花の足音

2019 / 03
02≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫04

花冷え

2019/03/31(Sun) 23:25




DSC_2918 (800x533)

花冷えに 桜の涙が零れます

雨上がりに 陽が射せば

雨もよろし と思います







Unchained Melody - The Righteous Brothers (Boyce Avenue acoustic cover) on Spotify & Apple






DSC_2904 (800x533)

雨に濡れ 透けたような花びらを
そっと覗いて 撮りました





DSC_2917 (800x533)

河津桜の幼木は 葉の展開が早く
少し色味が 独特になりますね





DSC_2894 (800x533)

葉の中で 咲いてるように見えました
葉と花が お喋りしているように見えました

色々な桜の種類がありますね
私の大好きな桜は まだもう少し先のようです





DSC_2923 (800x533)

お庭では 小鉢の雲龍桜が咲き始めました
とても小さく可愛い櫻花です




みんなみんな ゆっくり咲いてね

まだ寒いから 雪も降るから

無理をしないで のんびりとね

少しでも長く 眺めさせてね

山里を 薄紅色に染め上げたら

冬の寒さを 忘れさせてね









まり
スポンサーサイト
透過 コメント:- トラックバック:-

弥生の終わり

2019/03/31(Sun) 02:45





DSC_3451 (800x533)



平成の年 弥生の終わりは雨模様

大きな変わり目を迎える時を祝う雨

過ぎゆく時代を洗う雨







Dances With Wolves - The John Dunbar Theme






DSC_2722 (800x533)


花は冷たい雨の中 粛々と咲き始め





DSC_2708 (800x533)


地中のエナジーが地表に溢れて来る







DSC_2702 (800x533)


風に揺れる 若緑
柳のように生きてゆこう
決して折れずに しなやかに









まり
透過 コメント:- トラックバック:-

花芽を抱いて

2019/03/29(Fri) 23:12




DSC_2715 (800x533)


昨日のお山は まだ少し雪がありましたが
今日は もうすっかり溶けていました
それでも夕暮れ時は3℃でした 寒いです






Weit, weit weg, H. v. Goisern ,tolle Chorfassung by P.Thelen






DSC_2653 (800x533)


山紫陽花の芽が膨らむと もう大丈夫
いつもはそうだったのですが 今年はどうでしょう・・・



DSC_2646 (800x533)


薔薇たちも すっかり葉を広げ始めています




DSC_2606 (800x533)


大好きな利休梅も 花芽を抱いてぷっくり




DSC_2362 (800x533)


メギも 金平糖のような芽が色付いて来ましたよ




DSC_2605 (800x533)


翁草が 毎日空を見ています




DSC_2640 (800x533)


ちょっとアートな 銅葉のリュウキンカ




DSC_2638 (533x800)


一日千秋の想いで ずっと待っていた春を
今 お花たちは噛み締めているみたいです







まり
透過 コメント:- トラックバック:-

2019/03/28(Thu) 23:23




DSC_2733 (800x533)


春の傘に包まれれば 空の青さはまだ透けていて

日毎夜毎に命膨らむ 蕾と言うしあわせ時間


年を繰る度大きくなる この広い腕に抱かれ

もう幾度目の春を迎えるのでしょう・・・


どんなお花も 咲いてしまえば散ってゆくから

蕾の時が 一番愛おしい・・・

もの言わずじっと待っている これまでの日々を想い乍ら

そんな蕾が愛おしい・・・ 







いつも何度でも/ Always with me 【口笛奏者 鳥鳴響】






DSC_2694 (800x533)


樹々の根元から 急に顔を出して
春の口笛が 其処此処に響いている





DSC_2696 (800x533)


温かな風を 待ちながら
巻くような風を 待ちながら





DSC_2758 (800x533)


やさしく捲れる スカートの裾のように
いつの間にか 唇を綻ばせ





DSC_2760 (800x534)


一緒に 歌を歌っている
あなたと 音を重ねている









まり
透過 コメント:- トラックバック:-

映画と心と音楽と・・・

2019/03/27(Wed) 11:00





DSC_2517 (533x800)


春なれば 人たちも土筆のように里に出で

あれやこれやと お喋りに花を咲かせるのですが

時々 考えさせられるお話も・・・

それでも そこにお花があると気持ちも多少和らぐようで



アマリリスが咲きました







Soundtrack (Trailer) #3 | Pray | Green Book (2018)






シアター2 (628x800)


「まりちゃん 今日私のお誕生日なの 
でもね 息子からも嫁からもライン一本も入らない
だから映画に付き合って!」

お山のひとり暮らしの先輩から SOSが入りました
74歳のバースデイです 普段お世話になりっぱなしなので
これは 何とかお付き合いしなければと言う事で
お仕事の遣り繰りをして 小さな映画館に行きました




シアター3 (571x800)


最近上下両方のお話を聴く機会が増え
学ぶ機会の多い 中間管理職のような年齢になったようです

時々ふっと あの時は解らなかった義父母の寂しさなど
いつの間にか 想像出来るようになって来た事に気付いたりして
時間を経て理解できることの方が 多いのかも知れないなんて思うのです




シネマ (554x800)


昔 「人は変わらない」 などと良く耳にしましたが
心が揺さぶられればそれは別なお話だと この映画は語ります

私の好きな映画に 「ドライビング・ミス・デージー」がありますが
それと同じように 人種差別問題を通して友情を育みながら 
いつの間にか人としての根幹が揺さぶられ 変化してゆく
そして最後の一言に 信頼の二文字が刻まれているように思いました


いい映画です 
音楽も 魂を揺さぶるエッセンスです





DSC_2616 (533x800)


映画が終わってから 近くで少しお茶をして・・・


その間も 脇から離さない彼女のタブレットに
彼女の待ち人を思いながら お話を聴いていました




DSC_2622 (533x800)


彼女のお話は 自分の最後の終わり方に始まり
離れた子どもに あと何回逢えるか
伝えたいことのあれあこれやなど・・・


私には お嫁さんの良い処を褒めてあげるしか出来ませんでした が
そこに 一本のラインが入ったのです
待ち人が ついに来てくれました




DSC_2636 (800x533)


「お義母さま お誕生日おめでとうございます・・・」


その短い文に目を通したとたん 彼女の表情が一変して柔らかくなりました
まるで さっきまでとは別人です

「お祝い事は午前中にと言うのにね 
他人さまからは朝からこんなにお祝いメールを頂いているのに
夜まで 既読にしてあげない」
なんて口ではそう言いながらがら 口元が緩んでいます




DSC_2632 (800x533)


寂しいから逢いたいよって 言えたら・・・

今年は行けなくてごめんねって 言えたら・・・


私も 変に意地を張ってしまう時があるので
人の事は これっぽっちも言えません
人の振りを見て 学んでいるのです
別れ際に 来年の予約も承りましたが
きっとキャンセルになることを祈りつつ…


人の心って たった一言でこんなに温かくなるものなんですね
だったら 生きているうちに出来るだけありがとうを伝えたい
そんなことを思った一日でした




DSC_2407 (800x533)


遠く離れた親に 電話をしたくなりませんか
自分が辛い時だけではなく
自分が穏やかな時こそ・・・
(まったく電話をしてこない 姉に言ってるわけではありませんw)






DSC_1753 (800x533)


わらび粉を練って火にかけると 半透明になり
冷やすと 美味しいわらび餅が出来ます


春ですね 今美味しいお茶を淹れましょう




今日も穏やかな一日を・・・







まり
透過 コメント:- トラックバック:-

故郷

2019/03/25(Mon) 23:38





DSC_2226 (800x533)


この川のお水 東京まで流れて行くのかな・・・

隅田川まで 辿り着けたらいいな

故郷は 遠きに在りて想うもの・・・

でも時には 帰りたいよー!って 想う時もあるんです

ああ・・・想えば遠くへ来たもんだ・・・ 






さだまさし  木根川橋





DSC_2363 (800x533)


リンクさせて頂いている「ゆらゆら草」のつかりこさんが
浅草の今を 写真に撮って来てUPして下さいました
観光写真ではない少しDeepな浅草 私の故郷です 

お忙しいのに 本当にありがとうございました
お蔭さまで母も凄く喜んで 想い出話に花が咲きました





DSC_2366 (800x533)


小さな頃 自転車で行ける範囲が
自分の持っている 一番大きな世界だったように思います




DSC_2377 (800x533)


少年のように 怖いもの知らずで
ひとりで何処までも行ってしまって
帰り道が分からなくなってしまった事もありました




DSC_2357 (800x533)


それでも 周りの大人は皆親切で
怖い思いなど したことがありませんでした
皆で 帰り道をあーでもないこーでもないって教えてくれて・・・

いい時代だったんですね




DSC_2365 (800x533)


学習塾の帰りには 皆でもんじゃ焼きを食べに行ったり
町内にある卓球場に集まったり
子どもたちの社交場がたくさんあったりして・・・

悪い事をすれば ちゃんと叱ってくれる大人がいて
雷おやじが 近所に何人もいる時代でした




DSC_2389 (533x800)


大人が大人らしくいてくれたから
子どもも子どもらしくいられたんですよね


町も随分変わってしまったけれど
それでも変わらない場所が其処此処にあって
あぁ・・・やっぱり故郷っていいなぁって しみじみ思いました




DSC_2608 (800x533)


PCって 遠く離れた処と瞬時に繋がることが出来る世界
人が良い思いで使えば 
誰かの心を助けたり励ましたり 人の役に立てるんですね

自分には 田舎の風景や自然や空やお花しか撮れないけれど
楽しみに見て下さる人がいてくれるなら 
私も頑張って続けて行きたいって思いました




DSC_2612 (533x800)


久し振りの里帰りでした ありがとうございました
後編もゆっくり楽しみにさせて頂きます m(_ _ )m







まり
透過 コメント:- トラックバック:-

走り抜けた公園の光

2019/03/24(Sun) 22:08




DSC_0270 (800x552)


あれ? しっぽが出てるよ 静岡のおじば

バイバ―イ♪ 三ヵ月頑張ったね 一昨日いらっしゃ~い

女性の言葉って 意外と奥が深いのよ







How Do You Sleep? (Takes 5 & 6, Raw Studio Mix Out-take) - John Lennon & The Plastic Ono Band







DSC_2223 (800x533)


夕暮れに ささっと立ち寄った公園には
山茱萸が咲き





DSC_2447 (800x533)


紅梅がきれいでした





DSC_2449 (533x800)


柳の芽吹きに陽射しが遊び




DSC_2452 (800x533)


葉に艶を戻した常緑樹は
濡れたように光っていました




DSC_2444 (800x533)


池には夕陽が映り きらきら・・・





DSC_2421 (800x533)


今日は お墓参りに行けたのでホッとしました
急に寒くなって 彼方此方で雪もちらついたようでした
新聞には 佐野のカタクリの写真が載っていましたが
此方ではまだ葉先がやっと見えたところです
こんなに温かくなってから―3℃は辛いですが・・・





DSC_2383 (533x800)


お花たちは 前に向かって歩いているようです♪







まり
透過 コメント:- トラックバック:-

バックヤードの勇者たち

2019/03/23(Sat) 00:01



DSC_2458 (800x533)


今日は お山でピアノのお稽古でした
出掛ける前に テレビのニュースを観ていたら
イチロー選手のお話が流れていました
私はスポーツ音痴なので 野球もサッカーもルールが分かりませんが・・・







L'Hymne A L'Amour - Richard Galliano & Gary Burton






DSC_2231 (800x533)


以前 友人の息子さんがアメリカでプロスポーツのトレーナーをしていました
野球関係ではなかったのですが イチローの結婚式に呼ばれた時は
本当にプロになったんだなぁ・・・と嬉しく思ったことがありました

彼がまだ学生の時に うちの息子が足を酷使して酷く痛めてしまったことがあって
丁度日本に帰って来ていた彼は 寝ている息子の足の筋肉を見たいと言い
あなたはまだプロじゃないからダメだと言っても 中々諦めてくれなくて困りました




DSC_2468 (800x533)


アメリカでは チームの写真を撮る時
トレーナーは 監督の隣に並ぶそうで
日本とは位置づけが 随分違うそうです
選手はトレーナーのお陰で 長く選手生命を維持することが出来
また選手のお陰で トレーナーも技術の向上が出来るわけですが
そう言う お互いを信頼する価値観とても大切にされているのでしょう

また 日本人のトレーナーは選手のメンタルにも
細かく配慮することが出来 とても人気があったそうです




DSC_2218 (800x533)


秀でた人を見ると 背景や人には見せない影の努力を想像します
天才なんて そうそういるものじゃないですよね
それを支える人たちの努力の方が 凄いと思うのです

ものごとの裏側って言うと 何だか嫌なこともありますが
胸がじーんとしちゃうことも 一杯あります





DSC_2465 (800x533)


自然の中にも そんな助け合いが一杯ですね♪
虫や鳥やお花たちも 助け合って共に生きています





DSC_2216 (800x533)


人も 季節の恵みを頂いて・・・
四季の循環に 感謝です




DSC_2433 (800x533)


我が家のお花たちのトレーナーは お陽さまとお月さまですが
クマくんも 大切なトレーナーです
いつも休みなく メンテナンスしてくれています




DSC_2354 (800x533)


トレーナーは 大忙しです
今日などは 昼間暑くて夜温は零下になるみたいなので
風邪をひいてしまわないか心配です




DSC_2396 (483x800)


お庭の仲間たちにも もちろん細かく気を配っています
とても 頼りがいのあるトレーナーです




DSC_2482 (800x533)


夕暮れ ゆふぐれ お空が染まる
今日も一日 ありがとう
明日も元気で 逢えるといいね









まり
透過 コメント:- トラックバック:-

春分の日

2019/03/21(Thu) 17:14




DSC_2350 (800x533)


花が歌を歌うのは 喜びだけではないでしょう

例えば哀しい歌だって 例えば苦しい歌だって

歌う時はあるでしょう

季節が過ぎてゆくように 移ろう時もあるでしょう






Lucienne Boyer - Mon coeur est un violon, 1945





DSC_2138 (533x800)


しっぽがずぶ濡れになったので
お墓参りは日曜日に変更になりました




DSC_2154 (800x533)


足元が悪いと 母にも負担だから
きっと父も許してくれるね





DSC_2122 (800x533)


お花たちは 静かな雨を歓迎しているようで




DSC_2149 (800x533)


楽し気に シャワーを浴びているようでした




DSC_2166 (800x533)


昨日 仕事で足を痛めてしまったので
今日は静かに本でも読んで過ごそうかと思います





DSC_2152 (800x533)


とても温かい雨です
春分の日に似合う雨です
これから一日毎に 温んでゆきますね


田起こしに 小鳥囀るカルテット


田圃に水が張られる日が楽しみです
私の海が満ちる日を待っています








まり
透過 コメント:- トラックバック:-

お月さまの輪

2019/03/21(Thu) 01:23




DSC_2348 (800x533)


綻びかけた蕾を あられのように付けた連翹の枝を

暖簾みたいに手の甲で分けて 訊ねて来たのは

まんまるの・・・






沈琳 二胡 女人花







DSC_2331 (800x533)


随分とまぁ 今夜は明るい夜だこと・・・


あら お久し振りですねぇ
お墓参りの帰りですか?





DSC_1983 (800x533)


嫌ぁねぇ だってお彼岸だから・・・
えぇ うちは明日にでもね




DSC_2207 (800x533)


はい 独活です 辛子酢味噌で食べて下さいね
そうなんですよ まだあまり山菜も出てなくてね




DSC_2299 (800x533)


これはね 八戸のサバ味噌なんですけど
普通のサバ味噌缶てあるでしょう?
あれを温めてね 少し胡麻油をたらしたら
白髪葱をあしらって すり胡麻を掛けるんですよ
これが何にもない時なんか重宝するんですよ
白いご飯にも合いますしね





DSC_2283 (800x534)


今日って サリン事件の日だったんですってね
何か 想い出してしまって・・・

家のものが ずっと新幹線通勤で八丁堀に通っていましたからね
あの時丁度 あのあたりを歩いている時間でしたから
ニュースを見て もうびっくりしてしまって・・・
恐い事件でしたよね 鳥肌が立ちましたよ

って言うことは あの時もお彼岸だったんですよね
命の重さを感じて欲しい 特にそう言う行事のさなかに

突然大切な人を失ったら 本当に考えてしまいますよね色んなこと・・・
私も 良く母に命の順番は守ってねって言われてますけど
最近は 周りを見ても本当に順不同で・・・
哀しいことですね





DSC_2319 (800x533)


はい 揚がりましたよ
人参のかき揚げに蓮 椎茸 海老 茗荷 タラの芽 菜の花 です

あら 忖度じゃぁないですよ 嫌ぁねぇ
だって顔に書いてあるんですもの 「どうしても食べたい!」って
美味しい?カリッと揚がってるでしょう?




DSC_2322 (800x519)


今日はね 手打ち蕎麦を頂いたんですよ
こう言う流れってすごく不思議なんです 面白いですよね

ものごとの流れって 自分が決めているだけじゃないんだって
こんな小さなことにも 生かされているんだなって思ったりするんですよ




DSC_2336 (800x533)


今夜は お月さまの輪がとてもきれいです


昼間は仕事帰りに 十月桜が綻んでいるのを見つけたんですよ
お花を供えたい大切な方 何方かいらっしゃいますか?




DSC_2229 (800x533)


よろしかったら 一枝どうぞ
春を お持ちになってくださいな


えぇ また寄って下さいね
夜空の明るい日にでも・・・









まり
ご飯 コメント:- トラックバック:-
 Home  Prev

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク