花の足音

2018 / 03
02≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫04

春の別れ Ⅱ

2018/03/10(Sat) 22:22






DSC_1321 (800x534)





さぁて・・・そろそろかな・・・







Auld Lang Syne - Sissel








DSC_1230 (800x522)



Auld Lang Syne

            (訳詩 お借りしました)


昔なじみの友を忘れて

思い起こすことがなくなっていいものだろうか?

昔なじみの友と

過ぎ去った日々を忘れていいものだろうか?





DSC_1402 (800x530)



過ぎ去った昔のために、友よ

過ぎ去った昔のため

今でも続く友情の杯を交わそうではないか

過ぎ去った昔のために





DSC_1408 (800x534)



君が1杯頼むなら、

私も1杯頼もう

そして今でも続く友情の杯を交わそう

過ぎ去った昔のために





DSC_1409 (800x547)



2人で丘を駈け回ったものだ

そしてきれいなデイジーを摘んだものだ

しかし弱りきった足でさまようことになった

長い年月を経て





DSC_1226 (800x533)



2人で小川で泳いだものだ

朝日の中から昼までずっと

しかし私たちの間には大きな海が荒れ狂うことになった

長い年月を経て





DSC_1414 (800x533)



我が親友よ、この手をとってくれ

そして、君のその手を私に

そして真のよい友のため飲み交わそうではないか

過ぎ去った遠い昔のために





DSC_1418 (800x528)




春の別れは切なくて 最後に・・・と立ち寄ってみましたら

皆いつの間にか 軽々と飛べるようになっていて

でも その中に何度繰り返しても落ちてしまう子がいて

沼から飛び立つ事が出来ず 応援しながら観ていました

まるで 自分を見ているようで・・・

だけど もう数日すればきっと飛べるようになれるのでしょう

頭の中に ほたるのひかり が流れましたが

原曲の訳詩がとても素敵だったので・・・





DSC_1386 (800x533)



次の冬に また逢おうね

ちゃんと君を見つけるよ





あぁ・・・心の友よ・・・

どうかどうか気を付けて・・・

旅のご無事を祈ります









まり
透過 コメント:- トラックバック:-
 Home 

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク