花の足音

2018 / 02
01≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 ≫03

ほろ苦い春

2018/02/28(Wed) 11:04





DSC_0772 (800x533)




春に恋した大地の情熱が 雲を縒り銀のモールをお陽さまに投げる

グイッとゆっくり手繰り寄せれば 春の恵みが顔を出すのさ

ほろ苦い香りがするよ 青い青い香りがする








Bill Evans - April in Paris







DSC_0797 (800x533)




淡い光に起こされて 春がヨチヨチ歩きだす

もういいかい まぁだだよ

もういいかい もういいよ






DSC_0786 (800x533)




ブルーベルが鈴を鳴らし おはよう・・・と笑う





DSC_0799 (800x533)



微笑みが バトンを渡すんだ

ボクは 大地をノックして歩く

ほらほら 何時まで寝てるんだい?

如月にさよならしなくちゃ







DSC_0804 (800x533)



膨らんだ膨らんだ ぷっくりとまんまると

八つ房蝦夷松の赤ちゃんの芽





DSC_0819 (800x533)




PCが やっと見やすくなりました (*´艸`*)

今度はジョン・レノンモデルのまんまる♪

おっちょこちょいで すぐ落としてしまうから

ビーズのチェーンを付けました





DSC_1857 (800x533)




昨日は 知人から蕗の薹をたくさん頂きました

春だぁー!と うれしくなり

今朝は お庭に遊ぶハナアブを見つけ

チューリップの芽も出始めていました




何処までも続いている 季節の回廊を

一杯の珈琲の香りと共に ゆっくり歩いてゆこう

時に先回りして 時に置いて行かれそうになりながら

今に触れてゆこう・・・








DSC_0598 (533x800)
観音菩薩立像 『夢違観音』










まり
スポンサーサイト
透過 コメント:- トラックバック:-

トントントン・・・

2018/02/27(Tue) 18:58






DSC_9094 (800x566)




言葉に表せない心を モールス信号に変換してみる

トントントン・・・コツコツコツ・・・

聴こえたかな?






DSC_9089 (800x543)




聴こえたよ

お返事を打たなくちゃ

トントントン・・・コツコツコツ・・・





楽しそうなお話が 聴こえて来る

お山の中で 音が響くよ









Jill Barber - A Kiss To Build A Dream On







DSC_0729 (800x533)



雪が融け始めると 小川の水は勢いを増し

蛍の里は潤います






 DSC_0727 (800x511)



鳥たちは 啓蟄の日を待ちながら

お散歩を 楽しんでいるようでした






DSC_0712 (800x533)




お庭のフレームの中では 翁草が咲き始め

産毛が きらきらと輝いていました






DSC_0311 (800x533)



重ねた想いの 衣はかろく

真綿のように 温かい





DSC_0503 (800x533)



憧れや溜息の 空気をたくさん含ませて

ふんわり自由に広がって お空に昇ってゆけそうで

 



DSC_0509 (800x533)



寒い夜には いく重にも 

この身を 包んでくれそうで・・・








DSC_0605 (581x800)
阿弥陀如来坐像




DSC_0603 (449x800)
千手観音像









まり
透過 コメント:- トラックバック:-

初梅

2018/02/26(Mon) 11:36





DSC_0723 (800x533)




名のみの春と 思いきや

野焼きのけぶる 山里で

見つけた初梅 頂いて

手紙に一枝 添えました








桃山晴衣の端唄/梅は咲いたか Harue Momoyama/Ume wa saitaka







DSC_0488 (800x533)




甘き風吹く 山間に

名残りの雪も 落ちますが

ゆく冬の 置き土産だと

笑えるように なりました






DSC_0720 (800x533)




トクン・・・トクン と聴こえ来る

春の命の 脈動が

身体の中に 流れます

私の胸に 耳付けて

一緒に聴いて くれなんし






DSC_0724 (800x533)




梅香薫る 陽だまりは

冬から春への 贈り物

芽吹きの前の プレリュード

あなたの窓辺に 届けます






DSC_8270 (800x533)




いちご大福は お好きですか?

これもまた 春のお味ですね ^^







DSC_0579 (800x533)
金剛力士像 吽型



DSC_0594 (800x533)
大日如来像



DSC_0588 (519x800)
普賢菩薩像







まり
透過 コメント:- トラックバック:-

祈り

2018/02/25(Sun) 04:14





DSC_0586 (800x525)
弘法大師像





クマくんとの小さな約束は 義務を放棄しない事・・・

夢と共に 散ってゆく事・・・

私は 自分の意志で約束を守る






心を据えて どっかと座り直すまで少々時間が掛かった

もうこうなったら 介護しなければならない人間が

ひとりだろうがふたりになろうが 大した変わりはない

でも 健康を害して鬱になる事なら理解は出来ても

健康を取り戻して 心を病む事を理解出来なかった

殿は四十年以上も視力が裸眼で0.1もなかったのに それが1.2になった

大きな変化に 脳がびっくりしてしまうらしい

昼夜を問わない躁状態にお酒の力が加わり 自分を抑えられない

私は血尿が出るようになり 限界地を越えてしまったので人に助けて頂く事にした






DSC_0581 (521x800)
雲中供養菩薩像




普段とても無口な人が 一日二十二時間隣で喋りつづけている

ハイテンションで明るすぎる 相槌を打たないと怒る

昼間は母の話し掛けも多いのでステレオ放送だ

どうせ眠れないのならと 隣でひたすらに紙仏を彫る

お蔭で何体もの仏さまが彫れた 手のリハビリが順調に進む




暫く経つと 殿が自ら行きたいと言うので勇気を出してお山の病院を訪れた

心療内科に行くのは 初めての事で

自分の中に 色々な偏見があった事を知った

殿は大きな安心感を頂いたようで 薬を飲み大人しくなった

でも 後一週間は車の運転を止められたのでお仕事はお休み

閉塞感は依然としてあるようで 何処かに連れて行ってくれと騒ぐので

今日は なかなか進まなかったお遍路さんの残りを連れて回った

車の中がお酒臭い 煙草をぷかぷかされるので喘息の発作が起きそう

それでも何とかお蔭さまで結願 瓢箪から駒?

でも お礼参りの二巡目はひとりで回りたい

だって 私の願に 殿は関係ないから・・・






DSC_0646 (800x533)




お山の病院は 時間がゆっくり流れていて

とても温かいところだった

私も 歳をとったらこんな処で温泉療養したいなぁ~





DSC_0651 (533x800)




お山はいつも 身体だけじゃなく心も癒してくれる

その広い広い懐に抱かれ

私は よいしょっとまた天秤棒を担ぐ








Love / Ann Sally & Haruomi Hosono







DSC_0667 (800x533)




夢とうつつを吊り下げて

どちらも下ろさず 歩き出す




DSC_0670 (800x602)




久し振りの夕暮れに 過ぎた時間の速さを知る

歳を重ねるって きっと誰もが大変なんだ

身体の変化に 心が付いてゆけなくなるんだ

ずっと健康で生きて来た人が 歳をとって初めて病気になると

自分の中で 初めて老いと向き合わなくちゃいけなくなったみたい





でもね ぼやぼやしてたら一生なんてあっという間に終わっちゃうよ

さぁ また頑張らなくちゃね・・・





DSC_0660 (800x533)




不器用な私に 窓辺の春が微笑みを絶やさずいてくれました

ありがとう・・・・・・









お休み中も来て頂いて ありがとうございました

少しずつ 時間がとれるようになって来たので

また ゆっくり新しい頁を描いてゆこうと思います









まり
透過 コメント:- トラックバック:-

殿 ご乱心

2018/02/18(Sun) 03:01





DSC_0171 (800x533)



殿 ご乱心にて 家中のもの一睡も出来ず

齢 御年六十五にして病のひとつも知らず

人の痛み知らずして 己の痛みに没頭す




歳の離れた殿は 思い通りにならない僅か数日に耐えられずご乱心

こんな機会に 親の想いや人の痛みに気付けばいいと思うのだけれど・・・




私は 自分の心が病と共に育って来れた事に改めて感謝をする





真夜中の物音に部屋の戸を開ければ 零下の風が吹き抜けている

窓は開け放たれ 暖炉は赤々と燃え 鉢花はひっくり返り

土だらけの床に 正体不明が寝ている・・・

片付け終わったら もう朝だった




今日も一日 パニックを治めるためのお手伝い

夜中の物音が怖くて眠れない







心は渡り廊下の真中に立ち 汚したくない愛ひとつ抱き蹲る

外は雪が降っている ましろな荒野が続いている

うつつの色が無くなってゆく




すべて 消えてしまえばいいのに・・・








少し お休みします








まり 
ひとりごと コメント:- トラックバック:-

2018/02/16(Fri) 17:56





DSC_0381 (800x533)



地中深く湧きいずる 喜びの泉を吸い上げ

唇を濡らし 喉を潤す君

春のお印があったのか・・・あったのか・・・

口の端から零れる雫を どうか分けてくれないか

その甘き香り立つ雫は 我が舌に春を滲ませる







Coleman Hawkins - Someone To Watch Over Me






DSC_0335 (800x533)



今朝 唐楓の花散る里が行き成り水揚げを始めました

ぽたぽたと滴る樹液を舐めて見ると あま~い!

これを煮詰めると メープルシロップになるので

美味しい樹液なのも 納得がいきます





DSC_0391 (800x533)



人は いつまでも寒いと思っているのに 

地中では 春のお支度が着々と進められているのですね




DSC_0183 (533x800)



今日は ひとつのお役目を終えたので

ほっとして 窓辺の春の写真です





DSC_0151 (533x800)



先日は 日中9℃にもなり春気分

これからまだまだ繰り返される 三寒四温だというのに

一日だけ 温かさに浸って喜びを噛みしめました





DSC_0372 (800x533) (2)


そうして単純は ついついその気になって

春色の男物のリネンシャツを買いましたとさ




DSC_0379 (800x533)



お山ばかり歩いているので 

スカートの履き方を忘れてしまったようです




まずいな・・・








DSC_9814 (800x533)



少し早目の春をどうぞ・・・





DSC_9885 (800x512)



何だかね スキップしたくなるの

私も 水揚げが始まったのかも・・・







まり
透過 コメント:- トラックバック:-

春の産声を聴く

2018/02/15(Thu) 19:09






DSC_0213 (800x534)



今よりは 途切れることなく匂うて欲しい

待ち侘びた ただ一輪の春の産声








Rastrelli Cello Quartett - Tchaikovsky Andante Cantabile








DSC_0196 (800x533)



今年に入って三度目の 雲岩寺

やっと 一輪の蝋梅に逢う事が出来ました





DSC_0217 (800x533)




庵の周りには まだ雪が残り

冬景色でありました





DSC_0221 (800x533)




しかし 庵の前に作られている枯山水には

お山の東から 春が訪れているようでした





DSC_0200 (800x533)



福寿草も ずいぶん咲いて来ました





DSC_8406 (800x533)



水盤に落ちる水に 光が絡むように煌めいていました






DSC_8407 (800x533)



春の光だと感じました









まり
透過 コメント:- トラックバック:-

愛を込めて・・・

2018/02/14(Wed) 19:05





DSC_0047 (800x533)




心の通路に あなたの魚と私の魚を放してみたの

自由に泳いでいいのよ

ほら・・・此処には 網など何処にも無いでしょう?







"Dancing on Water" - Kristofer Mencák & Yesica Alejandra Bovero - Kizomba Fusion Improvisation







DSC_9950 (800x533)



重なるように 泳いでいたいの・・・

擦れれば 鱗が剥がれてしまうくらい





DSC_9956 (800x533)



無意識に 同化できる程

触れていたいの・・・

いつか 一匹の魚になれる?




DSC_9957 (800x533)



深い水の底で 自由に泳いでいたい・・・

エラが傷つくほど 頬ずりをしても

ヒレが動く度 儚くなっても





DSC_9945 (800x533)



すべてがいつかは 泡沫に消えゆく

その日まで その時まで

一緒に泳いでいたい・・・









DSC_0256 (800x533)



今日は朝から またまた手術の付き添いだったので

昨日のうちに オレンジ・チーズケーキを焼きました





DSC_0270 (800x533)



チョコレートではありませんが オレンジの香りのしっとりケーキです





DSC_0267 (800x533)



日頃のお疲れが 軽くなりますように・・・





DSC_1857 (800x533)



愛を込めて・・・









まり
透過 コメント:- トラックバック:-

氷の上でシャララ・・・

2018/02/13(Tue) 09:43





DSC_9766 (800x533)



スケートリンクが出来た

お陽さまに輝いて きれい・・・




ねぇ 滑ってみる?

参加する事に意義があるって言うじゃない







Norah Jones - Everybody Needs A Best Friend







DSC_9755 (800x538)



恐る恐る 足を乗せてみたくなる

人生のオリンピック



今までは いつも今の為





DSC_9761 (800x535)




おっとっとっと・・・

難所はやっぱり 心のバランス






DSC_9758 (800x547)



スピードは無いから ゆっくりね

ペース配分も大切ね





DSC_9777 (800x533)



夢を見る時間がある事は 幸せだと思った

すごく大切な時間だって 痛いほど感じた




DSC_9778 (800x537)



自分を追い込んでしまうのは いつも自分だって分かった



もう長い間毎年参加している氷上で 君と踊るフィギア

メダルなんかいらない





DSC_9793 (800x539)



愛を歌う事に 意義があるんだ





DSC_9813 (800x533)



青空の下で








DSC_9753 (800x477)



この日は公園の池が凍って 鳥たちが滑って遊んでいました

カメラを弄っていたら 近くで小さな女の子が氷の上に乗ろうとしていました



お母さんらしき人がその子を止めて

「割れたらどうするの やめて頂戴!」 と怒鳴った瞬間

足先を乗せようとしていた私も 思わず足を引っ込めました

でもでも 気持ち分かるw 




ちょっとでいいから 私も乗ってみたかったなぁ・・・








まり
透過 コメント:- トラックバック:-

私の底辺

2018/02/11(Sun) 03:22





DSC_9147 (800x533)




後悔と言うものは 自分に許しを与える為のものなのかも知れない

どんなに悔いても 同じ状況下に置かれればまた同じような事で同じように悩む

どんなにリピートしても ベテランになんかなれない

上手になるのは 自分を許す事だけだ

成長が無いのではなく 繰り返す度僅かずつでも底辺が底上げされてゆくのだ

自分を許すのには勇気が必要で きっと勇気と後悔は同じ箱の中に入っている

四人親がいれば四度悔いて四度許し 箱の中はぐちゃぐちゃだ



普段いない人がずっといて 隣でモクモクと狼煙が上がる

366時間の板挟みに 言葉が消えてゆく





でも 夕べは箱から後悔を取り出したから 明日は勇気を取り出してみよう・・・








文字にして 整理整頓してみると

何だか少し落ち着いた







今日は お母さんを美容院に連れて行ってあげよう









まり
ひとりごと コメント:- トラックバック:-
 Home  Prev

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク