花の足音

2019 / 11
10≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫12

長く長く熱い一日 Ⅰ

2019/11/13(Wed) 18:32





DSC_4844 (800x533)

日輪の 愛撫に我も冬を抱き







LUMINESCENT (Harpe & Handpan) - NUAGES






DSC_4842 (800x533)


両の腕を 高く高く上げれば
光りは 天上に紅く紅く滲んで





DSC_4852 (800x533)


強い風が びゅうびゅうと唸り声をあげ
樹々の葉を 捥ぎ取るように舞い踊る





DSC_4857 (800x534)


明けゆく空は 心を奪い
身動きひとつ 儘ならない





DSC_4859 (800x533)


空駆けるものは誰ぞ
問うても答えるものは無く





DSC_4876 (800x533)


両足を踏ん張り 木枯らしに向かう
うつくしい冬の朝








まり
スポンサーサイト



透過 コメント:- トラックバック:-

冬薔薇(さうび)

2019/11/11(Mon) 19:05






DSC_4816 (800x533)アンナ・プルナ


冬薔薇(さうび) 摘む手の中に身を預け



小春風に香りを乗せて あなたの街まで出かけましょう
私は冬の陽に溶けて 姿形もないけれど
棘は置いて行きましょう 庭の片隅土の上






記憶の匂い






DSC_4823 (800x533)バフ・ビューティー


突然の雨に 寒そうな冬の薔薇
耐えて咲く その足元にはもう既に
温かな春が 蓄えられている





DSC_4826 (800x533)ジュビリー・セレブレーション


そのように 人も過ごせたらいいのにと
少し 羨ましく思いもするが
もしかしたら 人もそうなのではないかと
ふと 感じた





DSC_4831 (800x533)バニラ・ボニカ


あの時抱かれた温もりが 未だ心に残っている
あの時抱いた柔らかさが 未だ手のひらに残っている
温かな愛が蓄えられて 人も生きているんだね





DSC_4836 (800x533)


冬支度は春への助走
お花たちに負けないで 私も春を蓄えよう





DSC_4838 (800x533)


愈々 葉ぼたんの季節になりましたね









まり
透過 コメント:- トラックバック:-

深夜食堂 14

2019/11/10(Sun) 02:08





DSC_4766 (800x533)

暦が冬だと告げれば 従わざるを得ない
心の準備が出来ていようと 出来ているまいと
否応なく 秋は剥ぎ取られて行くのだ

まだ秋を楽しんじゃいないって?
そんなぼやきなら お月さんが聴いてくれるかも知れないね・・・






鈴木常吉 - 思ひで (深夜食堂 OST)






DSC_4207 (632x800)

やぁ いらっしゃい 今夜は寒いですね
熱燗になさいますか?


えぇ 今日は採りたての人参と里芋がありましてね
葉のきれいな人参は かき揚げが上手いんですよ





DSC_4748 (800x533)

千切りにした実と葉に いい塩を少し振っておく
そうすると 水分が出て甘みが増します

そこに片栗粉と小麦粉を適量混ぜて
ギュッと一握りごとに揚げるんです

高温はいけません 低温で時間を掛ける
それから徐々に温度を上げて行く

人参のかき揚げは 他の揚げものとちょっと違う
パチパチと言う音と相談しながら ゆっくりとね






DSC_4435 (800x533)

お客さん 紅葉狩り行かれたんですか?
今は何処も盛りでしょう
桜エビのような日本列島が 北から南へ
少しずつ 鮮やかに染まって行く・・・

いいじゃぁないですか いい季節だ
春もいいけど やっぱりこの季節が心に響きますよね
樹々の葉が 落ちて行く前の最後の輝きは
切ないですよねぇ・・・





DSC_4751 (800x533)

はい 人参のかき揚げです
カリカリですから 塩で食べてみて下さい

甘くて旨いですよ





DSC_4757 (800x533)

はい 里芋のそぼろ煮です

親鳥のひき肉と薄味で炊いて
柚子胡椒を効かせてあります
里芋は大野です
肉質はねっとりとして柔らかいんですよ





DSC_4534 (800x533)

庭の盆栽のヤブコウジが 急に真っ赤に色付いて
何だか急に 正月飾りがもう出来ちまったようで
今年も後僅かだよって 急かされているような気がしましてね・・・

日が過ぎるのが 早すぎるような気がしちゃうんですよ
うちは 十日もすればお袋が手術なもんで
余計に忙しなく思えてね・・・


えっ 珍しいですね
小腹が減ってるんですか?
じゃぁ 直ぐに作りますよ






DSC_1554 (800x533)


烏賊とパプリカの焼きそばです
揚げ玉入りなんで コクがあってこれが旨いんですよ
火から下ろし際に 揚げ玉投入でカリカリっとしてます

帰ってから また仕事なんですか
大変ですね 朝も早いんでしょう?
風邪はやってるみたいですから 気を付けて下さいね





DSC_4774 (800x533)

今夜は 変な空ですねぇ
お月さんが 雲の泡の中でずっと隠れてる
でも明るい夜ですね

えぇ いつもありがとうございます
また来てくださいね お待ちしてますから






あぁ・・・そう言えば明日は祝賀パレードだったなぁ・・・





DSC_4775 (800x534)

それでお月さんは 泡風呂入ってめかし込んでいるのか!


俺も 心の洗濯に行きたいなぁ・・・

・・・・・・♪










まり
ご飯 コメント:- トラックバック:-

冬の入り口に立ち

2019/11/08(Fri) 22:21




DSC_3291 (800x533)

冬の立った 夕間暮れ
遊び疲れた 子等の声
石蹴り ゴム飛び 氷鬼
夕餉の匂いに 誘われて
お腹を空かせた 帰り道






Libera - Going Home






DSC_4386 (800x533)

豆腐屋ラッパが 鳴り響き
割烹着来た 母さん等
つっかけ履いて 急ぎ足
お帰り 坊と微笑んで
夕陽は静かに沈むのさ




DSC_4387 (800x533)

昭和と言う その時代
掛け替えのない 良き日々に
小さな灯りが 灯る頃
心の中が 温かく
芯まで ほっこり出来る夜
おこたの中で 手を繋ぎ
仲良しこよし 歌おうよ




DSC_4544 (533x800)

ふと気が付けば 暦はもう立冬ですね
冬の入り口に立ち 身震いをする今日この頃です
皆さまはお元気でお過ごしでしょうか
風邪も流行って来ているようです
どうぞお身体ご自愛下さいね






まり
透過 コメント:- トラックバック:-

菊の香り

2019/11/08(Fri) 00:37





DSC_4420 (800x533)


父に供える菊が咲き始めました
畑やお庭で 菊の香りがしています







Ludovico Einaudi - Nuvole Bianche (Guitar Cover)






DSC_4058 (800x533)


昔は お仏壇やお墓のイメージが濃かったですが
今は随分洋風になって 部屋中に飾ったりしています





DSC_4074 (800x533)


菊の香りに 哀しみを想い出す事無く
良い香りだと思うようになりました





DSC_4017 (800x533)


家族を亡くされた 知人などの処にも摘んで行けるので
とても楽しく増やしながら育てています





DSC_4647 (800x533)


最近は お墓やお仏壇に造花を供える人が増えて
少し寂しい風景です





DSC_4649 (800x533)


香りは 天国にも届くと聴いた事があるので
今頃は 父も菊の香りに酔っていると思います






DSC_4643 (800x533)

下戸だったからね~♪






DSC_4060 (800x533)

今年もきれいに咲いたなぁって
楽しんでくれているといいな








まり
透過 コメント:- トラックバック:-

永遠の門

2019/11/06(Wed) 19:22





DSC_4364 (800x533)

夕暮が温かな色に変わると
小さな宇宙の片隅に 門が開く



DSC_4572 (800x533)

光りの粒の中にだろうか
明日綻びる蕾の中にだろうか



DSC_4588 (800x533)

カサカサと 樹々の葉の擦れる音の中にだろうか


嫌 きっと永遠に憧れる心の中に違いない・・・






Ludovico Einaudi - Monday





DSC_4600 (800x533)

今日はね 畑のお片付けを少しね
昨日の朝ね お山に初冠雪があって
今朝は軽い初霜が降りたの

だからパプリカは これが最後
紫大根は甘くなったのよ




DSC_4212 (642x800)


寒いから 少し温めましたよ
急に冷えて来たわねぇ・・・



DSC_4595 (800x533)

新牛蒡も採れたから 叩きにしたの
そうよ 棒で叩くの ストレス解消になるのよ
薄味で炊いて 叩いて胡麻和えにしました



DSC_4630 (800x533)

柿紅葉 きれいね

ねぇ もし散った葉が樹の足下に一枚も残っていなかったら
それはとても寂しい風景だと思わない?
もしかしたら樹が死んじゃったのかと心配にならない?




DSC_4604 (800x533)

はい 日光湯葉の飛竜頭です
寒くなると温かいものが食べたくなりますね




DSC_4517 (800x533)

今日の秋刀魚は下ろして竜田揚げにしてみたの
今年の秋刀魚はやせっぽっちで焼いても美味しくないんだもの
酢橘醤油で食べて下さいね
紫蘇も霜が降るともう終わりだし てんこ盛りにしちゃった




DSC_4213 (800x533)

もう これで終わりよ
ちゃんと ご飯を食べないと元気が出ないでしょ

ねぇ 永遠て本当に無いのかしら
形に残らないと永遠とは言わない?
心は死んじゃうのかしら? 無になっちゃの?
きれいに跡形も無く魂は消えちゃうの?
そんなことないよね・・・





DSC_4607 (800x533)

はい 今日は最後の菜飯かな
お大根の葉が霜枯れてきたから
熱々の豚汁と召し上がれ





DSC_4529 (800x533)

あっ お月さま・・・

形を変えながら ずっとあるよね
星はいつか消えてしまったりするけど
お陽さまやお月さまは ずっとずっとあるよね

心もそうだといいな・・・
そうじゃなかったら 寂しすぎるもの・・・




DSC_4576 (800x533)

心の中に 永遠の場所が出来てしまって
普段は門が閉じていて
朝焼けがきれいだったり 夕焼けが胸に沁みたり
降るような星空を眺めたり お月さまが透き通った光をくれたり
そんな時に 門が開くの

永遠の門が開くの・・・


小さな夢なんだもの・・・








まり
ご飯 コメント:- トラックバック:-

RI・A・RU

2019/11/04(Mon) 23:53






DSC_4441 (800x533)


夢が壊れてしまったら
多分私は ふっと消える
誰かがふっと消えたように・・・







J.S. Bach - Andante and Allegro from sonata in e minor







DSC_4454 (533x800)


蝋燭を吹き消すように 人が消えて行く
何も残らない 変な世界






DSC_4455 (800x533)


昨日其処を歩いていた人が
今日はもう何処にもいない・・・






DSC_4495 (800x533)


でも この空は本物






DSC_4508 (800x533)


今朝 三時の空







DSC_4503 (800x533)

ごっこじゃない空








まり
透過 コメント:- トラックバック:-

仕事始めの夕暮れは・・・

2019/11/03(Sun) 21:23






DSC_4395 (800x533)

ライムライト と言うセージがあります
霜が降るギリギリに咲き始める とても素敵なお花です
いつも 早く早くと急かします
だって ひと霜で溶けてしまうんですもん







charles chaplin limelight soundtrack candilejas







DSC_4492 (800x503)

天草のお蜜柑が着きました
風邪対策に これからいいですね
凄く甘いですよ 宜しかったらおひとつどうぞ ^^




DSC_3442 (800x533)

紅玉のジャムを作りました
皮を始め一緒に煮ると きれいなピンク色に出来ます
瓶の蓋を開けた時に ふわっと甘酸っぱいいい香りがして・・・
開ける前から 母のうれしそうな顔が浮かびます ^^




DSC_3996 (800x533)


窓辺にはクリスマスの準備♪
ちょっと気が早かったかなぁ 




DSC_4047 (800x533)ザ・シェパーデス

昨日からお仕事が始まり 何だかバタバタと一日が過ぎて行きます
お庭の整理をしながら 室内に取り込む鉢の消毒や剪定
球根をたくさん植えたり 草を片づけています





DSC_4023 (800x533)デスデモーナ

久し振りに会う人たちと お花の話が出来るのが楽しくて
何だか 一日があっという間に終わってしまいます




DSC_4043 (800x533)アウグスタ・ルイーゼ

あっ! 私ちょっと人恋いしかったのかもww





DSC_4368 (800x540)

雪虫が飛んだよ ふわりふわり冬を運んで
暖かそうな身体をして 冷たい空気を連れて来たよ
お前に触れたら 溶けるだろうか
温かい掌の上で きれいな露に変わるだろうか




DSC_4465 (533x800)

仕事始めの夕暮れは 
きれいなきれいな三日月で
やさしく笑っているようで




DSC_4462 (800x529)

今日も一日頑張ったね と
素敵なお空をくれました






まり
透過 コメント:- トラックバック:-

霧の贈り物

2019/11/02(Sat) 19:02






DSC_4230 (800x533)


ある朝 深い霧が降りました
時々 私の心の中にもこんな霧が降ります
どうしようもなく泣きたくなって 膝を抱えてしまうのです
そんな時は目を凝らして 遠くのものを必死に見つめます
だけれど 何れ霧は晴れて視界は開けてゆくのです
素敵な贈り物を残して・・・







Ennio Morricone - Gabriel's Oboe from The Mission, Maja Łagowska - oboe









DSC_4232 (800x533)


ディープな場所に張り巡らされた蜘蛛の巣






DSC_4239 (527x800)


あなたに届けたい心






DSC_4278 (800x533)カリプソ


しっとりと重なる時間






DSC_4280 - コピー (800x533)



指先から零れる温かさ







DSC_4283 (800x533)


あなたの笑顔





DSC_4270 (800x533)ストロベリー・ヒル


最近 朝に撮る写真の表情が好きになりました
光と影がきれいに出てくれるので 彩に深みが現れる気がします
気のせいかなぁ?






DSC_4287 (533x800)  
月見うさぎの花穂


霧静か 雨よりも尚儚げに





DSC_4264 (800x533)パイナップルセージ・ライム



時々 俳句の季語を調べるのですが
蜘蛛の巣が夏だったり カイワレが秋だったり
今はもう 季節がずれていたり なかったり
古来からの日本の季節感とはまた違った
新しい季語が増えて来るのでしょうか


私は 最近の天災や事故などを観ていると
地球が昔に戻ろうとしているような気がしてなりません
変化は時と共に必要なこともありますが
変わらずにあるものは 変わり過ぎてしまったことに
時々 気付かせてくれたりします
だからこそ こうして変わらずに巡り来る季節や
自然から頂く贈り物を 素直に受け取って行きたいと思うのです






DSC_4268 (800x533)


うつくしい・・・と心震える時間に
唯々 感謝をして・・・








まり
透過 コメント:- トラックバック:-
 Home 

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク