花の足音

2018 / 03
02≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫04

訊ねた春

2018/03/13(Tue) 11:40





DSC_1005 (800x533)





春を訪ねれば そこに春は居て

当たり前のように 其処に居て

少し連れて帰りたい と願っても

春の居場所は 飛び跳ねたりしない

何れかの時を待ち ゆっくり歩いて来るのを

心静かに 待つ事しか出来ない

春のGiftは 待つと言う喜びなのかも知れない・・・








Deep River Blues [Feat. Jason Isbell] | Collaborations | Tommy Emmanuel









DSC_1035 (800x533)



先日 親戚に連れられ 湯津上村(旧村名)にある笠石神社 を訪ねました

福寿草が一面に咲いていてきれいだから 写真を撮るといいと言われ

撮りまくっていると 神主のご主人がいらっしゃって小さな授業が始まりました

ご主人は 校長先生だったのでお話も上手で聴きやすかったです





DSC_1016 (800x533)



此方のご神体は 那須国造碑と言う古碑であり

延宝4年(1676年)、僧侶・円順により発見され

その報を受けた領主である徳川光圀が 笠石神社を創建し碑の保護を命じられ

国宝に指定された日本三古碑の中では もっとも古い一つとされています





DSC_1024 (800x533)




境内は小さな森の中





DSC_1021 (800x530)




本殿のお堂は 徳川光圀が生前に建てた自分のお墓と同じように

模倣して 作られたと言う事でした 





DSC_1018 (800x533)



此方が本殿

鍵を開けて頂き ご神体を拝ませて頂きました

写真はNGでしたので 写真をお借りしました





th80O3UT79.jpg



笠石と言う意味が やっと解りました

笠を乗せるのは 新羅の流れのようです

ライトに照らされ 浮かび上がった古碑

刻まれた薬研彫りの金石文がとても美しく

この年に評と言う文字をこおりと呼んでいた証拠として

後の郡評論争の決着に繋がったと言う貴重な書でありました





DSC_0991 (800x533)



少し難しい授業でしたが 目の前に浮かび上がった文字の美しさに

それから 一面に微笑む福寿草の黄色に

来て良かったと思いました






DSC_0600 (800x524)
不動明王座像





DSC_0644 (524x800)
阿修羅立像







まり
透過 コメント:- トラックバック:-
 Home 

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク