文月への手紙







DSC_8006 (532x800)





錫杖に 蛍の如き薄明り

道行き照らす 文月はじめ








Ashioto






DSC_7961 (800x528)





山門を潜る足音を

待っていてくれたのは 

お庫裡さん(ご住職の奥さま)の笑顔でした





DSC_7963 (528x800)




短い石段を 一歩一歩慎重に登れば





DSC_7967 (533x800)




観音の 背を流る碧の花

文月の汗 共に流さん




そんな姿の観音さまにお逢いできます





DSC_7986 (800x533)




此処は 江戸時代から続く佐久山の実相院



赤穂浪士 大高源吾 の墓所でもあり

私の大好きな忠臣蔵のお話の中に出て来る

宝井其角との句のやり取りが 想い出される場所でもあります






DSC_7969 (800x533)





討ち入り前

其角 「年の瀬や 水の流れと 人の身は」

子葉 「あしたまたるる その宝船」



討ち入り

其角 「我が雪と 思えば軽し 笠の雪」

子葉 「日の恩や たちまち砕く 厚氷」





幾度想い出しても 感動してしまうシーンです

私の中では 大切にしたい日本人の心粋の代表的なものなので・・・






DSC_7974 (800x507)





お庫裡さんが 一昨年にお遍路さんで訊ねた日付まで覚えていて下さって

同じように大好きな 山紫陽花の情報交換などしながら

ご主人さまを亡くされて塞いでいた時に

いつの間にか 山紫陽花に慰められ増えてしまったと

静かにお話しして下さいました






DSC_7988 (800x533)






雨が降ったり止んだりの一日でしたが

今年も またお逢いする事が出来てうれしかったです




夕べは 痛み止めを飲んでぐっすり眠れました

梅雨が晴れれば そのうち身体も元に戻ってゆくでしょう ^^




四季の移り変わりの中の 小さな小休止なのかも知れませんね

ゆっくりゆっくり・・・そんな声が聴こえたような気がしました








まり
スポンサーサイト
Compact Menu Box

«  | HOME |  »

TOP

MENU

NEW↓

10181016101510141013

COM↓

TB↓

ALL Adm