花の足音

2020 / 10
09≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫11

神無月の初めの出来事

2020/10/03(Sat) 22:23





DSC_2762 (800x533)


ここから名月を撮ろうかなと 
橋の袂のポケットパークで車を止め
お月さまが出るまで 夕暮れを撮って
少し車の中で スマホを弄り
スカイマップで 位置を確認したりして・・・







Love







DSC_2758 (800x533)


夕暮の雲は 淡くやさしく良い感じ
駐車場には さっきまで女性がひとり
やっぱり車中で スマホを弄っていました

今は少し離れて 黒いセダンが一台
そこにパトカーが入って来ました
車から降りて来た警官は二人
一人は年配で もう一人は三十歳くらいだったでしょうか




DSC_2759 (800x513)


年配の警官に目配せされ 若い方の警官が此方を観ました
何だろう?と思い 小首を傾げてニコッと笑ったら
警官も小首を傾げ エヘッとお道化て笑います
近付いてきて また小首を傾げエヘッと笑っています

何www?(心の声)

― こんにちは♪ 此処ね橋だからね一応ね
お仕事の車は よく停まってるけど女性がひとりはね
お巡りさんは心配して声を掛けたんだよ―

そうでした 此処は○○の名所でしたwww (TT)

免許証見せてと言うので 渡したら
何て読むんですか?って

眞理って 読めないってwww
旧仮名遣いは 古すぎるんだ





DSC_2761 (800x533)


― あのね 今日は中秋の名月だから
この橋を入れて 撮ろうと思って・・・ ―

ん?って首を傾げて そこに年配の警官がやって来ました

― 何かねこの人 月がどうのって変なこと言うんです ―

それで 年配警官に同じセリフをリピート

― あぁ そうですか わかりました お気を付けて下さいね ―


若い警官に 薬でもやっているのかと疑われたのかwww
後五分で月の出の時刻 という時にwww と言うことより
若い人には 中秋の名月と言う言葉を知らない子がいる
と言うことが少し驚きでした 

何だかここで撮りたくなくなって 橋の下に降りました   





DSC_2930 (800x534)


夕べの満月は やっぱり雲の中





DSC_2931 (800x533)


星ひとつ 月との距離を測りけり





DSC_2934 (800x533)


花は 月を愛で





DSC_2935 (800x533)


月は 花を抱く






DSC_2943 (800x533)


あなたと観ていた 満月の夜のこと








まり
透過 コメント:- トラックバック:-
 Home 

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク