花の足音

2019 / 07
06≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫08

涼を求めてGO! Ⅳ

2019/07/30(Tue) 19:27





DSC_0225 (800x533)


楽しい時間は あっと言う間に過ぎ去るものだね
チャーリー そろそろ帰らないと・・・

え~ もうちょっと上まで行こうよ

だめだよ 時間切れになっちゃう

じゃぁさ ほら あの小さな滝だけでも行こうよ

やれやれ・・・








Monica Zetterlund (w/Bill Evans) -- Monicas' Vals (Waltz For Debby) (1964)

だから 寂しくならないように
夢の世界では 成長を止めるんだ…







DSC_0262 (800x533)

あーっ! 弾けるような音だよ♪
ほらほら ちょっと泳いでくるね

もぅぅ…チャーリーったら






DSC_0255 (800x533)

うわぁ 涼しいね
それに いい音がする





DSC_0257 (533x800)

何だか 帰りたくなくなっちゃうね






DSC_0248 (800x541)

でもだめだよ もう帰らなくっちゃ 
ほら チャーリー 置いて行くよ
早く渡っておいでよ
あぁっ! ほらほら滑らないようにね






DSC_0272 (800x533)

自分こそ慌てるなよ
ほら 躓いた♪

なんかチャーリー 意地悪だね

そんなことない
目くそ鼻くそって 教えてあげただけさ♪







DSC_0291 (533x800)

あれ?出口にこんな碑があったんだっけ?
忘れてたよ


―龍化瀑二十五丈を若葉する 毛﨔(ぶな)のかこめりうへは岩山 ―
                           与謝野晶子


此処は 与謝野鉄幹・晶子夫妻が昭和九年五月に訪れたんだってさ
なんか うれしいなぁ…






DSC_0302 (800x533)

あっ 秋の欠片を見つけたよ
この夏も 駆け足で過ぎてゆくのかなぁ・・・





DSC_0320 (800x533)

いいや その前に茹るね


何だよチャーリー もう充分涼んだでしょ


そんなの 熱い車に乗った途端におじゃんさ!


少し冷やしてから乗ればいいじゃない
我儘言っちゃだめだよ


皮膚の厚さが違うんだよww









まり
スポンサーサイト



お散歩 コメント:- トラックバック:-

涼を求めてGO!Ⅲ

2019/07/29(Mon) 13:54





DSC_9200 (800x533)


眠っている間に 何処かで成立している木霊
気後れして ボクは言葉の方向を失う・・・
だけれど やっぱり重ねていたいんだもの
ボクだって…ボクだって…







La vida breve by Manuel de Falla - classical guitar duo








DSC_0269 (800x533)

落石注意だってさ チャーリー
あまり そっちの壁に近寄らない方がいいよ






DSC_0201 (800x533)

気になるって言ってた石のことだけど
何が気になるって言うのさ

うん 人によって色々な積み方をしてるよね
あんまりたくさん積んであるから
それだけ色々な心模様があるんだな~って思ってさ






DSC_0221 (533x800)

じゃぁチャーリー 題名を付けて見ようよ

これは…「考える人」






DSC_0223 (533x800)

これは…うーん…

「捏造」






DSC_0233 (800x533)

これは「愛」だね♪






DSC_0240 (800x533)

これは「不安」






DSC_0231 (800x533)

これは…「処女懐胎」






DSC_0202 (800x533)

ねぇ チャーリーも積んでみるかい?


いや ボクは毎日積んでいるから


えっ?何を


目に見えないものさ


チャーリー それって何処に積んであるの?


心の奥の方さ






DSC_0204 (800x533)

皆 積んでいるんだよ 一々覚えてないだけさ
人はね 大人になりながら
少しずつ崩れない積み方を覚えてゆくのさ 
どんな激流の中でも 鉄砲水を喰らっても…


チャーリーったら そんなこと言ったって 
見えないのに わかんないよ!


見ようとするから見えないんだよ
感じるんだ 呼吸を合わせて


・・・・・・・・・・・


わかんないよぉwww!








まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

涼を求めてGO!Ⅱ

2019/07/28(Sun) 03:42




DSC_9853 (800x533)

青い草の中は 熱風が少し冷やされて
微睡むことだって出来るんだ
まるで 想い出の繭の中にいるようで
心地いい風に吹かれて 夕陽を眺めあの土手を散歩した
そんな瞬間にゆくことだって 苦労は無い







Nature Sounds of a Forest for Relaxing-Natural Soothing Sound of a Waterfall & Bird Sounds







DSC_0174 (800x533)

この谷間には 宝物がいっぱい
川のせせらぎに耳を傾けて
マイナスイオンを浴びよう




DSC_0212 (800x533)

チャーリー あんまり端っこに行くとお水に落ちちゃうよ




DSC_0177 (800x533)

此処はお水が豊かだねぇ






DSC_0183 (800x533)

お水が階段を落ちるように 流れて来るよ


あぁ・・・涼しいね・・・





DSC_0185 (800x533)

谷間が深いせいか 此処の木洩れ日は柔らかい
とても目にやさしい気がするよ


こうやって 日本人は自然と共に四季を感じて
生きて来た歴史があるんだよね


そうさ チャーリー
自然と一緒に 歴史を刻んで来たんだ





DSC_0190 (800x533)

里の暑さを忘れちゃいそうだよ
アスファルトに囲まれているだけで
焼け付いちゃうんだよね




DSC_0194 (800x533)

この音を聴きながら 夜眠れたらいいのにね





DSC_0188 (800x533)

そりゃぁ贅沢だね






DSC_0186 (800x533)

うん? チャーリーどうしたの?




DSC_9855 (800x533)

なんだかそれ 妙に気になるんだけど…


それってこれ?唯の石ころだよ


うん それは解っているんだけどさぁ…







まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

涼を求めてGO!Ⅰ

2019/07/26(Fri) 23:30





DSC_8621 (800x533)


ふ~う…頭のお味噌まで煮えちゃいそうだよ…
一体全体 なんて暑さなんだい今日って日は!
あぁ…何だかボーっとして来たよ…

チャーリー しっかりして!
ねぇ 涼しい処へお出掛けしようよ
4時間貰ったよ ほらほら急ごう!







THE GOONIES - THE GOONIES 'R' GOOD ENOUGH







DSC_0121 (800x533)

と言う訳で 涼を求めてGO!
お山に向かいます♪




DSC_0151 (800x533)

寄り道したから 時間が減っちゃったね
大丈夫?

大丈夫だよ 行きたい処はすぐだもの
途中の処だから





DSC_0152 (533x800)

昨日あんなに 足腫れてたのに歩けるの?

三脚を杖代わりにしようかと思って(笑)
これちょっといいかも~♪
プロテクターもしっかり装着!




DSC_0159 (800x533)

チャーリー 見て! お水だよ
きれいだね 触りたいなぁ・・・





DSC_0163 (800x533)


前に来たのは2016年だよ
あれからずいぶん経つね




DSC_0164 (800x533)


お水がきれいなのは 変わらないねぇ…





DSC_0168 (800x533)


うわっ! 水飛沫が気持いいね
ずいぶん温度が下がって来たみたい




DSC_0169 (800x533)

チャーリー いい風だよ気持ちいい♪
さぁ 橋を渡ろう!




DSC_0171 (800x533)


やったぁ グーニーズの谷だよ!

えっ? チャーリー此処ってそんな名前だったっけ?

ボクが付けたのさ いい名前でしょ?

うん そんな雰囲気だものね
前回此処での写真 うっかり原本を消しちゃって
どうしても もう一度撮りたかったんだぁ
さぁチャーリー お水に触ろう♪







まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

あおぞら

2019/07/25(Thu) 22:15




DSC_0117 (800x533)


久し振りの青空!
反対側に 嫌ぁなじとじと雲がもくもく出ていても
背中を向ければ ほらっ 目の前はいいお天気♪
人生360℃ 心の向きで目の前は晴れ!







葉加瀬太郎 エトピリカ【OFFICIAL】







DSC_0311 (800x534)

いやぁ~昨日も今日も暑かったね
突然ゲリラが襲って来るけど
温度は上昇中~

昨日は雨の合間を縫って 
とある処に写真を撮りに行ったんだよ




DSC_0124 (800x533)

そしたら途中の交差点にあるコンビニで
たくさんの人が立っていて お巡りさんもいっぱい
だからちょっとだけ途中下車したよ

「はい ロープから出ないで真っ直ぐ並んでね~
あっ おじいちゃん 申し訳ないんだけど 煩いと思うだろうけど
あと3㎝後ろに ロープからサンダルの先が出てるんだ」

何でそれ程きっちり?

「やっぱりきれいに並んでいる所で 手を振ってくれるんですよ」

ほんとかな~(笑)

「いいカメラだね いい写真撮ってね」

腕は どっかに置いて来ちゃったの(汗)

「具合悪くなったらすぐに言ってね 暑いから~」

言ったらどうするの?

「出来る限りの介抱をさせて頂きます」

お巡りさんも大変です(笑)




DSC_0140 (800x533)

そうこうしてるうちに 後ろのおばぁちゃんたちが

「そんなカメラで撮るなら駅に行きな 良く撮れるから
此処らじゃ美智子さまの評判が一番だ
皆に気を使って 顔を良く見せてゆっくり通ってくれるんだ
雅子さまは窓も開けない つんとしていてね
まだ若いからしょうがないけど・・・」

嫌々 そんなことないですよ
対向車が私ひとりでも 窓を開けて手を振ってくれたもの
三回くらいあったんですよ 今までに
私は片手運転しちゃいけないと思って 会釈しただけ(笑)
雅子さまだって おやさしいのに・・・

「いんや そんなことはない やっぱり美智子さまは凄い」

聞いてくれません(笑)

同じ世代を生きた そんな同士のような気持ちもあるんですよね
いずれにせよ おふたりとも日本人で一番苦労しているお嫁さんです
だって 国に嫁したんですから・・・
この町の人は皇室の方がお見えになる度
お迎えしたりお見送りしたり・・・大好きなんですよね
特にお年寄りの方たちは とても身近に感じていらっしゃるようです
ファンの集いのようでした(笑)

後ろのおばぁちゃんたちがヒートし始めた頃
ヘリの音が聴こえ始めました




DSC_0144 (800x533)

あっ!ブレちゃった・・・ごめんなさい
動くもの 苦手なの・・・
取り敢えず 美智子さま初めて写真です(汗)

しょんぼりしました・・・
次の偶然は 頑張ります




DSC_0147 (800x533)

その後暫く車列が続き 
何事も無かったかのように収まりました





DSC_0318 (800x533)シュウメイギク


取り敢えず ゲリラ雷雨が来る前に急がなくっちゃ!




DSC_0325 (800x533)斑入り南天

急に暑さがやって来ましたね
関東はまだ梅雨が明けていません
昨日も今日も夕暮れから土砂降りです
でも一雨あると涼しくなって少し楽です




DSC_0310 (800x533)ベルガモットとチャーリー


明日から チャーリーと歩けるといいね
ねぇ 何処か涼しい処に行こうよ!




昨日は削除の山で いつの間にかダウンでしたww
行き成りの暑さで 体調を崩されませんように・・・
これから愈々夏本番ですね
皆さま お身体ご自愛下さいね







まり
透過 コメント:- トラックバック:-

傘マークの後は…

2019/07/23(Tue) 23:21



DSC_0001 (800x533)

お空には 傘マーク
ん~ 消しちゃいたい
でも 今日が最後かな?






One day We Had Today (Piano)





DSC_0008 (800x533)

明日晴れたら 何処へ行こう?



DSC_0007 (800x533)

明日晴れたら 何を撮ろう?



DSC_9862 (800x533)

明日お陽さまに逢えたら 何を話そう?



DSC_9869 (800x533)

あのね ずっとずっと寂しかったよ・・・




DSC_9860 (800x533)

逢いたかったって言って 抱きしめて
もう二度と放さない




2019-07-23 (800x444)

気が遠くなるほど 待ってたんだよ


お帰りなさい… 
背中に爪を立てるほど
あなたを強く抱き締めよう



一カ月振りくらいの夕暮れでした 
思わず ・:*:・:(*´(^*  )チュッ:・:*:・





まり
透過 コメント:- トラックバック:-

Here comes the sun

2019/07/22(Mon) 23:59




DSC_0064 (800x533)

大人になると無駄が削がれて
短く的確な言葉が気配りされながら 
其処此処に使われているものだと
憧れの人の言葉をぼんやり眺めていた

よく観るとそれは削がれてシンプルになっている訳では無くて
折りたたまれて表面しか見えないだけで
折り込まれた襞の隙間にはたくさんの言葉が入っていて
場所を選び出入りしているようだった







"Here Comes the Sun" - The Beatles Cover by The Running Mates






DSC_0059 (800x533)


親を見送り 良い最後でしたと言える人は
幸いだと私は想います
哀しみの中に在っても 小さな後悔を抱え
機敏な対処が出来たことは
やはり幸いだと想います

今度こそと想いながら 後悔ばかりを増やしてしまった
それでもまた私は 今度こそと想っているのです
いつかその時には 私もそう言えるようにって・・・
帰って来たら ゆっくり休んで下さいね





DSC_0063 (800x533)


今日もまた雨でした
今週末には故郷で 大きな花火大会が行われますが
その前には梅雨も上がるようで・・・






DSC_0069 (800x533)


終わると想えば また梅雨も
しっとりと美しい季節でした




DSC_0071 (533x800)


日照りの中で こんな日を想い出すのでしょう
美しい雫溢れた日々を
人は贅沢なものですね




DSC_0093 (800x533)


観に行けなかった紫陽花の代わりに
小さな紫陽花を 頂きました








まり
透過 コメント:- トラックバック:-

身を知る雨

2019/07/21(Sun) 19:31




DSC_0012 (533x800)
ショウキハナセキショウ



かずかずに 思ひ思はず 問ひがたみ 身を知る雨は 降りぞまされる  在原業平

つれづれの ながめにまさる涙河 袖のみひぢて 逢ふよしもなし  藤原敏行

あさみこそ 袖はひづらめ涙河 身さへながると 聞かばたのまむ  在原業平




言葉を知らぬ私なら 身を知る雨に代筆を願う・・・







Sweet And Lowdown playing guitar







DSC_0026 (800x533)

あまりにやさしい雨なので 心ごと包まれて・・・




DSC_0037 (800x533)

梅雨しとど 光りの粒のやわらかさ





DSC_0038 (800x533)

めづらしき 人を見むとや しかもせぬ わが下紐の とけわたるらむ  (よみ人知らず)





DSC_0040 (800x533)

雨続きで 雫写真ばかりです
だけど 今日の雨はやさしい霧雨だったの
すーっと疲れが取れるような・・・
こんな雨は 好き




昨日は伺えなくて ごめんなさい







まり
透過 コメント:- トラックバック:-

雨また雨

2019/07/20(Sat) 22:37



DSC_9818 (800x533)


お空の想いが溢れると 途端に雨が零れ落ち
辺り一面真っ暗で シャツの裾までぐっしょりで・・・


扇子閉じ そぼ降る雨の土用入り






D.Shostakovich - Waltz No.2 (from the Jazz Suite No.2)







DSC_9994 (800x533)


寒サノ夏ヲオロオロ歩キ 雨ニモ負ケズ過ゴシテ来タ
雨ノカーテン引カレレバ 疲レ取リタル三尺寝


カーテンの向こうは きっと良いお天気





DSC_9827 (800x533)

 今にも ほろりと落ちそうな雨粒




DSC_9809 (800x533)

今年ほど 雫の写真を撮った年はない



DSC_9822 (800x533)

令和の始まりは 雨 雨 雨だったと
記憶に刻まれてしまっただろう・・・




DSC_9820 (800x533)

今年ほど 鈴の鳴り続ける夜は無い




DSC_9838 (800x533)

今年ほど 花が泣き続けている夏はない・・・







まり
透過 コメント:- トラックバック:-

雲の上に行こう

2019/07/18(Thu) 22:27


DSC_9880 (800x533)

雲の切れ間が出来た日 頭の中で回る swing jazz
音楽を胸に詰め込んで 飛んでゆこう
高く高く登ってゆけば 違った景色が広がっているかも知れない・・・



DSC_9923 (800x519)

蜻蛉の翅に乗ってゆこうじゃないか 
そら 地上は遥か下に大の字に寝そべっている






Old Fashioned Love - Dick Hyman






DSC_9882 (800x526)

昨日は久し振りに青空を見まして
そうなると居ても立っても居られない
高い処に登りたくなるのが
阿呆ってもんじゃありませんか





DSC_9891 (800x533)

雲の上には もう雲なんかありゃしないなんて
勝手に ひとりそう決め込んではみたものの・・・





DSC_9895 (800x533)

嫌々どうして 雲の奴もしつこい奴でして
山頂に べったりとくっついていやがる
あらら こんな汚い言葉は使っちゃぁいけませんねぇ
文部省からお咎めでも受けたら大変だ




DSC_9902 (800x533)

お前さん 行かないでおくれよぉ
ねぇ 後生だから この通り・・・
なぁんて お山に縋りつくように絡み付いてる

放しなさいよ もう勘弁しておくれ
ちょっと 其処はやめなさい
本当に こそばゆいからそんなところ掴むんじゃありませんよ
こらこら あら? ひんやりして
おいそこ ちょっと気持ちいいねぇ・・・

なぁんて 馬鹿な妄想してますと
すーっと 辺りが明るくなって来ましたよ





DSC_9888 (800x533)

まぁ 雲ひとつない青空は拝めませんでしたが
明るい空を 久し振りに眺めました

あんまりどんより続きだと 心にも黴が生えちゃうんですよ
いけませんねぇ じとじとしちゃって・・・
少し風を通してやりました いい感じです




DSC_9890 (800x533)

今日は母の病院でした
予約なのに二時間半待って三分診療
原因は分からず 腫れも引いたからいいんじゃな~い って
じゃぁ 今度挟んでみる~?(マンモグラフィー) って
大丈夫かなぁ あの先生・・・

高齢になると そんなものなのかなぁ・・・と思いました
病巣を見つけたところで と言うことなのでしょう
病気よりも 検査や手術で亡くなったら大変と言う雰囲気でした
確かにそれも一理ありますね・・・
でもでも なーんか雲の中って言う感じで もやもやww
お陽さまー!早く出て来ーい!







まり
透過 コメント:- トラックバック:-
 Home  Prev

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク