花の足音

2018 / 03
02≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫04

春の印

2018/03/19(Mon) 23:59





DSC_1731 (800x533)




春の陽は 残酷で

ずっと包んでいたものを 次々とほどくのです

花芯は雨に風に触れ たちまち汚れてゆくのです







【高音質】蘇州夜曲/アン・サリー(Japanese Jazz singer :Ann Sally 「sosyu yakyoku」)







DSC_1717 (800x533)



俯いていても お構いなしに

うなじを焼いてゆくのです





DSC_1707 (800x533)



光と影の不調和が まるで

痛みと微睡みの不調和のよう





DSC_1584 (800x533)



もやいの解かれた船に乗り

お花の中を漂います





DSC_1799 (544x800)




身捨つる程の愛は 

未だ 手も足も出ず

寂しさばかりが花咲かせ




DSC_1804 (800x533)




せめて並んで 綻びます

春の印と 指絡め






DSC_1608 (800x533)



夕暮の魔法に掛かれば

まるで隣にいるようで





DSC_1613 (800x533)



明日の約束してみます

ずっと明日があるようで





DSC_1614 (800x533)



愛を耳打ちしてみます

あなたが聴いているようで・・・










まり
透過 コメント:- トラックバック:-

深夜食堂 11

2018/03/18(Sun) 03:56






DSC_1598 (800x533)




夕陽がきれいだな・・・と感じられるなら人間は大丈夫

そんな事を昔 誰かが言っていたっけ・・・




あぁ・・・きれいだな・・・本当にきれいだ・・・








鈴木常吉 - 思ひで (深夜食堂 OST)








DSC_1602 (800x517)




お陽さまが 紅い波間を泳いでいた夕暮

窓が いい色に染まっているのを眺めながら

オレは 仕込みを始める







DSC_9224 (588x800)




やぁ・・・いらっしゃい

今日は 暖かかったですね



ビールにしますか?






DSC_1456 (800x533)



Ça va?



はい しめ鯖のサラダです

レモンのドレッシングでどうぞ






DSC_1740 (800x533)



Oui



花はいつも そう答える

夕陽に向かうと いつも笑っている






DSC_1063 (800x533)




はい エビマヨです



今日は何だか少しボーっとしちゃって・・・すみませんね

最近飲み始めた痛み止めが まだ慣れなくて・・・

でもね 左腕の神経麻痺が治るかもしれないって

そう言ってくれた先生がいて

取り敢えず 薬を飲んでみようかと思いましてね



いや どうせダメもとですから

でも 期待をしながら待つって楽しいでしょう?







DSC_1749 (800x533)




重いカメラをぶら下げて歩くのも

素敵なシーンに出逢えるかも知れないって言う

そんな期待があるからですし



感動したいんですよね

心の襞が ぷるぷるって振るえるような

明日に繋がる希望を持つって 大切でしょう?



どうせ今生限りだなんて

そんな風に思ったら もういいやってなりそうですしね







DSC_1089 (800x533)




葛切りと白菜のスープです


これね 冬に囲っておいた最後の白菜です

最近あちらこちらで 農耕車が動いていて

春が来たなぁ~って感じますよ

田圃に水が入るのも 後少しですね






DSC_1760 (800x533)





えぇ・・・ありがとうございます

また お待ちしてますから

もう少ししたら 筍の季節ですよ

そうですね 今度は木の芽焼きでも



えぇ はい じゃぁお気を付けて

おやすみなさい・・・










まり
ご飯 コメント:- トラックバック:-

窓辺に・・・

2018/03/16(Fri) 10:13




DSC_1699 (800x533)




私の窓辺に綻んだ ほんの一輪桜ばな

遠きあなたの窓辺にも 美しく映るでせうか



あなたの窓辺に咲く花も 私の窓辺に映ります

私は此処にいながらにして 夢路をふわりと歩きます



私のまなこに飛び込んで来る 世界をあなたが運びます

あなたのまなこに映る夢 愛が私に届きます



私は何処へも行けずとも 世界とお話ししています

淡く儚い初桜 あなたの窓辺に届けます








星めぐりの歌








DSC_1693 (800x533)




少し前に 「 宮沢賢治の食卓 」 を観ました

以前 校長先生に読んで頂いた 「 無声慟哭 」 が

そのまま映像化されているようで 夢中で観ました






DSC_1695 (800x533)



その中で トシから賢治への最後の手紙に書かれていた事が

私も同じように いつも感じていた事でした






DSC_1687 (800x533)




自分が 身動きできない時も

あなたの目を通して 私は世界と繋がっている

それは とても素敵な繋がりです






DSC_1684 (800x533)




晴れた日も 曇りの日も 雨の日もあるけれど

私の目に映ったものが あなたに届けられたら・・・

それは とても幸せな事です






DSC_1690 (800x533)




クリスマスローズが 少しずつ綻び始めました

暑さ寒さも彼岸まで・・・なので 

週末の寒さを乗り越えたら 後少しですね





DSC_1451 (800x538)



昨日は此方も 日中20℃まで上がりましたが

今日は一桁です 激しいですね

体調を崩されないよう 皆さまお身体ご自愛ください




春苺のロールケーキです





DSC_1857 (800x533)



さぁさ どうぞ おあげんせ







PS. 昨日のお山撮影の後 広角レンズが故障してしまって
修理に出したので 一か月ほど夜空の撮影が出来なくなりました
レンズが戻って来たら また銀河鉄道の旅に出ましょう ^^






まり
透過 コメント:- トラックバック:-

春霞

2018/03/15(Thu) 23:11







DSC_1633 (800x533)



存在の証明さえ 消え入るほどに

深い霞は 胸中にも及ぶ

風誘う 花も少なき春初め

観えないものを 心に映し

蒼のお山を越えてゆく








Nature Boy - Connie Evingson








DSC_1632 (800x533)



お山の病院の帰り 少し上まで上って

久し振りの風景に逢って来ました




あぁ・・・我が町は霞の中






DSC_1623 (800x533)



風が観えました

まるで お空が口笛を吹いたようでした





DSC_1628 (800x533)



お陽さまも 顔を出しました





DSC_1622 (800x533)




那須連山がきれいに観え

心まで晴れ渡るようでした






DSC_1620 (800x533)



茶臼岳の残雪も 後僅かです





DSC_1619 (800x533)



ボクは 此処にいるよ

しっかりと大地に根を張って

どんな風雪にも負けずに立っているよ






ボッチくん 健在でした ^^  









DSC_1576 (800x604)
宝誌和尚立像








まり
透過 コメント:- トラックバック:-

春のフィンガースナップ

2018/03/14(Wed) 19:52






DSC_1552 (800x533)




春が 指を鳴らしてスウィングするの

冷たかった大地から腕を伸ばして

目を覚ます度 音が増える

胸の音とデュエットするの

つま先でリズムを刻むの








The Pink Champagne Sisters | It Don't Mean A Thing








DSC_1547 (800x533)




ここ数日の暖かさで お花たちはみんな芽を綻ばせ

まるで もう寒さが来ないかのようです





DSC_1539 (800x534)




いえいえ 週末は零下です

みんな 大丈夫かなぁ・・・





DSC_1545 (800x533)




この処 何度か真夜中の運動会があったり

夜 小鳥が鳴いてる?と耳を澄ましたら

自分の胸の音だったり・・・少し不調で・・・





DSC_1518 (800x533)




でも お花たちは元気なので

一緒にスウィングしたいなぁ~






DSC_1523 (800x533)




今日も明日も病院で 中々写真が撮れません

今日は杉山が まるで黒板消しをはたくように花粉をまいて

辺り一面 黄色い靄に覆われていました

茶臼の雪は消え 随分春めいて来ました






DSC_1485 (800x533)




春眠は浅く 霞の中に横たわれば

鳥の囀りは 鳴き声ではなく歌っている

今はまだ此処にいて ぼんやりとしている

風が吹き始めれば 歩き出せようものを・・・

大空に 腕を伸ばしてみようか

春に触れられるかも知れない・・・







DSC_1568 (528x800)
吉祥天立像










まり
透過 コメント:- トラックバック:-

訊ねた春

2018/03/13(Tue) 11:40





DSC_1005 (800x533)





春を訪ねれば そこに春は居て

当たり前のように 其処に居て

少し連れて帰りたい と願っても

春の居場所は 飛び跳ねたりしない

何れかの時を待ち ゆっくり歩いて来るのを

心静かに 待つ事しか出来ない

春のGiftは 待つと言う喜びなのかも知れない・・・








Deep River Blues [Feat. Jason Isbell] | Collaborations | Tommy Emmanuel









DSC_1035 (800x533)



先日 親戚に連れられ 湯津上村(旧村名)にある笠石神社 を訪ねました

福寿草が一面に咲いていてきれいだから 写真を撮るといいと言われ

撮りまくっていると 神主のご主人がいらっしゃって小さな授業が始まりました

ご主人は 校長先生だったのでお話も上手で聴きやすかったです





DSC_1016 (800x533)



此方のご神体は 那須国造碑と言う古碑であり

延宝4年(1676年)、僧侶・円順により発見され

その報を受けた領主である徳川光圀が 笠石神社を創建し碑の保護を命じられ

国宝に指定された日本三古碑の中では もっとも古い一つとされています





DSC_1024 (800x533)




境内は小さな森の中





DSC_1021 (800x530)




本殿のお堂は 徳川光圀が生前に建てた自分のお墓と同じように

模倣して 作られたと言う事でした 





DSC_1018 (800x533)



此方が本殿

鍵を開けて頂き ご神体を拝ませて頂きました

写真はNGでしたので 写真をお借りしました





th80O3UT79.jpg



笠石と言う意味が やっと解りました

笠を乗せるのは 新羅の流れのようです

ライトに照らされ 浮かび上がった古碑

刻まれた薬研彫りの金石文がとても美しく

この年に評と言う文字をこおりと呼んでいた証拠として

後の郡評論争の決着に繋がったと言う貴重な書でありました





DSC_0991 (800x533)



少し難しい授業でしたが 目の前に浮かび上がった文字の美しさに

それから 一面に微笑む福寿草の黄色に

来て良かったと思いました






DSC_0600 (800x524)
不動明王座像





DSC_0644 (524x800)
阿修羅立像







まり
透過 コメント:- トラックバック:-

巡る春

2018/03/11(Sun) 15:50





DSC_1151 (800x533)




― 東風吹かば 匂いおこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ ―   菅原道真







Debussy - La cathédrale engloutie






DSC_8080 (800x533)




真っ黒な波が 鉄壁のようにすべてを押し潰し

跡形もなく奪い去ったあの日から 今日で七年が経とうとしています





DSC_1459 (800x533)



両足を踏み鳴らし 拳を打ち付け

わなわなと震えていたお山は 今静かに霞の中





DSC_1099 (800x597)



真っ暗な瓦礫の中を 真っ直ぐに歩き続けた人並みは

日本人の歩き方を 深く心に刻み付けてくれました





DSC_1470 (800x533)



歩く事を諦めずにいると いつの間にか小さな光りが灯りました




DSC_1468 (800x533)



それはほんの少しずつですが ひとつふたつと増えてゆき





DSC_1469 (800x533)



人が諦めず踏みしめた大地に お花の道が出来ました





DSC_6087 (800x533)




お空に昇った人たちも 星の道を作っています

空気の澄んだ夜ともなれば きらきら光り輝きます





DSC_1467 (800x533)



忘れてはならない事があると言う事

それが 今生きてると言う事



歩き続けると言う事

それが お空のあなたを愛すると言う事



悔やむと言う事

それは 繰り返さないと言う事






DSC_1477 (800x613)




瓦礫の中に咲いた花よ

巡礼の如く 目を覚ましませ

弥生の匂い 忘れじの候






3.11に寄せて








DSC_0630 (800x533)
五大虚空蔵菩薩座像









まり
透過 コメント:- トラックバック:-

春の別れ Ⅱ

2018/03/10(Sat) 22:22






DSC_1321 (800x534)





さぁて・・・そろそろかな・・・







Auld Lang Syne - Sissel








DSC_1230 (800x522)



Auld Lang Syne

            (訳詩 お借りしました)


昔なじみの友を忘れて

思い起こすことがなくなっていいものだろうか?

昔なじみの友と

過ぎ去った日々を忘れていいものだろうか?





DSC_1402 (800x530)



過ぎ去った昔のために、友よ

過ぎ去った昔のため

今でも続く友情の杯を交わそうではないか

過ぎ去った昔のために





DSC_1408 (800x534)



君が1杯頼むなら、

私も1杯頼もう

そして今でも続く友情の杯を交わそう

過ぎ去った昔のために





DSC_1409 (800x547)



2人で丘を駈け回ったものだ

そしてきれいなデイジーを摘んだものだ

しかし弱りきった足でさまようことになった

長い年月を経て





DSC_1226 (800x533)



2人で小川で泳いだものだ

朝日の中から昼までずっと

しかし私たちの間には大きな海が荒れ狂うことになった

長い年月を経て





DSC_1414 (800x533)



我が親友よ、この手をとってくれ

そして、君のその手を私に

そして真のよい友のため飲み交わそうではないか

過ぎ去った遠い昔のために





DSC_1418 (800x528)




春の別れは切なくて 最後に・・・と立ち寄ってみましたら

皆いつの間にか 軽々と飛べるようになっていて

でも その中に何度繰り返しても落ちてしまう子がいて

沼から飛び立つ事が出来ず 応援しながら観ていました

まるで 自分を見ているようで・・・

だけど もう数日すればきっと飛べるようになれるのでしょう

頭の中に ほたるのひかり が流れましたが

原曲の訳詩がとても素敵だったので・・・





DSC_1386 (800x533)



次の冬に また逢おうね

ちゃんと君を見つけるよ





あぁ・・・心の友よ・・・

どうかどうか気を付けて・・・

旅のご無事を祈ります









まり
透過 コメント:- トラックバック:-

春の別れ Ⅰ

2018/03/09(Fri) 22:52






DSC_1434 (800x533)




どれだけの山々の上を どれだけの波間の上を

途方も付かない覚悟を持って 渡って来たのか・・・

長い冬を友とし 凛として水上の花となり

ましろな花びらを 天空に散らし春を呼ぶ








AULD LANG SYNE ~ Royal Scots Dragoon Guards.







DSC_1303 (800x525)




別れこぬ日はなかろうと 思いながらに暮らせども 

奮い立つ歌沼地に響く いとど哀しき春のゆふぐれ





DSC_1344 (800x533)




足元の温みに 別れの予感

過ごした日々への感謝が募る





DSC_1171 (800x543)



惜別の情は 広げた羽根に乗せ

この大空高く 共に連れてゆこう





DSC_1244 (800x534)



走り回った日々よ・・・




DSC_1252 (800x484)



それぞれが 想いを抱き

声を掛け合い 励まし合った日々よ・・・





DSC_1262 (800x544)



語り合い 笑顔に満ちた日々よ・・・





DSC_1222 (800x515)



同じものを見つめ 理解を深めた日々よ・・・





DSC_1211 (800x569)



長い旅路の 果ても知らず

次の地にも 共に辿り着ければと祈る





DSC_1200 (800x533)




羽根を休める場所は 知ってる

でも それが何処かなんて知らない





DSC_1201 (800x528)




旅路の果ては 命ひとつ持ちあなたと共に




DSC_1202 (800x524)




夢が羽根を強く鍛え 旅立つ勇気を育てる

春の地に 別れを告げる日も間近








まり
透過 コメント:- トラックバック:-

無事に終わって ほっ

2018/03/08(Thu) 18:04





DSC_1131 (800x533)



昨日の朝は お庭に霜柱がたくさん




DSC_1126 (800x533)



もう凍らないかと思っていたら 

睡蓮のミニ池は カチンコチンに凍りついていました







モーツァルトの子守唄【オルゴール】







DSC_1146 (800x533)



うららの手術中 何だか落ち着かなくて

無事終了の連絡を待ちながら

寒かったけれど 病院近くの低いお山に行きました





DSC_1156 (800x533)



白梅が ほんの少し咲いていました

午後に 無事終了の連絡を頂きホッとして

今朝は 七時に退院のお迎え





DSC_1159 (800x533)




全部で七本抜歯して 何とか顎の骨は守られました

これから 細菌感染の治療をしながら

少しずつ 健康な顎にしていかなければ・・・






DSC_1424 (800x533)



今日は痛がって ずっと動けなくて寝ています

ちょっと心配ですが 頑張って早く元気になって欲しいです





DSC_1426 (800x533)



お転婆娘 うららの事ですから

明日には 大丈夫よママ! って言ってくれるといいな





ご心配頂き ありがとうございました 









まり
透過 コメント:- トラックバック:-
Next Home  Prev

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク