花の足音

2020 / 01
12≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫02

春愁

2020/01/31(Fri) 22:35






DSC_8849 (800x533)

今年もキミに花を贈るよ

まぁぁ… ありがと




DSC_8851 (800x533)

あっ! 風が…

あはは 東風だね 
春が来たんだよ







Antonio Vivaldi - Concerto in D, RV 564






DSC_8531 (800x533)

季節は繰り返しやってきますね
同じ季節が来ることに 人はどんな想いを抱くのでしょうか
好きな季節も嫌いな季節もあるでしょう?
好きな季節なら うれしい
嫌いな季節なら 苦しい…
でも 同じ季節は一度としてないでしょう?




DSC_8728 (800x533)

日本は 国独自の行事の他に
他国の行事や多宗教の行事等年々増えて
本当に行事の多い国だと思います
行事を追うだけでも一年の過ぎるのが早く感じ
ぼやぼやしていると あっと言う間に一年が終わってしまう
毎年同じ事をしているつもりでも同じではありません
心向きも身体も 同じようにはいかないからです





DSC_8730 (800x533)

病や親の介護や体力の衰え等
年齢を重ねてゆくと 維持が最高の進歩になってきたりします
昨年出来たことが今年は出来なかったりします
だから私などは 同じ事が出来たことに感謝したり
同じように 心を前向きに維持できたことに感謝しています





DSC_8775 (800x533)

お花を見て 今年も咲けたねって声を掛けてしまうのも
そんな想いからなのだと思います
冬を越えられないお花もあるので
春の再会は 喜びもひとしおです




DSC_8771 (800x533)

あなたと眺める季節は
たくさんの人のお陰で眺められるリピートです
私は ありがとう と繰り返し繰り返し
あと何回一緒に眺めることが出来るでしょうと
喜びと寂しさを取り混ぜて お蔭さまでと手を併せます
この春にも…


春の雪にも…







昨日は そろそろ大丈夫かと渓谷の遊歩道を少し歩いたら
また膝に激痛が走り その後治療院に
「今は焦るな もうカメラを持って歩けなくなるぞ」と先生に怒られ
もう暫くは車で行けるところだけに と諦めました
でも お蔭さまで母の放射線治療が終わったので
これからは少し自由時間が出来そうです
お心遣いありがとうございました 

今日で もう一月が終わります
過ぎてしまえば あっと言う間の一か月でした








まり
透過 コメント:- トラックバック:-

ゆめはな村の雪遊び

2020/01/29(Wed) 22:33






DSC_8796 (800x533)

やっと ゆめはな村に雪が降りました
みんな大喜びです



DSC_8801 (800x533)

クマくんたち 何して遊ぶのかなぁ…







Bill Evans - Waltz For Debby






DSC_8805 (800x533)

ねぇねぇ クマくん 雪だよ!雪が積もったよ!

そうだね やっと雪景色が見られたね

でも雪がちょっとしかないから 雪だるま作れるかしら?





DSC_8842 (800x533)

そうだなぁ…びちょびちょの雪だしねぇ…

でもでも作りたいよぅ

う~ん 小さいのなら作れるかなぁ

作ろうよ! もう雪は降らないかも知れないよ!






DSC_8806 (800x534)


よし 作ろう!この冬の想い出を作らなくちゃね

わ~い!どんなのにする?

どんな形にしようか?

雪がたくさんいるかしら?





DSC_8808 (800x533)

よ~し 雪はボクが運んで来るよ
広場に積み上げよう♪

さぁさぁ 一杯運ぶぞぉ

クマくん この雪は重そうだね

大丈夫だよ これくらい





DSC_8841 (800x533)

ウサギくん これ何?

モアイ像♪

なんでww

あのね 写真で見たことがあるんだけど
首だけのもあって不思議に思ってたら
地面の中に大きな体があって感動したの

こんな感じ? 鼻が高すぎない?

頭はもっと絶壁だよね





DSC_8835 (634x800)


う~ん 見えるかなぁ?

やっぱり鼻が高すぎない?





DSC_8832 (533x800)


ねぇねぇ やっぱり鼻が高すぎないかぁww

クマくん 出来たね♪

でもでも 鼻がww

北国のモアイ像だから
鼻が大きいんだ!






DSC_8892 (800x533)


ゆめはな村に降った ほんの少しの雪は
クマくんやウサギくんたちを 夕暮れまで楽しませてくれました


来年は 冬らしい冬が来て
もっと大きな雪だるまが作れるといいね





DSC_8894 (637x800)


今日は朝から スコールのような雨が降って
気温も7℃もあり まるで春のようでした
芽出しの雨になったようで クロッカスに花芽が上がって来ました
暦の上では という言葉が今年はいらなくなりそうですね

夕月は細くてとてもきれいな三日月でした








まり
眠れぬ夜の物語 コメント:- トラックバック:-

のさり

2020/01/28(Tue) 21:45





DSC_8787 (800x533)

「これは私の のさり だけん」

熊本には 心に沁みる方言がある
思い通りにならない現実
変えられない現実を受容すること

我が身の理性・知恵・自己本位の計算や意志
教養などの遥か及ばぬ大いなるものの計らいによって
授け与えられたもの と言うことらしい

そして それを学びとし すべてを肥しにすると言う






Celtic Harp Solo – A Trip to the Islands (Keltische Harfe) // Nadia Birkenstock






DSC_8814 (800x533)

夕べは 母とのことで問題が発生し
少々疲れてしまいました
でも 諦めてしまうわけではなく
淡々と歩いて行きます





DSC_8795 (533x800)

この足跡の後ろをついて行くと
決めた日は 遠い昔
自分の足で 自分の速度で…





DSC_8791 (533x800)

振り返ると 自分の後ろに少しだけ道が出来てた





DSC_8793 (800x533)

夜間に降った雪は霙に変わり
霙は時雨に・・・
一瞬にして ましろな町になったのもつかの間
春の 儚い泡雪のようでした





DSC_8810 (800x533)

昨日 小さな会報誌を読んでいて
応援している 石巻の「高橋徳治商店」の
高橋英雄さんの記事に目が行きました

東日本大震災の津波で3工場全壊し
心の復興の必要性を感じて また立ち上がって頂けた
魚肉練り製品などの生産者の方なのです
高橋さんは今 足を悪くされゆっくりとしか歩けないそうですが
杖をついた人・車いすの人・赤ちゃんを見ると
「頑張れ、頑張れ」 と心の中で呼び掛けるようになったそうです

災害による引き籠りの方が 若者にも高齢者にも多く
一緒に仕事をしながら 生涯学ぶと言う信念を抱かれています





DSC_8817 (800x533)

復興は とても時間が掛かります
やっとひとつの商品のラインが出来た時
うれしくてうれしくて 何個も買った覚えがあります

高橋さんが避難した神社で 赤ちゃんの泣き声が響いた時
その声が 希望であり未来であると感じたそうです
ひとつのことをどう感じるかは人それぞれだと思いますが
都会の公園を お年寄りが占拠し子供を入れなかったり
公園があると煩いと言う苦情があると言うニュースを
以前聴いたことがあります
子どもは未来の宝物だと 私も想っています

高橋さんが今 色々な人の言葉を「わがこと」として
頑張っていらっしゃる姿に 胸を打たれました






DSC_8815 (800x533)

現実には 言葉ひとつで切れてしまうご縁もあれば
言葉ひとつに救われることも多々あります
小さな器の私なので 日々迷いの中ですが
のさりのように 一日一日を受容できる自分に
なって行けたらと思います





DSC_8821 (800x533)

春時雨 総てを流す我になれ








まり
透過 コメント:- トラックバック:-

深夜食堂 15

2020/01/27(Mon) 00:35






DSC_8733 (800x533)


雪が雨になる 雨の中に春が混じる
きらきら光る雨粒を見ていると
ゆく冬の贈り物なのだと思う
冬は どっかりと座ることなく
もう旅支度をして居る
疲れは取れたのだろうか
充分に 休めたのだろうか







鈴木常吉 - 思ひで (深夜食堂 OST)






DSC_8691 (800x533)

やぁ いらっしゃい
今日は暖かかったですね
まるで春が来たみたいですよ




DSC_9224 (588x800)

お客さん ビールにしますか?
えぇ こんな陽気なら喉越しもいいでしょうね




DSC_8323 (800x533)

銀杏を炒ったんですけど 
取り敢えず これでも摘まんでいて下さい




DSC_8724 (800x533)

今日は スノードロップが咲いていて
随分と早いなぁって思いましたよ
いつもなら三月初めに咲くんですもん




DSC_7907 (800x533)

はい 生ハムのサラダです
レモンのドレッシングでどうぞ


温暖化はどんどん進んで 2050年には
この辺じゃぁ 旨い野菜が作れなくなるって
本当なんですかねぇ…怖い話だなぁ




DSC_8475 (800x533)

これね 栃尾揚げなんですけど
開いて刻んだオリーブを乗せて チーズ乗せて焼いたんです
ちょっと醤油をかけて食べてみて下さい
カリッとしていて旨いですよ




DSC_8719 (800x533)

球根なんて みんな芽が出ちゃって
昔々の立春は そんなに暖かかったんですかね

でもさぁ このまま行ったら
本州は雪の降らない国になっちまうかも
雪を知らない子どもたちの世の中になるんですよ
雪ってなぁに? それ美味しいの?なんて
嫌だなぁ…

牛もゲップが出来なくなる
大豆のお肉が当たり前になる
なんかね 自然じゃないですよ

便利と不便が もう少し歩み寄れないもんですかね




DSC_8765 (800x533)

はい 鳥の竜田揚げです

土の下から 春だ春だって声がしているようで
このところ 土を弄る日が多くなったんですよ
ただね いつもみたいに
凍てついた冬を越えて迎える春に比べて
何だか 喜びがぼんやりしちゃってね・・・
なんて そんな贅沢言ってちゃバチがあたりますね



えぇ ありがとうございます
そうですよね こんな年もまた想い出になります
人の力を信じなくちゃね


いつもありがとうございます
また寄って下さいね お気を付けて




DSC_8273 (800x533)

シ~はしあわせよ~
さぁ 歌いましょ~♪

俺は 小さなシでいいなぁ~






人生行きあたりばったり








まり
ご飯 コメント:- トラックバック:-

うすくらがり

2020/01/26(Sun) 01:22






DSC_8755 (800x529)

ものには 総てに陰がある
陰があって 厚みが出来
陰があって 命である


今日は 初めての水彩画教室でした
偶々ご縁のあったデザイナーの方に
ひと月に二回ほど 学ばせて頂くことになりました
初めての一枚は 下手糞だけどこんな感じ
ボタニカルアートが好きなのですが これは少し違う手法で
1回目は陰について教えて頂きました







Maksim - Somewhere in Time







DSC_8330 (800x533)

数日前 丁度欲しかった「陰翳礼賛」が届き
頁を捲り始めたところ




DSC_8643 (800x533)

文 谷崎潤一郎
写真 大川裕弘

とても素敵な本です





DSC_8646 (800x533)

「自分を含め なぜ日本人はうすくらがりが好きなのか」
を縷々述べた一文に耳を傾けながら日本の美学に心傾け
「空気を撮る名匠」と言われる大川さんの
陰影の空間の深さを感じる写真を眺める

ゆっくり読みながら 眺めて行こうと思います





DSC_8649 (800x533)

中々出来ない あれもしたいこれもしたい
忙しない日々の中で 少しじっくり考えたい
ものの観方とかエトセトラ…

隙間時間に楽しみを! などと思う時に必ず点滅する
換気扇のお手入れランプ

これが心の陰かぁww





DSC_8652 (800x533)

換気扇のお掃除をしていて
また遅いUPとなりました

などと こんな写真を載せながら…







まり
透過 コメント:- トラックバック:-

大地の下には春が♪

2020/01/24(Fri) 23:39





DSC_8608 (800x533)


クマくんのホーミーが お山に川に大地に響く
幾つもの声帯を震わせて 春を呼ぶんだ







ÖTÜKEN / Saydaş Monguş / Tıva Türkçesi (Сайдаш Монгуш)







DSC_0680 (800x498)

お山には毎日 雪雲が掛かるけれど
ちっとも白さは増さなかった




DSC_8616 (800x533)

ボクらは川にも行ってみたよ




DSC_8610 (800x533)

ねぇ お魚の影は見えないね

そうだね やっぱり春はまだかな



DSC_8614 (800x533)

きゃぁ クマくんたら 風邪をひいちゃうよ

う~ん でも雪解けの冷たさはないなぁ…




DSC_8746 (800x533)


クマくん 野にも行ってみよう!

おぉっ! 空が広いねぇ




DSC_8575 (800x552)

ウサギくん 見てごらんよ!
ほら お花があったよ!

わぁ…イヌノフグリだね



DSC_8578 (800x533)

クマくん こっちにも!
オドリコソウの蕾だよ!

あぁ… 明日には咲きそうだね♪




DSC_8572 (800x533)

ウサギくん 春は遠くに探しに行かなくても
大地の下にちゃんと来てたんだ

そうだね こんなに身近なところに
ちゃんと来ていたんだね







大地に耳をつけたら 春の歌が聴こえるかも知れない
あなたの町にも きっと…







まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

春を待ちながら

2020/01/22(Wed) 04:53





DSC_8389 (800x533)

ねぇ―!そんなところで何やってるの?




DSC_8411 (800x544)

おしくらまんじゅうかなぁ?
それとも 内緒話?
気になるなぁ…









Can't Help Falling In Love - Elvis Cover by 6-Year-Old Claire Crosby









DSC_8622 (800x533)


飛んでいる子を見ていると
不思議に心が落ち着く





DSC_8395 (800x565)


だって ボクには翼が無いもの
飛べなくて当然だ





DSC_8397 (800x539)

でも 時々 みんなに雑じって
スムーズに飛んでる夢を見たりする




DSC_8398 (800x518)

そんな時は ラッシュアワーだって
へっちゃらなのさ




DSC_8633 (800x533)

普段はね こうしてちゃんと歩いてるよ
一歩一歩 しっかりとね






DSC_8636 (800x506)

雀の学校は 楽しいよ
三学期は ちょっと教科書が増えたんだ











まり
透過 コメント:- トラックバック:-

春隣

2020/01/20(Mon) 23:15






DSC_8433 (800x533)

白檀の 匂い袋や春隣

窓辺から 鶯の子の声響き


二年くらい前に 江戸時代の小布で
母が縫ってくれた匂い袋を 棚に出しておいたら
先日 母が慌ててやって来て
「ねぇねぇ あの可愛らしいものはどうしたの?」
と うれしそうに訊くのです
「あれはお母さんが縫ったんじゃないの」と 答えると
「え~ そんなの知らない!私が作ったの?
どうやって 縫ったのかしら?」って さらにうれしそうでした ^^

鶯なので 早く隣に梅のひと枝でも活けてあげたいです
お香も 伽羅から沈香や白檀に変えると
春が来たような気がします





DSC_8153 (800x533)

病院通いを頑張っている母に
大切な お茶の時間 ^^
可愛い干支最中があったので







Ray Charles - Georgia On My Mind (The Orginal Song From The Albom)







DSC_8539 (800x533)

大寒の 夕暮れ光る命の芽




DSC_8543 (800x533)

今日は 私もちょっと神の手に観て頂きました
ぎやぁww! と悲鳴の上がったひと押しで
不思議なことに椅子に座れるようになりました ^^
昨日までの自分が嘘のようです
筋を傷めたのは どうやら梯子作業のせいみたいですが
これで またお仕事の続きも出来ます





DSC_8544 (800x533)

普段 自分が気付かない当たり前と思ってることに
物凄く感謝した一日でした
親の介護も 自分が動けて出来ることなので
動けることに感謝です





DSC_8548 (800x533)

椅子に座れるようになったので
また少しずつ チクチクしたくなりました
カメの歩みですが(*´艸`*)










まり
透過 コメント:- トラックバック:-

言の花

2020/01/19(Sun) 23:59






DSC_7533 (800x533)


感情を箱に仕舞い始めると
途端に落下してしまう 言の花

お手本のない風景を絵に起こすのは
とても楽しい蜜月だった

ざんぎり頭は柔らかく パーマをあてると硬くなる
側蕾は膨らまず 木は身を守り始めるか

綻びかけた花も散り むべなるか 
枯れて行く 歳をとると言う事・・・






Oblivion by Nadja Kossinskaja






DSC_7535 (800x533)

相変わらず 呻いています(笑)




DSC_8518 (800x533)

身体が不調だと 心も固まってしまう・・・




DSC_8495 (524x800)

只今 青息吐息ですが
原動力は 「愛」 なのでww
這ってでも 描いてます




DSC_8489 (800x533)

―夢の世にかつまどろみてゆめを又かたるも夢もそれがまにまに―

良寛さん 好きです




DSC_8526 (800x533)

でも この侘助は一休と言う名前なので
一休さんと出逢った時に森女が歌っていた歌を

―憂きもひととき、嬉しさも、思ひませば夢候よ―




DSC_8493 (800x533)

窓辺に咲く 花落ちる時
願わくばと 祈りながら・・・




DSC_8457 (800x549)

夜になると雲が広がり ずっとこんな感じです
月も星も見えない夜 静かにおやすみなさい







まり
透過 コメント:- トラックバック:-

帰り道

2020/01/19(Sun) 02:50





DSC_7390 (800x533)

冬日向 山また山に囲まれて

昨日の写真は 黒羽の御亭山からのものでした
富士山迄 206㎞だそうです







Over 1 Million Views! Scott Joplin's "Maple Leaf Rag" performed by Martin Spitznagel






DSC_8365 (800x533)

黒羽からの帰路 いつも通る橋です
一度 車から降りて撮ってみたかった
とても好きな橋です





DSC_8373 (800x533)

冬うらら 鮎欄干に泳ぎたる





DSC_8367 (800x533)

冬雲の浮いて流れる橋の上






DSC_8368 (800x533)

竹林の 影映したる冬の川








まり
透過 コメント:- トラックバック:-
 Home  Prev

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク