花の足音

2019 / 05
04≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫06

愛の四規

2019/05/30(Thu) 02:50






DSC_6936 (800x533)ザ・シェパーデス



園芸家の12ヶ月 と言うのがあって・・・

お花たちは 無償のボランティアで
ただ咲いて ただ散って
咲けたことを喜んでくれるので
それを支えるよう 私たちは色々なお世話をします

冬から秋まで 一年を通して
その時々に応じて 切れ間なくやる事があります
そして12月の声を聞いた時
ふっと あぁ・・・今年もお花を眺められなかった
と 残念に思ったりするのです







L'Hymne A L'Amour - Richard Galliano & Gary Burton






DSC_6941 (800x533)スブニール ・ドゥ・ ドクター ジャメイン



愛にも 似たような時間が流れているような気がして
紡ぐことに必死で 守ることに必死で
あっと言う間に 春夏秋と過ぎてゆき
ふっと ある時お互いに 
肝心なことを確かめていないことに気付いたり・・・






DSC_6964 (800x533)しののめ



夢中になる時間 私は大切にします
失敗も多いですが 心が満たされています






DSC_6940 (800x533)サントノーレ



満たされた心は 現実を生きる力になっています
幾つになっても 夢見る時間は必要です

これは 私の場合ですが・・・






DSC_6925 (800x533)イージー・タイム


いつの日か 訊き忘れていることを
訊いてみようと思う日が来るのかも知れません





DSC_6934 (800x533)ペイズリー・アビー


でも 今はまだ
ただ夢中で紡いでいたいのです





DSC_6923 (800x533)サンセット・グロー


愛の四季にも 和敬清寂
夢中で お稽古しています








まり
スポンサーサイト



透過 コメント:- トラックバック:-

明け方の夢

2019/05/28(Tue) 10:16




DSC_6588 (800x533)テス・オブ・ザ・ダーバーヴィルズ



薔薇たちも じっと目を凝らして
このとんでもない暑さが過ぎ去るのを
只管に じっと待っていたのでした







Franco FAGIOLI PORPORA "Torbido intorno al core"









DSC_6548 (800x533)


ふと気が付くと 空の観えない場所を彷徨っているようでした
木陰はひんやりとしていて 少し湿った風が吹いています
これがきっと 本当の五月の風ね・・・





DSC_6550 (800x533)


背中に火が付いたような昨日までの暑さに
まだ身体も心も準備が間に合わなくて・・・

あぁ・・・でもホッとしますね
うららも連れて来てあげればよかった
 




DSC_6551 (800x533)


みんな辛かったですよね
今日は 少しゆっくり眠れるといいですね

あぁぁ・・・いい風ですねぇ・・・
気持ちいい・・・





DSC_6552 (800x507)


あぁ もうあそこで終わってしまう
何と言うことはない道なんですけど
こんな道が傍にあれば 毎朝歩きたくなりますね
また 暑い日にお散歩に来ましょう





DSC_6809 (800x533)コーネリア


明け方 そんな夢から覚めて窓を開けると
薔薇の香りが部屋の中に満ちました

昨日までは 暑さで香りまで蒸発してしまって
まだ 少ししか綻んでいないからだと思っていたのだけど
今朝は肌寒いくらいで 良い香りに浸ることが出来たのです





DSC_6720 (800x533)ベル・ロマンチカ


カメラを持ってお庭に出ると
薔薇たちが ホッとした良い顔をしています




DSC_6805 (800x533)サンセット・グロー


朝の四時
この時間 お花たちはとても素直な色に写るのです




DSC_6789 (800x533)プラム・パーフェクト


人も 一番無垢な時間帯かも知れない・・・






DSC_6772 (800x533)ヒナ草


昨日は何年振りかの鼻血を出してしまったり
さすがにきつい灼熱でありました
真夏なら身体も覚悟が出来ているのですが
まだ本来なら 全国的にも初夏を楽しんでいる季節
外仕事なので外気温の異常は堪えます
今日は暑さも緩み ちょっとひと休み出来そうですが
皆さまは体調崩されたりしていませんか
お身体どうぞご自愛下さいね







まり
透過 コメント:- トラックバック:-

ライオンもうららも寝ている

2019/05/26(Sun) 23:28





DSC_6680 (800x533)カンパニュラ・涼姫



目に映る もの皆総て霞みゆく
キミも朧に ボクも朧に・・・






The Tokens - The Lion Sleeps Tonight







DSC_6616 (800x533)紫蘭 青花


今日もまた 暑かったですね
うららの舌は仕舞われることなく
ずっと出っぱなしでした






DSC_6578 (800x533)デスデモーナ


思考が停止状態になりました
明日もう一日暑いそうなので 頑張りましょう♪
 



DSC_6650 (800x533)ベルフラワー


きっとこんな暑い日は みーんな寝ている




DSC_6388 (800x533)デラウェア






DSC_6411 (800x533)アグロステンマ





DSC_6494 (533x800)這性サポナリア






DSC_6597 (800x533)タマシャジン






DSC_6593 (800x505)ソフィ―ズ・パーペチュアル






DSC_6601 (800x533)コベントガーデンマーケット


今夜も 簡単更新でごめんなさい
また あしたね








まり
透過 コメント:- トラックバック:-

ひとつひとつの愛おしさ

2019/05/26(Sun) 02:17





DSC_6622 (800x533)ボレロ


それぞれの色 重なり 香り 癖
別々なようで 何処かに共通点があり
時に 正反対の影を表すが
いつのまにか 小さな棲み家を持ち
其処に無くてはならない 存在となる

まるで ひとつの庭物語のように・・・








André Rieu - Boléro (Ravel)








DSC_6237 (800x533)アマ





DSC_6241 (800x566)赤花ワタスゲ






DSC_6244 (800x533)カリブラコア







DSC_6264 (800x533)オルレア






DSC_6365 (800x533)セント―レア






DSC_6368 (800x533)チェリーセージ







DSC_6369 (800x533)バーバスカム






DSC_6359 (800x533)マジェンダ・スカイ



今日は暑さにやられてしまいました
明日も暑いようなので 皆さまもお気を付けて・・・











まり
透過 コメント:- トラックバック:-

涼風を眺める

2019/05/24(Fri) 19:45




DSC_6474 (800x533)オリビア・ローズ・オースチン



薔薇が綻び始めれば お庭にはいい香りが漂います
途端に賑やかになって来るから 引き算に追われる日々です
お休みはあって無いようなものですが


今日は朝から うららの病院と母の美容院と病院と・・・
車の中で芯まで茹りました 







Khatia Buniatishvili - Schubert: Impromptu No. 3 in G-Flat Major, Op. 90, D. 899







DSC_6476 (800x533)エクセレンツ・フォン・シューベルト


昨日から 日中の気温が30℃近く上がり
少し辛くなって来ました
こんな時は 木陰でお昼寝でもしたいですよね





DSC_6488 (800x533)


蝶々は元気に飛び回っています
きれいですね

ようこそ 小さなお庭へ





DSC_6506 (800x533)


ちょっと 脱出しちゃいましょうか ^^





DSC_6520 (800x533)


久し振りの川風です
ん~気持ちいい・・・






DSC_6523 (800x533)


川面を渡る風が見えますか?





DSC_6524 (800x533)


澄んだお水が冷たい風を運びます





DSC_6526 (800x533)


水しぶきがいい音をさせています





DSC_6531 (800x533)


少し涼しくなりましたか?





DSC_2738 (550x800)


一緒に ジェラードでも如何ですか
身体の熱を 少し下げましょう





急な暑さで 体調を崩されませんように・・・
皆さま お身体ご自愛下さいね









まり
透過 コメント:- トラックバック:-

麦秋

2019/05/23(Thu) 23:14





DSC_6569 (800x533)


芳しい香りが 辺り一面に漂えば

青空の下で 豊かに実った小麦が揺れている

風が吹くと さわさわと笑い声が聴こえるのは

小麦畑の中の道に 隠れてる子どもたちの声かも知れない

黄金色の波の狭間で 誰かが泣いている

あぁ・・・今度はまた楽しそうに燥ぐ声がする







Eva Cassidy feat. Michael Bolton - Fields of gold







DSC_6560 (800x524)


以前 四年ほどある保育園で
子どもたちのご飯を作っていたことがります





DSC_6557 (800x533)


その保育園は少し特殊で
例えば 子どもたちと小麦を育てたり
野菜を育てたりしていて
収穫された野菜でおかずを作ったりしていました





DSC_6574 (800x533)


小麦を収穫したら それを石臼で粉にして
その小麦粉で 子どもたちのおやつを作ったりもしていました
石臼を回すのが重かったことといったら・・・





DSC_6577 (800x533)


スローライフみたいなものでしょうか
とにかく 何をするにも簡単では無くて
時間をふんだんに使っていました





DSC_6554 (800x533)


昔の人は大変だったんだなぁ・・・などと言いながら
正直なところ 少々仕事に面倒臭さも感じたりしていました

それを想うと 現代人はどんどん便利になって 
時間を手に入れる事が出来たんですね
その手に入れた時間と言うゆとりを 
人は 果たして有効に使えているでしょうか






DSC_6559 (800x533)


なんて ちょっとそんなこと感じました


今日は久し振りに 少しゆっくりして
時間の無駄遣いしちゃった


こんな日も たまにはいいかな





DSC_6437 (800x533)


おやすみなさい
また 明日ね









まり
透過 コメント:- トラックバック:-

皐月満月雲隠れ

2019/05/23(Thu) 02:47





DSC_6329 (800x534)


せっかく月が満ちたと言うのに雲が多い
こんな夜は 月の声を気長に待って
星との逢瀬を眺めたいもの・・・







月と私171215日本橋三井ホール








DSC_6390 (533x800)


あけぼ と言うヤブランが今とてもきれい
銅葉の中で芽吹くと その名の通り
曙のように美しい




DSC_5029 (800x533)


紅葉の若葉もきれいになってきましたね
ええ・・・そりゃぁ眺めましたよ
満月を眺めないなんてどしゃ降りくらいなものだもの




DSC_4273 (800x533)


叔父が熊本に帰っていたので
お土産の辛子蓮根です
鼻につんと来るんですよ
懐かしい味です




DSC_5914 (800x533)


最近 蕗を頂くことが多くて
下茹でして皮を剥くのが楽しいんですよ
季節のものは香りも良くて美味しいですね




DSC_6295 (800x523)


あら 急に星が顔を出しましたよ

虫の知らせってあるでしょう?
最近よくあるんですよ
薄皮を剥ぐように雲が消えてゆくのかしらね





DSC_6284 (800x533)


めぬけの粕漬けです
えぇ 身がぷりっとして締まっています





DSC_7883 (800x533)


何だかここの処 時間が過ぎるのが早くて・・・
もう五月も終わりなんですね
この季節はいつもそう あっと言う間で
季節と言えば 今年はお節句に鯉のぼりを見掛けませんでしたよ
季節感が失われていくのは寂しいものですね




DSC_6307 (800x533)


あら 顔を出した
きれいねぇ・・・まんまる・・・
ほら 星と向き合ってうれしそうね





DSC_6405 (800x533)


少しだけど 摘まんで下さいな
えぇ 小鯵を軽く 酢締めにして握ったんですよ






DSC_3067 (800x533)


具だくさんのお味噌汁です
えぇ 最近キノコをよく使うようになって
身体にいいですからね




DSC_6386 (800x533)


そう言えば 今日は牧草も刈られ
お庭では ブラックベリーのお花が咲き始めていたんです
もうすぐ実の成る季節ですね
薔薇もそろそろ綻んできますよ









まり
ご飯 コメント:- トラックバック:-

今年の牡丹は良い牡丹 Ⅲ

2019/05/21(Tue) 14:42




DSC_6149 (800x533)


―からき世を しほばら山に乃がれ気舞
  こころの月は今も澄むらむ ―
           高崎正風







Vaga luna che inargenti - Vincenzo Bellini







DSC_6147 (800x533)


木洩れ日の中に 文学の森があるのですが
残念ながら 立ち入りが禁止されていました





DSC_6151 (800x533)


森にある 樹齢何百年の樹々たちが
根の上を踏まれることに耐えられなくなっているそうです






DSC_6159 (800x533)

― 溪の湯に裸の男女がつかっていて
     一面にさす青い葉漏れ日 ―
             北原白秋






DSC_6157 (800x533)

― 誰と別れか福渡あたり
      啼いて夜半ゆく川千鳥 ―
             野口雨情






DSC_6161 (800x533)


― 古の恋路のあとの紅葉はを
     そめかへしつつ降る時雨かな ―

― 夏なれはまたそめあへぬもみちはを
     こころにそめて見るもたのしき ―

― つらかりし雪のあしたもわすられて
     月待つ宵のあゆみ涼しも ―

               有賀長雄 





DSC_6163 (800x533)


― うす紅の百重の弁をひきしめて
      牡丹一花は夜明けを待てり ―
            外池美都子





DSC_6164 (800x533)


― この奥の道は尾花峠という会津へつづく街道、
冬の間は雪が丈餘も積もって月を越さなければ人は通れないといふ。
要吉「疲れたの」と男がきく
朋子「いいえ、先生こそ」
女の顔には明々と疲労の色が現れていた。それがために
一際誘惑の力を加えて別人のようにも見える。
男は女を見詰めた。家を出てからまだ女の唇に触れない。
ふたりは長い接吻を交わした。やがてつと離れて互いに顔を見合わせたが
又ひしと唇を合わせた。 ―

                 森田草平文学碑 煤煙より





DSC_6153 (533x800)


たくさんの牡丹に気圧されながらも
深い新緑の木洩れ日や川音に癒され
今迄読んだ事も無いような歌碑などを観て
昔の人もまたこのお山に癒され歩いたんだと
感慨深く塩原を後にしました。

夏の緑を楽しんだら秋の紅葉が美しい場所です
また四季折々にお散歩に来たいと思います
長いお散歩にお付き合い下さり ありがとうございました








まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

今年の牡丹は良い牡丹 Ⅱ

2019/05/20(Mon) 00:21




DSC_6113 (800x533)


― 福渡のみどりの山を羽に蹴りて
         岩つばめ鳴く箒川かな ―  与謝野晶子








J.S. Bach - Andante and Allegro from sonata in e minor







DSC_6125 (533x800)



― 西那須へ下車 軽便鐡道の特等へ乗る
   関谷で下車 車を雇ふ
   いヽ路なり 蘇格土蘭土を思ひ出す
   松、山、谷 青藍の水 ―
            夏目漱石「塩原行」より





DSC_6110 (800x533)


― 春は花 秋は紅葉にさそわれて
   人もつどへる 塩原の里 ―
                鈍翁 (益田孝)                                                     





DSC_6097 (800x533)


― 今日遊ぶ高き渓間の路尽きず
        山のあらはる空のあらはる ―
                  与謝野鉄幹


― 真夜中の塩原山の冷たさを
      假りにわが知る洞門の道 ―
                  与謝野晶子





DSC_6104 (800x533)


― つかれては いく山川に眠れども
       心は風の音にもおどろき ―
                竹下夢二





DSC_6129 (800x533)


さて 歌を少し紹介しながら歩くと緑深い場所に・・・




DSC_6130 (800x533)


木洩れ日の中は気持ちがいいですね




DSC_6132 (800x533)


森の中にはフィトンチッドと言う物質が
シャワーのように降り注いでいるらしいです
植物の葉から発散される揮発性の物質で
樹木に害を与える微生物を殺しながら
人間の病気予防にも大いに役立つそうです





DSC_6135 (800x533)


だから森の中にいると こんなに安らげるのかな




DSC_6138 (800x533)


あっ 仏足石です
ちょっと大きな足ですよ
木洩れ日が映っていますね



深呼吸です









まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

今年の牡丹は良い牡丹 Ⅰ

2019/05/18(Sat) 23:45





DSC_6076 (800x533)


山医者のところより 車にて塩原にむかひぬ
塩原は 牡丹寺と名の知れた古刹妙雲寺なり

季節柄 裏手より境内に足踏み入れば
渓流の飛沫にも似た 白瀧の如き藤の花これあり
                (国木田独歩風♪)   








Richter plays Tchaikovsky The Seasons, May







DSC_6080 (800x533)


一昨日は お山の病院に行ったので
八幡の躑躅の様子を観に行ったのですが
まったく咲いておらず うっかり通り過ぎてしまうほどでした

それなので 以前載せました塩原の妙雲寺を訪ね
見頃を迎えた 牡丹撮影にチャレンジしてみました

よろしかったら ご一緒に如何ですか?





DSC_6078 (533x800)


白藤のトンネルを抜けると 鐘楼があります





DSC_6082 (800x519)


お寺の入り口で 地域で作られた「塩原温泉 文学散歩」と言う
小さな本を買いました
此処塩原温泉には たくさんの文人や歌人が訪れ
色々な場所に 文学碑や歌碑があり
芭蕉や与謝野晶子などの詠んだ歌などが
たくさん書かれていましたが 難しい言葉も多く
ひとつひとつ調べていたら 更新が遅れてしまいました

「俥 を駆りて白羽坂を越えてより、
回顧橋に三十尺の飛瀑を踏みて、
山中の景は始めて奇なり。」

と 尾崎紅葉が「金色夜叉」の中で語っていたり
塩原について語られている文芸作品が
思いのほか数あったので
これからの塩原散歩に役立てられればと思っています




DSC_6073 (800x533)


牡丹を撮るのは 私には難しくて・・・
少し陰っている方が きれいに観えますね




DSC_6081 (800x533)


白いお花が 特に目を引きました




DSC_6084 (800x533)


樹齢の高い樹々たちに囲まれて
澄んだ空気に 川音が響き
日陰は少し肌寒く
牡丹を撮るのには丁度良い一日になったようです




DSC_6088 (533x800)


前回訪れた時よりも お水がたくさん流れているみたい
水芭蕉は残念ながら もう適期を過ぎて大きくなってしまいました




DSC_6090 (800x533)


さぁ 牡丹苑の入り口です
元気に石段を昇りましょう




DSC_6091 (800x533)


どんな牡丹に出逢えるか
楽しみですね





DSC_6096 (800x533)


うわぁ・・・ふくよかで濃厚な感じです
何だか お花が子どもの顔くらいあって
薔薇とは違う華やかさですね
クラクラします




DSC_6100 (800x533)


境内の広い敷地内には 三千株の牡丹が植えられています
ゆっくりお散歩しましょうね







まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-
 Home  Prev

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク