花の足音

2020 / 02
01≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 ≫03

春の窪(いしま)

2020/02/18(Tue) 19:33






DSC_9314 (800x533)

冬らしい冬を観たような観ていないような
そんな今年の春だから
何処か少し 歪んでいるのかも知れませんね

それでも うれしいじゃありませんか
大地の気を吸い上げて 樹々が命を歌い始めてるのです







羽生結弦 × 野村萬斎【MAD】 SEIMEI × 晴明 yuzuru hanyu × mansai nomura







DSC_9859 (800x533)

お山の梅林には梅が綻び
春の香りが漂って来ます




DSC_9865 (800x533)

今日などは 小雪がちらつき
思わず掌に息を吹きかけたくなると言うのに
こんなに寒くても 春を告げる花々は
後戻りと言う言葉を知りません
私たちは首を竦め乍ら 愛でてやることしか出来ないのです




DSC_9796 (800x530)

どれくらい離れていられるのか
月と星が引き裂かれても
見失うことのないよう
離れる程に 見つめ合っているのでしょう




DSC_9804 (800x533)

そんな月夜がありました
確か St.Valentineの夜
林の影がとてもきれいでうつくしかった

こんな夜は 昔の明るさを体験したくなります
LEDなど無くて 蛍光灯も無くて
白熱灯も少しで 蝋燭の灯りと月灯り
それは どんな暮らしだったんでしょう

昔 浅草に土蔵の料理屋さんがあったけど
やっぱり薄暗くて でも美味しかったなぁ





DSC_9966 (800x533)

蕗の薹を頂いたんですよ
今年のは大きくて…
雪が無いせいなんでしょうかね




DSC_9970 (800x533)

ふっくらと 美味しそうですね
蕗味噌もいいけれど
これは やっぱり揚げなくちゃ




DSC_9975 (800x533)

少年には 苦いかも知れませんけど
これは 大人の苦みなのよ

静岡の新玉葱がもう出回っていたから
海老とかき揚げにしましたよ
これは 甘い

お塩がいいでしょう?




DSC_9958 (800x533)

初午の日は 忙しくてね
お参りにも行けなかったから
二の午にでも拵えようと思っていたんですよ
でもね 明日のことなんて分からないんだもの




DSC_9963 (800x533)

椀の中に 金縷梅を咲かせたかったんですよ
一番に春を告げてくれる
私には 有り難い花なんですよ 
独活の枝にも 春の香りがしますでしょ





DSC_9308 (800x533)

やっとこ冬仕事が終えられた 小さな祝いなんですよ
身体の不調に 彼方此方歪みもあるけれど…

厳寒期の景色じゃぁないと訝りながらも
それでも 春を無邪気に喜びたいじゃありませんか
大地が歌い始めたんです 二楽章に入ります








まり
スポンサーサイト



ご飯 コメント:- トラックバック:-
 Home 

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク