花の足音

2020 / 08
07≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫09

惜しみなく愛する

2016/02/23(Tue) 10:52







Come On-A My House - Julie London










DSC_8377 (800x533)






あぁ・・・野焼きが始まった

愛する大地を起こすように 大切な場所の周りを灰にする

人は 然し灰までをも大切にする







DSC_8396 (800x533)






ここ2・3日 白メダカが煩く話し掛けて来る



卵を産みたいの ねぇ 環境を整えて下さいな・・・




あぁ・・・はいはい 水を変えるんですね

もう春だからいいでしょう ずいぶんお腹が膨らみましたね・・・







DSC_8398 (800x533)





確かに すべてに賛同は出来ないが

有島武郎の言う通り 惜みなく愛は奪うものなのかも知れない・・・





愛さないものは無いに等しい

例えようもなく苦しみであったとしても

心の中に居座り続けるものは 確かな愛なのだ





『 もし私が愛するものを凡て奪い取り、

愛せられるものが私を凡て奪い取るに至れば、

その時に二人は一人だ。 』






DSC_8411 (800x533)






愛は 決してやさしいものなんかではない

犠牲と献身に見えるものは獲得と成長に繋がっていると 私も感じる





それは 綺麗な思い出を共有するようなものではなく

魂が同化できなければ 愛はまだ成長段階なのである





乾いた場所でも 棘だらけの苦しみの中でも

愛は それほどの美しさもなく 目に見えない程小さくて 

心の栄養を貪り尽くし ひっそりと咲く花のようなものなのだ






DSC_8372 (800x533)






春を愛する・・・

春を待つ命を愛する・・・




年年歳歳 花相似たり

いつも同じ顔つきではないけれど

変わらず訪れてくれる春を

私は 惜しみなく奪っていく





今年の春も・・・















DSC_8373 (800x533)





先日 ある人がこんな心理ゲームを載せていました

無意識に うっかりやってしまいました

願い事は内緒です ^^






1)まず、1番から、11番まで、縦に数字を書いてください。

2)1番と2番の横に好きな3~7の数字をそれぞれお書き下さい。

3)3番と7番の横に知っている人の名前をお書き下さい。

必ず、興味のある異性の名前を書く事。
男なら女の人、女なら男の人、ゲイなら同性の名前をかく。


必ず、1行ずつ進んで下さい。
先を読むと、なにもかも無くなります。


4)4、5、6番の横それぞれに、自分の知っている人の名前をお書き下さい。

これは、家族でも知り合いや、友人、誰でも結構です。


まだ、先を見てはいけませんよ!!


8、9、10、11番の横に、歌のタイトルをお書き下さい。

5)最後にお願い事をして下さい。



さて、魔法のゲームの解説です。







1)このゲームの事を、2番に書いた数字の人に伝えて下さい。

私の答え    7

2)3番に書いた人は、貴方の愛する人です。

私の答え    クマくんの名前

3)7番に書いた人は、好きだけど叶わぬ恋の相手です。

私の答え    お月さまの名前

4)4番に書いた人は、貴方がとても大切に思う人です。

私の答え    リアルの女子友の名前

5)5番に書いた人は、貴方の事をとても良く理解してくれる相手です。

私の答え    FC2の お月さまによく似た声を持つ人の名前

6)6番に書いた人は、貴方に幸運をもたらしてくれる人です。

私の答え    親戚の叔母さん

7)8番に書いた歌は、3番に書いた人を表す歌。

私の答え     Come on a my house

8)9番に書いた歌は、7番に書いた人を表す歌。

私の答え    Stay with me

9)10番に書いた歌は、貴方の心の中を表す歌。

私の答え    もうすぐ 春ですね

10)そして11番に書いた歌は、貴方の人生を表す歌です。

私の答え       暦の上では (何故でしょう?知らない歌なんですが?)







うーむ・・・如何にせん・・・









春めいて来る頃は喘息の季節で ちょっと休み休みになりそうです

検査結果はマルを頂きました また1年間は経過観察しながら過ごします

報告が遅くなり ごめんなさい  ご心配お掛けしました

いつも ありがとうございます 












まり
コメント:- トラックバック:-
Next Home  Prev

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク