字路なのに (T_T)

地元の人は過信しないので そんな危ない運転しません

スリップした事ない人は 怖さを知らないのでしょうか?

怖さを知っている人は もっと命を大切に出来ると思います

車に乗られる方は安全運転 よろしくお願い致します  m(_ _ )m










まり
透過 コメント:- トラックバック:-

見つけよう

2018/01/29(Mon) 10:08




DSC_8632 (800x533)



どこまでと 訊かずば渡れぬ長い川

いつまでと 知っては渡れぬ深い川

生まれ落ちたら ただ泳げ

海原めざし ただ泳げ





DSC_8631 (800x533)



鉛色の道が続いている

あれは 昨日の道だろうか

それとも 去年の道だろうか







Smile/Ann Sally







DSC_8981 (800x533)



骨っぽい・・・ 骨がある・・・ 気骨稜々・・・

骨身に染みる・・・ 屋台骨・・・ 骨を折る・・・

骨まで愛して・・・




骨が ひらひらと泳いでいる






DSC_8984 (800x533)




温かなお水の中は いつも春のようで

いいなぁ~と眺めていたら・・・






DSC_9004 (800x533)



えぇっ? 赤ちゃん?

いつの間にか ブラックモーリーが2匹誕生!


可愛い~♪  ただいま5ミリくらいかな?

家族が増えました ^^  






DSC_9056 (800x528)



クマくんとネコは いつも仲良し

カップの後ろには こう書いてある

「 Hello my old friends 」

春の陽だまりを思い浮かべながら

レディーグレーの紅茶を注ぐ・・・





DSC_5104 (800x533)



冷えたマシュマロチョコバーを 温かなお部屋で食べましょう





今年は寒いので 5年ぶりに諏訪湖の御神渡りが観られるかも知れませんね

昨日YouTubeで映像を見てワクワク 神さまの足跡観たいです

寒い日々の中で 一日ひとつ春を見つけましょう

耳を澄まして・・・ほら 聴こえませんか? 春の足音









まり
透過 コメント:- トラックバック:-

Come On-a My House

2018/01/28(Sun) 21:48




DSC_8760 (800x519)




ねぇ・・・甘い物は如何?

露が滴るようなお蜜柑

蜜が透けるようなお林檎

何も見つからない ましろな大地で

鳴く事も出来ず震えているなら

うちへおいでよ 私のおうちへ







Come On-A My House - Julie London







DSC_8793 (800x592)



天草のお蜜柑を お裾分け

あまーいのよ




DSC_8839 (800x534)



お腹空いてたのね

でも そんなに慌てないで




DSC_8855 (800x534)




今年は 小鳥たちがお庭に遊ぶ姿が無く

何処に行ってしまったのかしらと思っていましたが





DSC_8872 (800x522)




今日初めて 団体さんの訪問を受けおもてなし ^^




DSC_8954 (800x603)




たくさん 食べてね





DSC_8971 (800x591)




辺りが真っ白になってから もう一週間です

ご飯が見つからないんでしょうね

早く地面が観えるようになるといいのに・・・











まり
透過 コメント:- トラックバック:-

自然なかたち

2018/01/27(Sat) 23:02




DSC_7749 (800x572)




「素直な疑問符」


小鳥に声をかけてみた
小鳥は不思議そうに首をかしげた。

わからないから
わからないと
素直にかしげた
あれは
自然な、首のひねり
てらわない美しい疑問符のかたち。

時に
風の如く
耳もとで鳴る
意味不明な訪れに
私もまた
素直にかしぐ、小鳥の首でありたい。


                         吉野弘








DSC_8644 (800x533)



雪の上に走る光が 真っ直ぐに広がっている

まるで 心が破裂したように

毎晩繰り返される 小さな爆発の火花は

外へ外へと伸びてゆく

もう いつかのように

内へ内へと 伸びる事は無いでしょう






DSC_8700 (800x533)





冬にお花はいりません 夏に雪がいらないように・・・

ターシャは 微笑んで言うけれど

私は欲張り絶えられず 時々お花を求めます

冬のましろなケント紙に 淡いお花を描きます

夏の緑の草原に 白いお花を描くでしょう

降るように舞うように 辺り一面に散りばめて






DSC_7748 (800x567)
 



あのね 写真がなくなっちゃったの・・・

どうしよう 夢が見れなくなっちゃう








Benny Goodman - Sing Sing Sing (with a swing) 1935



毎日寒くて体が硬くなっていませんか?

久し振りに踊っちゃいましょう♪








まり
透過 コメント:- トラックバック:-

心の体験

2018/01/26(Fri) 18:00




DSC_8570 (800x534)



あなた 水加減は如何ですか?



自分で確かめてごらんなさい



えぇ・・・でも 冷たそう・・・風邪ひいちゃうかも・・・






DSC_8571 (800x534)



まぁぁ・・・お水の中の方が温かいのね

それなら 温かいよって言ってくれればいいのに・・・





それじゃぁ 感覚が薄まってしまうよ きっとね

自分で体験してみようと言う情熱が大切なんだ

魅力的な欠片を見つけて それをもっと調べてみたいと思う

何度も考えて もっと理解したいと思う

それが 本当の学びでしょう?



 
学びて時に之を習う。亦説(よろこ)ばしからずや。







Parov Stelar - The Mojo Radio Gang







DSC_8649 (800x558)



吹雪に霞む月夜も・・・





DSC_8674 (533x800)



朧げな 白昼夢のような陽差しも・・・





DSC_8696 (800x533)



いつも 光りはチラリズム





DSC_8693 (800x533)



中々溶けない 雪の中





DSC_8688 (533x800)



時に 硬く凍て付いて





DSC_8677 (800x541)



時に ぼんやり見失い





DSC_8413 (800x533)



だけれど ずっと待ち続けている

ドキドキしながら 知る時を





DSC_8409 (800x533)



待つといふことのゆたかさ牡丹の芽     斎藤道子



体験は いつも心を温めてくれる・・・





DSC_8402 (800x533)



雪の中 たった一輪の福寿草を見つけたくて歩き続けるように

意思を持たない磁石の針が 遠き光を差し示す

まるで 心が吸い付けられるように・・・







其処にはいつも愛があるから・・・






雪の降る前の日 福寿草が一輪だけ咲いているのを見つけました ^^







まり
透過 コメント:- トラックバック:-

春の声

2018/01/25(Thu) 15:17





DSC_8564 (800x492)




氷の下 深く眠る春よ

頭上で遊ぶ 冬の子らが

凍てた風に 身を震わせて

まだかまだかと 鳴いている





DSC_8565 (800x524)



冬の大人が 固き嘴で叩き

湖面に 小さな穴を開け

苛立つような 足踏みで

少しずつ ひび割れてゆく






DSC_8566 (800x533)



春が ふぅっと溜息をついた・・・







Skylark - Anita O'Day (1941)







DSC_8568 (800x534)



何処に行くんだい?



えぇ ちょっと春を探しに・・・






DSC_8583 (800x564)



まだだろう?


分からないじゃない 行って見なくちゃ・・・


でもさぁ 寒くて耳が千切れそうだよ!


そうね 寝床も1℃しかなかったわ・・・





DSC_8585 (800x533)



風が出て来たね 飛ばされてしまいそうだよ




もう少しだから・・・きっと・・・

このままだと みんな凍りついちゃうもの

探さなくちゃ・・・





DSC_8593 (533x800)







DSC_8609 (800x533)



ほら! ねぇ 見つけた!

見て見て! 春はちゃんと目を覚ましていたでしょう?





DSC_8605 (800x533)



こんなに寒いのに 紅梅の蕾がこんなに膨らんで・・・

あぁ・・・春はこんなに近くまで来てるのね・・・





DSC_8639 (800x533)



あっ! ほらほら マンサクも咲き出してる

きれいね・・・きれい・・・

あぁ・・・春の色ね・・・





DSC_8637 (800x534)



春はきぬ 春はきぬ

甘き香りの 膨らみや 

陽だまりのような 黄金色



そっと 両手で受けましょう

しろき大地に 耐えて聴こえる

生まれたての 春の声





春はちゃんと歩き続けて すぐ傍まで来ていました

何だか 掌に落ちて来てくれないかなって

うれしくて両手で受けてしまいました 

毎日寒い日が続いていますが 頑張りましょうね ^^








まり
透過 コメント:- トラックバック:-

ツグミの歌

2018/01/24(Wed) 10:59





DSC_8467 (800x533)




前へ・・・

お陽さまは歩いてゆく

夜に 僕らは一日の物語を終え 

暖かい布団の中に身を埋め 深く眠るけれど





DSC_8490 (800x533)



朝が来れば 誰よりも早く新しい頁を照らし

梢の影で ペンを作り

今日の物語を待っている





DSC_8491 (800x533)




どんな物語になるのかな

どんな一日になるのかな

どんな音が聴こえて来るかな








美輪明宏 PARLEZ-MOI D'AMOUR Akihiro Miwa







DSC_8505 (800x533)



風の通り道は まるで毛嵐のよう





DSC_8506 (800x533)



おませだった僕が 霞の中に立っている





DSC_8499 (800x525)




こんな景色の中で どうして想い出すのだろう・・・




ドキドキしながら 細い階段を降り

緊張して気が遠くなった 銀パリの夜

死ぬほど寒かった 赤テントの隙間

銀座線の 暗くなった瞬間 

雲が 身体を突き抜けた朝

白い息が きれいだと思った夜







DSC_8507 (800x533)




波が運んで来るんだ





DSC_8521 (800x533)



互い違いに 寄せて来るんだ




DSC_8553 (800x558)



ツグミが 歌を歌うんだ









まり
透過 コメント:- トラックバック:-

静寂

2018/01/23(Tue) 16:20




DSC_8493 (800x525)




山里は 冬の中に思うのだ

雪が これほどに白いものだと

目に映る 是々非々埋め尽くし

やわらかな白さに 眠るのだ

冬の夢は静寂の中 鳥も貉も眠りにつき

無音と言う音だけが 響くのだ








Air on the G String (Suite No. 3, BWV 1068) J. S. Bach, original instruments








DSC_8503 (800x533)




夜半まで降り続いた雪は止み

静かな朝を迎えました





DSC_8504 (533x800)



重たそうな綿帽子が 其処此処に





DSC_8509 (800x533)




あまりに美しかった 雪上の光り





DSC_8525 (800x533)




食べきれそうにない 大盛りのアイスクリーム





DSC_8527 (800x534)




凍りついた窓辺に咲いた 冬の花






DSC_8540 (800x533)



夕べ 夜なべをして作り終えたカーテン

朝陽が当たると 透けてきれい






DSC_8537 (800x533)




うららはポカポカ

しあわせそう・・・





DSC_8446 (800x527)




昨日煮たジャム

土佐文旦のマーマレード

ふじとレモンのジャム( 何故かピンク色になりました )






DSC_8487 (800x498)



早速 クリームチーズとマーマレードで・・・





DSC_1857 (800x533)



夕べも今朝も 大変でしたね

転ばないように気を付けてね

この後 もっと寒くなるとか・・・

此方は木曜日まで雪マークです

寒波が去るのをじっと待ちましょうね



夕べのニュースで じっと黙ってバスを待つ大勢の人々の映像を見て

震災の夜  真っ暗な道に真っ直ぐ続いていた人並みを想い出しました

本当に 日本人てすごい・・・

私もその欠片だから 頑張ろう・・・






DSC_8546 (800x533)




えぇっ! また雪?

降ったり止んだりです

今夜も 積もりそうですね








まり
透過 コメント:- トラックバック:-

雪の夜

2018/01/23(Tue) 00:59





DSC_8463 (800x503)




まぁぁ・・・すごい雪

あらあら びしょ濡れじゃない

これ使って下さいな 風邪ひいちゃう

ずいぶん降ってますねぇ・・・

帰って来るのも大変だったでしょう






DSC_8460 (800x533)




この分じゃぁ もう少し積もりそうねぇ・・・

融雪剤は撒いたんだけど 追いつかないわね








Stacey Kent - Quiet nights of quiet stars (Corcovado)








DSC_8081 (800x533)




こんな日は コトコト厚切りのお大根を煮る

ゆっくり時間を掛けて 味が中までしみると美味しい

冬 土の中に囲っておいた大根は瑞々しくて

お店で買うものとは比べ物にならない






DSC_8092 (800x533)



さぁさ 煮えましたよ

温まるから どうぞ

寒かったでしょう






DSC_7711 (800x533)



でもきっと 街の人は慣れないからもっと大変ね

明日の朝が ツルツルで恐いわね





DSC_8456 (800x533)



私は今日は お籠りしてたのよ

ジャムを作ったり カーテンを縫ったりね

何だか普段より忙しかったわ のんびりするつもりだったんだけど





DSC_7467 (800x533)



はい 和風ミートローフです

鳥のひき肉に 八丁味噌で風味を付けて

牛蒡と京人参と枝豆を入れて焼いてみました





DSC_2870 (800x533)




産直で菜の花を見つけたのよ

ちょっと早いけど 何だかうれしくて・・・

春の香りでしょう?






DSC_8451 (800x533)




ねぇ あなた

このまま 雪に閉じ込められちゃうかも知れないわね・・・




何よ 困った顔なんかして・・・いやぁね・・・


私は ちょっとうれしいのに・・・









まり
ご飯 コメント:- トラックバック:-
 Home  Prev

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク