花の足音

2019 / 04
03≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫05

平成の終わりに

2019/04/30(Tue) 22:47





DSC_4890 (800x533)


お祝いの雨でしょうか 

清めの雨でしょうか

時代を洗い流すように 雨が降りました








十二國記-夜想月雫 二胡版 by 永安 The Twelve Kingdoms - Moon Night Drop (Erhu Cover)








DSC_4896 (800x533)


春を見送るように 少し後ろを向きながら






DSC_4885 (800x534)


ひとつひとつの想い出を
箱から出しては また仕舞い
埃を祓っていると





DSC_4704 (800x533)


お庭に暫く姿を見せなかった小鳥が
時代の終わりに滑り込むように姿を見せてくれたのが
とてもうれしことでした






DSC_4912 (800x533)


安堵して・・・次の時代もどうぞよろしくと
心の中で 呟いたのでした





DSC_4918 (800x533)


哀しかったことなどは 洗い流されればいいけれど
中々そうはいかないものだから・・・
箱に仕舞って封をしましょう





DSC_4605 (800x533)


嬉しかったことなどは 透明なケースに入れて
いつでも取り出せるようにして・・・






DSC_4905 (800x533)



さぁ 明日から心新たに
令和の時代を歩きましょう

恵みの雨に感謝をして・・・
共に 時代を跨がせて頂けることに感謝をして・・・

ありがとうございます







まり
スポンサーサイト



透過 コメント:- トラックバック:-

生涯の師を得れば・・・

2019/04/29(Mon) 21:45




DSC_4781 (800x533)


生涯の師を得られれば
いつか 真理の元へとたどり着く・・・







Bist Du bei mir Andreas Scholl








DSC_3298 (800x533)


活字から学ぶことは少なくないけれど
人から学ぶことはそれよりも多い





DSC_3309 (800x533)


師は 本にあらず





DSC_3751 (800x533)


身近に 生きたひとりの師を得ることは
何百冊の本を読むより 大切である





DSC_4138 (800x533)


便利な時代に不便を探す
その中にこそ 無垢の真理がある





DSC_4213 (800x533)


だから 己の無知を恐れず
人と係わっていたい・・・
人から学んでいたい・・・





DSC_4786 (800x533)


新しい時代になっても






DSC_4575 (800x533)


私は きっと変わらない・・・





DSC_4793 (800x533)


お庭の片隅で山野草が色々咲いています










まり
透過 コメント:- トラックバック:-

日々の暮らしの中で鋭気を養う

2019/04/27(Sat) 16:42



DSC_3712 (800x533)


えっ?仕事だよ

連休? 生き物が相手だからね そんなのないんだ



トレーナーのクマくんがお仕事してくれるので
私も一緒にお仕事です






Harry Belafonte - "Banana Boat Song (Day O)" - 1956

苦楽を共にする仕事仲間の間で生まれた歌なのでしょうね






DSC_4624 (800x533)


楓の芽吹きがきれいです♪
「花散る里」は特に好きな楓です





DSC_4607 (800x533)


昨日は一日 しとしと雨が降ったり止んだり 
雫撮りをしましたよ





DSC_4585 (800x554)


今日から大型連休ですね
観光地は込み合いそうです





DSC_4580 (800x533)


五月一日はテレビを見るのでお店閉めます! 
なんて言う知人もいたりして 
その日はきっと 襟を正してテレビの前に座っているのでしょう





DSC_4646 (800x533)


私もこれで 三つの時代を股に掛けて生きてゆく事になります
思わぬロングランですね (*´艸`*) 儲けものです♪





DSC_4660 (533x800)


特別なことなんて あまり無い日々ですが
新しい時代になっても 季節を追いかけながら
当たり前と思っている日々の暮らしの中で





DSC_4669 (800x533)


小さな 素敵 を感じ
鋭気を養いつつ ゆっくり歩いてゆけたらと思います





DSC_4694 (800x533)


お休みもあまり長いと リズムを崩して
お疲れが出てしまうこともあるでしょう

心身共にゆったりと 良いリフレッユが出来るといいですね





DSC_4640 (800x533)


お休みの方は どうぞ楽しい休日をお過ごし下さい

お仕事の方は 共に頑張りましょうね♪ヽ(´▽`)/  







まり
透過 コメント:- トラックバック:-

終いの桜

2019/04/26(Fri) 01:19





DSC_4328 (800x533)


三月の初めに ある桜に呼ばれました
今年は必ず逢いに来なさいって・・・




DSC_4326 (800x533)


元々 銅葉の山桜が好きなので
それでなのかと思ったりもしましたが
心に響いて来る声は
散る時にいらっしゃいって言うんです




DSC_4421 (800x533)


散り際のタイミングなんて
近くだって難しいというのに・・・
遠くにある桜なので 一度だけの逢瀬です
今日だ という声がして一か八か訊ねました




DSC_4294 (800x533)


着いた時は きれいに咲いていました


なぁんだ 外しちゃったかなと思ったら
急に強い風が吹いたんです







「仰げば尊し Graduation」スーザン・オズボーン Susan Osborn








DSC_4298 (800x533)


はらはらと それはまるで雪が舞い始めたようでした





DSC_4437 (800x533)


この日が 忘れられない日になるなんて
想ってもみませんでした





DSC_4454 (800x533)


この山桜の潔さに 胸がいっぱいになり
思わず泣いてしまいました





DSC_4482 (533x800)


私にとって 平成の最後に写した桜です





DSC_4525 (800x533)


人も時代も こんな風に散って行けたら・・・





DSC_4533 (800x533)


風に乗って・・・運ばれて行こう・・・





DSC_4537 (800x533)


今こそ別れめ いざ さらば・・・






DSC_4495 (800x533)


今年もたくさんの桜を観て頂き
ありがとうございました








まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

名残の桜

2019/04/24(Wed) 06:09





DSC_4045 (800x533)


桜の初蕾を見つけ 心躍らせた日はいつだったろうか

過ぎ去りし日々は瞬きのごとく・・・








Rastrelli Cello Quartett - Tchaikovsky Andante Cantabile







DSC_4080 (800x533)


川面に浮かび流れてゆこか
南風に乗ってゆくか・・・





DSC_4099 (800x521)


― 散る桜残る桜も散る桜 ―  良寛





DSC_4055 (800x533)


夢殿の 褥の如く柔らかに
大地を包むさくらばな
踏むことも出来ず 回り道する






DSC_4100 (800x533)


春と夏の混じり合う夕暮れは 何処か寂しい
来る夏より往く春に心傾け さくらばなのお見送り





DSC_4111 (800x533)


今年は 夕暮れの桜を殆ど撮れませんでした
中々本調子に戻れなくて・・・






DSC_4105 (800x533)



もたもたしてるうちに 夏が立ってしまいそう・・・










まり

お散歩 コメント:- トラックバック:-

原点

2019/04/21(Sun) 14:41





DSC_2832 (800x533)


愛が殻をコツコツと破り そっと顔を覗かせる

虞を知り 臆病風に吹かれ それでも新しい朝の陽を浴びようとする




DSC_2821 (800x533)


愛は死に愛は生まれ 疑いと迷いの混沌の中

その原点を忘れることなく 息を継げば

愛は何度でも再生され巡り逢う 同じ魂のステージで・・・







Bach "Schafe können sicher weiden" from BWV 208







DSC_2943 (800x533)


イースターの羊を 今年はクリスチャンの友人からプレゼントして頂きました




DSC_2954 (800x533)


お裾分けです 美味しいバターケーキですよ
お紅茶で頂きましょうね





DSC_2828 (800x533)


イースターの少し前に 私も先輩に子羊を一匹お届けました




DSC_2819 (533x800)


でも 先輩はひとりで食べるの勿体ないから
息子が帰って来るまで冷凍してとっておくって・・・
息子さん 早く帰って来てあげてぇw




DSC_2838 (800x499)


自然も再生されるといいなぁと思う
人が 大切な生きる原点を見失わない限り
驕らず 日々の営みを淡々と過ごせば
素敵な原風景を 取り戻せるような気がする
いつか きっと・・・
終わりは 始まりなのだから





DSC_2939 (800x533)


今年のお誕生日に 先輩から「おままごとセットよ」って
中国茶の器を頂きましたが 田舎町ではデパートにも中国茶が売っていませんでした
ネットでお買い物が出来るって うれしいですね
ひと昔前と比べると 田舎暮らしも便利が増え苦が少なくなりました
便利は不便なんて普段思ってしまうこともありますが
こう言うことは 有難いことですね








まり
透過 コメント:- トラックバック:-

風は柳の友となり

2019/04/20(Sat) 23:13




DSC_3788 (800x533)


― 道のべに 清水流るるや柳陰 しばしとてこそ立ちどまりつれ ―    西行法師

― 田一枚 植て立去る 柳かな ―    松尾芭蕉

― 柳散り 清水涸れ石 ところどころ ―   与謝蕪村



心の師を追い駆けて 歌は時代を巡ります
此方には お三方の歌碑が建てられています






Oyasumi  kishino yosiko





DSC_3792 (533x800)


今年は 桜の開花に合わせて遊行柳を撮りに行きましたが・・・
辺り一面の水田には水が入らず 少々がっかりしてしまいました




DSC_3802 (800x536)


家の周りの水田も カラカラ状態なのですが
農家の方に訊ねてみましたら
冬に雪が少なかった為に 水不足でもあり
雨が少なかったせいで 土地が乾き過ぎていて
一度で入る水が 三度入れないと満ちないらしく
一度水が張られても 次の日には乾いてしまっています




DSC_3811 (800x533)


そんな訳で 中々水張田んぼの美しい映り込みが観られません
早く お水が張られるといいなぁと思っています




DSC_3813 (800x533)


川のお水も少ないので 地球がつじつま合わせをしようと
また 大雨や水害などの災害が起きないように願っています




DSC_3807 (800x533)


柳の枝を渡り 鳥がうれしそうに囀っていました





DSC_3805 (800x533)


青い青い空の下 柳の若葉が揺れている

ゆら~りゆらりと揺れながら

歌詠み人を 手招きし




ツアーのバスが何台も来ていて
賑わっていました









まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

花簪

2019/04/20(Sat) 00:54




DSC_3939 (800x533)


月満ちて 一献傾ければ 桜綻ぶ






Maksim - Somewhere in Time






DSC_1995 (533x800)


小縁にて 手酌でいいかと空に問い





DSC_1764 (800x533)


春は蛸にて 気血補う




DSC_3948 (533x800)


桜月夜 花簪も風に揺れ





DSC_3970 (800x533)


はや エンドウの採れる頃
素揚げに胡椒の素朴な味





DSC_3980 (800x533)


カレイの煮つけの 身の柔らかさに
春を感じるのは 私だけかしら





DSC_3944 (533x800)


楓の花の簪も 満ちたお月さまの贈り物





DSC_3960 (533x800)


髪に挿して下さいな










まり
ご飯 コメント:- トラックバック:-

潜る

2019/04/19(Fri) 00:38




DSC_3437 (800x533)


那須与一ゆかりの那須神社にある枝垂れ桜です
こちらには松尾芭蕉も訪れたようです

一昨年 一緒にお散歩しましたね







Dancing On The Light - Richard Dillon






DSC_3439 (800x533)


参道にはエドヒガン桜が咲いています





DSC_3445 (800x533)


この枝垂れ桜は 本当に大きな傘で
広角レンズでも収まりません





DSC_3456 (800x533)


桜は どんな声でお喋りするのかしらって
ずっと想像していたんです





DSC_3463 (800x533)


きっと 囁くような小さな声なのでしょう

だけど こんなにたくさんだから
少し賑やかに感じます





DSC_3457 (800x533)


和音のように 心地よく響きます





DSC_3468 (800x533)


私は耳を傾けて 桜のお喋りを聴いています





DSC_3472 (533x800)


その中に きっと自分の声も紛れています





DSC_3474 (800x533)


咲くごとに 散るごとに
あなたの耳に 届くよう・・・








まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

愛を込めて・・・

2019/04/16(Tue) 16:11



DSC_3735 (800x533)


苦しい時は あまり明るいことは考えられない

お薬が効いてくれば 違うことも考えられるのでしょうけれど

例えば 最後に眺めていたい風景ってどんなだろうとか・・・







John Lennon -Love (Acoustic Guitar & Piano_take 31)






DSC_3741 (800x533)


風が凪いだ瞬間の 水田の映り込み

もうすぐ迎える八十八夜を前にして
稲が植えられる前の ひと時の美しさ

条件が揃う事など あまりないから
きっと 私が残せる平成時代の
水田に映るお月さまは これが最後
這ってでも撮りたいと想った情景でした

お月さまとの逢瀬は ほんの十五分
祈ったら 咳が止まってくれました
感謝です・・・





DSC_3704 (800x533)



大地と空は 繋がっている

人は ゆっくりと進み空を目指すが
航路難し 航路難し
帆を畳み 水面に浮かび
唯 時を過ごせば
温かさが 胸に沁みる


お陽さまとの逢瀬も 十五分
祈るように待ち続けた一瞬が
喜びを連れて来てくれる





DSC_3774 (800x533)


まるで 自分の身の内を吐き出すような強い咳
どうせなら この欲さえも吐き出してしまえたらと想うのだけど
空の声に心ごと浮かべば やはりまだ此処に居たい・・・

ひとつの時代を見送るように
鳥がチチチと鳴きました

春の呼び声に 木霊するよう
草陰に 一人静咲く





愛を込めて・・・








ご心配お掛けしてしまって ごめんなさい
中々お薬が効いてくれなくて・・・
でも 騙し騙し隙間隙間に動けるようになって来ました
少しずつ 撮ってある桜もお見せできたらと想います



まり
透過 コメント:- トラックバック:-
 Home  Prev

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク