花の足音

2019 / 03
02≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫04

てくてく塩原 Ⅱ

2019/03/16(Sat) 00:23




DSC_2002 (800x533)


青い空の下 立派なお屋根が見えました♪

てくてく塩原の続きです もう少しお付き合い下さいね ^^




DSC_2003 (800x533)


周りは高い樹々に囲まれています







My One and Only Love (1956) by Art Tatum





DSC_1971 (800x533)


此処は 天皇の間記念公園です


明治・大正・昭和の三代にわたり 大正天皇・昭和天皇をはじめ
高松宮殿下・三笠宮殿下など多くの皇族の方々が避暑地として訪れ利用された
「塩原御用邸」の「天皇の間」を昭和56年に現在の場所に原型のまま移築し保存してあるものです





DSC_1997 (800x533)


紅い毛氈とお庭を眺めたくて 初めて立ち寄りました




DSC_1982 (533x800)


お手洗いが畳で驚きました
漆塗りの便器でしょうか?
まさか蓋を開けたら 砂雪隠とか・・・





DSC_1984 (800x533)


電気のスウッチが 観た事も無い形で目を引きました





DSC_1991 (800x533)


灯りや生活様式などに洋風文化が取り入れられていて
意識が柔軟に変化してゆく途中の暮らしのように感じます





DSC_1992 (800x533)


廊下の突き当りからの眺め

此方は寒いので二重廊下になっています





DSC_1996 (800x533)


このお庭は 秋がとても素敵なのだそうです
今度は 紅葉の季節に来ようと思います





DSC_2001 (800x533)


以前載せた 明治の館でもそうでしたが
昔の窓ガラスは ガラスを吹いて細長い筒状にして
そのあと吹き口を切って筒にしてしまい 
さらにその筒の一部を切り取って残りを切り開き
左右に重しをのせて引っ張って熱して板にしていたそうなので
表面に歪みや気泡があり 何とも言えない景色を見せてくれます



こんな窓から覗いた景色は何だか特別に感じて
とても温かく素敵な景色に映り
心の窓にもこんなガラスを嵌めたいと ちょっと思ったのでした







まり
スポンサーサイト



お散歩 コメント:- トラックバック:-
 Home 

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク