花の足音

2020 / 10
09≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫11

薄雲が流れれば・・・

2020/10/21(Wed) 01:56






DSC_3577 (800x533)


ほら 雲が薄くなって来て
やっと 星空が眺められます








見上げてごらん夜の星を / 押尾コータロー







DSC_3584 (800x555)


不思議なことに 薄雲を透しても
星が 強く瞬いています
あなたの夜空にも 観えますか?







DSC_3579 (800x533)


星たちは まるで
ずっと此処に居たでしょう?
とでも言いたげに 光っていますね






DSC_3586 (800x533)


昨夜は シリウスがやけに瞬いて
放射線状に 光の帯を走らせて
きらきらきら・・・







DSC_3581 (800x533)


この処 星の位置が
三時頃にならないと この位置に来ないから
つい 夜更かしして
うたた寝が 尾を引いてしまいました

それでもやっぱり 星空の下に立つと
胸が熱くなって 夢中になってしまいます

手足が痺れるように感じ 外気温を観ると6℃でした
これから 気温が低くなって来ると
きれいな星空がたくさん観られるようになる
うれしい冬が もうすぐそこまで来ています








まり
透過 コメント:- トラックバック:-

お庭の冬支度

2020/10/19(Mon) 00:17





DSCN1051 (800x600)


鳶がお庭を眺めている 小動物はうららしかいないwww
それはダメです 絶対ダメwww







GYPSY KINGS - INSPIRATION







DSC_2955 (800x533)ペネロープ



さて 愈々お花の写真しかありません(汗)
今のお庭のお花たちを少しだけ・・・





DSC_3304 (800x533)シュウメイギク


今日は一日お庭の整理
そろそろ 冬支度の準備です
今年は 初霜が早いような気がして
整理整頓していました






DSC_2958 (800x533)ハープシーコード


寒冷地なので 今月中に保護の準備色々
籾殻を撒いたり 簡易ハウスに仕舞ったり
やることは順番に 只管やるだけww





DSC_3300 (800x533)シャドー・オブ・ザ・ムーン


今年は 秋薔薇が良く咲いてくれるので
仕事中に眺められて うれしいです
京阪さんの「旋律」を入手し 来春を想像して
ひとりワクワクしています





DSC_3290 (800x533)秋桜 オレンジ・キャンパス


中に入れるものの お掃除をしたり
剪定をしたり 鉢替えをしたりして
もう よく見えなくなって来たから
今日は止めましょうとお片付けをして






DSC_3536 (800x533)


ふと お空を見上げると
なんてきれいな三日月
今夜のお月さまは ガラス細工のようでした







まり
透過 コメント:- トラックバック:-

寒露より甘露がいい

2020/10/17(Sat) 23:27






DSC_3417 (800x533)


あれあれ~? 今年はずいぶん帽子が少ないんですね





DSC_3419 (800x533)


森も 自粛してるのかしら





DSC_3416 (800x533)


デザインの幅も少ない気がしますね





DSC_3412 (800x534)


私は このボンボン付きが好きだから良いのだけど・・・
秋は毎年巡って来るけど 同じ秋ではないのよね






Piano Composition - Charming





DSC_3429 (800x533)


目に入る彩が変わり始め いつかの若草色も
いつかの深い緑も もう何処にもない





DSC_3433 (800x533)


小鳥たちも 春にはあんなに楽し気に囀っていたのに
心なしか 寂し気に見えてしまう





DSC_3444 (800x534)


雨など降る日には まるで心まで冷えてしまうようで
それが 冬に向かうと言うことなのかも知れない・・・





DSC_3447 (800x527)


冷たい風が吹き抜けて 心が冷えてしまったら
温かいものをお腹に入れて 身体を温めてみよう





DSC_3427 (800x533)


時を止めてしまわぬように・・・








まり
透過 コメント:- トラックバック:-

秋の響き Ⅱ

2020/10/16(Fri) 00:05






DSC_3318 (800x533)


昨日 お山には雲がおりて
山頂は寒そうでした






こころの時代 ウォン・ウィンツァン 2013/12/13 クレオ大阪北






DSC_3335 (800x533)


人がとても少なくて ホッ

いつも紅葉シーズンは 人がいっぱいなので
少し不安でしたが 殆ど人がいなくて
ゆっくり撮影出来ました






DSC_3368 (800x533)


色々な樹々が 思い思いの装いで
それぞれの染まり方をしていて
眺めていて とても楽しかったです






DSC_3366 (800x534)


あっ! 山頂には人がいっぱい!
いいなぁ・・・あそこまで歩けたらなぁ・・・






DSC_3352 (800x525)


私は 平らかな処だけ
それでも 今は充分うれしいことです







DSC_3374 (800x533)


鮮やかですね






DSC_3371 (800x533)


お陽さまが 色付いた葉を
余計にうつくしく見せてくれます






DSC_3362 (800x533)


秋色のパッチワークです♪

誰が こんなにも美しいものを造ったのでしょう
自然の恵みに感謝です
心の栄養をたっぷり頂きました





DSC_3397 (800x533)


滝の音を聴きながら 良いひと時を過ごせました
たくさん観て頂いて ありがとうございました







まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

秋の響き

2020/10/14(Wed) 23:45






DSC_3313 (800x533)


深まりつつある 秋の響きを聴きに・・・
少し標高の高いところまで お散歩しました


写真の整理が 追い付かないので
今日は 滝の落ちゆくところだけを








Mahler: Adagietto Symphony 5 - Karajan*







DSC_3312 (800x533)


まだ 色付くのには少し早くて
後二週間くらい先が良いと
通い続けている方に言われました






DSC_3392 (800x544)


お水の色がとてもきれい






DSC_3315 (800x513)


滝の響きを しばらくじっと聴いていました






DSC_3326 (533x800)


秋は いつもよりゆっくりと歩いているようでした





DSC_3327 (533x800)


もう一度 時間が許せば
来たいと思います






DSC_3331 (800x657)


まだ少し早いとはいえ
とてもきれいで 癒されました









まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-

秋の足音

2020/10/13(Tue) 22:30






DSC_3002 (533x800)


きみ左巻き? くるくる蔓を巻き付けて



DSC_3008 (800x517)


小さな秋の シャンデリア

雀ウリの実はグリーンから白へ
とても可愛い







Johann Kaspar Mertz, Elegie | Gloria Elgamal Classical Guitar



久し振りにお会いした人に 笑顔で挨拶をし
その笑顔むかつくと言われたら どうしたらいいのでしょう
なんてことが 子ども相談室の冊子に書かれていました

反射的に出てしまう表情で 人に憎まれる事があるなんて!





DSC_2739 (800x533)


まだ 紅葉を撮りに行けずにいます





DSC_2750 (800x533)


でも 日々見上げる樹々は
晩秋の訪れを 教えてくれます





DSC_2751 (800x533)


葉が 少しずつ落ちて
梢の向こうに覗く陽射しが
やけに柔らかくて






DSC_2733 (800x533)


ガマズミの紅い実が 山の中でもよく目立ち
あぁ・・・秋も随分と深まったのだなぁと感じるのです





DSC_2589 (800x533)


木陰では 遅く咲き始めた萩が美しく咲いていました




DSC_2628 (800x533)


苔生した木の根の股には 大きなキノコが生え
まるで ピーターラビットのフィールドノートのデッサン画のようです






DSC_2633 (800x533)


少し薄暗い場所には 藪茗荷がたくさんの実を付けていて
風が吹く度 霰のぶつかるような音が響くのです

知らず知らずのうちに 秋の足音と重なり歩いているのです






DSC_2989 (800x533)


今日は 薔薇の大移動など一日がかりになってしまいました
どうしてもうちでは育たないものを諦め 何種類か差し替えました
ごめんなさいって言葉を掛けても 後ろめたさは消えません
命を育てると言うのは こんな時嫌な仕事だなって思います
緑の指を持っていたら 育たない命など無いかも知れない


春が美しいのは植物の力
夏が美しいのはお天気の力
秋が美しいのは庭師の力


まだまだということなのかな・・・









まり
透過 コメント:- トラックバック:-

翅が 乾いたからボクは

2020/10/11(Sun) 23:47





DSC_3082 (800x533)


雨に濡れた翅が 乾いたからボクは
風を待ち 風を読み
軽くなった空気を 翅の下に入れて
手足をぎゅぅぅって 身体に引っ付ける




DSC_3070 (800x534)


行くよ 今だ 今しかない
ふわっと秋の風に乗り
お山の上を飛んでいる




DSC_3122 (800x533)


幾つ向こうのお山まで
辿り着けるか分からない
それでも翅が折れるまで
飛んでいたいと思うんだ







Melody Gardot & Heitor Pereira - Se Você me Ama








DSC_3020 (800x533)


主が留守をしていた庭に
パタパタパタと足音が戻ると
花たちが顔を上げる




DSC_2515 (800x533)


足早に暮れていく秋の陽は
春の陽のそれよりも
こっくりとした深みがあって




DSC_2509 (800x559)


肌寒さを覚えれば
それは尚のこと





DSC_2522 (800x533)


花を透した光は澄んで



DSC_2523 (800x533)


虫たちは 仮寝の宿を探し始める




DSC_2549 (800x533)


すっぽりと包み込む
シャジンは人気




DSC_2559 (800x533)


どれ 今夜はここを宿としよう








まり
透過 コメント:- トラックバック:-

心を広げて深呼吸

2020/10/11(Sun) 00:29





DSC_3223 (533x800)


ひとたび嵐に見舞われれば 綻んだばかりの花も
容赦なく叩かれ 落とされてしまう




DSC_3226 (800x533)


自分には 大切に想っていても
守れないものが たくさんある
足りない自分を知って 分かることもある







Richard Galliano - Ma plus belle histoire d'amour (Clip Officiel)







DSC_3221 (524x800)


重なる用事に ひぃひぃ言いながら
昨日の水彩教室はお休みしませんでした
一時間 異常に没頭して描いていたら
先生は ひと言も言わず黙って観ていて下さいました


描いていて 初めて楽しく感じたような気がします





DSC_1761 (800x533)


小さな頃 ずっと親から
「人は人 自分は自分」と言われ続けたせいか
あまり 人と比べると言うことをした事が無く
姉が秀才で 人からはいつも比べられていましたが
私は奮起する事も無く マイペースで過ごしていました


でもある日 子ども心に今日の自分に負けた! と言う日があって
物凄く悔しくて 情なくなって泣きました
奮起するのは いつもそんな時





DSC_1747 (800x533)


水彩の先生と 初めてお会いした時
じゃぁ デッサン力のテストをしますと言われ
「全然ダメ!0点 君は無理かも~」と言われ 悔しかった

もっと上手に描きたいって思ったけど
そう思いながら描いていたら
描きたいものが浮かばなくなって来て
描いていてもつまらなくなってきて・・・ 




DSC_3227 (533x800)


好きなもの 好きなこと 大切だなぁって想うこと
自然体で心の中に ぱぁって広げると
ワクワクして 心臓がトトトトってリズミカルな音を立てて
集中できて 楽しくなって来て
下手糞でも 楽しいんだよって笑顔になりました


息抜きの 一時間 それも宝物です


 





まり
透過 コメント:- トラックバック:-

寒い夜に・・・

2020/10/09(Fri) 00:36






DSC_3190 (800x533)


お山は 雲が垂れ込めて
其処ら此処らも 鉛色
風も吹かない 一日で
しとしと 冷たく濡れました






Schubert: Arpeggione Sonata (Rostropovich / Britten) (1/3)






DSC_3167 (800x533)


マユミを見つけて




DSC_3173 (800x533)


鈴生りの蕾に 感激です




DSC_3174 (800x533)


もう直ぐ 咲きます





DSC_3178 (800x533)


紅葉も 色付き始めていました




DSC_3180 (800x533)


掌を伝って 指先から零れるように
雨が零れ落ちます




DSC_3184 (533x800)


草たちも 精一杯着飾って
秋の化粧をしています





DSC_3194 (800x533)


今夜は冷えています
ストーヴを点けたり消したり





DSC_2310 (800x533)


お庭も 薔薇たちが
秋の色に染まり始めました
ゆっくり 晩秋の装いを楽しんで欲しいです


また 台風ですね
進路にある方たちが 被害に遭いませんように・・・






まり
透過 コメント:- トラックバック:-

そろそろ 冬支度

2020/10/08(Thu) 00:00





DSC_3028 (800x533)


カサッ カサッ…
森の中に 響いている音が
足の裏を やさしく押し返す







Autumn Leaves - Yenne Lee plays 2004 Pepe Romero Jr.







DSC_3034 (800x533)


お山が 燃え盛る頃
里は 緩やかに歩を進め
うっすらと化粧を始める





DSC_3036 (800x533)


もう直ぐ 河原では銀狐の尻尾のような芒の穂と
セイタカアワダチソウの 黄色が 
共に寄り添いながら揺れ 晩秋の彩りになる





DSC_3054 (533x800)


芸術家の虫くんに 手紙を貰った
森のレストランの 招待状だ




DSC_3050 (800x533)


どれどれ やぁ・・・今年も立派なエビフライが揚がったね
シェフの栗鼠は 樹の上で得意げにコック帽を上げる


こいつは 旨そうだ!





DSC_3052 (800x533)


秋の ご馳走だね
目で味わう 森は豊かだ
ざわざわと風が立てる音や
枯葉の香りが スパイスになる




DSC_3029 (800x533)


桂の木は もう葉を落とし始めた




DSC_3106 (800x533)


夕暮れ お山にちょっと寄ると
もう真っ赤に 化粧をしていた




DSC_3126 (800x533)


深まる秋に 背を押されたようで
そろそろ 冬支度を始めなくちゃ








まり
透過 コメント:- トラックバック:-
 Home  Prev

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク